WiMAXは高層マンションでもおすすめ?繋がらない場合の対処法も解説

WiMAXは高層マンションでもおすすめ?繋がらない場合の対処法も解説
  • 最終更新日:2024年2月22日
WiMAXは高層マンションで繋がらない?
WiMAXは電波の特性上、高層マンションや高いところでは繋がりにくいと言われていました。しかし、最新プランが登場してからは、マンションでも快適な通信が可能になりました

当ページでは、WiMAXが繋がりにくいと言われていた理由と、その対処法を、現行プランで改善された点を交えてご紹介します。

また、マンションで実際にWiMAXを使っているユーザーの口コミ・評判や、おすすめのプロバイダも紹介しています。マンションでWiMAXを使いたい方や、繋がらないとお困りの方は、ぜひご覧ください。




WiMAX(ワイマックス)がマンションで繋がりにくいと言われていた理由

WiMAXがマンションで繋がらない理由

WiMAXは、現行プラン(WiMAX+5G/ギガ放題プラス)になってから、マンションでの繋がりにくさが改善されました。しかし、旧プラン(WiMAX2+/ギガ放題)では、繋がりにくかったのも事実です。

それでは、なぜWiMAXはマンションで繋がりにくいと言われていたのでしょうか。その理由は以下の3点です。


それでは、マンションでWiMAXが繋がりにくいと言われていた理由を、現行プランで改善された点を交えながらご説明します。

障害物で電波が遮断されているから

通信エリア内でもWiMAXが繋がらないのは、障害物で電波が遮断されている可能性があるからです。基地局とWiMAX端末の間に障害物があると、電波が反射しWiMAX端末まで届きません。

実は、WiMAX回線の一つであるWiMAX2+は、電波が遮断されやすい特性を持っています。そのため、WiMAXはマンションや屋内では繋がりにくいと言われていました。

しかし、それはWiMAXの旧プラン(ギガ放題)の話。現行プラン(ギガ放題プラス)ではauの繋がりやすい回線も同時に利用することができます。

現行プランの回線の繋がりやすさを理解しやすくするために、旧プランと現行プランで使われている周波数帯について説明します。

旧プラン
(ギガ放題/
WiMAX2+)
現行プラン
(ギガ放題
プラス/
WiMAX+5G)
通常
モード
【WiMAX2+】
2.5GHz(Band41)

【WiMAX2+】
2.5GHz(Band41)

【au 4G LTE】
2GHz(Band1)
1.7GHz(Band3)

【au 5G】
3.7GHz(N78)

オプション
モード
【au 4G LTE】
800MHz
(Band18)
700MHz
(Band26)
【au 4G LTE】
800MHz
(Band18)
700MHz
(Band26)

GHzとMHzの違いとは?


電波の周波数は「Hz」という単位で表し、1Hzは毎秒1回の振動を意味します。「MHz」は1Hzを100万倍した単位で、「GHz」は1Hzを10億倍した単位です。

単位が大きいほど、振動の数が大きい=高い周波数となるので、GHzのほうがMHzよりも高周波ということになります。ここでは、GHz:高周波数MHz:低周波という意味で使います。

電波の繋がりやすさは何で決まるかというと、周波数帯です。周波数が低いほど繋がりやすく、周波数が高いほど繋がりにくくなります

WiMAX2+で使われている電波の周波数帯は2.5GHz。他のポケット型WiFiで使われている電波に比べ、高い周波数帯です。

WiMAXの旧プランでは、通常モードで使える回線はWiMAX2+のみでした。追加料金を払うとauの繋がりやすい800MHz帯の回線も使うことができ、安定した通信が可能になります。

しかし、WiMAXの現行プランでは、通常モードでau 4G LTEの2GHz帯・1.7GHz帯・au 5Gの3.7GHz帯を利用できるようになりました。さらに、オプションで800MHz帯の低周波数帯も利用できます。

そのため、現行プランではマンションや屋内でもWiMAXが繋がりやすくなりました

しかし、それでも繋がらない方は、WiMAX端末の置く場所を変えるか、オプションのプラスエリアモードに切り替えることをおすすめします。

障害物に関する対処法は次章で詳しく説明しています。今すぐに知りたい方は、こちらからご確認ください。


障害物に関する対処法まで
スクロール


他の家電と電波干渉しているから

マンションでWiMAXが繋がらないのは、他の家電と電波干渉している可能性があるからです。

WiMAXで使える電波には、2.4GHzと5GHzの2種類の周波数帯があります。2.4GHzは5GHzに比べて障害物に強く、電波が届きやすいのが特徴です。そのため、2.4GHzは他の家電でも多く使われています。

しかし、マンションの中で同じ周波数帯の家電がある場合、電波干渉を起こすことがあります。WiMAXと電波干渉を起こしやすい家電は以下の通りです。

電波干渉を起こしやすい家電

  • テレビ
  • 電子レンジ
  • Bluetooth機器
  • IHクッキングヒーター

現在WiMAXで提供している端末は、電波干渉が起こらない周波数帯に切り替え可能です。そのため、マンション内で家電を利用していても、問題なくWiMAXを利用できます

周波数帯の切り替えについては、次章で詳しく説明しています。今すぐ電波干渉の改善策を知りたい方は、こちらからご確認ください。


電波障害の改善策まで
スクロール


基地局とマンションの距離が遠いから

基地局の電波は、他の基地局との電波干渉を防ぐため、下向きに発射されていることが多いです。そのため、近くの基地局の電波を拾えず、繋がりにくくなることがあります

また、本来繋がるべき基地局ではなく、見晴らしの良い遠方の基地局の電波を拾ってしまうこともあります。

この場合、WiMAX端末に電波が届いても、WiMAX端末から基地局へスムーズに電波を届けることができません

その結果、メッセージを送れなかったり、通話で自分の声だけが届かなかったりという不具合が起きてしまいます。

よって、契約前に通信エリアを確認するのは必須です。また、WiMAX端末をお試しで使えるサービスもあるため、マンションでWiMAXを利用したいと考えている方はぜひご確認ください。

マンションでWiMAXが使えるか確認する方法は、「ネット上の口コミ・評判」の後に解説しています。今すぐWiMAXを使えるか確認する方法を知りたい方は、こちらからご確認ください。


WiMAXが使えるか
確認する方法の
章までスクロール


以上がマンションでWiMAXが繋がりにくいと言われる理由です。ここまでご覧になり、マンションでもWiMAXが使えることがお分かりいただけたかと思います。

しかし、それでもWiMAXが繋がらない場合はどうしたらよいのでしょうか。

次章では、WiMAXが繋がらない・遅い場合の対処法をご紹介します。

WiMAXが遅い・繋がらない場合の対処法

遅いときの対処法

WiMAXがマンションで繋がりにくい場合の対処法は以下の6つです。


それでは詳しく見ていきます。

端末をマンションの窓際や玄関に置く

障害物が原因で繋がりにくい場合は、WiMAX端末を窓際や玄関に置くと電波状況が改善することがあります。

WiFiで利用する電波は、紙や木材は通り抜けますが、金属に反射する性質を持っています。そのため、鉄筋コンクリートのマンションの場合は特に、窓際に置くと繋がりにくさが改善されやすいでしょう。

また、端末に電波が届いていても、端末からスマホ・PCなどの通信機器に電波が届いていないケースも考えられます

その場合は、通信機器とWiMAX端末を同じ部屋で使うなど、通信機器とWiMAX端末の間の障害物をできるだけ無くすという対策も効果的です。

プラスエリアモードに切り替える

WiMAXの通信モードをプラスエリアモードに切り替えると、電波が繋がりやすくなります。

プラスエリアモードとは


WiMAX+5Gで利用できるオプションのこと。

プラチナバンドという低周波数帯の電波(800MHz帯)を使うことで、電波が届きにくい場所でも、より繋がりやすくなるのが特徴です。

プラスエリアモードに切り替えると月間1,100円の追加料金がかかりますが、繋がりやすさは改善されます。

旧プランでは、オプションモードを月間7GB以上利用すると通信制限がかかり、なおかつ通常モードでも通信制限がかかっていました

しかし、現行プランではプラスエリアモードを月間15GBまで利用できるようになったうえに、通常モード(スタンダードモード)はプラスエリアモードの影響を受けることはなく、常に無制限利用できます

普段はデータ容量無制限のスタンダードモードを利用し、どうしても繋がらない場合のみプラスエリアモードを利用する、という使い方をおすすめします。

最後に、プラスエリアモードへの切り替え方法を端末別に紹介します。

Speed Wi-Fi 5G X12・X11のプラスエリアモード設定方法

プラスエリアモード設定方法

「ホーム画面」>「通信モード設定」

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiのプラスエリアモード設定方法

プラスエリアモード設定方法

「メニューを開く」>「通信設定」>「通信モード」

Speed Wi-Fi HOME 5G L11・L12・L13のプラスエリアモード設定方法

プラスエリアモード設定方法

「MODEボタン」を長押し

周波数を5GHzに切り替える

電波干渉している場合は、WiMAXの周波数帯を2.4GHzから5GHzに切り替えることで改善します。周波数帯の切り替え方を端末別に紹介します。

Speed Wi-Fi 5G X11・X12の周波数設定方法

周波数設定方法

  1. 「クイックメニュー」を開く
  2. 「Wi-Fi周波数設定」から設定

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの周波数設定方法

周波数設定方法

  1. 「ホーム画面」から「Wi-Fi」をタップ
  2. 「周波数帯」から設定

Speed Wi-Fi HOME 5G L11の周波数設定方法

周波数設定方法

  1. ブラウザで「設定ツール http://speedwifi-home.5g」を開く
  2. 「Wi-Fi設定」から「基本情報」を開いて設定

Speed Wi-Fi HOME 5G L12・L13の周波数設定方法

周波数設定方法

  1. ブラウザで「クイック設定 http://192.168.179.1/」を開く
  2. 「Wi-Fi設定」から設定

電子機器を使うたびに周波数を切り替えるのが面倒な方は、バンドステアリングという機能が搭載されたホームルーターL13がおすすめです。

バンドステアリング機能とは、定期的に電波の状況を判断し、自動で最適な周波数に切り替わる機能です。手動で設定しなくても、安定した通信が実現します。

接続台数を減らす

WiMAXは端末ごとに最大接続数が定められています。接続台数の上限を超えると、速度が遅い・繋がらない原因となるため、使っていない通信機器がないか確認しましょう。

WiMAX端末の最大接続台数は表の通りです。

端末 最大接続台数
X12 17台
X11 17台
SCR01 11台
L13 32台
L12 40台
L11 30台

接続台数が上限に達していない場合でも、接続台数が多いほど通信速度が遅くなる傾向にあります。そのため、利用していない通信機器の接続は解除しましょう。

WiFiルーターを再起動する

上記で紹介した方法を試しても通信状況が改善しない場合は、WiMAXの一時的な不具合かもしれません。その場合は、WiFiルーターを再起動してみましょう。

再起動すると、通常通りWiMAXが使えることがあります。

最新の端末に機種変更する

どんな対応をしてもWiMAXが繋がらない場合は、端末が古い可能性があります。古い端末は元々のスペックが低く、どんな対策をしても通信速度は速くなりません

現在の通信速度や通信状況に不満がある方は、最新の機種に変更することをおすすめします。

以上がWiMAXが遅い・繋がらない場合の対処法です。自宅で簡単にできる対処法ばかりなので、WiMAXが繋がりにくいと感じたら実践してみてください。

ここまでご覧になり、WiMAXが繋がらない場合の対処法はご理解いただけたかと思いますが、本当にマンションで使えるか気になる方もいらっしゃるはず。

そこで次章では、実際にマンションでWiMAXを利用したユーザーからのアンケート結果をご紹介します。

マンションでWiMAXを利用するか検討している方は、ぜひご覧ください。

高層階やタワーマンションで使えるか実際のアンケート結果

高層階やマンションでWiMAXを使った人のアンケート

ここからは、高層マンションでもWiMAXが使えるかどうかについて、アンケートを行った結果をご紹介します。

アンケート結果:高層マンションで利用している方

まずは、高層マンションに住んでいる方のアンケートです。

自宅は19階と比較的高層に位置しますが、問題なくWiMAXの電波は入っています。時間帯も朝昼夜と速度低下が感じられることもなく非常に快適です。

マンションの19階は地上から約60mほどの高さに位置しますが、問題なくWiMAXを使えているようです。

また、インターネット接続が混雑する夜の時間帯に接続が遅くなるWi-Fiサービスもありますが、WiMAXはどの時間帯でも快適に使えたとのことです。

アンケート結果:マンションの10階で利用している方

続いて、マンションと職場でWiMAXを利用している方のアンケートです。

住んでいる部屋は10階になり、固定回線の代わりにWiMAXを使っています。

実測値は、20Mbpsくらいは最低でも出ており、速いときは40~50Mbpsに到達することもあり、WiMAXの速度に不満はありません。妻と2人で使っていますが、Youtubeや映画視聴などをよくしますが、速度制限もかかることはありません。

マンションの10階という比較的高層階でWiMAXを使っていても、高速な通信ができているようです。また、比較的大きなデータ容量を使う動画視聴も問題なく行えているとのことです。

以上のアンケート結果から、高層マンションであっても快適にWiMAXを利用できることが分かります。

実際にマンションでWiMAXを利用した方の声を聞いて安心した方もいらっしゃる一方、もう少し実際のユーザーの声が気になる方もいらっしゃるかと思います。

次章では、実際にWiMAXをマンションで使ったユーザーの口コミ・評判をご紹介します。

ネット上の口コミ情報・評判

ネット上の口コミ情報・評判

ここからは、マンションでWiMAXを使ったユーザーのネット上の口コミ・評判を紹介します。良い口コミと悪い口コミに分けて紹介するため、どちらの意見も参考にしてください。

良い口コミ・評判

まずは良い口コミをご覧ください。

利用者の口コミ・評判
口コミ・評判のロゴ
自宅の無料インターネットからWiMAXホームルーターに変えてよかった点・通信速度が5?10倍になった・接続台数を気にしなくて良くなった・仕事の生産性が向上した、無料インターネットつきマンションだと、光回線の契約ができない場合があるので、ホームルーターで賄うのはありな選択です。
口コミ・評判のロゴ
この時間帯だと、引っ越し前の光回線よりも今のWiMAX(しかも5Gエリア外)の方がネトゲ安定してて草。マンション回線なんて二度と繋がねえ。
※横にスクロール可能です

ネット上では「WiMAXのほうがマンションの無料WiFiより速い」「光回線よりも速いことがある」という口コミが見受けられました。

マンションに設備されている無料WiFiの品質には差があるため、通信速度が遅い場合もあります。また、マンションの光回線は、1本の回線に対して利用者が多いなどの理由から、遅いことがあります。

一方、通信エリア内であれば、WiMAXを使うことで快適なインターネット通信ができることが分かります

悪い口コミ・評判

続いて、悪い口コミを紹介します。

利用者の口コミ・評判
口コミ・評判のロゴ
先月半ばからdocomo回線の電波が悪くなり、昨日からWiMAXの電波が入らなくなった我がマンション。。どちらも、家の外に持ち出せば普通に繋がるのに。これ、マンションの電波が妨害されてるとかなんとかを検査してもらうことって出来るのですかね??
口コミ・評判のロゴ
Try wimax借りてみたけどとにかく遅い。マンション7階角部屋でもこんな遅いのか…夜特に遅すぎるホームルーター微妙だなー
※横にスクロール可能です

ネット上では、「外では使えるのにマンションでは繋がらない」「マンションの7階で繋がらない」という評判が見受けられます。

屋外で問題なく使えているということは、マンションの構造上電波が上手く届いていないことや、回線が込み合っているなどの原因が考えられます。

WiFiの電波は、鉄筋コンクリートや金属に反射する性質があり、部屋まで電波が届いていないのかもしれません。

その場合は、WiMAX端末の設置場所を変えてみましょう。もしくは、他の電子機器と電波干渉をしている可能性があるため、周波数を変えるなどの対策もできます。

以上が、ネット上の口コミ・評判です。マンションでもWiMAXが快適に使えた方がいる一方、繋がらないという声も見受けられました。

マンションでWiMAXが繋がるかどうかは、契約前に知っておくと安心です

それでは、契約前にマンションでWiMAXが使えるかどうか確認するにはどうしたら良いのでしょうか。次章では、契約前に自宅でWiMAXが使えるかどうか確認する方法をご紹介します。

自宅でポケット型WiFiやホームルーターが使えるか確認する方法

マンションでポケット型WiFiやホームルーターが使えるか確認する方法

ここからは、自宅でWiMAXのWiFiルーターが使えるか確認する方法をご紹介します。契約後に後悔しないためにも、事前に確認しておきましょう。

UQ WiMAX公式HPで通信エリアを確認する

WiMAXの公式HPで、お住いのマンションが通信エリア内かどうか確認しましょう。通信エリアを探す方法には、現在地から探す方法と、住所を入力する方法があります

通信モード別(スタンダードモード・プラスエリアモード)や、4G・5Gそれぞれの対応エリアを確認できます。

ただし、エリアマップで通信エリア内だったとしても、実際に利用してみたら繋がらないことがあるかもしれません。

そこで便利なのがTry WiMAX。お住まいのマンションでWiMAXが繋がるかを確実に知りたい方は、次に紹介するTry WiMAXを試してみましょう。

契約前にマンションでTry WiMAXで使えるか試す

Try WiMAXとは、UQ WiMAXが提供している、WiFiルーターのお試しサービスです。

WiMAX端末を無料で15日間貸し出してくれるため、本当にマンションで接続できるか確認できます。端末発送の料金も無料のためご安心ください。

UQ WiMAXのサイトで通信エリアを確認したけど心配という方は、お試しでWiMAXを利用してみてはいかがでしょうか。

以上が、WiMAX端末を自宅で使えるか確認する方法です。ネット上で通信エリアを確認することもできますが、それでも不安な方は、WiMAX端末をお試しで利用することもできます。

無料でWiFiルーターを利用できるため、契約前にTry WiMAXを申し込んでみてはいかがでしょうか。

WiMAX端末が自宅で使えるか確認する方法が分かったところで、マンションでWiMAXを使うメリットをご紹介します。

屋内やマンションでWiMAXを使うメリットとは?

屋内やマンションでWiMAXを使うメリット

屋内やマンションでWiMAXを使うメリットは、以下の3つです。


それでは詳しく見ていきます。

工事なしで即日WiMAXを利用できる

WiMAXは工事の必要がなく、端末が届いたら即日利用できるのがメリットです。

光回線は工事をする必要があり、WiFi環境が整うまでに約2週間~1ヶ月かかります。引っ越しが多い時期は、工事まで2ヶ月ほどかかることもあります。

そのため、WiMAXは引っ越したばかりの方や、今すぐにインターネット環境を整えたい方におすすめ。契約したその日に端末を発送するWiMAXプロバイダで契約すると、より早くポケット型WiFiを利用できます。

安い料金で利用できる

WiMAXは、安い料金で快適なインターネット通信ができるのが特徴です。

光回線は通信速度が速いというメリットがありますが、工事費用がかかったり、月額料金が高かったりというデメリットもあります。

しかし、WiMAXは工事が不要のため初期費用がかかりません。さらに、毎月の料金も光回線に比べてお得。それでは光回線とWiMAXの料金を比較した表をご覧ください。

※スマホは右にスクロールできます
初期費用 工事費用 月額料金 下り最大
通信速度
WiMAX 3,300円~ なし 4,092円~ 4.2Gbps
ドコモ光 3,300円

マンション:
16,500円

戸建て:
19,800円

マンション:
4,400円

戸建て:
5,720円

1Gbps
auひかり 3,300円

マンション:
33,000円

戸建て:
41,250円

マンション:
3,740~5,720円

戸建て:
1年目5,610円
2年目5,500円
3年目5,390円

100Mbps~
1Gbps
ソフトバンク光 3,300円 最大26,400円

マンション:
4,180円

戸建て:
5,720円

1Gbps
※キャンペーンで工事費用無料

光回線の料金は、戸建てかマンションかで大きく異なります。auひかりのマンションタイプは3,740円~と非常にお得ですが、下り最大通信速度は100Mbpsと、光回線にしては物足りない速度です。

一方、WiMAXは下り最大通信速度が4.2Gbpsと高速。月額料金も比較的安いうえに高速通信ができます。

ただし、光回線はマンションに直接回線を引き込むため、基地局の場所にかかわらず速度が安定します

また、最大通信速度は理論値であり、実際には記載の速度が出続けるわけではありません。実測値は光回線のほうが早いケースが多いです。

そのため、オンラインゲームやオンライン会議など、安定した速度で大容量通信したい方は光回線のほうが合っているでしょう。

しかし、WiMAXは速度と料金のバランスが良いWiFiサービスです。

オンラインゲームのように一瞬のタイムラグも発生させたくない方には向いていませんが、SNSや動画の視聴などであれば、WiMAXで充分です

安い料金で快適なWiFi環境を整えたい方は、WiMAXをおすすめします。

持ち運び可能でマンション以外の場所でも利用できる

ポケット型WiFiは持ち運び可能で、外出先でも利用できます。外出先にもWiFiスポットやホテルのWiFiがありますが、セキュリティ面のリスクが高く、速度が安定しないこともあるでしょう

しかし、WiMAXは通信エリア内であれば、外出先でも高速通信が可能です。出張先や旅行先で、動画視聴やビデオ会議をしたい方は、持ち運び可能なWiMAXのポケット型WiFiがおすすめです。

以上がWiMAXのメリットです。WiMAXには魅力的なメリットがあることをご理解いただけたのではないでしょうか。

ここまでご覧になり、WiMAXで契約したいと思った方もいらっしゃるかと思います。実は、WiMAXプロバイダは20社以上あり、どこで契約すべきか迷うかもしれません。

WiMAXはどのプロバイダも、利用回線・端末・速度は同じです。違うのは料金のみ。そのため、最安値のプロバイダで契約すれば、WiMAXをお得に利用できます。

当サイトでは、全WiMAXプロバイダを比較した結果、最安値で契約できるWiMAXプロバイダを紹介しています。少しでもお得にWiMAXを契約したい方はぜひこの先の内容もご覧ください。

最安値で契約できる!おすすめキャンペーンを紹介

おすすめのキャンペーン

それでは、WiMAXをお得に契約できるプロバイダをご紹介します。当サイトでは、主要WiMAXプロバイダ20社以上を比較した結果、最安で契約できるプロバイダを導きました

全WiMAXプロバイダの比較をご覧になりたい方は、こちらからご確認ください。

WiMAXプロバイダ23社の比較は
こちら!


それでは、最安で契約できるWiMAXプロバイダ5社の比較表をご覧ください。

WiMAXプロバイダ キャンペーン 実質月額料金※1 2年間の総額※2
GMOとくとくBB キャッシュバック
合計 30,000円
(Amazonギフト券) 17,000円
+現金 13,000円
※3
3,984円 99,600円
カシモWiMAX Amazonギフト券
キャッシュバック
18,000円 ※3
4,096円 102,412円
BIGLOBE キャッシュバック
合計18,600円

(現金15,300円
+事務手数料3,300円引き) ※3
4,122円 103,044円
BroadWiMAX Amazonギフト券
キャッシュバック
10,000円 ※3
4,701円 117,534円
UQ WiMAX キャッシュバックなし 5,120円 133,112円
※1 支払い総額から割引価格を差し引き、契約月数で割って均した「1ヶ月あたりの支払料金」のこと。
※2 端末の分割払い期間が3年間の、GMOとくとくBB・Broad WiMAX・UQ WiMAXは端末残債を含めた料金を記載しています。
※3 当サイト経由限定のキャンペーン金額です。


表をご覧の通り、GMOとくとくBBが最安値でWiMAXを契約できることが分かります。

カシモWiMAX・BIGLOBEはGMOとくとくBBには及びませんが、最安級のプロバイダです。いずれも当サイト限定キャッシュバックを適用した場合の料金になります。

WiMAXを少しでもお得に契約したい方は、上記3社のプロバイダで契約することをおすすめします。

GMOとくとくBB・カシモWiMAX・BIGLOBEにはそれぞれ特徴があり、WiMAXプロバイダに求める条件によっておすすめの人は変わります

どちらも最安でWiMAXを契約できることには変わりありませんが、ご自身に合ったプロバイダを選択してください。

GMOとくとくBBは、業界最高水準のキャッシュバック金額で、3年間の支払い総額がWiMAXプロバイダの中で最安。さらに、他社からの乗り換えで、最大41,000円のキャッシュバックを受け取ることもできます。

以上の理由から、GMOとくとくBBがおすすめの方は以下の通りです。

GMOとくとくBBがおすすめの方


  • 全WiMAXプロバイダのなかで最安で契約したい方
  • 違約金なしで他社からWiMAXに乗り換えたい方

GMOとくとくBBが気になった方は、こちらから詳細情報をご確認ください。


GMOとくとくBBの解説と
当サイト限定キャンペーンの
詳細はこちら


カシモWiMAXは、当サイト限定キャッシュバック18,000円を、端末到着後から契約満了まで申請できるので確実に受け取りできます

GMOとくとくBBと比較して実質月額料金は100円程度しか変わらないので、最安よりも確実にキャッシュバックの受け取りを優先したい方におすすめです。

加えて、カシモWiMAXを当サイト経由で契約した場合に限り、通常3年の端末分割期間を2年間(2年間利用すると端末代は無料)にできます。つまり実質2年契約になるのです。

これらの理由から、カシモWiMAXをお薦めする人の方は以下の通りです。

カシモWiMAXがおすすめの方


  • キャッシュバックを確実に受け取りたい方
  • 端末代を無料にしたい方
  • 端末の分割期間をなるべく短くしたい方

カシモWiMAXに興味がある方は、以下から詳細情報をご確認ください。


\当サイト限定Amazonギフト券14,000円/

カシモWiMAXの詳細はこちら

BIGLOBEは、当サイト限定キャッシュバック15,300円を、最短で契約の翌月に受け取れます。多くのWiMAXプロバイダは契約の翌々月のため、比較的早く受け取れるのがポイント。

また、端末の支払い回数が24回払いのため、他のWiMAXプロバイダよりも早く支払いが完了します。

さらに、BIGLOBEは口座振替でWiMAXを契約することもできます。口座振替で契約できるWiMAXプロバイダの中でも、最安で利用できるのが特長。

以上の理由から、BIGLOBEがおすすめの方は以下の通りです。

BIGLOBEがおすすめの方


  • キャッシュバックをすぐに受け取りたい方
  • 端末代金の支払いを早く終わらせたい方
  • 口座振替でWiMAXを契約したい方

BIGLOBEが合っていると感じた方は、こちらから詳細情報をご確認ください。


BIGLOBEの解説と
当サイト限定キャンペーンの
詳細はこちら


まとめ

まとめ

WiMAXは、マンションでも問題なく利用できることがお分かりいただけたかと思います。マンションでお得に高速回線を利用したい方は、WiMAXがおすすめ

ただし、マンションが通信エリア内だとしても、基地局やマンションの構造によって繋がりにくいことがあります。

そのため、WiMAXを契約する前に、UQのTry WiMAXで実際にWiFiルーターを使用してみることをおすすめします。

WiMAXには20社以上のプロバイダが存在しますが、最安値で契約できるのはGMOとくとくBBBIGLOBEです。その他のWiMAXプロバイダも知りたい方は、以下のボタンからご確認ください。


WiMAXキャンペーン比較!
主要プロバイダの最新情報へ



よくある質問

ここからは、マンションでWiMAXを利用する際のよくある質問をまとめました。

高層マンションや建物の10階はWiMAXが繋がりにくい?

高層マンションや高い建物内でもWiMAXを快適に利用できます。ただし、マンションの壁の鉄筋コンクリートや加工されたガラスに反射して、繋がりにくいことがあります。

その場合は、WiMAX端末を玄関や窓際に置く、プラスエリアモードを利用するなどの対処法を試してみてください。

集合住宅でインターネット接続するにはどうしたらいい?

集合住宅でのインターネット接続方法には、以下の4つがあります。

  1. 光配線方式
  2. LAN方式
  3. VDSL方式
  4. ケーブルテレビ方式

上記の中では、光配線方式の速度が最も速いと言われています。

WiMAXは光回線よりも通信速度が遅い?

理論上は、光回線よりもWiMAXのほうが速い速度となる場合があります。しかし、WiFiサービスはベストエフォートという方式を取っているため、実測値で比較することが重要です。

みんなのネット回線速度というサイトには、光回線よりもWiMAXの実測値のほうが速いケースも掲載されています。

WiMAXはマンションでもデータ容量無制限で使える?

WiMAXはどこで利用しても、データ容量無制限です。高層マンションや外出先でも無制限で利用できます。ただし、プラスエリアモードは月間15GBの制限があるためご注意ください。

光回線のマンションタイプ(VDSL)とWiMAXはどちらが早い?

利用状況によって通信速度が変わるため一概には言えません。ただし、VDSLの下り最大速度は100Mbpsと言われています。WiMAXの下り最大速度は2.7Gbpsのため、理論上はWiMAXのほうが速いです。