ポケット型Wi-Fi(モバイルWi-Fi)の料金/容量/速度の比較とおすすめランキング15社[4月版]

ポケット型WiFi・モバイルWiFiの人気15社比較とおすすめランキング[4月最新版]
  • 最終更新日:2024年4月17日
最もお得に契約できるポケットWiFi(ポケットワイファイ)はどのプロバイダ?
ポケット型WiFi・モバイルWiFiは光回線と違い開通工事が不要で、安い料金で利用できる人気のWiFiサービス。

ポケット型WiFi(ワイファイ)は提供元が非常に多く、2024年4月現在国内に50社以上存在します。月額料金は3,000円~7,000円台、データ容量は月5GB~無制限と幅広く、迷ってしまうでしょう。

そこでこの記事では、おすすめのポケット型WiFiが分かるよう、ポケット型WiFiの月額料金/データ容量/通信速度/エリア(通信回線)/端末(ルーター)などを徹底比較し、まとめました。

ポケットWiFi 50社以上の比較表

毎月50社以上の公式料金情報をチェックします

所有しているポケットWiFiと、端末の調査・検証の様子

ポケット型WiFiの所有端末と調査・検証の様子

数多くのポケット型WiFiを実際に契約してデータ容量(通信制限)・通信速度やルーターの使用感を調査するとともに、50社以上の料金各社のプランや端末の最新情報毎月チェックしている当サイトが、ポケット型WiFiを初めて契約する方でも分かりやすいよう解説します。

宮城紘司

【新聞社推薦】通信プロバイダ比較の専門家 宮城紘司

通信サービスに関する正しい情報を届ける「WiMAX比較.com」の編集長を務める他、ネット回線専門家として、通信プロバイダや通信端末の比較記事における監修も務める。WiMAX比較.comは、ポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万人以上のネット回線契約をサポートしています。監修者について

河村 樹(Tatsuki Kawamura)

端末を実際に使用した検証動画を投稿しているYouTubeチャンネル、「WiFi大学 by WiMAX比較ドットコム」を運営。WiMAX、ポケット型WiFi、ホームルーターなど通信に関する最新情報を発信しています。



ここからの記事の流れ


まずはおすすめのポケット型WiFiと選び方について簡潔に結論をお伝えします。
  1. ポケット型WiFiのおすすめは?2分で分かる結論

  2. その後、ポケット型WiFiの仕組みや特徴は?ポケット型WiFiは光回線やホームルーターとの違いは?といった部分から、初めてポケット型WiFiを契約する方向けに、ポケット型WiFiを解説します。
  3. ポケットWiFi・モバイルWiFiとは?
  4. ポケット型WiFiがつながる仕組み
  5. 光回線・ホームルーターとの違い
  6. ポケット型WiFiの特徴とおすすめな人

  7. 上記の流れで話を進めます。ポケット型WiFiについて、基礎の部分から理解したい方は、ぜひ気になる内容からご確認ください。

    一方、光回線やホームルーターと比較した際のポケット型WiFiの特徴やメリットを理解できている方は、上記の内容は飛ばして問題ありません。過去にポケット型WiFi利用の経験がある方は、以下の章からご確認ください。
  8. 4種類に分類できるポケット型WiFiのそれぞれの特徴やおすすめポイント
  9. ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめの選び方[5つのポイント比較]
  10. ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめランキング | 人気15社の料金/速度/容量を徹底比較
※上記のリストはクリックタップでスクロールできます

ポケットWiFi(ポケットワイファイ)はソフトバンクの登録商標です

ポケットWiFi(ポケットワイファイ)は、ソフトバンクの登録商標ですが、近年は持ち運び可能なモバイルWi-Fiルーターを総称して「ポケットWiFi(ポケットワイファイ)」と呼ぶのが一般的です。

当サイトでも、これまで一般化していた「ポケットWiFi」を使用してきましたが、ソフトバンク株式会社より指摘を受け、2022年4月からポケットWiFiの総称はポケット型WiFi・モバイルWiFiとして記載しています

ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめは?2分で分かる結論

おすすめポケットWiFi・モバイルWiFiの特徴 おすすめポケットWiFi・モバイルWiFiの特徴
2024年現在最もおすすめの人気ポケット型WiFiは、カシモWiMAX(WiMAX)、楽天モバイル(Rakuten WiFi Pocket 2C)、ゼウスWiFiの3社です。

カシモWiMAX(WiMAX)

UQ WIMAXとその他20を超えるWIMAXプロバイダのうち、最もお得に契約できるWIMAX。WIMAX回線と、auの4G/5G回線をデータ容量無制限で使うことができます。

楽天モバイル

楽天モバイル回線を、データ容量3GBから無制限の従量課金制で利用することができます。月額料金は1,078円(3GB以下)から3,278円(20GB~無制限)で、無制限のデータ容量を安く利用できるのが魅力です。

ゼウスWiFi

場所やタイミングに合わせてau/ドコモ/ソフトバンクの3社のうち最適な回線を使用することができるクラウドSIM搭載のポケット型WiFi。クラウドSIM型WiFiの中で最もおすすめなサービスで、月々3,828円で100GBまで利用可能です。

おすすめのポケット型WiFiはどれ?失敗しない選び方の解説

3つのポケット型WiFiの特徴とおすすめな人 3つのポケット型WiFiの特徴とおすすめな人
通信速度や月々のデータ容量を抑えてでも「とにかく安く使える」ことが最重要な方は、クラウドSIMを搭載したポケット型WiFi「ゼウスWiFi」がおすすめ。また、どうしてもau/ドコモ/ソフトバンクの回線を利用したい人にも、クラウドSIMを搭載しているゼウスWiFiがおすすめです。

クラウドSIM WiFiの安さに加えて、データ容量も重要という方は、楽天モバイルのポケット型WiFi「Rakuten WiFi Pocket 2C」がおすすめ。ただし、通信回線は原則楽天モバイルのみとなっているため、クラウドSIM WiFiやWIMAXほどの通信安定性と通信速度は期待できません。この点にはご注意ください。(エリア外のみau回線が使用可能)

料金・データ容量だけでなく、通信速度も重要という方は、5G回線をデータ容量無制限で利用可能なカシモWiMAX(WIMAX)がおすすめです。ポケット型WiFiの中で最も比較項目のバランスが良いサービスです。光回線の代わりとしてポケット型WiFiを利用する方や動画視聴・Zoom会議などがメインの用途となる方は、WIMAX一択です。

実際にポケット型WiFiを利用している
ユーザーの声も気になる方はこちらをクリックタップ


ポケット型WiFiの選び方まとめ

  • WiMAX通信速度・データ容量と料金、すべて重視したい人におすすめ
  • 楽天モバイル料金・データ容量のみ重視したい人におすすめ
  • ゼウスWiFi料金のみ重視したい人・キャリア回線が使えるポケット型WiFiをお求めの人におすすめ
※リンクをクリックすると、各ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめ契約先(プロバイダ)の詳細解説まで進みます。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiとは?他サービスとの特徴比較

ポケットWiFi・モバイルWiFiとは?

ここでは、初めての契約で本当にポケット型WiFiで良いのか迷っている方向けにポケット型WiFiの基礎知識ポケット型WiFiと光回線・ホームルーターとの違いを解説します。

他のWiFiサービスとの比較を通して、ポケット型WiFiについて理解を深めましょう。

ポケットWiFiとは?ポケット型WiFiやモバイルWiFiと何が違う?

初めに言葉の整理をしておきましょう。比較サイトをみていくと、ポケット型WiFi・ポケットWiFi・モバイルWiFiと様々な表記を見かけることがあると思います。

それぞれの意味は以下の通りです。

  • ポケット型WiFi
  • 文字通り持ち運びが可能な手のひらサイズのWiFi機器(モバイルルーター)や、その端末を提供するWiFiサービスの総称
  • ポケットWiFi
  • ソフトバンクのモバイルルーター。商標登録済みのため、左記の名称を使用できるのはソフトバンクのモバイルルーターのみ
  • モバイルWiFi
  • ポケット型WiFiと同じ意味。モバイルルーターとそれを提供するWiFiサービスの総称

以上のように覚えておけば、混乱することなくインターネット上の情報を読み取ることが出来ます。

当サイトでも、モバイルルーター端末を提供してネットに接続するWiFiサービスをポケット型WiFiまたはモバイルWiFiとして表記します。

ポケット型WiFiがつながる仕組み:モバイルルーターは基地局からの電波を無線で拾ってインターネットに接続している

続いて、ポケット型WiFiの仕組みについて理解しましょう。

WiFiサービスを利用する場合の選択肢には、ポケット型WiFi以外にもホームルーター光回線があります。

ポケット型WiFiとホームルーターでインターネットが利用できる仕組みは同じですが、光回線のみ異なります。この仕組みの違いも理解しておくと、よりWiFiサービスを選びやすくなります。

ポケットWiFi・ホームルーターの仕組み

ポケット型WiFi・ホームルーターは「移動体通信回線」と呼ばれる携帯/スマホと同じような通信回線を利用しているWi-Fi。

各通信業者が持つ基地局からの電波をポケット型WiFi・ホームルーターがキャッチすることでインターネット利用が可能になっています。基本的に通信方式は無線です。

光回線(固定回線)の仕組み

一方、光ファイバーという物理的な伝送路を使って通信を行う自宅専用のWi-Fiが光回線です。

インターネット利用時のデータを光信号に変換して大量のデータを一度に高速でやりとり可能な点が光回線の特徴。光の速度でデータ転送できることが、通信速度が高速であることを可能にしています。

ポケット型WiFi・ホームルーターと光回線、どのサービスがおすすめかを考える上で最も重要になってくる点は、やはりこの仕組みの違いによって生まれる通信速度・通信の安定性の違いです。

ポケット型WiFi・ホームルーター・光回線の特徴

  • ポケット型WiFi
  • 有線接続をしない分ホームルーターと光回線に通信速度と安定性は少々劣るが、工事不要でどこにでも持ち運び可能
  • ホームルーター
  • 光回線には通信速度と安定性で負けるが、端末の性能でそのデメリットをカバーしているルーター。ポケット型WiFiよりも速度が安定している
  • 光回線
  • ポケット型WiFiやホームルーターほどの手軽さや利便性はないが、その分高速通信が可能で、通信の安定性は抜群

それぞれメリット・デメリットがあります。違いを理解するとWiFiサービスを選びやすくなります。さらに詳しくポケット型WiFi・ホームルーター・光回線の違いを見ていきましょう。

ホームルーターや光回線とポケット型WiFiを比較した違いは?

ここでは、3つのWiFiサービスについて特徴や違いを詳しく解説します。

ここまでポケット型WiFiについて確認をしてきた中で、ポケット型WiFi以外の選択肢もあわせて検討したいと感じた方は、ぜひ以下の内容も参考にしてください。

改めて、ポケット型WiFi(モバイルWi-Fiルーター)・ホームルーター・光回線(固定回線)の3つの特徴は、一言で表すと以下のようになります。

  • ポケット型WiFi(モバイルWi-Fiルーター)
  • 工事不要で持ち運び可能な手のひらサイズのWi-Fi
  • ホームルーター
  • 工事不要でコンセントに差し込むだけで使える自宅専用Wi-Fi
  • 光回線
  • 光ファイバーを用いたフレッツ光・NURO光などの超高速&安定した通信が魅力の自宅専用Wi-Fi

さらに詳細をみていきましょう。
以下のモバイルルーター・ホームルーター・光回線の比較表をご確認ください。

自宅のWi-Fi [ポケット型WiFi(モバイルルーター)・ホームルーター・光回線] の特徴比較

Wi-Fi通信の
種類
ポケット型WiFi
モバイルWi-Fi
ルーター
ホームルーター 固定回線
(光回線)
楽天モバイル WiMAX
(ワイマックス)
クラウドSIM
ポケット型WiFi
通信端末 楽天モバイル WiMAXのモバイルWi-Fiルーター ゼウスWiFi ホームルーター(置くだけWi-Fi) 固定回線のルーター
利用料金 3,281円 3,896円~ 3,224円~ 3,000~
4,000円台
4,000~
5,000円台
最大通信速度 150Mbps 3.9Gbps 150Mbps 481Mbps~
4Gbps
1~10Gbps
契約時の
回線工事
工事不要 工事不要 必要
持ち運び 可能 不可 不可
通信の
安定度
通信容量 無制限※1 無制限※1 月間100GB前後 無制限 無制限
※1 「大容量使用すると制限が掛かることがある」ため、条件付きの無制限

3つのWi-Fiサービスの概要は、上記のとおり。

ポケット型WiFiは、持ち運びが可能であることが最大の特徴です。外出先でもWi-Fiを利用したい場合の選択肢は、ポケット型WiFiがおすすめ。

一方、ホームルーターと光回線は自宅専用のWi-Fiとなっていますが、その分通信の安定性が優れている点や高速通信が可能である点が、ポケット型WiFiとの大きな違いです。

それぞれのWi-Fiサービスがおすすめな人をまとめると以下のとおり。

ポケット型WiFiがおすすめな人

  • 自宅でも、自宅以外でも、場所を問わずインターネットを利用したい人
  • YouTube動画視聴、SNS利用、Zoom会議等、ネットの通常利用が可能なら問題ない人
  • 契約後、端末が到着次第すぐに使い始めたい人
  • 単身でインターネット環境を求めている人

ホームルーターがおすすめな人

  • 何らかの理由(賃貸で許可が下りない等)で自宅に光回線の工事が出来ない人
  • YouTube動画視聴、SNS利用、Zoom会議等インターネットの通常利用が自宅で出来れば問題ない人

光回線がおすすめな人

  • オンラインゲームやライブ配信など、通信速度だけでなく通信の安定性や応答速度も重要な人
  • ※応答速度:通信の送受信が行われるまでの「反応の速さ」。応答速度が遅いと映像に遅延が起こったり、途切れ途切れになってしまうことがあります。

数年前までは通信速度や通信の安定性を求める場合は光回線一択でした

しかし、ポケット型WiFi・ホームルーターも性能が年々向上しており、光回線と大差ない通信速度・通信安定性になってきています。

オンラインゲームなどの特殊な用途ではなく、SNS利用・ウェブサイト閲覧・YouTube動画視聴・少人数のオンラインミーティングなどがメインの用途となる場合は、ポケット型WiFiで充分と言えるでしょう。

あなたの利用用途を踏まえた上で、月々の料金や持ち運びの利便性などを踏まえて契約するWi-Fiサービスを選んでいきましょう。

ここまでの情報を踏まえて、ポケット型WiFiが自分に合っていそうだと感じた場合は、このままポケット型WiFiの特徴やおすすめポイントを詳しく確認していきましょう。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiの重要な3つの特徴

ポケット型WiFiは、月額3,000円台~4,000円台で大容量のデータ通信が利用可能です。自宅で利用するホームルーター・光回線の代わりとして、もしくは、カフェや外出先でスマホ・PCを用いてインターネット接続するために契約している方が多いです。

近年人気の格安料金のスマホプランと同じく、ポケット型WiFiも通信費の節約に役立ちます。

ここで、皆さまに知っておいていただきたいポケット型WiFiの特徴は、大きくわけて以下の3つです。

ポケット型WiFiの特徴

  1. 工事不要・持ち運びが可能な無線機器で、家でも外出先でもどこでも使えること
  2. 月々3,000円~4,000円台でインターネット利用が可能なこと
  3. 通信回線(キャリア)と、端末・料金プランが豊富なこと

工事不要・持ち運びが可能な無線機器で、家でも外出先でもどこでも使えること

ポケット型WiFiは工事不要で、モバイルルーターが届いたその日から利用可能です。

また、基地局の電波を無線でキャッチすることでインターネット接続を可能にしている点も、有線(光ファイバー)の光回線と比較した際のポケット型WiFiの特徴です。

そのため、光回線と比較した際にはメリット・デメリットがそれぞれあり、両方をきちんと理解したうえで「自分の利用方法はポケット型WiFiと光回線のどちらが合うのか」を見極める必要があります。ポケット型WiFiのメリット・デメリットは簡単にまとめると以下です。

メリットデメリット

外出先でも使える

工事不要で、契約後
すぐに使える

有線の光回線に比べると
通信速度と通信の安定性
が落ちる

ただし、デメリットとはいえ、通常のインターネット利用(SNS、動画視聴、ウェブサイト閲覧等)で困ることはなく、ポケット型WiFiでも充分な速度が出ます。

光回線がおすすめな方は、常日頃からライブ配信やオンラインゲーム、株/FX取引などを行っている方です。

ポケット型WiFiがおすすめな人

  • 光回線やテザリングから乗り換えたい人
  • 超高速である必要はなく”上記のような”通常利用でWi-Fiを利用したい人
  • 家の中でも、外出中も、どこでも持ち歩いてインターネットを利用したい人

いずれかに当てはまる方はポケット型WiFi・モバイルWiFiがおすすめです!

月々3,000円~4,000円台でインターネット利用が可能なこと

ポケット型WiFiの特徴スマホプランやテザリングの特徴
無制限プランの
ポケット型WiFiでも
月々3,000円~4,000円台
で利用可能

テザリングは
ドコモ以外月30GBまで

データシェアは
全キャリア月30GBまで

無制限プランは
高額(4,500円~6500円)
になることが多い


au/ドコモ/ソフトバンクのスマホ代が高く、テザリングやデータシェアからポケット型WiFiへの変更を検討中の方も多いのではないでしょうか?

テザリングやデータシェアには月々の容量制限があり、また、スマホのバッテリー消費も早くなります。

ahamoやpovo等の格安料金プラン・UQmobileやY!mobile等の格安SIMスマホに乗り換えたい方や、スマホ以外のPC・タブレットでもインターネットを利用したい方はポケット型WiFiの利用がおすすめ。

ポケット型WiFiの導入は、日々の通信費の節約に役立ちます。

通信回線(キャリア)と、端末・料金プランが豊富なこと

ポケット型WiFi・モバイルWiFiは、通信回線がいくつかあり、その通信回線ごとに端末・料金プランも複数用意されています。 ポケット型WiFiは大きく分けると、3大キャリア(au/ドコモ/ソフトバンク)・楽天モバイル・クラウドSIM WiFi・WiMAX4種類にわけることができます。

次章では、上記4つのポケット型WiFiの特徴や違いについて、さらに詳しく解説していきます。

4種類のポケット型WiFi・モバイルWiFiの特徴を解説

4種類のポケットワイファイ(ポケットWiFi)の特徴

3大キャリア(au/ドコモ/ソフトバンク) : 端末がハイスペックな分、月額料金・端末価格が高い

端末は、au/ドコモ/ソフトバンクのポケット型WiFiが最もハイスペックです。ただし、端末価格や月額料金(プラン)が高額で、ほとんどの人は他のポケット型WiFiのスペックで十分なので選ぶ理由が特にありません

もしドコモのポケット型WiFi・ソフトバンクのポケットWiFiをどうしても利用したいというレベルで通信速度が重要な場合は、固定回線を検討するのがおすすめです。
au/ドコモ/ソフトバンクのポケットWiFi

※ちなみに、auのポケット型WiFiは後述するWiMAXと同じ端末/エリア/通信速度/データ容量です。(WiMAXを提供するUQmobileとauはどちらもKDDIが持つサービスのため。異なるのは料金プランのみ。)

楽天モバイル : 通信速度は遅いが、データ容量無制限でとにかく安い

楽天モバイルは、料金面でおすすめなポケット型WiFiです。ただし、WiMAXやau/ドコモ/ソフトバンクのポケット型WiFiと比較すると通信速度が遅く、端末スペックが低いという懸念点も。

通信環境によっては、YouTube、TikTok、Instagramなどの動画視聴の利用には、少しストレスを感じてしまうかもしれません。(当サイト編集部が実際に使ってみた際には、問題なく使用できています)
楽天モバイルのポケットWiFi

データ容量無制限でも月額3,278円で利用可能。無制限のポケット型WiFiの中では最安です。楽天モバイルは、料金と通信データ容量を重視する場合におすすめです。

クラウドSIM WiFi : ソフトバンク・ドコモの通信回線を使いたい人におすすめ

クラウドSIM WiFiは、エリアや状況によって最適な回線をその都度端末が自動で選んでくれるクラウドSIM技術を搭載したポケット型WiFi。au/ドコモ/ソフトバンクの通信回線がすべて利用可能なポケット型WiFiを指します。

前述した楽天モバイルを踏まえ、通信データ容量は無制限の必要はなく、データ容量より通信速度が大事と感じた方はクラウドSIM WiFiの利用がおすすめです。
クラウドSIMのWi-Fi

20GB~100GBのデータ容量のプランで数多くの会社がクラウドSIMのポケット型WiFiを提供しているため、豊富な料金プラン・サービスから選べます。

WiMAX : 5G回線でデータ容量無制限、月額料金も安いバランス型

3,800万回線以上の契約実績を誇り、ポケット型WiFi=WiMAXと捉えている方も多い、一番人気のポケット型WiFi。

端末スペックが高く、通信速度も速いau/ドコモ/ソフトバンクのポケット型WiFiと、料金が安い楽天モバイル・クラウドSIM WiFiの良いとこ取りなポケット型WiFiです。
ワイマックス

月額料金は、楽天モバイルやクラウドSIMのポケット型WiFiと比較すると少々高くなります。しかし、その分高額なキャッシュバックキャンペーンを提供しているUQ WiMAXの代理店(WiMAXプロバイダ)が多く存在します。

実質総額では楽天モバイル・クラウドSIM WiFiと数百円の差で、ドコモのポケット型WiFi・ソフトバンクのポケットWiFiにも匹敵する速度の通信回線が利用可能です。

5G回線にも対応しており、データ容量は無制限で使い放題。バランス・コスパを重視する方におすすめな選択肢です。

4種類のポケット型WiFiの
特徴まとめ

月額料金 データ容量 通信速度 対応エリア 端末 (通信回線)
au
5,000円程

無制限

高速

広い

高性能だが高額
(22,000円~43,200円)
au
ドコモ
5,500~
7,300円程

無制限

高速

広い

高性能だが高額
(27,720円~68,904円)
ドコモ
ソフトバンク
5,000円程

50GB/月

高速

広い

高性能だが高額
(27,000円~66,240円)
ソフトバンク
楽天モバイル
3,000円程

無制限

やや遅め

広い

最大速度150Mbps
端末代1円
楽天モバイル
au 4G※1
クラウドSIM
WiFi

3,000円程

100GB/月

普通※2

広い

最大速度150Mbps
端末はレンタルが主流
au/ドコモ/ソフトバンク
WiMAX
4,000円~
5,000円程

無制限

高速

広い

高性能
(21,780円~27,720円)
WiMAX2+
au4G/au5G
※1. 楽天対応エリア外でのみauの通信回線を利用可能
※2. 通信回線は3キャリアで通信安定性は非常に良いが、端末性能が低いサービスが多く、モバイルルーターの最大速度が150Mbpsまでしか出ないため。


以上が4つのポケット型WiFiの特徴です。

ざっくりわけると4種類に分類できますが、WiMAXとクラウドSIM WiFiはサービスを提供する会社が数多くあるため、実際は数十社のポケット型WiFiから選択する必要があります。

加えて、これらのポケット型WiFiの料金プランや、データ容量・通信速度・通信可能エリア・端末スペックを比較して、利用用途にあったポケット型WiFiを選んでいくことが重要です。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめの選び方[5つのポイント比較]

解説内容を動画でチェック


では、ポケット型WiFiの特徴について理解できたところで、ポケット型WiFi 15社の比較をおこなっていきましょう。

ポケット型WiFiのおすすめサービスを知りたいと思っても、ポケット型WiFiは比較項目が多く、網羅的に比較したサイトは多くありません。

当サイトはポケット型WiFiの最新情報を毎月チェックし、ポケット型WiFiを比較項目別に分かりやすくまとめています。比較の結果本当におすすめなポケット型WiFiを紹介します。

解説するのは5つに分類されるポケット型WiFi比較の重要ポイント。ランキング確認前に、おすすめのポケット型WiFi探しに重要な比較ポイント5つを簡単におさらいしましょう。

比較ポイント1:料金

ポケット型WiFiは月額料金・契約事務手数料・端末代金がかかる一方、サービスごとにお得なキャンペーンもあります。総合的に見て固定費が抑えられるポケット型WiFiがおすすめ。
比較ポイント:料金

比較ポイント2:データ容量(通信制限)

ポケット型WiFiの料金が安くても、利用できるデータ容量に制限があると不便です。通信制限の条件は契約するポケット型WiFiによって異なるため、通信データ容量も確認するのがおすすめ。
比較ポイント:データ容量(通信制限)

比較ポイント3:通信速度

5G対応のポケット型WiFiは固定回線に劣らない通信速度で利用できますが、なかには5G未対応で速度が遅い端末も。利用できる通信回線や端末はサービスごとに異なるので、用途に適したスペックであるか確認しましょう。
比較ポイント:通信速度

比較ポイント4:対応エリア

優れたポケット型WiFiも通信エリア外では本来の性能を発揮できません。最悪圏外になることも。持ち運び可能だからこそ利用できるエリアが広いポケット型WiFiがおすすめ
比較ポイント:対応エリア

比較ポイント5:通信端末(モバイルルーター)

ポケット型WiFiはルーターの機種によって、連続通信時間・同時接続台数・通信速度などが異なります。小型で持ち運びやすいポケット型WiFiだからといって安易に選ぶと後悔するので、モバイルルーターの端末性能をよく比較しましょう
比較ポイント:通信端末

ポケット型WiFi比較で特に重要なのは、サービス差が出やすい料金・データ容量・通信速度の3つ。

ポケット型WiFiの比較では、キャッシュバックキャンペーンの料金や月額料金の安さに注目しがち。料金は重要ですが、ポケット型WiFiには料金以外にも多くの比較要素があり、住まいや使い方によってもおすすめは変わります。

次章では、おすすめのポケット型WiFi 15社の5つの比較ポイントをまとめました。料金などのポケット型WiFi比較ポイントを確認していきましょう。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめランキング | 人気15社の料金/通信速度/データ容量等を徹底比較

ポケットWi-Fiのおすすめを確認

料金・通信速度・エリア・データ容量(速度制限)・端末(モバイルルーター)の比較ポイントを1つにまとめたポケット型WiFi比較表を紹介します!

人気の高いおすすめポケット型WiFiを厳選して比較し、おすすめ順にランキング形式にしました!

※右にスクロールできます

ポケット型WiFi・モバイルWiFi
おすすめランキング

ポケット型WiFi
モバイルWiFi
料金
(実質月額料金※1)
データ容量 下り通信速度 エリア※3
(回線)
端末
(ルーター)
実測値※2 理論値
1位
WiMAX
カシモWiMAXロゴ
おすすめNo.1
詳細まで
スクロール
3,896円~ 無制限 116Mbps 3,900Mbps WiMAX2+
au 4G
au 5G

5G対応
2位
楽天モバイル
楽天モバイルロゴ

おすすめNo.2
詳細まで
スクロール
3,281円 無制限※4 26Mbps 150Mbps 楽天モバイル
au 4G

海外対応
3位
ゼウスWiFi
ゼウスWiFiロゴ

おすすめNo.3
詳細まで
スクロール
3,224円 月間100GB 32Mbps 150Mbps ドコモ 4G
au 4G
ソフトバンク 4G

海外対応
無料レンタル
4位
AiR-WiFi
エアワイファイロゴ
3,372円 月間100GB 34Mbps 150Mbps ドコモ 4G
au 4G
ソフトバンク 4G

無料レンタル
5位
モンスターモバイル
モンスターモバイルロゴ
3,021円 月間100GB 32Mbps 150Mbps ドコモ 4G
au 4G
ソフトバンク 4G

無料レンタル
※1 契約期間内に必要な費用の総額を契約月数で割った金額。多くのポケット型WiFiが2年契約であるため、2年利用した場合の平均を算出しています。
※2 東京都23区内にて平日16:00頃に計測した実際の速度で、計測環境や時間帯により速度は変化する参考値。8位以降のポケット型WiFiの実測値はみんそくを参考にしています。
※3 エリア(回線)…複数の回線が利用可能で、クラウドSIMのポケット型WiFiはau/ドコモ/ソフトバンクの4G回線から接続しやすい回線に接続します
※4 楽天モバイル回線のエリア内であっても、パートナー回線(au)になる可能性有。パートナー回線も無制限で利用可能

※1「実質月額料金」の計算方法

月額料金やキャンペーンの説明

ポケット型WiFiを比較した結果、最もおすすめのポケット型WiFiはWiMAX

なぜならWiMAXは各比較ポイントのバランスが非常に良く、他ポケット型WiFiと比較して総合的に優れているから。

ただ、おすすめは1位のWiMAXだけではありません。2位以降のポケット型WiFiもおすすめできるポイントがあるため、次の章でランキング上位8社を取り上げ、各ポケット型WiFiのおすすめ理由を紹介します。

まずは今回詳しくご紹介するポケット型WiFi 上位3社の特徴を一覧でご確認ください。

2024年4月最新:人気ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめ3社

1分でわかるポケットWiFiの選び方 まずは、以下のポケット型WiFiのおすすめサービスTOP3の簡単な特徴から。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiおすすめランキング TOP3

※各ポケット型WiFiの詳細解説までスクロールできます。

  • データ容量が無制限で使い放題&端末もハイスペックで超高速
  • エリアも広く、利用者も3,800万人超と抜群の信頼性
  • 実質月額料金も3,896円~と良心的なバランス型のポケット型WiFi
ワイマックス
  • WiMAXと同じくデータ容量無制限で月額料金も最安級
  • WiMAX/クラウドSIM WiFiより通信速度が遅いのが難点
  • 解約違約金/初期費用無料・端末代1円→気軽に契約も解約も可能
楽天モバイルのポケットWiFi
  • クラウドSIM WiFiサービスで100GB利用時の実質月額料金が最安級
  • au/ドコモ/ソフトバンクの通信回線を利用できるのが最大の魅力(楽天モバイルの回線に不安がある方におすすめ)
  • 口座振替も可能、オプションも豊富で、サービスとしての信頼性も◎
クラウドSIM(ゼウスWiFi)

気になるポケット型WiFiはありましたでしょうか?

では、1位~3位のおすすめポケット型WiFi について、さらに詳しく見ていきましょう。

4位以降のポケット型WiFiの
詳細を確認したい方はこちら

※該当箇所までスクロールします



おすすめ1位 [WiMAX] 料金も格安でエリア/データ容量/通信速度/端末や信頼性も一級

おすすめポケットWiFiのWiMAX

GMOとくとくBBの口コミ・評判

クロネコさん(愛知・50代女性)
速度:7点、エリア:9点、容量:10点、料金:7点、端末:7点
★★★★☆4
工事の必要がなく気軽に導入できて、データ容量無制限で気兼ねなく使えるので、概ね満足しています。3年縛りなどの制限がないのが、契約の決め手の一つですが、返金キャンペーンが支払われる仕様になっています。返金をゲットしたいために1年縛りになっているのと変わらないし、メールに気づかず返金をもらいそこねる方も多いようなので、その点は要注意です。
なるるさん(大阪・20代女性)
速度:10点、エリア:10点、容量:10点、料金:10点、端末:10点
★★★★★5
データ容量と月額の料金が良かったので、契約しました。また解約と返却がとても簡単だったので、それもとてもありがたかったです。
sp5000さん(東京・60代男性)
速度:6点、エリア:6点、容量:10点、料金:7点、端末:9点
★★★☆☆3
東京の自宅以外にも移動することが多く、外でも普通に昼間は通じるので重宝しています。ただ夜中には首都圏以外(神戸)では通信速度が遅くなることがあるのでその点は注意が必要です。
とみさん(大阪・20代女性)
速度:9点、エリア:9点、容量:9点、料金:9点、端末:9点
★★★★☆4
【良かった点】
地下・コンクリートに囲まれた屋内以外では通信速度に変化が無いこと。複数の機器を接続しても通信速度が遅くなることは無い。
【悪かった点】
元々、持っている本体機械を使用して、SIMカードのみ発行出来ればなお良かった。
シンさん(東京・20代男性)
速度:6点、エリア:6点、容量:8点、料金:7点、端末:7点
★★★☆☆3
通信速度は比較的良好ですが、建物内などになると急につながらなくなることが多く、また電車でも接続が悪くなりやすいので、あくまで日中の外出時用といった感じです。
※口コミは、WiMAX比較.com編集部が独自に収集したものです。


料金,通信速度,データ容量,エリア,端末とすべて優秀なWiMAXは、文句なしでおすすめポケット型WiFi1位です。

実質月額料金3,896円~でありながら、5Gの高速通信に対応し、データ容量無制限。通信回線も3種類(WiMAX2+,au4G/au5G)に対応と総合的な性能の高さが目立ちます。

\WiMAX X12の性能を1分で実証!/


他サービスとの大きな違いは、性能面だけでなくWiMAXの通信サービスとしての信頼性がずば抜けていることでしょう。累計3,800万回線以上もの契約数があることから信頼性も高く、2024年4月現在最もおすすめできるポケット型WiFiです。

WiMAXの選び方:上位3社からニーズに合ったプロバイダを選ぶ

おすすめポケットWiFi「WiMAX」の選び方

「WiMAX」は、大元のUQ WiMAXと、20社以上あるWiMAXプロバイダ(代理店)の中から選びます。データ容量、エリア、通信速度、選べる端末に違いはなく、プロバイダによって料金が変化するため、各社の料金を確認するようにしましょう。WiMAXプロバイダの選び方はとてもシンプルです。

月額料金やキャンペーン、支払い方法、端末代金の支払い回数などを比較すると、契約すべきサービスは3つに絞ることができます。

  • 少しでも安くWiMAXを利用したい人
  • 分かりやすい料金プラン・キャンペーンでWiMAXを利用したい人
  • 端末残債の支払い無しで、必ず2年で解約したい人
  • カシモWiMAXで契約

  • 他社からの乗り換えを検討中で、違約金・端末残債が発生する人
  • WiMAX契約後、すぐに(2年以内)光回線に乗り換える可能性がある人
  • GMOとくとくBBで契約

  • クレジットカードを持っておらず、口座振替で支払いをしたい人
  • キャッシュバックは必ず現金がいい人
  • BIGLOBEで契約


20社を超えるWIMAXプロバイダの中で最安価格で契約が可能で、分かりやすい料金プランと確実に受け取れるキャンペーンを実施中のカシモWiMAX。業界で数少ない乗り換えキャンペーンを実施中のプロバイダ、GMOとくとくBB。現金キャッシュバックと口座振替が魅力のBIGLOBE WIMAX。

3社の特徴を整理すると、上記の判断基準でWiMAXプロバイダを選んでいくのがおすすめ。

以下に、20社以上のWIMAXプロバイダをすべて比較した結果として、2024年4月現在おすすめのWiMAXプロバイダ上位5社をご紹介します。

カシモWiMAX・GMOとくとくBB・BIGLOBE以外のWiMAXの料金も確認したい方は、あわせてご確認ください。

※右にスクロールできます

ポケット型WiFi「X12」が契約可能な
おすすめWiMAXプロバイダ

WiMAX
プロバイダ
総額(税込) 実質月額料金
(税込)
キャッシュバック額 基本月額料金
(税込)
カシモWiMAX
(シンプルな
料金設定が
人気の
最安プロバイダ)
人気No.1
97,412円 3,896円 23,000円
※当サイト限定
初月:¥1,408
1ヶ月目~:¥4,818

+端末代27,720円
(24回分割/一括)
→2年利用で無料※1
GMOとくとくBB
(乗り換え
キャンペーン
が強み)

人気No.2
97,758円※2 3,910円※2 25,000円
※当サイト限定
初月:¥1,375
1~24ヶ月目:¥3,762

+端末代27,720円
(36回分割/一括)
BIGLOBE WiMAX
(口座振替なら最安)

人気No.3
102,044円 4,082円 16,300円
※当サイト限定
初月:¥0
1ヶ月目~:¥3,773

+端末代27,720円
(24回分割/36回分割/一括)
Broad WiMAX 117,534円※2 4,701円※2 10,000円
※当サイト限定
初月:¥1,397
1~24ヶ月目:¥3,773

+端末代31,680円
(36回分割/一括)
UQWiMAX 129,944円※2 4,998円※2 0円 初月:¥4,268
1ヶ月目~13ヶ月目:¥4,268
14ヶ月目以降:¥4,268

+端末代27,720円
(36回分割/一括)
※1 分割払いを選択した場合、24ヶ月間契約し続ければ、「端末分割払いサポート」によって端末代は実質無料となります。また、端末の分割支払い回数24回を選択できるのは当サイト経由限定です。公式サイト経由の場合は36回になります。
※2 2年間利用する前提で計算しています。2年利用でモバイルルーターを36回分割払いにした場合は、解約時に端末残債の一括請求が発生します。総額・実質月額料金は、端末残債も含めた料金です。

※右にスクロールできます

ポケット型WiFi「X12」が契約可能な
おすすめWiMAXプロバイダ

WiMAX
プロバイダ
総額(税込)※1 実質月額料金
(税込)※1
キャッシュバック額 基本月額料金
(税込)
カシモWiMAX
(シンプルな
料金設定が人気)
人気No.1
150,443円 4,179円 23,000円
※当サイト限定
初月:¥1,408
1ヶ月目~:¥4,818

+端末代27,720円
(24回分割/一括)
→2年利用で無料※1
GMOとくとくBB
(3年の最安プロバイダ)

人気No.2
139,173円 3,866円 25,000円
※当サイト限定
初月:¥1,375
1~35ヶ月目:¥3,762

+端末代27,720円
(36回分割/一括)
BIGLOBE WiMAX
(口座振替なら最安)

人気No.3
161,216円 4,357円 16,300円
※当サイト限定
初月:¥0
1~24ヶ月目:¥3,773
25ヶ月目~:¥4,928
+端末代27,720円
(24回分割/36回分割/一括)
Broad WiMAX 162,810円 4,400円 10,000円
※当サイト限定
初月:¥1,397
1~36ヶ月目:¥3,773

+端末代31,680円
(36回分割/一括)
UQWiMAX 189,380円 4,984円 0円 初月:¥4,268
1ヶ月目~13ヶ月目:¥4,268
14ヶ月目以降:¥4,950

+端末代27,720円
(36回分割/一括)
※1 3年間利用する前提で計算しています。端末の分割払い回数と支払い開始月に合わせて、GMOとくとくBB/カシモWiMAXは36ヶ月、BIGLOBE/Broad WIMAXは37ヶ月、UQ WIMAXは38ヶ月で計算しています。
※2 分割払いを選択した場合、24ヶ月間契約し続ければ、「端末分割払いサポート」によって端末代は実質無料となります。

※当サイトでは、編集部メンバーで総力をあげて、WiMAXの最新情報を日々追っています。WiMAXプロバイダ全23社の情報を確認しておきたいという方は当サイトWiMAX比較.comのトップページをご確認ください!

比較表のとおり、WiMAXプロバイダは料金やキャンペーンの内容が異なります。(その他の15社以上のWiMAXプロバイダも同様です)

キャンペーンの金額や内容も毎月変化するので、契約前にしっかり確認しておきましょう。

ここからは、2024年4月現在、各端末を最も安く契約できるおすすプロバイダカシモWiMAX・GMOとくとくBB・BIGLOBE WiMAXについて詳しくみていきましょう。まずはカシモWiMAXからご紹介します。

>> GMOとくとくBBの詳細はこちら
※GMOとくとくBBを紹介する章までスクロールします

>> BIGLOBEの詳細はこちら
※BIGLOBEを紹介する章までスクロールします


WIMAX人気No.1[カシモWiMAX]
シンプルな月額料金・キャンペーンが魅力の最安プロバイダ!

pocket wifiのカシモWiMAX

カシモWiMAXのプラン情報
モバイルルーター
機種
Speed Wi-Fi 5G X12
端末画像 X12の端末画像
端末購入代金 27,720円(1,155円×24回分割払い)
2年利用で無料
※当サイト経由限定(公式は36回払い)
データ容量 無制限
3日15GBというデータ容量制限が
撤廃され現在は無制限。
ただし、大量のデータ通信時には
制限する場合あり。
対応回線 WiMAX2+(4G) / au 4G LTE / au 5G
料金プラン ギガ放題プラスプラン
月額料金
(税込)
初月:1,408円
1~24ヶ月:4,818円
その他費用 事務手数料(初期費用):3,300円
ユニバーサルサービス料:3円/月
キャッシュバック
キャンペーン
Amazonギフト券23,000円キャッシュバック
※当サイト限定キャンペーン
総額 2年契約:97,412円 3年契約:150,443円
実質月額料金 2年契約:3,896円 3年契約:4,179円
解約違約金 解約金無料
※端末の分割支払い回数24回を選択できるのは当サイト経由限定です。公式サイト経由の場合は36回になります。

カシモWiMAXは、総額と実質月額料金が最も安いWiMAXプロバイダ。カシモWiMAXがどのWiMAXプロバイダよりもお得に利用できるのは、以下の2つの特典が理由です。


これらのお得な情報について、詳しく解説します。

当サイト経由限定!23,000円分のAmazonギフト券が最短・最速で確実に受け取れる

カシモWiMAXがWiMAXプロバイダの中で最安で利用できる理由1つ目は、最短・最速で受け取れる業界でも比較的高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているため。

また、カシモWiMAXのキャッシュバックキャンペーンが優れているポイントは、金額だけではありません。受け取りまでの時間と受け取りやすさも、おすすめポイントです。

WiMAXプロバイダが実施しているキャンペーンの多くは、受け取り時期・キャンペーンの申請期間などに制約が設けられています。GMOとくとくBB・BIGLOBEのキャンペーンと比較してみましょう。

上位3社のキャンペーン比較

WiMAX
プロバイダ
カシモWiMAX GMOとくとくBB BIGLOBE
2年利用時の
総額
97,412円 97,758円 102,044円
実質月額
料金
3,896円 3,910円 4,082円
キャッシュ
バック
金額
Amazon
ギフト券
23,000円
現金
25,000円
現金
16,300円
キャンペーンの
申請可能
時期
端末到着後
すぐ~

端末到着月を
含む11ヶ月目
端末到着月の
翌月1日~
キャンペーンの
申請期間
契約期間中
いつでも
(最長3年)
1ヶ月間 45日間
キャンペーンの
受取時期
申請の
2週間後
契約月の
12ヶ月後
申請から
数日後

上記の比較表を見ていただくと分かる通り、カシモWiMAXはキャンペーン金額だけでなく、キャンペーンの受け取りやすさや受け取りまでの期間も他社より優れています。

カシモWiMAXは、キャッシュバックをできるだけ早く受け取りたい方、キャッシュバックを確実に受け取りたい方にもおすすめのWiMAXプロバイダです。

端末分割サポートで契約期間中の端末代金は0円!さらに、当サイト限定で分割回数は36回→24回に

カシモワイマックスは初期費用が安い!

カシモWiMAXが最安プロバイダとしておすすめな理由は、キャッシュバックキャンペーンの他にもう1つあります。それが、端末分割支払いサポートです。

端末分割サポート

カシモWiMAXは、1,155円×24ヶ月の端末分割代金がかかります。ただし、契約期間中は、端末分割サポート(毎月1,155円の割引)によって分割割端末費用が相殺される(0円になる)ため、実質無料で端末の購入が可能です。

公式サイトからの契約の場合は端末の分割回数が36回払いとなるため、当サイト経由であれば、公式サイトよりも短い契約期間で端末分割払い期間を終えることができます。

また、2番目に安いGMOとくとくBBも端末の分割回数は36回となっています。WiMAXを2年間で乗り換えたい方にも、カシモWiMAXはおすすめです。

カシモWiMAXのおすすめポイントをまとめると、以下のとおり。

カシモWiMAXのおすすめポイント

  • WiMAXプロバイダの中で総額・実質月額料金が最安
  • キャッシュバックを最短2週間で、1度に受け取れる
  • キャッシュバックの申請は契約期間中いつでもOK(最長3年)
  • 端末の分割払いが24ヶ月間と短いため、2年で解約できる
  • 2年間利用すれば、端末分割サポートにより端末代金は0円!

多くの魅力を持つWiMAXプロバイダ「カシモWiMAX」。

紹介したキャッシュバックと、端末分割払い回数(36回→24回)は当サイト限定キャンペーンとなっているため、カシモWiMAXの契約をお考えの方は以下のリンクよりお申し込みください!


\当サイト限定23,000円キャッシュバック/

カシモWiMAXの
申し込みはこちら!

【注意事項】※必ずご確認ください

※申込み前に利用規約プライバシーポリシーをご確認ください。
※他の比較サイトやカシモWiMAX公式からの申し込みは、当サイト限定キャンペーンの対象外です。
※当サイトのキャンペーンは予告なく変更する場合がございます。


関連記事

キャッシュバックキャンペーン申し込み方法や、申し込み時の注意点、その他カシモWiMAXのキャンペーン以外のメリットについても詳細を確認したい方は、「カシモWiMAXの速度は遅い?料金は最安?評判・口コミを元に徹底解説」の記事もあわせてご確認ください!


WIMAX人気No.2[GMOとくとくBB]
乗り換えキャンペーンが他社にはない強み!

GMOとくとくBB WiMAXの現金キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXのプラン情報
モバイルルーター
機種
Speed Wi-Fi 5G X12
端末画像 X12の端末画像
端末購入代金 27,720円
(770円×36回分割払い)
最大通信速度 下り最大3.9Gbps
上り最大183Mbps
データ容量 無制限
3日15GBというデータ容量制限が
撤廃され現在は無制限。
ただし、大量のデータ通信時には
制限する場合あり。
対応回線 WiMAX2+(4G) / au 4G LTE / au 5G
料金プラン ギガ放題プラスプラン
月額料金(税込)

契約初月:1,089円の日割

1ヶ月~12ヶ月目:3,784円

13ヶ月~35ヶ月目:3,762円

36ヶ月目~:5,104円

その他費用 事務手数料(初期費用):3,300円
ユニバーサルサービス料:3円/月
キャッシュバック
キャンペーン
25,000円キャッシュバック
※当サイト限定キャンペーン
総額 2年契約:97,758円 3年契約:139,173円
実質月額料金 2年契約:3,910円 3年契約:3,866円
解約違約金 解約金無料(実質縛りなし)
※端末の分割払い回数が36回となっているため、2年で解約した場合は、解約時に8,470円の端末残債が発生します。総額・実質月額料金ともに、端末残債も含めた料金です。

GMOとくとくBBは、2年利用時は実質月額料金3,910円で利用できる、カシモWiMAXの次にお得なWiMAXプロバイダです。

3年利用時はカシモWiMAXよりも実質月額料金がお得になるため、必ず3年利用する場合は、カシモWiMAXよりもGMOとくとくBBがおすすめです(3年利用時:3,866円)。

また、カシモWiMAXやBIGLOBEにはないおすすめポイントとして、乗り換えキャンペーンを実施している点があげられます。

現在GMOとくとくBBでは、

  • 他社から乗り換えの際の違約金・端末残債をMAX40,000円負担!乗り換えキャンペーン実施中
  • auひかり・ドコモ光・GMO光アクセスの光回線は無料で乗り換え可能!「どんなときも解約サポート」実施中

上記2種類の乗り換えキャンペーンを実施しています。それぞれの詳細は以下の通り。

2つの乗り換えキャンペーンの概要

  • 他社から乗り換えの際の違約金・端末残債をMAX40,000円負担!乗り換えキャンペーン実施中
  • GMOとくとくBB以外のサービスをご利用中の方で、乗り換え時に解約違約金もしくは端末残債の支払いが発生する場合、上限を40,000円としてGMOとくとくBBが負担してくれます。

    前述の25,000円分のキャッシュバックキャンペーンに上乗せという形になるので、乗り換えの場合はカシモWiMAXよりもGMOとくとくBBの方がお得です。

  • auひかり・ドコモ光・GMO光アクセスの光回線は無料で乗り換え可能!「どんなときも解約サポート」実施中
  • 光回線を契約するまでのつなぎとしてGMOとくとくBBを利用する方、ポケット型WiFiで満足できなかった場合にはすぐに光回線に乗り換えるかもしれない方にもGMOとくとくBBはおすすめ。

    「ドコモ光」「とくとくBB光」「auひかり」など、GMOとくとくBBが提携する光回線への乗り換えであれば、どのタイミングであっても解約違約金・端末残債の負担金額は0円で乗り換えが可能です。

上記2つのキャンペーンは、どちらも総額・実質月額料金の計算には含まれていません。そのため、乗り換えをともなうWiMAX契約の場合は、カシモWiMAXよりもGMOとくとくBBのほうがお得です!

他社サービスからの乗り換え、または光回線への早期乗り換えを検討している場合は、ぜひGMOとくとくBBのをご利用ください!


\乗り換えならGMOとくとくBBがお得!/

GMOとくとくBBの概要や
キャンペーンの詳細解説はこちら!


WIMAX人気No.3[BIGLOBE]
現金キャッシュバックが欲しい方・口座振替希望の方におすすめ

pocket wifiのBIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXのプラン情報
モバイルルーター
機種
Speed Wi-Fi 5G X12
端末画像 X12の端末画像
端末購入代金 27,720円(1,155円×24回分割払い)
データ容量 無制限
3日15GBというデータ容量制限が
撤廃され現在は無制限。
ただし、大量のデータ通信時には
制限する場合あり。
対応回線 WiMAX2+(4G) / au 4G LTE / au 5G
料金プラン ギガ放題プラスプラン
月額料金
(税込)
初月:無料
1~24ヶ月:3,773円
その他費用 ユニバーサルサービス料:3円/月
(口座振替の場合は振替手数料+220円/月)
キャッシュバック
キャンペーン
事務手数料(初期費用)無料
現金16,300円キャッシュバック
※当サイト限定キャンペーン
総額 2年契約:102,044円 3年契約:161,216円
実質月額料金 2年契約:4,082円 3年契約:4,357円
解約違約金 解約金無料
※BIGLOBE WiMAXは端末代金を24回/36回から選ぶことが出来ます。上記の表では2年契約:24回払い、3年契約:36回払いで計算しています。契約翌月より支払い開始のため、総額・実質月額料金は2年契約:25ヶ月、3年契約:37ヶ月で計算しています。

BIGLOBE WiMAXは、総額と実質月額料金がカシモWiMAX・GMOとくとくBBの次に安いWiMAXプロバイダ。また、GMOとくとくBB・カシモWiMAXは支払方法がクレジットカードのみであるため、口座振替を利用して契約したい場合は、BIGLOBEが口座振替可能な最安プロバイダとなります。

さらに、BIGLOBEは当サイトを含むBIGLOBE公式と提携しているサイトからのみ申し込める現金16,300円分のキャッシュバックキャンペーンを実施中です!

公式サイトからBIGLOBE WiMAXを申し込んだ場合のキャッシュバック金額は16,000円となります。

現金キャッシュバックが最短で契約月の翌月には受け取れるので、キャッシュバックはどうしても現金が良い!GMOとくとくBBも早くキャッシュバックを受け取りたい!という方はBIGLOBE WiMAXをご利用ください。

ただし、キャンペーン申請期間が45日間のみで、カシモWiMAXのAmazonギフト券キャンペーンのほうが安心である点、総額や実質月額はカシモWiMAX・GMOとくとくBBに劣る点にはご注意ください。(※カシモWiMAXのAmazonギフト券キャンペーンは、契約期間中ならいつでも申請可能です)

上記の内容と、その他 BIGLOBE WiMAXのおすすめポイントをまとめると、以下のとおり。

BIGLOBEのおすすめポイント

  • 契約月の月額料金と事務手数料が無料
  • → BIGLOBE WiMAXは、契約初月は月額料金が0円な上に、他のWiMAXプロバイダでは必要になってくる契約事務手数料が無料!初期費用をなるべく安く抑えたい人におすすめのWiMAXプロバイダです。

  • キャッシュバックを最短で受け取れる
  • → おすすめNo.2のGMOとくとくBBの現金キャッシュバックは1年後の受け取り。一方、BIGLOBE WiMAXの現金キャッシュバックは、手続きを早めに済ませれば最短で契約月の翌月には受け取ることが可能です!

    そのため、キャッシュバックをお急ぎの方はBIGLOBE WiMAXがおすすめ!

  • 数少ない口座振替に対応
  • → 全WiMAXプロバイダの中で口座振替対応プロバイダは、BIGLOBE WiMAX・Broad WiMAX・UQ WiMAXの3社だけ

    口座振替が可能なWiMAXプロバイダで最安なのはBIGLOBE WiMAXです!(口座振替手数料などの追加料金によって、総額は前述した102,044円から107,324円になってしまう点にはご注意ください)

  • 端末の分割払いが24ヶ月間と短い
  • → WiMAXプロバイダの多くは端末の分割回数が36~38回で、途中解約の場合端末残債が一括請求されます。そのため、分割払い終了まで契約を続ける利用者が多く、実質契約期間は3年間。

    一方、BIGLOBE WiMAXは分割払いの回数が24回のため、2年でWiMAXを解約したい方におすすめです。

    ※ただし、端末残債の発生等考慮した場合でも、実質月額料金でいえばカシモWiMAX・GMOとくとくBBのほうがお得である点にはご注意ください。

GMOとくとくBB・カシモWiMAXのキャンペーン・料金の支払方法に不満がある場合は、BIGLOBEがおすすめです。

紹介したキャッシュバックキャンペーンは当サイト限定価格のため、BIGLOBE WiMAXの契約をお考えの方は以下のリンクよりお申し込みください!


\当サイト限定16,300円キャッシュバック/

BIGLOBE WiMAXの
申し込みはこちら!

関連記事

キャッシュバックキャンペーン申し込み方法や、申し込み時の注意点、その他BIGLOBE WiMAXのキャンペーン以外のメリットについても詳細を確認したい方は、「BIGLOBE WiMAX +5Gはおすすめ?口コミ・評判まとめ」の記事もあわせてご確認ください!



続いては、おすすめのポケット型WiFiランキング2位の楽天モバイルについて。

多くの方がポケット型WiFiに料金が安いことを求めるかと思いますが、楽天モバイルはポケット型WiFiの中でも群を抜いて料金が安いので、次の章で詳しく見ていきましょう。

おすすめ2位 [楽天モバイル] 速度は遅いが無制限で安いポケット型WiFi

おすすめポケットWiFiの楽天モバイル

楽天モバイルのプラン情報
モバイルルーター機種 Rakuten WiFi Pocket 2C
端末画像 Rakuten WiFi Pocket 2B / 2C 端末
最大通信速度 下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
データ容量楽天回線 無制限
※ただし、大量のデータ通信時には
制限する場合あり
パートナー
回線(au)
無制限
※楽天モバイル回線エリア外
でのみ自動接続
対応回線 楽天モバイル / au 4G LTE
端末購入代金 7,980円 → 1円※1
料金プラン Rakuten 最強プラン
月額料金
(税込)
0~3GB 1,078円
3GB~
20GB
2,178円
20GB~ 3,278円
その他費用 ユニバーサルサービス料:3円/月
事務手数料(初期費用)無料
キャッシュバック
キャンペーン
端末値引き7,979円分
契約期間 なし
2年総額
※無制限利用時
82,026円
実質月額料金
※無制限利用時
3,281円
解約違約金 解約金無料
※1. Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーンを利用することで、端末価格が1円に割引

楽天モバイル ポケット型WiFiの口コミ・評判

t.kさん(神奈川・40代男性)
速度:3点、エリア:3点、容量:10点、料金:10、端末:5点
★★★☆☆3
データ容量、料金・キャンペーンは申し分ないです。従量課金制で使わないときは、980円で済む。かつ、楽天ポイントも優遇されるため、楽天ユーザからするとお得感があります。
一方で、性能は、ドコモや格安SIMに比べると弱い印象があります。インターネット回線の繋がりが遅いことがあり、リモートワークをしているときは、操作時に画面がカクカクするので使いにくいところがあります。
おかかさん(青森・30代女性)
速度:6点、エリア:5点、容量:5点、料金:5点、端末:3点
★★★☆☆3
フォートナイトなど、ゲームも問題なくできるため通信速度には満足しているが、Pocket WiFi代払いきる前に本体の電池が劣化し勝手にオフになる。
※口コミは、WiMAX比較.com編集部が独自に収集したものです。

おすすめポケット型WiFiランキング第2位は楽天モバイルのポケット型WiFi「Rakuten WiFi Pocket 2C」です!

通信速度やルーター性能など、WiMAXほど総合的に優れてはいないものの、ポケット型WiFiを無制限で安く使いたいというニーズを満たすため2位としました。

WiMAXと比較した際の懸念点は通信速度が遅いこと。WiMAXは、現在契約できるすべての端末で5G回線が利用できます。また、WiMAX2+回線とauの4G/5G回線を同時利用することにより、高速通信を可能にしています。

一方で、楽天モバイルのポケット型WiFiは、5G回線には未対応で、パートナー回線であるauの回線も、楽天モバイルのエリア外でのみ使える限定的なものです。

圧倒的な安さが魅力な楽天モバイルのポケット型WiFiですが、ポケット型WiFiとして不安の残る通信速度が遅いを考慮し2位としました。

ただし、公式発表の最高速度は遅いものの、実際にWiMAX比較.com編集部が使用してみた際には、問題なく利用できる速度であることが分かっています。

楽天モバイル ポケット型WiFiの
性能を1分で実証!


その他に楽天モバイルがおすすめな理由は以下のとおり。

楽天モバイルがおすすめな理由

  1. 通信容量無制限で月額3,278円
  2. 通信端末がたったの1円で購入可能
  3. いつでも無料で解約できる

また、WiMAXは多くのプロバイダが、口座振替での支払いが不可となっていますが、楽天モバイルであれば口座振替での支払いも可能です。

契約事務手数料・解約違約金も0円!月額料金も安い!試しに契約してみるのもおすすめ

楽天モバイルはおすすめポケット型WiFiのなかでも数少ない契約事務手数料・解約違約金がなく契約期間の縛りがないポケット型WiFi。ポケット型WiFiをお試し感覚で格安利用できます。とにかく初期費用や月額料金を抑えて、最安で無制限のポケット型WiFiを利用したい方にはおすすめです。

しかし、キャンペーンはいつ終了するか分かりません。楽天モバイルの契約をお考えの方は、この機会を逃すことがないようにしましょう!


\圧倒的に安いポケット型WiFi/

楽天モバイルの申し込みはこちら!

関連記事

契約前に「Rakuten WiFi Pocket 2B/2C」の詳細をより詳しく確認しておきたい方は、当サイトの楽天モバイル解説記事「楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B / 2Cをレビュー!速度・料金を徹底解説」もぜひあわせてご確認ください。「Rakuten WiFi Pocket 2B/2C」は本当に速度が遅いのか?実際に契約し通信速度までレビューをしています!


おすすめ3位 [ゼウスWiFi] 楽天モバイル回線が不安な方向けにおすすめなクラウドSIM WiFi

ゼウスワイファイ

ゼウスWiFiのプラン情報
モバイルルーター機種 H01
端末画像 ポータブルワイファイ ゼウスワイファイ
最大通信速度 下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
対応回線 au / ドコモ / ソフトバンク
端末購入代金 レンタルのため無料
データ容量 30GB/日50GB/日100GB/日
料金プラン ギガ並盛ギガ大盛ギガ特盛
月額料金
月額980円
(1~3ヶ月目)
月額2,361円
(4~24ヶ月目)
月額2,508円
(25ヶ月目~)
月額1,480円
(1~3ヶ月目)
月額3,106円
(4~24ヶ月目)
月額3,278円
(25ヶ月目~)
月額1,980円
(1~3ヶ月目)
月額3,212円
(4~24ヶ月目)
月額3,828円
(25ヶ月目~)
その他費用 事務手数料(初期費用):3,300円
ユニバーサルサービス料:0円/月
キャッシュバック
キャンペーン
月額料金割引
契約期間 2年
2年利用時の総額 58,404円76,319円80,595円
2年利用時の
実質月額料金
2,336円3,053円3,224円
解約違約金 月額基本料金1ヶ月分
25ヶ月目以降は0円

おすすめランキング第3位のポケット型WiFiはゼウスWiFiです。

au/ドコモ/ソフトバンクの3回線を利用できるクラウドSIMという技術が搭載されているポケット型WiFiで、端末を利用しているエリアに最も適した回線に自動で接続してくれます。

おすすめTOP3のなかで唯一au/ドコモ/ソフトバンクの回線が使えるクラウドSIMのポケット型WiFiであるため、WiMAX以外のポケット型WiFiを探している方や、楽天モバイルの回線に不安がある方におすすめのポケット型WiFiです。

数多くのクラウドSIMタイプのポケット型WiFiがありますが、広告塔に女優の山本舞香さんを起用している点でも、サービスとしての安心感がありますね。

ゼウスWiFiのおすすめポイント・注意点

ポケット型WiFi「ゼウスWiFi」ココがおすすめ

  1. クレジットカードを持っていない方でも、口座振替払いが「atone」で可能!
  2. キャッシュバックキャンペーンが無くても安い!安心の月額料金割引で、3ヶ月目まで月々1,980円!(4ヶ月目以降は3,212円)
  3. 万が一データが足りなくなっても、データ容量の追加チャージ(別料金)が可能
  4. 海外利用も可能(109ヶ国、330MB/1日:330円~)
  5. ※ネットショッピングの後払い決済・翌月払いサービス

以上がゼウスWiFiの特徴になります。

1つ気を付けたいのは、繋がりやすさで優れているクラウドSIMには信頼性の観点でリスクがあること。
繋がりやすさがありながらもゼウスWiFiがおすすめポケット型WiFi3位なのは、クラウドSIM搭載のポケット型WiFiにトラブルが多発した過去があるため。

クラウドSIM搭載のポケット型WiFiは、過去に大規模な通信障害の発生によって、2020年に「完全無制限」サービスを終了した過去があります。
クラウドSIMの通信障害

ただ、その後2024年4月現在まで通信障害はなく、今では安定して利用できます。

なお、この間もWiMAX回線は安定稼働しており、端末の在庫切れもありませんでした。 このような背景もあり、安定性と信頼性の高いWiMAXを1位としています。

その他、ゼウスWiFiをもっと詳しく他社サービスと比較した内容やゼウスWiFi利用者の評判などについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ゼウスWiFiの契約を検討中の方は以下の記事もあわせてご覧ください!


\安心の月額料金割引で安い!/

確実に安くするならココ!
ゼウスWiFiの詳細はこちら!


以上のWiMAX・楽天モバイル・ゼウスWiFiが、2024年4月のおすすめポケット型WiFiランキングTOP3です。

WiMAX・楽天モバイルではなくクラウドSIMのポケット型WiFiを契約したい方の中で、

  • データ容量が100GBでは足りない方、または100GBも必要ない方
  • サービスの信頼性よりも、とにかく安く利用できることが最重要な方

上記に当てはまる場合は、4位以降のポケット型WiFiもおすすめ!ここからは4位以降のポケット型WiFiについてご紹介していきます。

その後ポケット型WiFiの5つの比較項目(料金/データ容量/通信速度/対応エリア/通信端末)をどのように確認していけばよいのか詳細を解説していきます。

4~8位のポケット型WiFiの情報よりも比較項目の詳細解説を確認したい方は、こちらから、該当箇所までスクロールしてください。

4位以降のおすすめポケット型WiFiの簡単な特徴は以下です。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiおすすめランキング 4位以降

※各ポケット型WiFiの詳細解説までスクロールできます。

  • 20GBでの利用の場合はクラウドSIM対応のポケット型WiFiの中でも月額料金が最安!
  • 1年ごとに解約が可能でプランの柔軟性〇
  • 30日間お試しモニター制度があるので安心
AiR-WiFi
  • プランが豊富で20GB/50GB/100GBと様々な利用シーンに対応可能
  • 月間50GBプランの月額料金が最安で、プランのグレードアップも可能→データ容量少量&小額から始めやすい。キャンペーン適用でさらにお得に
  • 注意点:キャンペーンの適用条件にセゾンカードの申し込みが必要
モンスターモバイルのポケットWiFi
  • クラウドSIM WiFiを利用したい方で、3ヶ月分の月額料金をまとめて支払える場合クラウドSIM WiFiの中で最安
  • au/ドコモ/ソフトバンクの通信回線を利用できるのが最大の魅力(楽天モバイルの回線に不安がある方におすすめ)
  • 当サイト限定プランは端末が実質無料
MUGENWiFi
  • 契約から最大3ヶ月無料になるクラウドSIM WiFi
  • 利用データ量に合わせて料金が安くなる従量制プランも選択可能
  • キャンペーンを適用すればゼウスWiFiよりもお得になる
  • 注意点:キャンペーンの適用条件にセゾンカード・動画配信サービス「mieru-TV」の申し込みが必要
the wifi
  • プランが120GB / 210GB→100GBのクラウドSIM WiFiでは足りない人におすすめ
  • 速度制限が「月」単位ではなく「日」単位である点も魅力
  • 注意点:月額料金は他社と比較して高額
hi-hoのポケットWiFi

では、詳しくみていきましょう。

おすすめ4位 [AiR-WiFi] ポケット型WiFiを1年単位で利用可能

エアワイファイ

AiR-WiFiのプラン情報
モバイルルーター機種 AIR-1/U3
端末画像 AIR-1写真U3写真
最大通信速度 下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
データ容量 20GB/月
100GB/月
対応回線 au / ドコモ / ソフトバンク
端末購入代金 レンタルのため無料
料金プラン おてがる
プラン
(20GB/月)
サクッと
プラン
(100GB/月)
らくらく
プラン
(100GB/月)
月額料金 1,958円3,377円3,245円
その他費用 事務手数料:3,300円
キャッシュバック
キャンペーン
なし
契約期間 1年(13ヶ月)
※契約期間なしオプション(月額330円)で解約違約金無料
2年利用時の総額 54,208円91,102円87,670円
2年利用時の
実質月額料金
2,085円3,504円3,372円
解約違約金 1,958円
(12ヶ月以内で解約の場合)

割引キャンペーンなどを利用せずにクラウドSIMのポケット型WiFiを安く利用したい場合は、AiR-WiFiも選択肢の1つ。

AiR-WiFiのおすすめポイント・注意点


ポケット型WiFi「AiR-WiFi」ココがおすすめ

  1. 20GBでの利用の場合はクラウドSIM対応のポケット型WiFiの中でも最安!
  2. 解約違約金(1,958円)が1年ごとに無料になるので、解約しやすい
  3. 月額330円のオプション付与で契約期間縛り無し
  4. 30日間お試しモニターがあるので安心

20GBプランの利用なら最安!

AiR-WiFiは、20GBプランの利用であればクラウドSIMを利用できるポケットWiFiの中で月額料金が最安。

2位のRakuten WiFi Pocket 2Cも20GBまでは2,178円で利用できますが、利用できる回線は楽天モバイルのみ。

AiR-WiFiであれば3キャリアの回線が利用できるためカバーエリアも広く速度の安定性の面でも安心です。

そのため、月20GBのデータ容量でクラウドSIMのポケット型WiFiを利用したい方は、AiR-WiFiがおすすめ。

1年ごとに解約違約金が無料

AiR-WiFiは、1年ごとに解約違約金が無料のタイミングがあります。そのため、1年おきにプランの見直しが可能。

データ容量が20GBでは足りなくなり、より適した容量のモバイルルーターを探したいという場合にも解約違約金が無料のタイミングがあるため乗り換えやすいです。

1年ごとに解約違約金無料、プラス330円で契約期間縛り無し、30日間のお試し期間ありと端末に関する不安も払拭してくれるサービスとなっていますので、気になった方は一度使ってみるのが良いでしょう!

AiR-WiFiの情報は以下の記事にまとめてあります。AiR-WiFiが気になる方は以下の記事もあわせてご確認ください!


\1年契約のポケット型WiFi!/

契約期間縛り無しも可能!
AiR-WiFiの詳細はこちら


おすすめ5位 [モンスターモバイル]
月間50GBのクラウドSIM WiFiを最安値で契約したい人向け

モンスターモバイル

モンスターモバイルのプラン情報
モバイルルーター機種 Macaroon SE
端末画像 ポータブルワイファイ Monster Mobile
最大通信速度 下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
対応回線 au / ドコモ / ソフトバンク
端末購入代金 レンタルのため無料
データ容量 20GB/月50GB/月100GB/月
月額料金
(2年契約
プラン)
初月:990円※1
2ヶ月目以降:
1,980円
初月:1,265円※1
2ヶ月目以降:
2,530円
初月:1,474円※1
2ヶ月目以降:
2,948円
月額料金
(縛りなしプラン)
2,640円3,190円3,938円
その他費用 事務手数料:3,300円
キャッシュバック
キャンペーン
キャッシュバック5,000円分※2
2年総額
(2年契約
プラン)
51,800円65,285円75,526円
実質月額料金

(2年契約
プラン)
2,072円2,611円3,021円
解約違約金 【2年契約の場合】
各プランごとの月額料金1ヶ月分
【縛りなしの場合】
無料
※1.2024年4月30日までの期間限定キャンペーンで初月月額料金が半額。
※2. SAISON Digitalカードへの入会が必須。総額や実質月額料金の計算からは除外しています。


ポケット型WiFiのおすすめランキング5位はモンスターモバイル!

モンスターモバイルの特徴は、クラウドSIMのポケット型WiFiの中で月間50GBプランが最安価格なこと。

月間50GBのポケット型WiFiを最安値で利用したい方にはモンスターモバイルがおすすめです。

プランは20GB/50GB/100GBの3つから選択可能.。万が一データ容量が足りなかった場合はアップグレード(プラン変更)も可能です!

まずは小容量/小額プランから始めてみるのも良いでしょう。

ただし、大容量から小容量へのプラン変更は不可・キャンペーン適用にはセゾンカードの同時申し込み時のみという注意点もあります。

モンスターモバイルのおすすめポイント・注意点


ポケット型WiFi「モンスターモバイル」
ココがおすすめ

  1. ゼウスWiFiよりも月額料金が安い!
  2. 月間50GBプランのクラウドSIMのポケット型WiFiで最安
  3. アップグレードに限りプラン変更も可能なので、小額から契約しやすい
  4. セゾンカード申し込みでさらに5,000円お得に(比較表では適用外としているため)

ポケット型WiFi「モンスターモバイル」の注意点

  1. キャッシュバックキャンペーンはセゾンカードの申し込み必須
  2. レンタル端末のため、解約時に端末の返却手続きが必要

無制限・100GBなどの大容量プランほどのデータ容量は必要なく、50GBのポケット型WiFiを契約したい方は、ぜひモンスターモバイルの契約をご検討ください!

モンスターモバイルのプランやメリットデメリットなど更に詳しい情報は以下のページにまとめましたので、あわせて確認しましょう!


\月間50GBプラン最安のポケット型WiFi!/

モンスターモバイルの
詳細はこちら


おすすめ6位 [Mugen WiFi]
月額料金3ヶ月おまとめ払いの利用がおすすめ!

mugenwifi

Mugen WiFiのプラン情報
モバイル
ルーター
機種名
U3 AIR1 H01
端末画像 U3写真 AIR-1写真 H01写真
最大
通信速度
下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
データ容量 100GB/月
対応回線 au / ドコモ / ソフトバンク
端末
購入代金
無料レンタル 13,200円
24ヶ月利用で
無料に
料金プラン クラウド
SIMプラン
(U3)
クラウド
SIMプラン
(AIR-1)
当サイト
限定プラン
(H01)
月額料金 3,300円 3,500円 3,135円
その他費用 契約事務手数料:3,300円 なし
キャッシュバック
キャンペーン
なし 月額385円引※2
契約事務手数料が無料※2
12ヶ月目での解約金が無料&12ヶ月目に端末を返却すれば端末残債が無料
契約期間 端末発送月の翌月を1ヶ月目とした24ヶ月間
2年総額
(手数料含む)
83,600円 88,600円 68,750円
実質
月額料金※1
3,344円 3,544円 2,750円
解約違約金 3,300円
端末返却処理手数料:1,100円
3,135円
※1 キャッシュバックや3ヶ月おまとめ払いオプションの割引を含めた総額を、25ヶ月で割った金額です。
※2 3ヶ月おまとめ払いの場合。前述のランキングではおまとめ払い無しの場合の金額を表記しています。

おすすめランキング第6位のポケット型WiFiはMugen WiFiです!Mugen WiFiは容量や速度では1位のWIMAX、2位の楽天モバイルには及びません。また、料金の面でも、3位・4位のクラウドSIMタイプのポケット型WiFiよりも高額になっています。

しかし、ある条件を満たせば、月間100GB使えるポケット型WiFiの中で最安価格になります。

そのある条件とは、当サイト限定プランに申し込み、3ヶ月分の月額料金をまとめて支払うというものです。

Mugen WiFiがおすすめな理由

  1. 3大キャリアの回線を利用できる
  2. 3ヶ月おまとめ払いを利用すれば、月間100GB使えるポケット型WiFiで最安値
  3. 3ヶ月おまとめ払いで契約事務手数料無料

Mugen WiFiの注意点

  1. 通常プランと当サイト限定プランで特典内容が異なる
  2. クラウドSIM系最安値で契約できるのは当サイト限定プランのみ
  3. 特典を利用するには3ヶ月おまとめ払いが必須

Mugen WiFi最大の特徴は、3ヶ月分の利用料金をまとめて支払うことで、月額料金が毎月割引になる点。 当サイトでしか契約できない限定プランであれば通常プランよりも安く利用でき、実質月額料金は3,267円からさらにお得になり、なんと2,750円!

※WiMAXの実質月額料金は3,896円、楽天モバイルの実質月額料金は3,281円、ゼウスWiFiの実質月額料金は3,224円となり、ポケット型WiFiの中で最安価格になります!

さらに、Mugen WiFiは最も繋がりやすい通信回線に自動で接続できるクラウドSIMを搭載しています。3キャリア使えてエリアが広いだけでなく、毎月100GB使えて大容量なこと、2年間利用すれば端末料金も無料になるなどメリットが多い点も魅力的です。

今なら無料のお試し期間あり!ポケット型WiFiの契約が初めての人も安心

Mugen WiFiは3ヶ月分の月額料金をまとめて支払うことで業界最安のクラウドSIM系ポケット型WiFi。3大キャリアの通信回線が利用できる他、海外利用可能など魅力も豊富です。

Mugen WiFiは今なら無料のお試しモニターが利用可能。通常プランは30日間、当サイト限定プランは14日間以内に端末を返却すれば、契約事務手数料と月額料金が返金されます。もちろん、解約違約金もかかりません。

クラウドSIMのポケット型WiFiを契約する方にも安心のサポートサービスです!この機会をぜひご活用ください。


\3ヶ月おまとめ払いを利用する方におすすめ/

Mugen WiFiの申し込みはこちら!

おすすめ7位 [THE WiFi]
au/ドコモ/ソフトバンク回線利用が3ヶ月無料のクラウドSIM WiFi

おすすめポケットWiFiのTHE WiFi

THE WiFiのプラン情報
モバイルルーター機種 NA01
端末画像 GlocalMe端末NA01
最大通信速度 下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
データ容量 100GB/月
対応回線 au / ドコモ / ソフトバンク
端末購入代金 レンタルのため無料※1
料金プラン THE WiFi 100GBTHE WiFi FiT
月額料金(税込) 3,828円0~1GB: 1,298円
1~5GB: 1,628円
5~20GB: 2,068円
20~40GB: 2,596円
40~100GB: 3,960円
※従量課金制
その他費用 事務手数料:3,300円
ユニバーサルサービス料:3円/月
電話リレーサービス料1円/月
キャッシュバック
キャンペーン
3ヶ月 月額料金0円キャンペーン
THE WiFiポイント 最大10,000円分※2,3
無し
契約期間 なし※1
2年総額 82,591円5~20GB: 55,100円
20~40GB: 68,300円
40~100GB: 102,400円
実質月額料金 3,304円5~20GB: 2,204円
20~40GB: 2,732円
40~100GB: 4,096円
解約違約金 解約金無料※1
※1. プラン自体に最低利用期間はないものの、レンタルサービス契約は最低利用期間が24ヶ月間となっており、「レンタル端末解約料金」という、実質「解約違約金」となるものが存在します。2年以内にプランを解約した場合はレンタル端末解約料金(10,780円)が発生します。
※2. SAISON Digitalカードへの入会で5,000円分キャシュバック。総額や実質月額料金の計算からは除外しています。
※3. mieru-TV視聴で5,000円分キャッシュバック。総額や実質月額料金の計算からは除外しています。


おすすめ第6位はTHE WiFi。Mugen WiFiと同じく3大キャリアの回線を使用できるクラウドSIMを搭載した大容量(100GB)のポケット型WiFiです。

THE WiFiがおすすめな理由

  1. 3大キャリアの回線を利用できる
  2. 今なら月額料金が3ヶ月無料
  3. 365日対応の手厚いサポート
  4. 期待大の「5Gアップデートプログラム
  5. セゾンカード・mieru-TV申し込みでさらに10,000円お得に(比較表では適用外としているため)

THE WiFiの注意点

  1. 10,000円キャッシュバックのキャンペーンは、セゾンカードの申し込みと動画配信サービス「mieru-TV」への3ヶ月無料体験申し込みが必須
  2. レンタル端末のため、解約時に端末の返却手続きが必要

THE WiFiの100GBプランを契約すると3ヶ月分の月額料金が無料になるので、合計で300GB分お得になり、クラウドSIM搭載のポケット型WiFiとして最安級になります。

THE WiFiを契約すれば利用月から3ヶ月間の月額料金が自動的に無料になるので、初期費用を押さえたい方におすすめです。また、契約後もサポート窓口が年中無休で営業しているのでサポート体制も整っている点も魅力的。

今なら、THE WiFi契約後3ヶ月無料で利用できる動画視聴サービス「mieru TV」で動画を視聴すると、5,000円分のキャッシュバックが受け取れます。さらに、契約後にセゾンカードに申し込めば追加で5,000円のキャッシュバックが受取可能です。

上記のキャンペーンの申請が面倒でない場合は、ゼウスWiFiよりもお得になるTHE WiFiがおすすめです!気になる方は以下のページから詳細をご確認ください!


\3ヶ月間無料で使える!/

THE WiFiの詳細はこちら!

おすすめ8位 [hi-ho Let’s WiFi] 100GBでは足りない方向けの大容量プランが強み

ハイホーレッツワイファイ

hi-ho Let’s WiFiのプラン情報
モバイルルーター機種 NA01
端末画像 GlocalMe端末NA01
最大通信速度 下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
対応回線 au / ドコモ / ソフトバンク
端末購入代金 無料
(550円×24ヶ月間割引)
※24ヶ月以内の解約は端末残債が発生
データ容量 7GB/日
月換算:196~217GB
4GB/日
月換算:112~124GB
料金プラン ライトプラン通常プラン
月額料金 4,730円3,278円
その他費用 ユニバーサルサービス料:2円/月
キャッシュバック
キャンペーン
もっと鬼コスパキャンペーン
(事務手数料無料・端末代実質無料・月額料金割引)
契約期間 2年
2年利用時の総額 97,108円91,102円
2年利用時の
実質月額料金
3,735円3,504円
解約違約金 23ヶ月以内:4,300円
24~26ヶ月目:0円
23ヶ月以内:3,480円
24~26ヶ月目:0円

おすすめランキング8位はhi-ho Let’s WiFi。

クラウドSIMのポケット型WiFiの多くは、最大容量が100GBまでとなっています。

クラウドSIM のポケット型WiFiを利用したい方の中で100GBだとちょっと心細い・日常的に動画やWeb会議でインターネット環境が必要になるという方はhi-ho Let’s WiFiがおすすめ。

また、データ容量の上限が100GBとなるクラウドSIM WiFiは、100GBを超えると月末まで通信速度制限がかかります。

一方、hi-ho Let’s WiFiのデータ容量は1日4GBまたは1日7GBとなっており、通信量を超えてしまった場合の速度制限は翌々日のみ

どんなに使いすぎても、月単位で速度制限がかかることはない点も、嬉しいポイントです。

hi-ho Let’s WiFiのおすすめポイント・注意点

hi-ho Let’s WiFi ココがおすすめ

  1. 先着1,000人限定!月額料金割引・事務手数料0円キャンペーンを実施中
  2. 月間データ容量が120GB/210GBの珍しいプランで、100GBのクラウドSIM WiFiでは物足りない人におすすめ
  3. 通信速度制限は日単位なので、万が一1日あたりのデータ容量を使い切っても安心

hi-ho Let’s WiFi の注意点

  1. 月額料金は他社と比較すると高額(※)
※クラウドSIMへのこだわりが無い場合は、無制限のWiMAX・楽天モバイルのほうが安価でおすすめです

hi-ho Let’s WiFiについても、詳しくは別記事にて詳細を解説しております。クラウドSIM WiFiを毎月100GB以上利用したい方は、以下の記事もご確認ください!


\100GB超の大容量クラウドSIM WiFi/

先着1,000人限定の
キャンペーン実施中!
hi-ho Let’s WiFiの詳細はこちら



以上が当サイトがおすすめするポケット型WiFi 8社。

料金だけでなく、それぞれのプランの詳細や通信速度、データ容量などを細かく見ていくと、人によっておすすめなポケット型WiFiが異なることが分かっていただけたかと思います。

では、ここからは、前述した内容をもっと詳しく解説していきます。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiを条件別に比較!

ここからは比較ポイント別におすすめのポケット型WiFiを比較していきます。

おすすめポケット型WiFiだけでなくポケット型WiFiの比較ポイント別の選び方も確認したい方はこのまま読み進めてください。

おすすめのポケット型WiFiのみ知りたいという方は、当ページ前半のポケット型WiFiランキングをご確認ください。


ポケット型WiFiを契約する際に、絶対に外せない条件は人によって異なります。

  • とにかく月額料金が安いポケット型WiFiがいい
  • データ容量を気にせず毎日ネットが使えるポケット型WiFi

など、人によって重要な比較ポイントは様々。

上記の「比較ポイント別おすすめポケット型WiFi」の中からあなたにとって、外せない比較ポイントを選びあなたに最適なポケット型WiFiをみていきましょう。

【料金】おすすめの安いポケット型WiFiの選び方は?ポイントは実質月額料金で比較すること

pocket wifiの比較ポイント:料金

まずは料金別のおすすめポケット型WiFiから確認しましょう。ただ一括りに「料金」と言っても、ポケット型WiFiに関係してくる料金はいくつか種類があります。

ポケット型WiFiに関係する料金

  • 契約事務手数料
  • 月額料金
  • 端末価格
  • キャッシュバック金額 など

そのため、当サイトでは1ヶ月あたりの料金を正確に把握するために、実質月額料金という指標を用いています。

月額料金やキャンペーンの説明

実質月額料金はポケット型WiFiにかかる料金からキャッシュバックキャンペーンなどの割引額を差し引き、残った金額を契約月数で割ったもの

実質月額料金であれば1ヶ月あたりに発生する料金を分かりやすく比較することが可能です。その比較結果を見てみましょう。

※右にスクロールできます

【料金別】おすすめポケット型WiFi

ポケット型WiFi 実質月額料金※1 契約期間 データ容量 キャンペーン 支払総額
Mugen WiFi 2,750円 2年 月間100GB 毎月385円割引
契約事務手数料無料
端末実質無料
68,750円
モンスターモバイル
(MONSTERMOBILE)
3,021円 2年 月間100GB 初月の月額料金半額 75,526円
ゼウスWiFi 3,224円 2年 月間100GB 80,595円
楽天モバイル 3,278円 なし 無制限 端末代金
1円キャンペーン
契約事務手数料無料
3,278円
×契約月数
THE WiFi 3,304円 2年※2 月間100GB 月額料金
3ヶ月無料
82,591円
AiR-WiFi 3,532円 1年 月間100GB 45,914円
※1.契約期間縛りなしのWi-Fiサービスは2年利用した場合の実質月額料金・総額
※2. 端末のレンタル期間が24ヶ月
※3.端末の分割払いが37ヶ月払いのため、37ヶ月間の総額。
※4.端末の分割払いが36ヶ月払いのため、36ヶ月間の総額。


比較の結果、料金が最も安いおすすめポケット型WiFiはMugen WiFiでした。ただし、適用条件が複雑で少々面倒なキャンペーンなども存在し、上記の結果は、これらのキャンペーンをすべて加味した結果となっています。実際に契約する場合は、本当にそのキャンペーンは適用されるのかきちんと確認するようにしましょう。

最安ランキング上位を占めるWiFiサービスは主にクラウドSIM系のポケット型WiFiです。

クラウドSIMを搭載したポケット型WiFiは通信大手3キャリア(ドコモ,ソフトバンク,au)の回線が利用できますが、通信速度が最大150Mbpsとその他のサービス比較して遅いデメリットがあります。

加えて、毎月利用できるデータ通信量にも制限があるのも特徴です。コストパフォーマンスの観点ならデータ使い放題のWiMAX・楽天モバイルも負けていません。以下の表もご覧ください。

1GBあたりの料金

ポケット型WiFi 1GBあたり料金 月間データ容量 実質月額料金
WiMAX 利用するほど安い
例:1日5GB使えば…約26円
無制限 3,896円
楽天モバイル 利用するほど安い
例:1日5GB使えば…約22円
無制限 3,278円
Mugen WiFi 約27.5円 100GB 2,750円
モンスターモバイル
(MONSTERMOBILE)
約31円 100GB 3,021円
ゼウスWiFi 約32円 100GB 3,224円
THE WiFi 約33円 100GB 3,304円
AiR-WiFi 約33円 100GB 3,372円

実質月額料金を容量で割った「1GBあたりの料金」で見た時、WiMAX・楽天モバイルはどれだけ利用しても料金が変わらないポケット型WiFiのため、コストパフォーマンスの良さが際立ちます。

楽天モバイルのポケット型WiFiも、WiMAXと同じく楽天対応エリア内では容量無制限です。

毎月の料金の安さは大切ですが、1GBあたり何円で使えるかというコストパフォーマンスの方が大事な方もいらっしゃるでしょう。

ポケット型WiFi比較では、ご自身が重視する観点で料金比較することをおすすめします。

まとめ
  • 料金を比較する際は実質月額料金で比較する
  • コスパ重視の方には1GBあたりの料金の比較がおすすめ
  • 最安のおすすめはMugen WiFi、コスパならWiMAX楽天モバイル

【データ容量】100GB以上の大容量or無制限がおすすめ!

モバイルワイファイの比較ポイント:容量

続いて、データ容量別のおすすめポケット型WiFiを見ていきましょう。

【データ容量別】
おすすめポケット型WiFi

ポケット型WiFi データ容量 速度制限時の速度 制限期間
WiMAX 無制限
楽天モバイル 無制限 1Mbps 月末まで
ドコモ 無制限 0.128Mbps 月末まで
au 無制限
hi-ho Lets WiFi 7GB/日 0.128Mbps 翌日まで
どこよりもWiFi 4GB/日 0.128Mbps 翌日まで
ゼウスWiFi 月間100GB 0.128Mbps 月末まで

データ容量別ではWiMAX(au)と楽天モバイル、そしてドコモのポケット型WiFiが、無制限でおすすめなポケット型WiFiです。

WiMAX・楽天モバイル・ドコモは、すべてデータ容量無制限ですが、制限がかかる場合もあると公式HPに記載があるためご注意ください。

一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
引用:UQ WIMAX公式サイト(https://www.uqwimax.jp/wimax/plan/note/5g_speedlimit_15/)
公平なサービス提供のため、速度制限の場合あり。環境により速度低下する場合あり
引用:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/saikyo-plan/)
ネットワーク混雑時・大量通信時などに通信制限がかかる場合があります。
引用:ドコモ公式サイト(https://www.nttdocomo.co.jp/charge/5g-gigaho-premier/)

毎月100GBでデータ通信量が足りるのか、それとも無制限のほうが良いのかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、次に実際にポケット型WiFiを利用している方を対象に行ったアンケート調査の結果をご紹介します。

Q.1ヶ月にどれぐらいのデータ容量を消費している?

アンケート調査:1ヶ月のデータ利用量は? 上記グラフは、ポケット型WiFiの利用者1,441人に、1ヶ月のデータ利用量についてたずねた質問のアンケート結果です。

  • 質問:あなたのご家庭で使用している月のデータ使用量(ご自身・ご家族のスマートフォン、自宅のインターネット回線などを含む)をお答えください。(一人暮らしの方は、個人の使用量と同じ回答をお願いします)

上記の調査結果をみていただくと分かるとおり、約8割の方は1ヶ月のデータ利用量は100GB以下となっています。

動画視聴や仕事、Zoomなどがメインの用途となる場合には、100GB以上もしくは無制限のポケット型WiFiが安心です。しかし、左記のような用途ではなく、SNSやウェブサイト閲覧などの普段使いでポケット型WiFiをお求めの場合は、100GB以下のポケット型WiFiでも十分と言えるでしょう。

「無制限がいいけど、ちょっと毎月の支払い金額が高いなあ」と感じてしまう方は、WIMAXや楽天モバイル、ドコモのポケット型WiFiではなく月間100GB利用できるクラウドSIMのポケット型WiFiがおすすめです。

最後に、日常のインターネット利用でどれくらいのデータ量を消費するのか、具体的なデータ消費量を100GBを目安としてご紹介します。

100GBで何ができる?

100GBの利用目安

毎月100GBの容量があると、YouTubeの場合、1日あたり約6時間の視聴が可能。意外と「無制限のポケット型WiFiは必要ないかも?」という方も多いのではないでしょうか?

もちろん、通信容量が少ない方が基本的には安いです。

ただし一度容量制限を超えると128kbpsの通信速度ではWebサイトの閲覧でさえストレスを感じるほど遅くなってしまいます。

毎月のデータ通信容量が変動する方には「楽天モバイル」をおすすめします。楽天モバイルであれば使用したデータ通信量に応じて料金が変動するので、通信容量が少ない月も多い月も損をしません!

クラウドSIMの100GBでの契約や、無制限のポケット型WiFiは、データ容量をあまり使わなかった月は割高になってしまうこともあります。楽天モバイルは、無制限で利用できる上に、あまり使わなった月は節約できる、ポケット型WiFiの中でも唯一の無制限+従量制プランです。


\無制限のポケット型WiFi最安値!/

楽天モバイルの詳細はこちら!

まとめ
  • 無制限のポケット型WiFiでも、実は速度制限の可能性がある
  • 基本的にはデータ容量が少ない方が安い
  • 利用頻度に合ったデータ容量のポケット型WiFiがおすすめ

【通信速度】ポケット型WiFiが5G通信対応かどうかで比較

モバイルWi-Fiの比較ポイント:速度

通信速度には下り速度・上り速度が存在し、下り速度はダウンロードの通信速度、上り速度はアップロードの通信速度を指します。

ポケット型WiFiのルーターは新機種ほど最大通信速度が速いため、常にルーターに関する最新情報を確認する必要があります。以下の比較表からポケット型WiFiの最新情報をご確認ください。

【速度別】おすすめポケット型WiFi

ポケット型WiFi 通信速度
(下り最大)
通信速度
(上り最大)
通信回線:5G対応
docomo 4,200Mbps 131.3Mbps
WiMAX 3,900Mbps 183Mbps
au 3,900Mbps 183Mbps
SoftBank 2,400Mbps 110Mbps
Y!Mobile 2,400Mbps 110Mbps

上り速度の数値が低いのは問題ない?


日常で使うYouTube視聴・インターネット検索などは、ほとんどが下り速度を利用したダウンロード。

上り速度を利用するアップロードは「動画投稿・ライブ動画配信」などで必要になります。また、上り最大通信速度も10Mbpsあれば充分に快適です。

5G通信に対応していないポケット型WiFiの最大通信速度は150Mbpsであることから、5G通信の圧倒的な速さが目立ちます。

しかし、ポケット型WiFiは最大通信速度だけでなく「実測値」で速度を比較することも重要

なぜなら「最大通信速度」はあくまで規格上の理論値であり、実際の速度(実測値)として最大通信速度が出ることはまずないから。

そこで、当サイト編集部で実際に計測した、おすすめポケット型WiFiの実測値データをご紹介します。

下り速度の実測値(単位はMbps)

ポケット型WiFi 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
WiMAX
(最大3,900Mbps)
59.2 32.3 91.1 99.8 78.8 116.4
楽天モバイル
(最大150Mbps)
23.2 36.7 27.1 21.1 23.3 26.28
ゼウスWiFi
(最大150Mbps)
35.5 31.5 36.8 34.8 23.9 32.5
※端末X12で計測した実測値

最大通信速度と比較すると実測値は低いことが分かります。

しかし、以下の「快適な通信速度」表のとおり、実測値はいずれも日常では充分快適に利用できる通信速度。もし、「高画質の4K動画を視聴したい」など、より高速通信を求める方は5G対応のポケット型WiFiが快適でしょう。

下り(ダウンロード)の快適な通信速度

利用用途 快適な通信速度(下り)
LINEの
テキストメッセージ
0.1~1Mbps
Webサイト閲覧 0.2~2Mbps
YouTube動画視聴 5~10Mbps
ZOOMビデオ通話 10~20Mbps
オンラインゲーム 20~30Mbps

このとおり、実は50Mbps以下でも快適に利用可能です。最大通信速度が速い方が実測値も速い傾向があるため、迷った方は最大通信速度が速い最新端末をおすすめします。

まとめ
  • 5G対応ルーターの下り最大通信速度は圧倒的に速い
  • 上り(ダウンロード)はあまり利用しないが、最大通信速度は10Mbpsあれば充分
  • 下り最大通信速度は規格上の速度(理論値)であり、実際に計測できる速度(実測値)とは異なる
  • 動画視聴には10Mbpsあれば快適

【エリア(回線)】複数の通信回線への接続が主流に

モバイルWiFiの比較ポイント:エリア(回線)

どのポケット型WiFiも日々エリアは拡大中で、基本的には大きな差は出ません。

山間部を除けばどの通信回線も比較的どこでも利用できます。エリアで比較してポケット型WiFiを契約するよりは、その他の比較ポイントでポケット型WiFiを比較し、最後に居住エリアを確認する程度で問題ないでしょう。

ちなみに、WiMAXはWiMAX2+回線とau 4G/5G回線、楽天モバイルは楽天回線とau 4G回線、Mugen WiFiなどクラウドSIMのポケット型WiFiはau/ドコモ/ソフトバンクと、複数回線に接続可能です。

WiMAXのエリアは、WiMAX2+回線とauの4G/5G回線をチェック

WiMAXの利用可能地域

WiMAXの対応エリア:https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

auのエリア

auの対応エリア:https://www.au.com/mobile/area/map/


従来のWiMAXは通常のモードではWiMAX独自の回線しか利用できませんでしたが、新しくなった現在の「WiMAX+5G」では、通常モードでもau 4G/5G回線が利用できます。

これにより、WiMAX回線が利用可能なエリアではより高速かつ安定した通信が可能になっています。

クラウドSIMWiFiのエリアはソフトバンク・ドコモ・auを確認

ソフトバンクのエリア

ソフトバンク(SoftBank)の対応エリア:https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/

ドコモの利用可能地域

ドコモ(docomo)の対応エリア:https://www.nttdocomo.co.jp/area/?icid=CRP_menu_to_CRP_AREA

auのエリア

auの対応エリア:https://www.au.com/mobile/area/map/


クラウドSIMのポケット型WiFiは、そのエリアで最適な回線をソフトバンク・ドコモ・auの中から自動的に選んで接続します。

仮にソフトバンク回線で圏外である地域でも、ドコモ回線またはau回線が利用可能であれば、どちらかに切り替えてWi-Fi利用が可能です!

ただ、ソフトバンク・ドコモ・auのうちどの回線に接続するのかをポケット型WiFi側で自由に選択することはできませんので、ご注意ください。

楽天モバイルのエリアは楽天回線とau回線を確認

楽天モバイルのエリア

楽天モバイルの対応エリア:https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/?l-id=gnavi_area

auのエリア

auの対応エリア:https://www.au.com/mobile/area/map/


楽天モバイルは、2020年4月のサービス開始で。通信キャリアとしては後発。

しかし、対応エリアを徐々に拡げ、2024年1月時点では、パートナー回線(au回線)とあわせると人口カバー率99.9%を達成しています。当記事でおすすめしているポケット型WiFiは、エリア比較で大きな差はつかないでしょう。

楽天モバイルが総務省に提出した資料の一部 引用:総務省 競争ルールの検証に関するWG(第49回)で楽天モバイルが提出した「競争ルールの検証に関するWG(第49回)関係者ヒアリング ご説明資料

まとめ
  • 回線毎の差はあまり出ない
  • 2020年4月にサービス開始で後発の楽天モバイルにおいても人口カバー率は99.9%を達成
  • クラウドSIM搭載ポケット型WiFiを中心に、2回線以上接続できるポケット型WiFiが主流

【端末】モバイルWi-Fiルーターは最新機種がおすすめ!

pocket wifiの比較ポイント:端末

5大比較ポイントの最後は端末(モバイルWi-Fiルーター)比較。

各ポケット型WiFiでは何種類ものモバイルWi-Fiルーターを提供していますが、比較する際には最新機種を見ましょう。どのポケット型WiFiも、最新機種が最も通信速度が速く、機能性も高いため、最新機種がおすすめ。

※右にスクロールできます

各モバイルWi-Fiルーターの
最新おすすめ機種比較!

ポケット型WiFi WiMAX
(au含む)
楽天
モバイル
ゼウスWiFi AiR-WiFi モンスターモバイル Mugen WiFi
(通常プラン)
Mugen WiFi
(当サイト限定プラン)
機種名 Speed Wi-Fi
5G X12
Rakuten WiFi
Pocket 2B/2C
H01 AIR-1 Macaroon
SE
U3 NA01
ルーター画像 WiMAXのルーター X12 Rakuten mobileのルーター Rakuten WiFi Pocket 2B ポータブルワイファイ ゼウスワイファイ ポータブルワイファイ AiR‐WiFi ポータブルワイファイ Monster Mobile 無限ワイファイルーター U3 ムゲンWiFiのルーター D1
発売年 2023年 2021年 2020年 2023年 2021年 2020年 2020年
下り速度 3,900Mbps 150Mbps 150Mbps 150Mbps 150Mbps 150Mbps 150Mbps
上り速度 183Mbps 50Mbps 50Mbps 50Mbps 50Mbps 50Mbps 50Mbps
連続
通信時間
約9時間 約10時間 約10時間 約17時間 約20時間 約12時間 約10時間
同時
接続数
16台 16台 10台 10台 10台 10台 10台
回線 WiMAX2+
au 4G
au 5G
楽天モバイル
au 4G
ドコモ 4G
au 4G
ソフトバンク 4G
ドコモ 4G
au 4G
ソフトバンク 4G
ドコモ 4G
au 4G
ソフトバンク 4G
ドコモ 4G
au 4G
ソフトバンク 4G
ドコモ 4G
au 4G
ソフトバンク 4G
その他 5G対応 海外対応 海外対応 海外対応 海外対応 海外対応
※ルーターの値段は無料のポケット型WiFiが多く、有料の場合でも料金比較表の総額や実質月額料金にはすべて含まれています。
※WiMAXは、当記事でご紹介しているプランに対応した端末をご紹介しています。2023年6月1日に開始した新プランについては、詳しくはこちら(該当箇所までスクロールします)


ポケット型WiFiのルーターを比較すると、やはりWiMAX端末が優れていました。ただ、ゼウスWiFiなどクラウドSIMのポケット型WiFiも、3種類の通信回線が利用可能というメリットがあります。

さらにクラウドSIMのポケット型WiFiなら海外でもそのまま利用可能です。その数はなんと100ヶ国以上。
モバイルWiFiおすすめの「WiMAX」最速端末

別途海外利用料金は発生しますが、慣れているポケット型WiFi端末を海外でも使えるのはとても便利です。

海外用のレンタルポケット型WiFiに特有の「日本にいる間からレンタル料金が発生・手続きが面倒」というデメリットから解放されます。

まとめ
  • 端末(モバイルWi-Fiルーター)は、各ポケット型WiFiサービスにおける最新端末がおすすめ
  • クラウドSIM搭載のポケット型WiFiを中心に、2回線以上接続できるルーターが主流
  • クラウドSIM搭載のポケット型WiFiは海外接続できるルーターが多いので便利


以上が比較ポイント別のおすすめポケット型WiFiでした。

最後にこのページのまとめでポケット型WiFiについて振り返りましょう!

ここまでの内容を踏まえて、もう一度
ポケット型WiFiのランキングを
確認したい方はこちら

※該当箇所までスクロールします



ポケット型WiFi比較のまとめ

ポケットワイファイの比較結果まとめ

ここまで、おすすめのポケット型WiFi比較をご紹介してきました。最後に当ページでご紹介してきた内容をまとめます。

ポケット型WiFi比較のまとめ
  • ポケット型WiFiは「料金,データ容量,通信速度,エリア(回線),端末(ルーター)」の5つで比較
  • 最もおすすめのポケット型WiFiは総合的に優れているWiMAX
  • 通信速度は遅いが、安く使いたいなら楽天モバイル
  • 繋がりやすさなら3大キャリア回線を使えるゼウスWiFi

ポケット型WiFiは種類が多いだけでなく比較ポイントもバラバラなので、一括りで比較しづらいサービスです。

しかし、ポケット型WiFiの平均的な契約期間は「2~3年間」であることを考えると、誰もが「安く、快適に」使いたいでしょう。当サイト編集部では引き続き最新の情報を集め、最もおすすめのポケット型WiFiを随時更新して参ります。

当サイトでご紹介したおすすめTOP3のポケット型WiFiの詳細は、以下からご確認ください!

2024年4月最新版
おすすめポケット型WiFi
ランキングTOP3

第1位:カシモWiMAX
実質無制限&高速5G回線

  • 3,800万回線以上の信頼性で、総合的に優れているWiMAX
  • 「〇〇WiMAX」は通信速度,データ容量,エリア,端末(ルーター)など、料金以外はすべて同じ
  • WiMAXプロバイダで最安はカシモWiMAX
  • 当サイト限定キャッシュバックキャンペーン実施中!
カシモWiMAXの解説記事

第2位:楽天モバイル
無制限データ容量かつ安い

  • データ容量が無制限で月額3,278円の安さ
  • 契約期間も、解約違約金もないので使いやすい
  • 今なら端末代金がたったの1円
  • WiMAXやクラウドSIMと比較して速度が遅いのが課題
楽天モバイルの
解説記事

第3位:ゼウスWiFi
月間100GBの大容量

  • 過去に通信障害のリスクもあったが、現在は安心して使える
  • 3大キャリアの通信回線を使えて繋がりやすい
  • 海外でもそのままWi-Fi利用ができて便利
ゼウスWiFiの
解説記事

アンケート調査から読み取る人気のポケット型WiFi

ここからは、当サイトが実施したポケット型WiFiに関するアンケート調査の結果を紹介します。他のユーザーがどのようなポケット型WiFiを契約しているのか、現在使用しているポケット型WiFiについてどのように感じているのかといったことを知りたい方は、以下の内容をご確認ください。

まずは、現在利用されているポケット型WiFiの割合について見ていきましょう。

Q.直近利用している(利用していた)ポケット型WiFiは?

アンケート調査:利用しているポケットWiFiは?
1,441名の方に、直近利用しているポケット型WiFiについて尋ねました。

  • 質問:契約したことがあるポケットWiFi(選定に関与して料金を把握しているもの)について、直近で使っている(使っていた)ものをお答えください。

結果は、WIMAXが最も利用者が多く、46.3%とほぼ半数を占める結果となりました。
※WIMAXの大元であるUQ WIMAX、UQ WIMAXの回線及び端末を取り扱う代理店(WIMAXプロバイダ)、UQ WIMAXの回線及び端末を取り扱うauの合計です。

次いで、ドコモ、ソフトバンク、Y!mobile、楽天モバイルの順に利用者が多いことがわかります。

当サイトでは、au・ドコモのポケット型WiFi、ソフトバンクのポケットWiFiは料金が高いためおすすめしていませんが、知名度・信頼性の高いau・ドコモ・ソフトバンクはまだまだ人気が高いサービスであるようです。(Y!mobileはソフトバンクが持つサブブランドです。)

Q.直近利用している(利用していた)ポケット型WiFiは?(WiMAXのみ)

アンケート調査:利用しているWiMAXは?
先程ご紹介したアンケート調査の回答にあるWIMAX(WIMAX・代理店・au)の内訳は上記のようになっています。UQWiMAX、auのWIMAXに次いで人気なWIMAXプロバイダは、GMOとくとくBBです。

続いて、ポケット型WiFi利用者が、ポケット型WiFiを選ぶ際に重要視している比較項目について確認していきましょう。

Q.ポケット型WiFiを選定する際の比較項目で最も優先度が高いものは?

アンケート調査:ポケットWiFiを選ぶ際に重要な項目は?
アンケート調査の結果、ポケット型WiFiユーザーが実際に重要視している項目は、料金、通信の快適さ、通信速度、データ容量という順になりました。

当ページで重要な比較軸としてご紹介している項目が上位にランクインしており、実際のポケット型WiFi利用ユーザーの認識は、当ページでご紹介している内容と概ねズレのない結果となっています。

各ポケット型WiFiを利用するユーザーの満足度調査

アンケート調査:利用しているポケットWiFiの満足度は?
続いて、各ポケット型WiFiを利用するユーザーの満足度を調査した結果をご紹介します。

満足度調査は、当ページでご紹介してきた月額料金・キャッシュバック金額やデータ容量・通信速度などの定量的に計測可能な項目ではなく、あくまでユーザーの体感ベースでしか測定できないような項目を重点的に調査しました。

今回の満足度調査における測定項目は以下6つです。

  • 質問:直近で使っている(使っていた)ポケット型WiFiについて、1~10点(満点)で評価をしてください。

ポケット型WiFi満足度調査の測定項目

  • インターネット通信の快適さ
  • 契約手続きのわかりやすさ
  • カスタマーサポートの体制
  • 申し込みから端末が届くまでの期間
  • キャンペーンの受け取りやすさ
  • 総合満足度

各項目について、1~10点で評価をしてもらい、その平均点の合計を可視化したものが上記の表およびグラフです。調査の結果、満足度が一番高いポケット型WiFiサービスはゼウスWiFi、最も満足度が低いポケット型WiFiサービスはソフトバンクでした。

ただし、ゼウスWiFiやAiR-WiFiは、有効回答数(ポケット型WiFiの利用者)が少なく、信頼度の低い数値になっている点には注意が必要です。

十分な有効回答数を得られているポケット型WiFiサービスでは、そこまで大きな点数の差はないことが分かります。測定項目ごとの平均点は以下のとおりです。

アンケート調査:利用しているポケットWiFiの満足度の内訳(平均点)
赤文字としている部分は、他社と比較して特に点数が低い測定項目です。WiMAXやゼウスWiFiは、ユーザーの体感ベースの満足度でもバランスが良いことが分かります。

各ポケット型WiFiを利用するユーザーの満足度調査(WiMAXのみ)

アンケート調査:利用しているWiMAXの満足度は?
先程ご紹介したアンケート調査の回答にあるWIMAX(WIMAX・代理店・au)の内訳は上記のようになっています。調査の結果、満足度が最も高いWiMAXプロバイダはBIGLOBE、最も満足度が低いWiMAXプロバイダはワイヤレスゲート(ヨドバシカメラ)でした。

測定項目ごとの平均点は以下のとおりです。

アンケート調査:利用しているWiMAXの満足度の内訳(平均点)
ポケット型WiFiの調査結果と同じく、赤文字としている部分は、他社と比較して特に点数が低い測定項目です。当サイトでもご紹介している通り、GMOとくとくBBはキャンペーンの受け取り条件などが複雑になっており、アンケート調査の結果にも現れていることがわかります。

キャンペーンがシンプルなWIMAXプロバイダを選びたい場合は、カシモWiMAX・BIGLOBE・BroadWiMAXなどのWIMAXプロバイダを選ぶのがおすすめです。

Q.直近で利用している(利用していた)ポケット型WiFiは人におすすめできるか?

アンケート調査:利用しているポケットWiFiはおすすめできるか?
最後に、利用しているポケット型WiFiをおすすめできると答えた人の割合を数値化しました。

「直近で使っている(使っていた)ポケット型WiFiは、他人におすすめできるか?」を尋ね、「はい(おすすめできる)」と答えたユーザーの割合を上記のグラフに示しています。

ゼウスWiFi、ドコモ、Y!mobileのポケット型WiFiが特に高い数値を示していることが分かります。

一方、最もおすすめできると答えた人の割合が少なかったポケット型WiFiはソフトバンクでした。低評価の理由は、前述の満足度調査で平均点が低かった項目「手続きの分かりやすさ」「端末が届くまでの期間」や、高額な月額料金・端末代金、データ容量の上限が月間50GBであることなどがあげられるでしょう。

以上、ポケット型WiFiに関するアンケート調査の結果をご紹介しました。実際にポケット型WiFiを利用しているユーザーの情報が気になる場合には、上記の調査結果を参考にしていただければ幸いです。

調査概要

  • 調査概要:ポケットWiFi・モバイルWiFiの利用に関する実態調査
  • 調査機関:株式会社エクスクリエ(旧・株式会社ディーアンドエム)
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査対象地域:全国47都道府県
  • 調査期間:2023年7月
  • 有効回答数:1441
  • 調査目的:ユーザーに商材の選び方を聞いたり、ユーザーに各利用商材について多角的評価をしていただいたりして、そのデータを分析することで、各ユーザーに対して最も満足度の高い商材明らかにするため

ポケット型WiFiに関するQ&A[よくある質問]

Q&A

最後に当サイトでご紹介した内容や、ポケット型WiFiに関するその他豆知識をQ&A形式でまとめます。

おすすめポケット型WiFiの比較ポイントは?

以下の5つです。料金・容量・速度の3つは差が出やすいので特に重要。

  • 料金 : 支払い総額と実質月額料金で比較するのがおすすめ
  • データ容量 : 月にどれぐらいWi-Fiを使えるのか。データ容量無制限がおすすめ
  • 通信速度 : 高速通信は可能か/5G対応かなど。「利用用途に合っているか」が重要
  • エリア : どのポケット型WiFiも基本的に大きな問題は無し
  • 端末(ルーター) : 高性能で使いやすいルーターかどうか。最新機種がおすすめ

種類が多いポケット型WiFiのおすすめの選び方は?

ポケット型WiFiは国内に50社以上あり、迷ってしまう方も多いでしょう。料金や速度はすべて違うので、比較は簡単ではありません。

ポケット型WiFiで見るべきポイントは料金・データ容量・通信速度・エリア・端末(ルーター)の5つです。まずはこの5つの中で、あなたが何を大切にしたいかを決めましょう。エリア・端末は特に大きな差はないので、最初の3つが重要になります。

  • 安いポケット型WiFiを利用したい
  • 容量無制限のポケット型WiFiを利用したい
  • 速度がちゃんと速くて安定しているポケット型WiFiを利用したい

このうちどのニーズに当てはまるかを決め、それぞれにあったポケット型WiFiを選ぶのがおすすめ。安いポケット型WiFiなら楽天モバイル、容量無制限のポケット型WiFiならWiMAXか楽天モバイル、速度と安定性ならWiMAXかゼウスWiFi(クラウドSIM WiFi)がおすすめです。

最もおすすめのポケット型WiFiは?

2024年4月現在、以下の3種類がおすすめのポケット型WiFi。


WiMAXはどんな人におすすめ?

累計3,800万回線を超える契約があるWiMAXは、その通信安定性や信頼性が定評のポケット型WiFi。そのため、迷った方にはまずWiMAXがおすすめ。

また、5G対応の高スペック端末や、データ使い放題、料金(キャッシュバックキャンペーン)で安さに惹かれる人にもWiMAXをおすすめしています。

楽天モバイルはどんな人におすすめ?

楽天モバイルは、実測値が遅いという注意点があるため、通信速度がそこまで重要ではない場合におすすめです。楽天モバイルは初期費用がなく月額料金も安いため、ポケット型WiFiを安く利用したい人にぴったりです。

ゼウスWiFiはどんな人におすすめ?

3大キャリア(ドコモ回線,au回線,ソフトバンク回線)を使えるクラウドSIMのポケット型WiFiのため、繋がりやすさに優れています。

過去に大規模な通信障害があったクラウドSIM搭載のポケット型WiFi。現在は月間制限を設けることで安心して利用ができています。

月間も100GBと大容量のため、ポケット型WiFiに「繋がりやすさ」「使いやすさ」を重視する方におすすめ。

【口座振替利用】クレジットカードがない場合のおすすめポケット型WiFiは?

多くのポケット型WiFiは利用料金を支払う際にクレジットカードが必要。しかし、なかには口座振替やポイントで支払えるポケット型WiFiもあります。支払方法が豊富なポケット型WiFiは以下の通り。

支払い方法が豊富なポケット型WiFi

ポケット型WiFi支払い方法
楽天モバイルクレジットカード
デビットカード
口座振替
楽天ポイント
BIGLOBE WiMAX
(WiMAX)
クレジットカード
口座振替
BroadWiMAX
(WiMAX)
クレジットカード
口座振替
UQWiMAX
(WiMAX)
クレジットカード
口座振替
コンビニ
支払秘書
銀行ATM
ゼウスWiFiクレジットカード
口座振替
Mugen WiFiクレジットカード
口座振替

口座振替が可能なポケット型WiFiのなかでも、楽天モバイルは支払い方法が特に豊富です

口座振替の場合は、楽天モバイルのポケット型WiFi、または、WiMAX(BIGLOBE WiMAX) 、クラウドSIMならゼウスWiFiかMugen WiFiがおすすめです。

自宅用のWi-Fiとしてポケット型WiFiはおすすめ?

ポケット型WiFiの同時接続台数は最大10~16台です。そのため、自宅用WiFiとして、一人暮らしの方にもおすすめの選択肢。

仮に3人でスマホ,PC,タブレットを接続しても9台なので、利用内容によるものの複数人でも基本的には問題ありません。

海外でも手続きなしで利用できるポケット型WiFiは?

おすすめ上位にあがったポケット型WiFiの中から海外対応のおすすめポケット型WiFiを6社ご紹介します。

右にスクロールできます

海外で利用できるポケット型WiFi

ポケット型WiFi 海外利用海外データ容量海外利用料金国内の
実質月額料金
楽天モバイル71の国と地域2GB/月※1無料
(500円/1GBでチャージ可能)
3,281円
THE WiFi131の国と地域3GB/日850円~1,250円/1GB3,304円
AiR WiFi135の国と地域1GB/日※11,200円~1,600円/日3,532円
hi-ho Let’s WiFi133の国と地域1GB/日※1東南アジア:970円/日
それ以外:1,670円/日
3,302円
Mugen WiFi134の国と地域1GB/日1,200円~1,600円/日3,494円
クラウドWiFi134の国と地域1GB/日※2700円~3,450円/日3,850円
WiMAX海外利用不可3,458円
※1.超過後は128kbpsで利用できます。
※2.超過後は384kbpsで利用できます。


海外でインターネットを利用するためにわざわざ空港でポケット型WiFiをレンタルするのが面倒な方におすすめ。

海外で利用できるポケット型WiFiは主に楽天モバイルクラウドSIM系のポケット型WiFiで、WiMAXは海外で利用できません

1日単位でレンタルしてポケット型WiFiを利用する、海外用WiFiのレンタルサービス(WiFiBOX・グローバルWiFi・イモトのWiFiなど)について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご確認ください。

国内でポケット型WiFiを利用しない場合は、月額料金がかからない分、海外用WiFiのレンタルサービスのほうがお得でおすすめです。

海外用WiFiレンタルサービス
おすすめ 12社の比較はこちら


【短期利用】ポケット型WiFiはレンタル・契約、どちらがおすすめ?

短期間利用の場合に確認すべき最も重要な点はポケット型WiFiを利用したい期間です。

ポケット型WiFiには、当記事で紹介したポケット型WiFi以外に、ポケット型WiFiを1日単位でレンタルできるサービスがあります。あなたがポケット型WiFiを利用する日数によって、ポケット型WiFiを契約するのが良いのかレンタルWi-Fiを利用するのが良いのか、異なってきます。

基本的には、1日単位~2週間程度の利用ならレンタルWi-Fiがおすすめで、逆に1ヶ月以上利用する場合は契約期間の縛りがないポケット型WiFiを契約するのがおすすめです。

レンタルWi-Fiサービスとして人気な5社の料金は以下のようになっています。

WiMAXのレンタルWi-Fiサービス料金比較

レンタルWi-Fi 通信回線 端末
(モバイルルーター)
データ容量 1泊2日 2泊3日 6泊7日 30泊31日 90泊91日 180泊181日 受取手数料 返却手数料
WiFiレンタル
どっとこむ
※当サイト限定価格
WiMAX2+
au4G/5G
X11/SCR01 無制限 ¥1,260 ¥1,890 ¥4,410 ¥8,820 ¥25,860 ¥51,420 ¥550/1台
¥1,100/2台~
¥517/1台~
NETAGE WiMAX2+
au4G/5G
X11 無制限 ¥1,430 ¥2,145 ¥5,005 ¥9,460 ¥27,760 ¥55,210 ¥550 ¥550
e-ca
(楽天市場)
WiMAX2+
au4G/5G
X11/SCR01 無制限 ¥3,580 ¥3,580 ¥3,580 ¥5,380 ¥14,310 ¥27,000 無料 無料
WiFiレンタル屋さん WiMAX2+
au4G/5G
SCR01 無制限 ¥980 ¥1,470 ¥3,430 ¥7,350 ¥18,300 ¥28,000 ¥550/1台 ¥550/1台
カシモバ WiMAX2+
au4G
W05/WX06
(旧機種)
10GB/3日 ¥1,140 ¥1710 ¥3,990 ¥8,050 ¥18,080 ¥32,600 ¥550/1台 ¥550/1台

ソフトバンクポケットWiFiのレンタルサービス料金比較

レンタルWi-Fi 通信回線 端末
(モバイルルーター)
データ容量 1泊2日 2泊3日 6泊7日 30泊31日 90泊91日 180泊181日 受取手数料 返却手数料
WiFiレンタル
どっとこむ
※当サイト限定価格
ソフトバンク E5383
E5785
FS030W
無制限 ¥890 ¥1,330 ¥3,120 ¥6,680 ¥19,580 ¥38,930 ¥550/1台
¥1,100/2台~
¥517/1台~
NETAGE ソフトバンク 601HW
603HW
無制限 ¥1,430 ¥2,145 ¥5,005 ¥9,900 ¥29,040 ¥57,750 ¥550 ¥550
e-ca
(楽天市場)
ソフトバンク E5383
FS030W
無制限 ¥2,900 ¥2,900 ¥2,900 ¥4,480 ¥11,700 ¥22,500 無料 無料
WiFiレンタル屋さん ソフトバンク 601HW
FS030W
20GB/月 ¥780 ¥1,170 ¥2,730 ¥5,850 ¥14,600 ¥22,800 ¥550/1台 ¥550/1台
ソフトバンク 601HW 50GB/月 ¥980 ¥1,470 ¥7,350 ¥13,050 ¥18,300 ¥28,000
カシモバ ソフトバンク 603HW 10GB/3日 ¥920 ¥1,380 ¥3,220 ¥6,630 ¥16,660 ¥31,120 ¥550/1台 ¥550/1台

1週間(6泊7日)の列よりも右側の長期レンタル部分の料金を見ていただくと、レンタルWi-Fiは当記事で紹介してきたポケット型WiFiの月額料金と比較して割高であることがお分かりいただけると思います。(契約タイプのポケット型WiFiの月額料金は月々3,000円台~)

これが、1日単位~2週間程度の利用ならレンタルWi-Fiがおすすめ。逆に1ヶ月以上利用する場合は契約期間の縛りがないポケット型WiFiを契約するのがおすすめという結論になる理由です。

短期間(1週間~2週間以内)で利用できるレンタルポケット型Wi-Fiについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご確認ください。

国内用ポケット型WiFiレンタルサービス12社比較
【短期/中長期利用のおすすめ紹介】


上り速度(アップロード)は下り速度(ダウンロード)よりも遅いけど大丈夫?

はい、問題ありません。理由をWiMAXを例にして解説します。

下り最大通信速度は3,900Mbpsに対して、上り最大通信速度は183Mbpsと20倍以上の差があります。しかし、日常で使用するのはAmazonPrimeビデオ・Instagramのストーリーなど実はほとんどがダウンロード。

さらに、上り速度は10Mbpsあれば充分快適に使えます。YouTubeの動画アップロード、ライブ動画の配信、実況動画の配信などをおこなう方以外は気にする必要がないでしょう。

ポケット型WiFi速度計測は実際の計測結果なの?

はい、実際の計測結果です。WiMAX比較.com編集部では、編集部がポケット型WiFiを契約して日常的に利用しています。

当サイトに記載のポケット型WiFiの速度計測も、編集部がポケット型WiFiでスピードテストを行った結果を載せております。

最近は5Gに対応したポケット型WiFi端末も増えてきましたね。読者の皆様に最新の情報をお届けするため、日々の記事作成に励んでいます。

ポケット型WiFiおすすめNo.1は「WiMAX」
ここまで様々なポケット型WiFiを比較してきましたが、「通信速度・エリア・データ容量・料金・端末性能」において最もおすすめのポケット型WiFiは「WiMAX」。

高速通信を無制限で使えるWiMAXの最安プロバイダは以下の記事からご確認ください。

WiMAXプロバイダ全23社
4月最新の比較結果



※記事内記載のWiMAX契約者数3,800万回線は、UQコミュニケーションズ株式会社及びその他提携事業者がUQ WiMAXを利用して提供するBWAサービスの契約数です(2023年3月現在)(参考 : https://www.tca.or.jp/database/2022/
※「Pocket WiFi(ポケットワイファイ)」はソフトバンク株式会社の登録商標ですが、近年は持ち運び可能なWiFiルーターを総称して「ポケットWiFi」と呼ばれることが一般化してきました。当サイトでもこれまで一般化している「ポケットWiFi」という言葉を使って記事を作成していましたが、ソフトバンク株式会社より指摘を受けたため、ポケットWiFiを「ポケット型WiFi・モバイルWiFi」として記載しています。