WiMAX+5G対応のホームルーターSpeed Wi-Fi HOME 5G L12と旧端末L11を比較

Speed Wi-Fi HOME 5G L12をレビュー!WiMAX旧端末とのスペック比較や評判を紹介
  • 最終更新日:2024年6月1日
WiMAXの最新5GホームルーターのTOP
今回ご紹介するのは、WiMAXを展開するUQコミュニケーションズの5G対応ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」です!

旧モデルの「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」からパワーアップしたL12はこれまでと何が違うのか、最新機種「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」とどのような点が異なるのか、気になる方もいますよね。

「Speed Wi-Fi HOME 5G L12はL11・L13と何が違うのか?」「他社のホームルーターと比較してどれがおすすめ?」と迷われている方もいるかと思います。

そこで、当記事はSpeed Wi-Fi HOME 5G L12のスペックなどの基本情報はもちろん、メリット・デメリットから利用者の口コミ・評判まで徹底調査しました。また、端末を契約し、実際の通信速度などもレビューします。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の詳細が気になる方は、ぜひご覧ください。




執筆者

WiMAX比較.com編集部

年間最高1,000万PVの通信系比較メディア「WiMAX比較.com」を運営する編集部です。
通信領域に精通するメンバーで構成している当編集部は、WiMAXを始めとするポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万名様以上のネット回線契約をサポートしています。運営会社情報



\L11・L12の違いを動画にまとめました!/


最新情報!
Speed Wi-Fi HOME 5G L13の最新情報

2023年6月にWiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」が発売されました。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13は、最大通信速度4.2GbpsとWiMAX史上最速の性能。

当サイトでは、どのホームルーターが一番いいの?お得なキャンペーンを受け取る方法は?最安で契約する方法は?といった疑問をすべて解決できるよう、最新端末のL13も含めてWiMAXのホームルーターを徹底比較しています。

WiMAXのホームルーターを契約しようと考えている方はぜひご覧ください!

WiMAXホームルーターの
最新の比較記事はこちら!



Speed Wi-Fi HOME 5G L12の基本情報!L13やL12との違いについても解説

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の概要

まずは、「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」(以降:L12と表記)のスペックをご紹介します。

現在契約できるWiMAXホームルーターとの違いがわかるように、最新端末の「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」(以降:L13と表記)、L12以前の端末である「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」(以降:L11と表記)と比較し、表にまとめましたので、確認していきましょう!

WiMAX +5Gの
ホームルーター比較表

名称 Speed Wi-Fi HOME 5G
L13
Speed Wi-Fi HOME 5G
L12
Speed Wi-Fi HOME 5G
L11
端末画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L13の端末画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L12の端末画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L11の端末画像
製造元 ZTE NEC ZTE
対応回線 5G, 4G LTE, WiMAX 2+
下り最大速度
(ダウンロード)
4.2Gbps 2.7Gbps
上り最大速度
(アップロード)
286Mbps 183Mbps
大きさ(mm) 100×207×100 101×179×99 70×182×124
重さ 約635g 約446g 約599g
端末価格 27,720円 21,780円
発売日 2023年6月1日 2021年11月5日 2021年8月6日
本体色 ホワイト
TWT
Wi-Fi6対応
4ストリーム対応 ×
OFDMA対応 × ×
最大接続台数 32台 40台 30台
※Wi-Fi6とはWi-Fiの通信規格(IEEE802.11 ax)を指します。Wi-Fi6は、Wi-Fi5(IEEE802.11ac)比較で最大通信速度が1.4倍高速です。ゆえにデータ送受信の時間を短縮したり、4Kや8Kの映像を遅延なく配信できるなど、通信の質と速度が向上しました。
※TWT(Target Wake Time)は、ホームルーターに対応したデバイスの起動頻度を自動で調節する技術です。スマホやパソコンなど対応機器のバッテリーの持ちが良くなります


以上がL12とその他のWiMAXから販売されているホームルーターの基本スペックです。端末の画像を見てもわかるとおり、本体のカラーはこれまで同様ホワイトですが、本体のデザインは五角形となっています。

本体の上部には、通気孔のようなスリットも入っており、より近代的なデザインに仕上がっています。

また、本体のサイズや重さはL11やL13と比べ、L12はコンパクトになっているので、設置場所を選びやすいです。

最も気になるスペックですが、L12の最大速度は下りも上りも前機種のL11と同じ。最大速度は新端末のL13が4.2Gbpsと最速です。ここからはL13・L11と比較しながら、L12に搭載されている機能について見ていきます。

L12の機能の特徴

  • 最新機能!Wi-Fi6の4ストリームで通信が安定
  • 複数接続の場合でも遅延が軽減!OFDMからOFDMAへ
  • 同時接続台数の制限が30台から40台に変更

1つずつ説明していきます。

最新機能!Wi-Fi6の4ストリームで通信が安定

新機能の4ストリーム

「ストリーム」を簡単に説明すると、データを転送するアンテナの本数のことです。L11もL12もWi-Fi6に対応していますが、対応しているストリーム方式が異なります。現在発売中のL11は2ストリーム(2×2)対応ですが、今回発表されたL12は4ストリーム対応(4×4)

つまり、L11とL12ではデータを運ぶ道の本数が違うということです。

L11はデータを転送する道が2本であるのに対し、L12の4ストリームであれば道を4本利用できます。

データを運ぶ道の本数が多ければ多いほど、転送したいデータの渋滞が起こりにくいため、より快適なインターネット通信が可能です

複数接続でも遅延が軽減!OFDMからOFDMAへ

OFDM接続とOFDMA接続

続いて、OFDMA機能について解説します。L11やL13がOFDMであるのに対して、L12はOFDMA接続が可能です。2つの接続方式の大きな違いは、同時通信の処理方法です。

L11やL13(OFDM)の場合は、1通信で1台ずつ順番に通信しているのに対して、L12(OFDMA)の場合は、1通信で複数台の機器に同時通信が可能になりました。

OFDMAにより通信効率がアップしたことで、通信端末が混み合った状態であっても安定した通信が可能となりました。

大人数利用でも安心!40台まで同時接続が可能

最後に特筆すべきは同時接続台数の向上です。同時接続台数はそれぞれL11が30台、L13が32台であるのに対して、L12は40台まで同時接続が可能です。

L11やL13は約30台の接続を超えると、新たな機器を接続するには1台ずつ設定を解除する必要があります。接続設定を自動にしている場合、常に接続台数が増えるため、その都度接続する端末と接続を切断する端末を選ばなければなりません。

これは、想像以上に手間なため、同時接続台数が10台ほど増えることは大きな魅力と言えます。

以上、3点がL12に新たに搭載された機能です。当サイトでは、L12やL11を始め、それ以前の旧端末も含めWiMAXホームルーターを徹底的に比較しています。

併せて契約におすすめな料金プランや、WiMAXプロバイダも紹介していますので、WiMAXのホームルーターの導入を検討されている方は、以下のページもぜひご覧ください。


ホームルーター全3機種の
詳しい比較結果を見る


WiMAX最新ホームルーターのおすすめポイントやメリットを解説

Speed Wi-Fi HOME 5G L12のメリットを確認

続いては、WiMAXの最新ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME 5G L12のおすすめポイントやメリットを確認していきます。L12のメリットは以下の3つです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の
特徴やメリット


  • 工事不要でインターネットがすぐ使える
  • 最大速度2.7Gbps!au5G回線の同時利用で光回線に匹敵する速さに
  • 専用アプリ対応!スマホから通信量や通信モードの確認ができる

工事不要ですぐにインターネットが使える

これはホームルーター全般に共通する特徴ですが、L12は工事不要ですぐに使えるのが魅力です。

光回線の場合は開通工事が必要で、工事立ち合いの手間に加えて、インターネットが使えるまで2~3週間ほどかかることも。

しかし、ホームルーターL12ならコンセントに挿すだけで即日利用可能。引っ越したばかりの方でもすぐ使えて、手軽なのは大きなポイントです。

最大速度2.7Gbps!au 5G回線の同時利用で光回線に匹敵する速さに

L12の最大速度は2.7Gbpsとなっており、光回線の最大速度1~2Gbpsと比べても引けを取らない速さを実現しました。

WiMAXの旧機種と比較すると、その速さはさらに顕著になります。2019年に発売されたHOME L02の最大速度は1.0Gbps。それが、WiMAX2+とau 4G LTE、au 5G回線の同時利用が可能になったことで、今回2倍以上高速化しました。

光回線に負けない通信速度でインターネットが使えるのは嬉しいですね。

しかし、当然ながらL12以降に登場した最新機種のL13最大通信速度4.2Gbpのため、L13には劣ります。

専用アプリ対応!スマホから通信量や通信モードの確認ができる

L12はスマホ専用アプリに対応。『NEC WiMAX +5G Tool』をインストールすれば、アプリからデータ通信量(月/3日ごと)の確認や通信モードの切り替え、電波強度の確認などが可能です。

さらに、アプリがあればWi-Fiの接続もQRコードから可能で、接続方法が簡単。初期設定時に必要な「クイック設定Web」なども起動できます。

「モバイルルーターのように画面のないホームルーターは操作が不安」という方も使い慣れたスマホなら安心ですよね。スマホで操作すれば、自宅内の少し離れた距離でも本体を触らず設定の変更などもできて非常に便利です。

L12のメリットは以上です。ただ、L12には注意点もいくつかあります。次章で具体的に解説していきますので、一緒に見ていきましょう!

契約前に確認したいデメリット・注意点

契約前に確認すべき注意点やデメリット

L12だけでなく、ホームルーター全般に言えることですが、以下のデメリットや注意点があります。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12のデメリット


  • ホームルーターは外出時に利用できない
  • 光回線と比較して速度が安定しない

ホームルーターは外出時に利用できない

契約前に確認すべき注意点やデメリット

L12を含め、ホームルーターは外出時には利用できません。というのも、L12などのホームルーターはコンセントに挿して利用するため。

WiMAXにはL12などのホームルーター以外にも、充電式のポケット型WiFiも契約できます。外出時にもWiFiを利用したい方は、X11やSCR01などのモバイルルーターを選びましょう。

WiMAXの各端末の違いは、以下の比較表をご確認ください。

WiMAX +5Gの
端末スペック比較表

名称 L13 L12 L11 X12 X11 SCR01
端末画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L13の端末画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L12の端末画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L11の端末画像 Speed Wi-Fi 5G X12の端末画像 X11の端末画像 SCR01の端末画像
下り
最大速度
(ダウンロード)
4.2Gbps 2.7Gbps 2.7Gbps 3.9Gbps 2.7Gbps 2.2Gbps
通信容量 無制限
持ち運び ×
通信の
安定度
△※
※持ち運び可能なため使用場所による

ご覧の通り、ホームルーターとモバイルルーターでスペックの大きな違いはありません。ご自宅だけで使うなら通信の安定度が高いホームルーター、持ち運びたい方にはモバイルルーターがおすすめです。

光回線と比較して速度が安定しない

2つめのデメリットは、L12などホームルーターは、光回線と比較すると通信速度が安定しない点です。光回線とホームルーターに関しては、以下の口コミがありました。

口コミ・評判のロゴ
今更ながらやっとこ、光回線に機器接続完了?回線スピードは今までと(ホームルーター笑)と比べたら断然サクサクと動いてくれているのでひとまず満足かなと笑。説明書のみでも出来るけど、読むのが面倒いのでサポート電話しながら??一緒に接続。でも延長コード必要なのでこれから買いに…


光回線の場合は家の中までケーブル(有線接続)を引きこんでおり、電波が安定しやすい仕組み。反対にホームルーターの場合は、外にあるアンテナから電波を受信(無線接続)する仕組みなので、障害物などの影響を受けやすくなっています。

テレワークなどで需要が高まりつつある家用のWiFiですが、光回線かホームルーターどちらで契約すべきか悩まれている方もいるでしょう。光回線とホームルーターの違いをまとめたのでご確認ください。

WiFiサービスの比較

種類 ホームルーター
(L12の場合)
固定回線
(光回線)
端末画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L12の端末画像 光回線のルーター画像
最大速度
(ダウンロード)
2.7Gbps 1~10Gbps
データ通信量 無制限
利用料金 3,000~4,000円台 4,000~5,000円台
開通工事 不要 必要
持ち運び × ×
通信の安定性

ホームルーターと光回線の違いは上記のとおりです。光回線は通信の安定度が高い一方で、高額かつ工事が必要というデメリットがあります。比較結果を踏まえて、L12などのホームルーターがおすすめな方は以下のとおりです。

ホームルーターがおすすめな方

  • なるべく料金を抑えたい方
  • すぐにWi-Fiを利用したい方
  • 40台以上接続するほどの大人数で使う予定のない方
  • 引越しを頻繁にする方
  • 重たいデータのやりとりや、オンラインゲームなどをあまりしない方

以上、L12のメリットやデメリットを解説しました。ただ、ホームルーターはWiMAXのL12以外にも数種類のサービスがあります。続いて、他社ホームルーターと比較して、L12はおすすめなのか解説していきます。

WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME 5G L12と他社ホームルーターを比較

他社のホームルーターと比較

ここからはSpeed Wi-Fi HOME 5G L12をドコモとソフトバンクの最新ホームルーター「home 5G HR02」、「Airターミナル5」と比較していきます。下記の表をご覧ください。

ホームルーター3社比較

Speed Wi-Fi
HOME 5G L12
(WiMAX+5G)
home 5G HR02
(ドコモ)
Airターミナル5
(ソフトバンク)
端末画像 speed wi-fi home 5g l12 ホーム5G ソフトバンク エアーターミナル5の端末画像
最大速度 2.7Gbps 4.2Gbps 838Mbps
(5Gエリアでは2.1Gbps)
実測値 20~320Mbps 50~430Mbps 8~200Mbps
データ
容量
無制限※1 無制限※2 無制限※3
利用回線 au 5G
au 4G LTE
WiMAX2+
docomo 5G
docomo 4G
LTE
SoftBank 5G
SoftBank 4G
LTE
同時
接続台数
40台 66台 128台
月額料金 3,784円~ 4,950円~ 2,970円~
端末料金 21,780円※4 71,280円※5 71,280円※6

※1 WiMAXはこれまで3日15GBの制限がありましたが、2022年2月1日より容量制限が撤廃されました。
※2 混雑状況や、当日を含む直近3日間のデータ利用量に応じて、通信が遅くなる可能性があります。
※3 利用の集中する時間帯(夜間など)は、通信速度が低下する可能性があります。
※4 プロバイダによっては端末代金が0円の場合もあります。
※5 「月々サポート」によって1,980円×36ヶ月=71,280円が割引されるため、実質無料になります。
※6 端末購入の場合「月月割」によって1,980円×36ヶ月=71,280円が割引されるため、実質無料になります。

表を見るとわかる通り、通信速度を重視するならドコモのhome 5G、料金の安さで選ぶならソフトバンクエアーなど、それぞれの項目によって優れているホームルーターが異なります。

では、ドコモ・ソフトバンクのホームルーターと比較したL12の優れている点は何でしょうか。

以下にL12のおすすめポイントをまとめました。1つずつ見ていきましょう。

おすすめポイント

  • 月額料金が安い
  • 固定住所以外でも使用可能

月額料金が安い

まず1つ目はドコモのhome 5Gより料金が安いことです。

WiMAXの基本月額料金は最安3,784円~となっており、home 5Gの4,950円と比較すると契約期間を通して月々1,000円近く通信費を安く抑えられます。月で見ると1,000円程度でも、3年間利用すれば約36,000円以上WiMAXの方が安くなってきます。

通信速度の面ではドコモに分がありますが、料金面ではWiMAXの方が優れていると言えるでしょう。

また、WiMAXのL12はソフトバンクのAirターミナルと比較した場合、より高速通信が可能です。そのため料金をすこしでも抑えたいという方にはL12をおすすめします。

速度と料金どちらも重視したい方はL13の契約がおすすめ


料金も通信速度も重視したいという方はWiMAXの最新端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13がおすすめ。

最大通信速度はドコモのhome 5Gと同じく4.2Gbpsで料金は3,784円~とhome 5Gの4,950円よりも安く利用できます。

L13の詳細を確認したい方はこちら

固定住所以外でも使用可能

WiMAXのL12のもう1つのおすすめポイントは固定住所以外の場所でも、持ち運んで使用できるという点です。

一般的にホームルーターを契約する際、利用住所をプロバイダに登録します。そして登録した住所以外の場所で使用することはできません。ドコモ・ソフトバンクのホームルーターも同様に、申し込み時に申請した住所以外での使用は禁止されています。

しかしWiMAXのL12には特に規定がなく、登録した住所以外の場所でも使用可能です。

そのため、「出張先のホテルでコンセントに挿して使いたい」「帰省先で持ち運んで使いたい」という場合も自由に使うことができます。泊まりがけの移動や出張が多い方にとっては非常に嬉しいポイントです。

以上2点がL12のおすすめポイントでした。L12と他社ホームルーターの違いはおわかりいただけたのではないでしょうか。

ここまではL12のスペックからみたメリット・デメリットや比較をしてきましたが、実際に利用しているユーザーの口コミや評判も気になるところ。そこでL12を利用しているユーザーの口コミや評判も確認していきましょう。

ユーザーの口コミや評判を調査

Speed Wi-Fi HOME 5G L11の口コミや評判

ここからは、Speed Wi-Fi HOME 5G L12を利用しているユーザーの口コミや評判を確認していきます。

利用者の口コミ・評判
口コミ・評判のロゴ
速度制限かかったワイモバより遅い。wimax のL12…モバイルルーター持ってた頃は家の中でもそこそこ快適だったからホームルーターも問題ないだろうと思ってたのにこれよ…ソフトバンクエアーに変えるか非常に悩んでおる
口コミ・評判のロゴ
Wimax L12は35~15Mbps程度だったが、docomo home5Gは200Mbpsは出る。雲泥の差。あと、home5G開通作業だけ手間取った(本体発送メールから履歴確認でいけた)

上記のように、L12の通信速度はあまり速くないとの口コミや評判がいくつか見られました。インターネットを使う上で、通信速度は重要ポイントですよね。

そこで、契約者が「通信速度が遅い」などと後悔することのないよう、実際に編集部でL12のレビューと実測値の計測を実施しました。次章で紹介します。

速度や端末の形状は?Speed Wi-Fi HOME 5G L12をレビュー

L12の端末・実測値レビュー

ここからは、Speed Wi-Fi HOME 5G L12の通信速度と端末についてレビューをしていきます!まずはL12の通信速度を確認していきましょう。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の実測値をご紹介

まずは、L12の通信速度を実際に計測した結果をご紹介していきます。

今回の速度計測の条件は下記の通りです。

速度計測の条件

  1. 場所:東京23区内
  2. 時間帯:平日の17:00頃
  3. 計測方法:WiMAX 2+回線と5G回線に分けて5回計測
  4. 計測速度:下り最大速度(ダウンロードの速度)、上り最大速度(アップロードの速度)

まずはYoutubeの動画視聴やゲームをする際に重要な下りの速度から見ていきます。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12
下り速度計測結果
(単位はMbps)

回線 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
WiMAX 2+回線
(2.4GHz※)
31.8 32.3 28.8 23.4 26.2 28.5
WiMAX 2+回線
(5GHz※)
299 255 270 298 303 285
5G回線 302 306 322 317 294 308.2
※Hz(ヘルツ)…周波数の単位。周波数が高い電波ほど障害物に弱く繋がりにくい反面、情報量は多く高速通信が可能。

L12の実測値は5G回線で300Mbps以上出ており、かなり高速。光回線に引けを取らない速さです。

また、オンラインゲームは下り速度が担保されていることのほかに、ping値も大切だと言われています。ping値は10以下が「かなり速い」、30以下なら「速い」部類で、ラグが起きにくく快適にゲームをプレイできます。

今回計測したL12のping値は17~23の間くらいで「速い」部類に入るため、ゲームも快適にプレイできるでしょう。

ただ、対人戦や格闘型の激しいゲームの場合は光回線の方が確実です。

続いて上り速度の結果も確認していきましょう。上り速度はSNSに画像や動画を投稿したり、メールを送信する際に重要な速度です。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12
上り速度計測結果
(単位はMbps)

回線 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
WiMAX 2+回線
(2.4GHz※)
38.8 40.8 36.4 39.8 6.5 32.5
WiMAX 2+回線
(5GHz※)
28.1 43 47.5 27.7 37.2 36.7
5G回線 77.2 76 74.4 68.7 70 73.3

L12の上り速度は5Gではなんと73.3Mbpsという結果でした。WiMAX歴代ホームルーターの平均的な上り速度が10~25Mbpsであることと比較すると、L12はかなり高速化したことがわかります。

ちなみにメール送信に必要な通信速度は1Mbps、SNSへの写真投稿やビデオ通話は3Mbps。そしてSNSへの動画投稿、データファイルの共有は10Mbpsが必要と言われています。

こちらもL12なら十分な速度があるため、長時間のビデオ通話などでも途切れる心配はありません。

なお、それでも通信速度が不安という方は、UQ WiMAXのサービス「Try WiMAX」の利用がおすすめです。Try WiMAXは、WiMAXのルーターを15日間無料で利用できるサービス。契約前にお試しで使ってみたい方は、ぜひ利用してみてくださいね。

ルーターの形状は?

次に、ルーター端末についてレビューします。

L12端末画像

L12は五角形の筒形をしており、ホームルーターとしては近代的でスタイリッシュなデザインになっています。

ワイマックスのホームルーター

L12をWiMAXの歴代のホームルーターと並べて置いてみました。

L12は旧機種と比べると少し大きくなったようにも見えますが、1つ前のL11と比べると、奥行きが減った分コンパクトになっています。

以上が、L12の実測値と端末のレビューとなります。

少し細かな話もありましたが、みなさんが知りたいのは今すぐL11を契約すべきなのか、それともL12を選んだほうが良いのかという点かと思います。

最後にまとめとして、L12の特徴とどのような方にL12がおすすめなのかをご説明します!

まとめ:Speed Wi-Fi HOME 5G L12はおすすめ?

L12のまとめ

最後に、L12の特徴とどのような方におすすめなのかをまとめました。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の特徴

  • サイズと重さは前機種のL11、最新機種L13よりもコンパクト
  • 最大通信速度はL11と同じ
  • Wi-Fi 6の4ストリームとODFMA対応により、複数台の通信端末と大容量データの処理能力がアップ
  • 同時接続台数が40台

Speed Wi-Fi HOME 5G L12がおすすめな方

  • 自宅で快適に大容量データを扱いたい方
  • ご家庭やオフィスで同時接続機器が多い方
  • 一度に複数機器からインターネット通信をする方

他社ホームルーターよりもコスパよく契約でき、利用に当たっても十分な速度のL12は魅力的ですが、契約するプロバイダ(代理店)と利用プランを慎重に選ぶ必要があります。

なぜならカシモWiMAXやGMOとくとくBBなど、どのプロバイダを選んでもWiMAX回線の質は変わりませんが、料金が大きく異なるからです。

当サイトでは、最安プロバイダを徹底的に調査しています。L11やL12、最新端末のL13を最安で利用できるプロバイダや最新キャンペーン情報を知りたい方は、以下のページをご覧ください!

\お得なキャンペーン情報も/

WiMAX+5G
料金プランとプロバイダを
徹底解説!


よくある質問

ワイマックスの最新ホームルーターに関する質問

最後に、Speed Wi-Fi HOME 5G L12に関するよくある質問をまとめます。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の通信速度は速い?

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は、編集部で計測した結果だとゲームや動画視聴に問題ないレベルで高速でした。ただ利用者の口コミや評判には、通信速度が遅いといったものもあります。通信速度が心配な方は、契約前にお試しサービス(TryWiMAX)の利用もおすすめです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の端末料金はいくら?

L12の端末料金は21,780円となっており、L11と同じ金額です。home 5Gと、Airターミナル5の端末料金は71,280円なので、他社ホームルーターと比較して、端末料金は安いです。

通信端末L12を安く購入できるキャンペーンはある?

通信端末L12を安く購入する方法は、各WiMAXプロバイダが実施するお得なキャンペーンを利用して契約することです。各WiMAXプロバイダの最新キャンペーンに関してはWiMAX+5Gのまとめページから

L11と比較してL12はおすすめのホームルーター?

旧端末のL11と比較して、L12の最大通信速度は変わりません。しかし、L12は接続方式が向上しているため、L11に比べてより快適にインターネット通信が可能です。そのため、よりおすすめのホームルータはL12といえます。

ドコモのhome5Gと比較してSpeed Wi-Fi HOME 5G L12はおすすめ?

ドコモのhome5Gと比較するとSpeed Wi-Fi HOME 5G L12は通信速度は劣っています。ただ料金は毎月1,000円以上お得かつ通信速度に大きく差がある訳ではありません。お得にホームルーターを利用したい方にL12はおすすめです。

WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME 5G L12の対応エリアは?

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の対応エリアは広いです。というのもWiMAX回線自体の人口カバー率は90%を超えており、L12ではau LTE回線も利用できます。かなり広範のエリアで利用できると考えていいでしょう。

【2024年5月最新ニュース】
WiMAXの旧端末は多くのプロバイダで販売終了
高スペックな新端末の詳細は

こちらから

【2024年5月最新ニュース】
WiMAXの旧端末は多くのプロバイダで販売終了
高スペックな新端末の詳細は

こちらから

WiMAXは新端末がおすすめ

【WiMAXの新端末と旧端末について】

WiMAXの旧端末(X11,SCR01,L11,L12)は多くのプロバイダで販売終了となっています。

2023年6月に発売された新端末(X12,L13)は最大通信速度3.9~4.2Gbpsと、旧端末を大幅に上回る通信速度!

高スペックな新端末をお得に契約したい方は、最新端末のプロバイダ比較をご覧ください。

最新端末のプロバイダ比較はこちらから