UQmobileやその他プロバイダと何が違うのか?

auWiMAX検討の際の5つのポイント

「WiMAXとauってどういう関係性?」
「auのWiMAXとその他プロバイダのWiMAXは違うものなの?」

auのWiMAXについて、あなたはこんな疑問でお悩みではないでしょうか。それもそのはず。

実は、WiMAXというのは通信規格の一種なだけで、auなどのキャリアが提供しているサービスでもプランでもないんです!

つまりは、auで契約しようと、回線を保有するUQ WiMAXやその他プロバイダで契約しようと、最初の入り口が違うだけで最終的に使う通信規格(WiMAX)は全く同じものなんですね。

また、これはあまり知られていないのですが、料金面ではauからWiMAXを契約するよりも、その他プロバイダから契約したほうがお安くなるんです!

このページでは、WiMAXについてありとあらゆる情報を配信してきた当サイトがWiMAX初心者の方や、auでWiMAXの導入を検討されている方に向けて徹底解説!

最終的には「auでWiMAXを契約すべきかどうか」の判断が容易にできます。

それでは、auにおけるWiMAXの取り扱いをご説明する前に、「WiMAXとは何か?」をプランや料金、実際の繋がり具合などの面から5つのポイントにわけて1つずつ確認していきましょう。





まずはWiMAXについて知ろう

UQWiMAXのおさらい

改めておさらい

冒頭でも触れさせて頂きましたが、WiMAXというのはあくまでも通信規格を指します。

旧来のWiMAXも高速通信を売りとしていましたが、現在では通信技術さらに進化して、「WiMAX2+」という規格が誕生しました。

WiMAXの下りの最大速度は40Mbpsでしたが、WiMAX2+の速度を強化するために現在では13Mbpsにまで低下しています。

それに対し、WiMAX2+は下り最大558Mbpsの高速インターネット通信が可能です!よく混同されがちですが、「新しいバージョンなんだな」と覚えておきましょう。

また、両方のサービスエリア内であれば、ルーター側がWiMAX2+回線に自動で切り替えてくれます。さらに、2018年中に旧来のWiMAX回線のサービスは終了する予定です。

このように、WiMAXとは通信規格であるため、「auのWiMAX」という通信規格・回線はないんですね。

回線を契約するのにauでもau以外のプロバイダでも、結局は同じ通信規格を使いますので、速度には影響ないんです。

それでは、なぜWiMAXはauとセットで捉えられがちのか、といいますと、その理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズがauの母体であるKDDIに属している。2つ目は、auからもau以外のWiMAXプロバイダからも回線の契約ができるからです。

上記のような理由から、「auの回線」や「auのプランの一種」という認識が強いようです。それでは、そんなWiMAXをauでのプランで契約した場合の料金を1つずつ見ていきましょう。


auのプランと通信モードを理解しよう

auWiMAXのプランと通信モード

auで契約する場合のプラン

auでのWiMAX2+のプランは以下のように3つあります。
  1. WiMAX 2+ フラット for DATA EX
  2. WiMAX 2+ フラット for DATA
  3. WiMAX 2+ フラット for HOME
上記3つのうち、「フラット for HOME」は据え置き型のホームルーター「L01s」など向けのプランとなります。

このプランの注意すべき点として、auの公式サイト上に以下のような表記があります。

WiMAX 2+ フラット for DATAと比較すると、ご利用されるエリアの混雑状況により速度が低下する場合があります。

このように据え置き型プランは通信速度低下の可能性がありますので、ご利用する方はご注意を。

上記の据え置き型プランに対して、多くの方が選択している2つのauでのWiMAX2+のプランの違いを簡単に表すと以下のようになります。

  • WiMAX 2+ フラット for DATA EX…月間通信料に上限のないギガ放題(使い放題)プラン
  • WiMAX 2+ フラット for DATA…月間通信料7GBまでの制限があるプラン

意外と7GBというと、動画を少しでも見る方はいってしまう容量。これまで、スマホでの速度制限に苦労した方も多いのではないでしょうか。

そのため、8割以上はギガ放題を契約しているWiMAXですので、少しでも気になる方はギガ放題にしましょう。

上記で述べたように、スマホに速度制限があるため、auユーザーの方がWiMAXを検討するということは、「通信制限を気にせずに利用したい」という理由も大きいと思います。

それであれば、auのWiMAXにしたのに、通信量を気にしてしまっては元も子もありませんので、動画サービスなども思いっきり楽しめるフラット for DATA EXがおすすめ。

以上がauで契約する場合のプランの概要となります。

次はそれぞれのプランの中でも、WiMAX 2+ フラット for DATA EXとWiMAX 2+ フラット for DATAについて、掘り下げてご説明します。



WiMAX 2+ フラット for DATA EX

こちらのauのプランは前述したように、使い放題のプランとなっております。

月額料金4,380円で、基本のハイスピードモードで使用し続けた場合、完全に追加料金一切なしで自由にインターネット通信が可能!

このauのプランを選択する事で、月末の速度制限の苦しみから開放されますね!

しかし、万能に思えるこちらのauのプランにも、実は2つの制限があります。とは言え、仕組みさえ理解してしまえば、さほど気になるものではありませんので、ご安心を。

このauによる制限の仕組みを知っている事でWiMAX回線を快適に使用することが可能ですので、速度制限について見ていきましょう。


制限1:ハイスピードプラスエリアモード

普通に生活していると、一部の場所では、電波状況が良いところで、「WiMAX繋がりにくいなぁ」とか「WiMAXは遅いな…」と感じる場面があります。

auのLTEですら感じる場面があるので、WiMAX2+でも同じようです。

しかし、そんなときのために、「ハイスピードエリアプラスモード」というものが存在しています!

これはWiMAX2+が繋がりにくい場合に、auの4G LTE回線を一時的に使用して通信を行うモード。

これにより上記のような場合もストレスなく使用することが可能です。

WiMAXでまかないきれないエリアでも、auのような大手キャリア回線でカバーできているので安心ですね!

「それならau回線でずっとハイスピードプラスエリアモードで使おう!」と思われる方もいるかと思います。

しかし、こちらのモードは月間7GBまでと制限が設けられており、超過してしまうと速度が128kbpsにまで下がってしまいます。これが1つ目の制限。

128kbpsという速度では、auのLTEでもWiMAX2+でも、YouTubeの動画はもちろん、このページのようなサイトの閲覧も難しいでしょう。

auのハイスピードプラスエリアモードはあくまでも緊急用と位置づけ、ハイスピードモードと上手く使い分ける事をおすすめします!

万が一、auのハイスピードプラスエリアモードで上限の7GBを超過してしまうと、制限がないはずのハイスピードモードまで128kbpsの速度制限対象になってしまうので注意が必要です。

一旦、auのハイスピードプラスエリアモードについて、簡単なまとめです。

  • auのWiMAX2+ハイスピードエリアプラスモードは【1,005円/月】の有料オプション
  • 該当モード(auのWiMAX2+ → auのLTE回線)に切り替える場合には慎重に
  • 上限は月間7GB+超過するとハイスピードモードまで128kbpsの速度制限となる



制限2:3日間で10GB

もう1つの制限は3日間のうちに通信料の合計が10GBを超過した場合に速度制限が適用されるというものです。

ただし、こちらはハイスピードプラスエリアモードの制限と比較すると、かなり緩い制限。

というのも、通信料が10GBを超過した翌日の18時〜翌々日の午前2時までの間のみです。しかも、制限中の速度も最大1Mbpsと、YouTubeの動画であれば標準画質で問題なく閲覧できるレベル。

この3日間で10GBってどれくらいなのか想像が難しいですよね?これまたYouTubeの動画で例えますと、1日あたり4〜5時間は視聴が可能。これだけ閲覧できれば、大抵の方には十分ではないでしょうか。

しかも、こちらはauのWiMAXに限ったことではなく、WiMAXの全プロバイダで起こります。

また、他のポケットWiFiでは、3日10GBではなく、3GBも多く、実質無制限により近いと言われるのが、このWiMAXですので、むしろ制限の緩さがおすすめですね。

それでは、2つ目の制限を振り返っていきましょう。

  • 3日間でWiMAX2+通信料の合計が10GBを超過すると速度制限
  • WiMAX2+速度制限の時間帯:翌日18時〜翌々日の午前2時
  • WiMAX2+速度制限中の通信速度:最大1Mbps(YouTubeの標準画質なら閲覧可能)



WiMAX 2+ フラット for DATA

EXと比較した場合、こちらのauのWiMAX2+プランはいたってシンプル。月額料金3,696円で月間7GBまでであれば、速度制限なく利用することが可能です。

7GBを超過してしまうと、EXプランのハイスピードエリアモードの超過のように、WiMAX2+の回線速度が128kbpsに低下します。

普段からインターネットをそれほど使わない方や、少しでもauのWiMAX2+の料金をおさえたい方には、こちらのプランがおすすめです!

外出先で動画などを閲覧する事がない方はこちらのauのプランでも十分でしょう。

auのそれぞれのWiMAX2+プランを比較表にまとめると以下のようになります。

項目/プラン WiMAX 2+
フラット
for DATA EX
WiMAX 2+
フラット
for DATA
月額料金 4,380円 3,696円
ハイスピードモード
月間データ容量制限
無し
※3日間で10GB超過の場合は
速度制限
有り (7GB)
ハイスピードプラスエリアモード
利用時
1,005円/月(7GBまで) 1,005円/月(7GBまで)
おすすめな方 動画閲覧など
通信料を
気にしたくない方
とにかく安くおさえたい方


上記の比較表にあるように、auの同じプランでも料金では約700円ほどの差があります。

この差額700円を払って使い放題にするかどうかはあなたのライフスタイルにあわせて考えましょう。

ここまで、auのプランについてご紹介してきました。続いては、WiMAX2+のサービスエリアについてご紹介致します。



WiMAX auは繋がらないって本当?

auWiMAXは繋がりにくい?

繰り返しになりますが、「auのWiMAXだから繋がらない」ということはありません!

その場所・ご利用状況で繋がらなければ、auだろうと、その他プロバイダだろうと、使っているものは同じなので、結果も同じとなります。

このことを念頭に、「WiMAX2+が繋がらないときはどうしたいいの?」というお悩みの解決策をご紹介致します。

auの方も、そうでない方も1つ1つチェックして可能性をつぶしていきましょう。


WiMAX2+が繋がらないケースと解決策


チェック1:WiMAX2+のエリアを確認

こればっかりは、人口カバー率99%のWiMAXを持ってしても、圏外エリアが存在するぐらいなので、サービスエリア外の場合はサービスエリア内に移動するしかありません。

仮に一時的にエリア外に移動しただけという場合は、エリア内に戻ればまた通信可能になります。「あれ?」と思ったら、まずはここから確認しましょう!

WiMAX2+のサービスエリアの確認は以下のURLから行えます。

参考:サービスエリアマップ(WiMAX 2+・UQ mobile)
http://www.uqwimax.jp/area/

また、エリア内か、エリア内ならどのくらい通信速度が出るのか、気になるところ。WiMAX比較の専門メディアである当サイト独自の「速度情報データベース」が始まりましたので、併せて参考にしてみてくださいませ。

あなたのエリアでの
実際の速度がわかる!
速度情報データベースへ




チェック2:WiMAX2+のルーター自体の故障

WiMAX2+の電波を受信する肝心の本体が壊れてしまうと、折角の高速通信ができませんよね。

例えば、「周りのWiMAXを利用している友人は繋がるのに、自分は繋がらない」等、少しでも気になる症状が現れた際には契約元に確認をしましょう。

auで契約された方は以下のURLから「auサポート」へ飛べます。

auサポート > 「よくある質問」をまず確認すると良いでしょう。au以外の方はご契約中のプロバイダのサポートへ問い合わせましょう。

参考:auサポートページ
https://www.au.com/support/


チェック3:WiMAX2+の電波を飛ばしている基地局で障害が起きた

こちらは可能性としてはかなり低いですが、繋がらない原因に思い当たる節がなければ要確認。

auの「障害・メンテナンス情報」とUQ mobileの「障害状況」のそれぞれのページへのURLを載せておきます。

参考:auの「障害・メンテナンス情報」
http://www.kddi.com/personal/notice/

参考:UQ mobileの障害状況

http://www.uqwimax.jp/information/maintenance/



また、こういった障害の場合、Twitter等のSNSで「au 繋がらない」で検索してみるのも1つの手。同じような投稿があれば、au・プロバイダの復旧を待ちましょう!


チェック4:WiMAX2+が速度制限状態になっている

この場合、お使いのルーターでデータの通信量を確認してみましょう。

通信量の確認方法はルーターにより異なりますので、説明書をご確認頂くか、ご契約中のプロバイダに問い合わせる事で解決できます。

データの通信量が上述した速度制限になる条件にあてはまっている場合は、auなどのキャリアのプランと同じく、速度制限が解除されるのを待つしかありません。



チェック5:auWi-Fiスポットなど他のWi-Fiに繋がっている

最近では街中にWiMAX2+以外にもアクセスフリーの公衆Wi-Fiがあふれかえっています。

auなどのキャリアのWi-Fiスポットもあれば、各チェーン店のWi-Fiもありますよね。

さっきまで繋がっていたのに、いきなり繋がらなくなった…なんてこともしばしばありませんか?

そんな時は、お使いのauスマホやPCの設定を変更し、「自動接続しない」設定に変更しましょう!

こうすることで、いきなり繋がらないという自体を避けることができます。


チェック6:WiMAX2+の接続台数制限をオーバーしている

このケースは一般的な使い方をしている方であれば、そんなに陥るものではないかと思います。

それでも、大勢で集まって1つのWiMAX2+ルーターをシェアしていれば、いつのまにか接続台数をオーバーしている可能性もゼロではありませんので、チェックしておきましょう。



チェック7:WiMAX2+の周波数と接続機器がマッチしてない

WiMAX2+は、主にPS4や3DSなどのゲーム機で5GHz帯に対応していない機器もあります。

この場合は、WiMAX2+の周波数を2.4GHzに変えることで対応可能。

周波数もauでもその他プロバイダでもWiMAX2+と同じく、共通のものです。


チェック8:WiMAX2+の回線が混雑している

auなどの大手キャリアでも瞬間的に大量の通信が発生すると、通信が混み合い、一時的に繋がりにくくなります。

WiMAX2+はauのキャリア回線にはおよびませんので、比較的こういった状態になりやすいのです。

この場合は、夜間や土日の混雑時間を避けて利用するかWiMAX2+の周波数を変えてみましょう。


それでも解決しない場合

上記の項目を確認しても解決しない場合もあるかと思います。その場合は、auの方ならauのサポートページか「157」に電話することで、auの総合案内に繋がります。

そこでWiMAX2+のルーターにどういった症状が出ているのかを確認・説明して対応しましょう。

その際にauユーザーの方はお使いのWiMAX2+ルーターの型番(機種名)を一緒に伝えるとスムーズです。



できるだけ安く!気になる料金

auWiMAXの気になる料金は?

さて、ここまで「auのWiMAXは繋がるのか?」という疑問やお悩みに対してお答えして参りました。

この後は、「auでWiMAXを契約すると安くなるのか?」「割引はあるのか?」といった疑問にお答えし、本当にWiMAXをauで契約すべきか、一緒に見ていきましょう。

auでWiMAX2+を契約するメリット

auユーザーの方はもちろん、その他キャリアの方もこの点が一番気になるところですよね?

結論から申しまして、auWiMAX2+を契約するメリットは2つあります。
  • 「auスマートバリュー mine」というau独自のプランが使える
  • 「エクストラオプション」というauのオプションが使える
それでは、1つずつ見ていきましょう。


auスマートバリューmine

auスマートバリューmineとは、auのスマホのデータプランとWiMAX2+ルーターを同時に契約しているauユーザー向けに月々の料金から最大1,000円の割引がされるサービスです。

こちらは他のキャリアでは対象になりませんので、auユーザーWiMAX2+したい人ならではの特権ですね。

ただ、こちらのサービスはau以外のWiMAX2+プロバイダで契約した場合でも利用することが可能なんです!

そうなってしまうと、auでWiMAX2+を契約するメリットとしては若干弱いかもしれません。


エクストラオプション

一言で言ってしまうと、WiMAX2+を制限なく利用できるauのオプションサービスです。

いずれかのプランでデータ通信量の上限に達してしまった場合でも、こちらのオプションに加入していれば、以降2GBごとに2,500円の課金で上限なくWiMAX2+の利用が可能。

ちなみにこちらのオプションは月の途中からでも加入が可能です。

「今月はもうちょっと快適に使いたいなー」なんて時は、auのオプションに加入すれば、仮に速度制限中であっても、翌日からまた快適なWiMAX2+環境での通信ができるんです!

ご注意頂きたいのは、「自動課金」のため、知らず知らずのうちに料金が高額になってしまう事も。オプションに加入した事は忘れないようにしましょう。

このauのオプションを上手く使いこなせる方や、高いと思わない方にはメリットになるのではないでしょうか?

この後は結論として、WiMAX2+を契約するならauなのか、その他プロバイダなのかを申し上げます。



結局どこで契約するのが安いのか!?

WiMAXは結局どこがいいの?

ここまでお読み頂き、ありがとう御座います。

冒頭にもお伝えしたように、料金面で比較すると、WiMAX2+を契約するならau以外のプロバイダがおすすめです。

ではなぜ、au以外のWiMAX2+プロバイダが安いのかというと、自社からの申し込み客を獲得するために、各種キャンペーンやキャッシュバックをこぞって行っているからです。

しかし、これらのプロバイダが行っているキャッシュバックは、仕組みが複雑であったり、受取が難しかったり、するものが多いのも事実です。

WiMAX2+に料金よりも、「使い放題」という面を求めるのであれば、auで契約するのもおすすめです。

大手キャリアならではのサポートも充実していますし、auショップ等の店頭で詳しい説明や相談ができるのも強みですよね。

しかし、全く同じ速度のWiMAX回線を使うなら、料金は安く使いたい!そういった思いの方も多いでしょう。

そんな方には、最新のキャンペーン情報が必須。というのも、WiMAXプロバイダ各社は毎月のようにキャンペーン内容、特にキャッシュバック額を変更しているので、現時点での最新の情報を正確に把握する必要があるのです。

そこで、WiMAX比較の専門サイトである当サイトが、20社以上全て調査した結果、厳選した8社のキャンペーンをご紹介している特設ページがございますので、ぜひご覧頂ければと思います。

当ページが、auでWiMAXをご検討中の方の一助となれば、幸いです。


WiMAXキャンペーン主要8社徹底比較はこちら!



WiMAX限定キャンペーンページへ
WiMAX限定キャンペーンページへ

最新ニュース!

基礎知識

WiMAXに関する比較

WiMAXルーター

WiMAXの速度

最新キャンペーン情報

BroadWiMAX

他プロバイダ

民泊WiFi

ポケットWi-Fi

他の通信との比較

条件で選ぶプロバイダ