ワイマックスの通信速度を他のポケット型ワイファイと比較!

WiMAXの速度を比較!他のポケット型WiFi・モバイルWiFiよりも遅い?
  • 最終更新日:2023年11月30日
「WiMAXの速度って実際はどれくらいなの?」
「他社のポケット型WiFi・モバイルWiFiと比較すると速度は速い?それとも遅い?」

WiMAX(ワイマックス)ポケット型WiFiの中では比較的料金も安く、月間の通信量も無制限で利用できるのが特徴。

累計契約者数も3,000万人を超え、多くの人に使われているサービスとなりました。

その一方、冒頭の例のようにWiMAXの速度についてはあまりよく知らない、という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、各社のポケット型WiFiを実際に使用している当サイトが、WiMAXとポケット型WiFiの速度比較情報をお伝えしています。

他社のポケット型WiFiサービスとの比較によって、WiMAXがどのくらい速いのかが明らかとなっています。

ポケット型WiFi選びにおいて速度を重視しているのであれば必見の内容です。




WiMAXの速度はどのくらい?

wimaxの速度について

他社のポケット型WiFi・モバイルWiFiとの比較に入る前にまずは、WiMAXの通信速度について解説してまいります。

今すぐ速度比較の結果を知りたい方は以下のボタンから確認することができます!


WiMAXと
他社ポケット型WiFiの
速度比較結果を見る


WiMAXの通信サービスはUQコミュニケーションズ株式会社が2009年から提供していますが、速度のさらなる高速化を図るため2020年よりWiMAX+5G回線へ転換。

その結果、WiMAXでは13.3Mbpsであった最大通信速度がWiMAX+5Gで3,900Mbpsへと向上しました。光回線並みの最高速度は、まさに劇的であると言えます。

さらに、WiMAX+5Gのルーターにはau4GLTE・au5Gのプラチナバンドも利用できる「プラスエリアモード」も装備。

より高速化つ安定している通信を実現しました。

ただし、現在この3,900Mbpsの最大速度を利用できるのは最新端末であるX12です。

WiMAXの速度についての解説はここまで。それでは、他社のポケット型WiFiと比較するとWiMAXの速度は一体どれくらい速いのでしょうか?比較結果を確かめてまいりましょう!

WiMAXと他の通信サービスと比較!

他のポケットwifiとワイマックスの速度を比較

ここではWiMAXと他社のポケット型WiFiの速度を比較してまいります。比較項目は以下の2点。

WIMAXと他社ポケット型WiFiの比較項目

  • 最大通信速度で比較
  • 実測値で比較

今回は以下の5社の速度を比較しました。

  • WiMAX
  • ワイモバイル
  • docomo
  • SoftBank
  • ゼウスWiFi

それでは、比較結果を見てまいりましょう!

最大通信速度で比較

最大通信速度は「理論上そのWiFiルーターで出せる最大の通信速度」の値となります。

理論上というのは、回線に接続している人が少ないため混雑しておらず、使用しているパソコンやケーブルの処理性能が高いといった最高の条件が揃っている場合のこと。

実際の速度は回線の混み具合や使用している機器やケーブルの種類によって遅くなるため、最大通信速度が出ることはほぼないと言っても差し支えありません。

最大通信速度は回線やWiFiルーターが持っているポテンシャルであるという認識を持っておくことをおすすめします。

では、各社のポテンシャルにはどのくらいの差があるのでしょうか?以下の比較表をご覧ください。

※スクロールできます

ポケット型WiFiの最大通信速度

サービス名 WiMAX ワイモバイル ソフトバンク
(SoftBank)
docomo ゼウス
WiFi
利用回線 WiMAX2+
au4GLTE
au5G
SoftBank
4GLTE
SoftBank 5G
SoftBank
4GLTE
SoftBank 5G
docomo
4GLTE
docomo 5G
docomo
au
SoftBank 4GLTE
端末 X12 A102ZT A101ZT HW-01L H01
上り
最高速度
183Mbps 110Mbps 110Mbps 1.1Gbps 50Mbps
下り
最高速度
3.9Gbps 2.4Gbps 2.4Gbps 4.9Gbps 150Mbps

このように、上り(アップロード)下り(ダウンロード)の最大通信速度では共にdocomo(ドコモ)が最速。

下り速度ではWiMAXがdocomoに続いて2番手、Y!mobile、ソフトバンクと続き、ゼウスWiFiが最下位という結果になりました。

最大通信速度の面でWiMAXは他のポケット型WiFiと比較しても速い部類に入ります。1,000Mbps越えは2社しかありません。

しかしながら、先ほども申し上げた通り最大通信速度はあくまでポテンシャルです。いくらポテンシャルが高くても実際の速度が遅いのでは意味がありません。

次は実際に利用したときの速度、「実測値」を比較してみましょう!

実測値で比較

実測値は読んで字のごとく、実際に測定した値です。そのためポケット型WiFiの機種、置き場所、測定時間や天気などよって実測値は変化します。

また、通信制限がかかっていれば、実測値は大幅に低下することも。

今回の実測値は、当サイトで所有している3つのポケット型WiFi(WiMAX,ワイモバイル,ゼウスWiFi)については東京都内で計測しました。

一方で所有していないポケット型WiFi(docomo,ソフトバンク)の実測値については未計測となっております。

以下比較結果をご覧ください。

※スクロールできます

ポケット型WiFiの実測値

サービス名 WiMAX ワイモバイル ソフトバンク
(SoftBank)
docomo ゼウス
WiFi
端末 X12 A102ZT A101ZT HW-01L H01
下り実測値 72.24Mbps 36.66Mbps 未計測 未計測 32Mbps

ポケット型WiFiの実測値を比較すると、最大通信速度よりも差が少ないことが分かります。

実は、どのポケット型WiFiを選んでも速度の実測値は平均して20~60Mbpsに収まることがほとんど。今回実際に計測したX12、H01も例外ではありません。

以上の結果からポケット型WiFiは実測値で比較すると、どの会社も横並びであり、WiMAXは決して遅くないという結論付けができそうです。

ここまでWiMAXと各社のポケット型WiFiを比較しましたが、どのポケット型WiFiも最大通信速度と比較すると実測値は大幅に下回っています。

ここまで低いと実際はほとんどネット使えないんじゃ…と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、実測値が20~60Mbps出ているのであれば心配する必要はありません。その理由をこの後解説いたします!

快適な通信に必要な速度は?

快適なネット通信に必要な速度について

ここでは、WiMAXや他のポケット型WiFiの実測値でインターネット利用が可能なのかについてお伝えします。

結論から申し上げると、実測値が20~60Mbps出ていればインターネットを快適に利用できます。以下の表に、利用場面別に必要な速度をまとめてみたのでご覧ください。

利用場面 快適に利用するために必要な速度
メール 1Mbps
Webサイト閲覧 2Mbps
YouTube(360p) 1Mbps
YouTube(1080p) 10Mbps
オンラインゲーム 20Mbps

このように、20Mbps以上の実測値が出ていれば、メールのやりとりからオンラインゲームまで快適に利用できます!

どのポケット型WiFiも遅くて使い物にならない、ということはないのでご安心ください。

ただ、オンラインゲームで遊ぶときには速度以外にPing値が大切になってくるので注意が必要です。Ping値とは通信の応答速度を評価する値で、数値が少なければ少ないほど良いとされています。

オンラインゲームを遊ぶ際のping値は50ms以下が望ましいのですが、WiMAXをはじめとするポケット型WiFiでは環境によって50msを超えてしまうこともあります。

そのため、ポケット型WiFiをオンラインゲームの通信に利用するのであれば、事前に試してみるのがおすすめです。

そんな時に便利なのがUQ WiMAXのサービスである「Try WiMAX」。Try WiMAXはWiMAXルーターを無料で15日間レンタル可能です。

事前にWiMAXがゲームで使えるのかチェックすることで、契約後に使えず即解約といった事態を防ぐこともできます。

ポケット型WiFiに不安を感じているのであればTry WiMAXを使ってみましょう!

まとめ 比較結果から分かることは?

比較結果とおすすめのサービスについて

ここまで、WiMAXの速度について見てまいりました。ここまで紹介した内容について振り返ってみましょう!以下をご覧ください。

WiMAXの速度に関するまとめ
  • WiMAX+5Gの最高速度は、最新端末X12で3,900Mbps
  • 最大通信速度で他のポケット型WiFiと比較するとWiMAXは速い部類に入る。
  • 実測値では、他のポケット型WiFiの速度と大きな差はない。
  • 実測値が20Mbpsあればインターネットは快適に利用できる。
  • 速度に不安を感じているならTry WiMAXでルーターをレンタルして試すことが可能。

これまでお伝えしたように、WiMAXは他のポケット型WiFiと比較しても決して遅くなく、動画視聴やゲームでも利用可能です。

しかも、冒頭でもお伝えしたように他のポケット型WiFiより料金面で安いというメリットもあります。参考までに以下の料金比較表をご覧ください。

サービス名 実質月額料金※
WiMAX 4,092円
ワイモバイル 5,206円
ソフトバンク 6,164円
docomo 10,205円
どんなときもWiFi 6,050円
ゼウスWiFi 3,221円
「実質月額料金」とは、ポケット型WiFiの契約期間中に支払う料金の合計(初期費用、端末費用、月額費用など)からキャンペーンの割引額を引き、契約期間(月)で割った数値のことを指します。計算式は(「初期費用」+「月額料金×契約月数」- 「キャッシュバック」)÷「契約月数」となります。

現在、WiMAXの料金はゼウスWiFiよりも若干高くなっています。ゼウスWiFiは3キャリアの通信回線を無制限で使えるポケット型WiFiでは最安級です。

ですが、WiMAXもdocomo、ソフトバンク、ワイモバイルと比較すると圧倒的に安い料金で利用できることがお分かりいただけるかと思います。

速度も速く、料金も安いWiMAX。では、WiMAXを利用するためにはどのような手続きが必要なのでしょうか?

WiMAXを利用する方法は2つあります。1つは通信回線を所有するUQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)と契約する方法。

もう1つは、UQコミュニケーションズからWiMAX回線の提供を受けサービスを展開するMVNO事業者(ここではプロバイダと呼びます)と契約する方法です。

現在WiMAXプロバイダには、GMOとくとくBB、BroadWiMAX、BIGLOBEなど20社以上が存在します。

よく「A社のWiMAXはB社のWiMAXと比較するとより速い」など、プロバイダごとに速度が異なるという評価や口コミを目にすることがあります。

ですが、回線を所有するUQ WiMAXを選んでもMVNO業者であるプロバイダも利用しているのは同じWiMAX2+回線です。どのプロバイダを選んでも通信エリアや速度が変化することはありません。

その一方で、WiMAXの利用料金はプロバイダごとに全く異なります。WiMAXを安く利用するためには割引やキャッシュバックも含めて各プロバイダの料金を比較することが重要です。

WiMAX比較.comでは、20社以上あるプロバイダの価格情報を毎月確認し、「今最もお得なプロバイダ」の情報をお伝えしています。

お得で快適なネット環境を求めているのであれば、ぜひご覧ください!


WiMAXプロバイダの比較は
こちら!


※ポケットWiFi(ポケットワイファイ)はソフトバンクの登録商標です。当サイトではソフトバンクのポケットWiFiを含むモバイルWi-Fiルーターの総称は「ポケット型WiFi・モバイルWiFi」として記載しています。