最新プロバイダのJPワイマックスを徹底比較

JPWiMAXとは?最新プロバイダを徹底解説
  • 最終更新日:2024年6月4日
JPWiMAXの全て
2020年1月17日より、JPWiMAXは端末不足により新規契約を一時的に停止しており現在は契約できません。JPWiMAXは料金面ではおすすめのプロバイダとなっているため、今後も販売再開などの最新情報は随時更新していきます。今すぐWiMAXを契約したい方は、こちらをご確認下さい。

2018年に生まれた
新WiMAXプロバイダ
JPWiMAXはどんなサービスか
徹底検証!


JPWiMAX…なんて聞いたことない方がほとんどかもしれません。それもそのはず。

元々固定回線のプロバイダとして有名なGMO、So-net、BIGLOBEやWiMAX業界では有名なBroadWiMAXなどとは違い、2018年に誕生したばかりのプロバイダとなります。

「聞いたこともないし、新プロバイダなんて信用できない」

当サイトでもそう考えておりました。しかし、調査すると非常に料金的にもお得で、信頼できる要素を持っているプロバイダであると判明しました。

というのも、JPWiMAXは「Fon」という世界最大のWiFiサービスプロバイダが運営しており、この会社にはGoogleやマイクロソフト、伊藤忠商事などが出資しているのです。

そんな謎のプロバイダであるJPWiMAXについて、基本情報から料金・キャンペーン、そしておすすめできるWiMAXプロバイダなのかまで詳しく解説します。

それでは、早速JPWiMAXとはどんなプロバイダなのか。こちらからお話していきましょう。

※当記事の内容は、2020年1月17日の新規受付停止以前の情報をもとに作成しております。




著者

WiMAX比較.com編集部

年間最高1,000万PVの通信系比較メディア「WiMAX比較.com」を運営する編集部です。
通信領域に精通するメンバーで構成している当編集部は、WiMAXを始めとするポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万名様以上のネット回線契約をサポートしています。
運営会社情報



【最新プロバイダ】JPWiMAXとは?

JPWiMAXはどのようなプロバイダ?

WiMAX(ワイマックス)といえば、ユーザー満足度で評価されるモバイルアワードを4年連続で最優秀賞を受賞している、業界NO.1のモバイルWiFiルーターです。

そんなWiMAXサービスを行うJPWiMAXは、現在20社以上あるWiMAXプロバイダの中でも、最も勢いのあるWiMAX販売代理店の1つでした。

プロバイダという単語が耳慣れない方のために、簡単に説明させていただきますと、プロバイダとは、いわゆる販売代理店のこと。わかりにくい方は、靴屋をイメージすると良いでしょう。WiMAX(商品)が靴で、プロバイダ(販売元)が靴屋です。

靴はメーカーからも直接買えますが、靴屋やスーパー、さらにはAmazon等のネット通販でも購入可能ですよね。WiMAXも同様に、大元のUQコミュニケーションズでも契約できますが、JPWiMAXをはじめとするプロバイダでも契約できます

同じ靴であれば、安いところで購入するのが普通です。WiMAXも同様に、どのプロバイダで契約しても同じ製品、サービス(詳しくは後述)なので安いところで契約するべきです。

ですが、まだJPWiMAXを知らない方もいらっしゃるでしょう。 JPWiMAXを一言で表すなら、「ストレスフリーで、業界最安級のWiMAXサービスを提供する販売代理店」です。

ただ、「JPWiMAXのような新しいプロバイダでは、通信エリアや速度等はどうなの?」と思う方もいますよね。しかし、ご心配は要りません。

そもそもJPWiMAX等のプロバイダは、UQコミュニケーションズのWiMAXを代理で販売しているにすぎないのです。 つまり、使用する端末、性能、回線はすべて同じ! そのため、JPWiMAXをはじめとするプロバイダを比較する際に注目するべきは『料金』のみになります。

そこで、次項ではJPWiMAXの『料金』に着目してWiMAXプロバイダを比較していきましょう。

WiMAXはキャンペーンも含めた月額利用料金で比較すべき

プロバイダは利用料金で比較

WiMAXの料金を比較する際は、月額料金ではなくキャンペーン等の割引を加味したトータルコストを見るのが大切です。

それではJPWiMAXをはじめとする、主要WiMAXプロバイダの料金比較表を見ていきましょう。

※スマホは右にスクロールできます
WiMAXプロバイダ キャンペーン 実質月額料金※1 2年間の総額※2
JPWiMAX
新規受付終了※3
キャッシュバック
Amazonギフト券10,000円※4
4,109円 152,020円
カシモWiMAX Amazonギフト券
キャッシュバック※4
23,000円
3,896円 97,412円
BIGLOBE キャッシュバック※4
合計20,300円

(現金17,000円
+事務手数料3,300円引き)
4,054円 101,344円
GMOとくとくBB 現金
23,000円
4,224円 105,588円
BroadWiMAX Amazonギフト券
キャッシュバック※4
10,000円
4,701円 117,534円
UQ WiMAX キャッシュバックなし 4,998円 129,944円
※1 月額料金・端末代・初期費用を含めた全ての料金を利用期間で割った金額のこと。
※2 GMOとくとくBB・BroadWiMAX・UQ WiMAXでは端末の分割払い回数が36ヶ月なので、端末残債を含めた総額で計算しています。
※3 JPWiMAXのみ3年契約・ギガ放題プランでの料金を記載しています。
※4 当サイト経由限定のキャンペーン金額です。


このように、JPWiMAXと2024年現在最安のWiMAXプロバイダ「カシモWiMAX」を比較すると、カシモWiMAXの方が実質月額料金が安いことがわかりました。

上記の実質月額料金は、単純に各WiMAXプロバイダが実施しているキャッシュバック・月額料金割引などのキャンペーンを全て含んだ金額です。つまり、キャッシュバックなど全てのキャンペーンが適用される前提で計算しています。

しかし、高額キャッシュバックプランでお申し込みされた方の中には、キャッシュバックを受け取ることができなかった方もいらっしゃるんです。

それでは、キャッシュバックが受け取れない方が出てしまうのはなぜなのか。WiMAXの高額キャッシュバックキャンペーンの真実を見ていきましょう。

高額キャッシュバックキャンペーンの落とし穴

先程少し触れましたが、高額キャッシュバックには注意すべきポイントがあります。具体的に言うと、キャッシュバックを受け取るまでの過程が複雑で、結果的に半数以上の方がキャッシュバックを受け取れないでいるのです。

ここでは高額キャッシュバックを実施しているプロバイダを例に、キャッシュバック受け取りまでの過程と注意点を見ていきましょう。

キャッシュバック受け取りまでの流れ

  • 契約開始から10ヶ月間は何もすることはありません
  • 契約11ヶ月目にプロバイダ独自のメ ールアドレスに受取案内メールが送られてきます
  • メールが来てから1ヶ月以内に受け取り手続き(振込先口座の指定)をすると、キャッシュバックが振り込まれます

注意点


注意点

  • 普段使っているメールアドレスではなく、WiMAXを契約した際に発行されるプロバイダのメールアドレスに届くため、非常に気付きにくい
  • 受け取り案内のキャンペーンメールの送付が契約から11ヶ月後と遅い

高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAXプロバイダの受け取り方法は上記の通り。

キャッシュバック受け取り案内のメールは再発行してもらえません。一度受け取り期間を逃すと安いどころか、数万円損することになってしまうので注意しましょう。

高額キャッシュバックのリスクを避けたいのなら

キャッシュバックキャンペーンによりもギフト券

前項までで、高額キャッシュバックの落とし穴をご紹介しました。 キャッシュバックでお得に契約したつもりでも、実際は受け取ることができず、業界最高額の料金を支払ってWiMAXを利用している方が多くいらっしゃるのが現実です。

では、キャッシュバックを受け取ることができなかった場合の料金はどれほど高いのでしょうか。キャッシュバックキャンペーンを逃してしまった場合の料金で、もう一度プロバイダを比較していきます。

※スマホは右にスクロールできます

キャッシュバックを抜いた
実質月額料金と総額

WiMAXプロバイダ キャンペーン 実質月額料金※1 2年間の総額※2
JPWiMAX
新規受付終了※3
キャッシュバック※4
Amazonギフト券10,000円
4,109円 152,020円
カシモWiMAX キャッシュバック※4
Amazonギフト券23,000円
4,817円 120,415円
BIGLOBE キャッシュバック
合計20,300円

(現金17,000円
+事務手数料3,300円引き)
4,734円 118,347円
GMOとくとくBB 現金
23,000円
5,144円 128,588円
BroadWiMAX Amazonギフト券
キャッシュバック※4
Amazonギフト券10,000円
5,101円 127,534円
※1 3年間で実際に支払う金額のこと。月額料金や手数料などの総額費用からキャンペーン金額を引いた料金。
※2 JPWiMAXに合わせて3年間を契約期間として計算しています。GMOとくとくBB/BIGLOBE WiMAX/カシモWiMAX:36ヶ月。端末の分割払い回数の違いにより、BroadWiMAXのみ37ヶ月となります。
※3 JPWiMAXのみ3年契約・ギガ放題プランでの料金を記載しています。
※4 当サイト経由限定のキャンペーン金額です。


このように、キャッシュバックを逃した場合は料金が大きく変わってきてしまいます。

そのため、「キャッシュバックを受け取れるかどうかのストレスを感じたくない!」という方には、受け取りにくいキャッシュバックはおすすめできません。

そんな方におすすめなのが、「月額割引」と「Amazonギフト券10,000円分キャッシュバック」の2つのキャンペーンを行っているJPWiMAXでした。

ただでさえお得な月額料金割引はもちろん、JPWiMAXは受け取り簡単で安心のキャッシュバックキャンペーンを行っています。JPWiMAXは、端末が届いた翌日にキャッシュバックに申し込みができ、手続きも非常にシンプル

以下が、JPWiMAXのキャンペーン受け取り手続きとなります。

【当サイト限定キャンペーン受け取り方】
  1. ページ下部から特設ページにいきご契約
  2. 端末到着後、【JP WiMAXへのお申し込み完了メール】という件名のメールに記載のURLからキャンペーン申し込み
  3. 当サイト経由のご契約が確認でき次第、【JP WiMAX限定~Amazonギフト券送付メール】の件名にてアマゾンギフト券をお送り致します。

このようにシンプルでスピーディーにキャンペーンに申し込むことができます。最短であれば、申し込みした翌々日にはAmazonギフト券が届くことも

そのため、キャンペーンの申し込みを忘れて損をするといったことはJPWiMAXでは起きにくいのです。 受け取れないリスクのある高額キャッシュバックではなく、確実にお得なキャンペーンを利用して契約できるJPWiMAX。

貰い損ねるリスクを取りたくない方には、安心してお得となるキャンペーンのJPWiMAXは非常におすすめです。

同じ月額割引で人気のBroadWiMAXもありますが、BroadWiMAXよりもJPWiMAXがおすすめの方もいらっしゃいますので、こちらについては次項のJPWiMAXメリットでご紹介いたします。

JPWiMAXが誇る2つのメリットとたった1つのデメリット

最新プロバイダのメリット・デメリット

先ほども触れた通り、月額割引で人気のBroadWiMAXにもないメリットが、JPWiMAXにはあります。 JPWiMAXならではのメリットについて見ていきましょう。

【メリット1】JPWiMAXならオプションに加入しなくて良い

多くのプロバイダでは、キャンペーンを受け取る条件として、有料のオプションに加入することが義務付けられています。このようなオプションは、契約後すぐに解約すれば、料金は発生せず、損をすることはありません。

しかし、オプションの解約を忘れてしまうと、「知らない間に月額料金が1,000円増えている」といったケースが非常に多いのです。

しかし、こういったオプション料金で損をすることは、JPWiMAXでは起こりません。なぜならJPWiMAXでは、加入を義務付けられているオプションが一切ないから。

このオプションの点では、BroadWiMAXは加入の必要があるため、契約後オプション解約していいとはいえ、少し手間が掛かりますね。

それと比較し、JPWiMAXであれば、シンプルに月額料金のみで利用できるのです。加えて、JPWiMAXの月額料金も他のプロバイダと比べて低く抑えられています。次はそのJPWiMAXの月額利用料金に関して見ていきましょう。

【メリット2】割安なJPWiMAXの月額料金

JPWiMAXの料金は以下のようになっています。

JPWiMAXの月額料金

利用開始~3ヶ月目 3,080円
4~24ヶ月目 3,850円
25ヶ月目以降 4,510円
3年間の実質月額 3,838円

このように、他のプロバイダと比べても、月々の利用料金は安くなっています。 JPWiMAXの確実に受け取れるキャンペーンのAmazonギフト券も計算に入れると、最初の3ヶ月間は実質0円でJPWiMAXを利用できることに。

3年トータルで見ると、缶コーヒーを1日1本買う金額で、実質無制限の通信ができるようになります。そのため、JPWiMAXは料金で見ても非常にお得だと言えるでしょう。

続いては、JPWiMAXのデメリットを確認していきます。

【デメリット】支払いがクレジットカードのみ

実は、JPWiMAXにはデメリットと言えるほどのマイナス点がありません。強いて言うのであれば、JPWiMAXの支払いがクレジットカードのみに限定されている点。 そのため、口座振替を考えている方にはJPWiMAXがご利用いただけないのです。

しかし、現在のWiMAXプロバイダの9割ほどはクレジットカードのみの支払い方法になっており、JPWiMAXだけに言えるマイナス点ではありません。

そもそもJPWiMAXの支払い方法がクレジットカードに限定されている理由は、口座振替の方が手間暇かかってしまい、その分のコストが掛かるため。

逆に考えれば、JPWiMAXは割安の料金というかたちで、その浮かせた分のコストをユーザーに還元しているとも言えます。 ちなみに、口座振替に対応している大手のプロバイダはBIGLOBE、BroadWiMAX、UQWiMAXのみと、非常にまれ。最安価格で利用できるのはBIGLOBE WiMAXです。

そのため、割安のプロバイダを探しているけど、クレジットカードは持っていない方は、BIGLOBEも検討されてみてはいかがでしょうか。


BIGLOBEの詳細はこちら

以上が、JPWiMAXメリット、デメリットのご紹介になります。

まとめ

ここまでJPWiMAXに関して見てきましたが、いかがでしたでしょうか。他のプロバイダより約1,000円も安い月額料金に加えて、確実に受け取れるキャンペーンの10,000円分Amazonギフト券

通信専門メディアである当サイトが、徹底的に検証しても、JPWiMAXのデメリットと言えるデメリットは見つかりませんでした。

そのため、「確実にお得なキャンペーン・特典を利用してWiMAXの通信がしたい」という方にJPWiMAXは、自信をもっておすすめできるプロバイダだと言えました。

JPWiMAXで実施されているAmazonギフト券10,000円分のキャンペーンは台数限定ですので、悩んでいる方はお早めに検討されるのをおすすめいたします!

ストレスフリー&ノーリスクでWiMAXを最安級にするなら「JPWiMAX」!多くのプロバイダと異なり、契約時に強制的にオプションプランに加入する必要がないこともメリットと言えます。

ただし、JPWiMAXでは申し込みを停止中です。最もおすすめなWiMAXプロバイダは以下から確認ください。

\JPWiMAXは新規申し込み終了/

現在お得なWiMAXプロバイダは
こちら!