モバイルWiFiの速さを比較

ポケットWiFiの速度を解説
 
サトシくん

課長!ポケットWiFiの速度1選手権やりましょうよ!

何よサトシくん。ポケットWiFiの速度選手権って響きはいいけど、どう比較するか知ってるの?

課長
 
サトシくん

じ、時速で、、、

時速って、新幹線じゃないんだから

課長
 
サトシくん

わかりません!課長、ポケットWiFiの速度をどう比較するのか教えてください!

しょうがないわね。じゃあまずは、ポケットWiFiの速度を見るために必要な知識を見ていきましょう。通信の速度は時速じゃないからね。

課長
 
サトシくん

べ、勉強になります。

その後はどのポケットWiFiが1番速度が出るのか、実際に比較していくわよ。最後には本当におすすめなポケットWiFiの選び方も紹介しているから要チェックよ。じゃあ、見てきましょう。

課長





【ポケットWiFi編】通信速度の基礎知識

速度を比較する際の基礎知識

ポケットWiFiの速度を比較する前に、通信速度をを見る際に知っておくべき項目を簡単に解説致します。

通信速度を測る際の単位としてよく見られるのはMbps(megabits per second)。これは『1秒間でどれだけのデータを送信できるか』を示す数値です。数字が大きいほうが通信速度は速いことになります。

そして、次は少し複雑な話になりますので読み飛ばしてして頂いても構いません。では更に詳しく知りたい方は一緒に見ていきましょう。

ややこしいのですが、Mbpsは『1秒間に○○MB送信できる』ということではありません。注目してほしいのは単位。 Mbpsのbはビット(bit)、一方でMBのBはバイト(byte)と違う単位なのです。

8ビットを1つにくくったのが1バイト。卵12個が1ダースなのと同じようなことだと考えるとわかりやすいかも知れません。 『1Byte=8bit』のため、Mbpsの数字を8で割ると、1秒間にどれだけのデータを送信できるか計算できます

仮に、速度が400Mbpsであれば、『400÷8=50』のため、1秒間に50MBのデータをやり取りできる通信速度ということになるのです。

後半は少し込み入った話をしたので、少し難しく感じられた方もいるかも知れません。しかし大事なポイントは『数字が大きいほど通信速度は速い』ということです

次に、よく耳にする『上り』と『下り』に関して見ていきます。

上り・下り通信について

上りとはデータをアップロードする際の速度。LINEの送信やTwitter、Instagram、Facebook等の投稿が『上り』にあたります。速度が速ければ速いほど、送信や投稿に掛かる時間は短くなるのです。

一方で『下り』とはデータをダウンロードする際の速度。すなわち、インターネットを見たり、動画を見たりする際のデータを読み込む速度ということになります。この速度が速いと動画等のコンテンツが、より快適に視聴可能です。

さて、ここでは速度を見る際の基礎知識を見てきました。次項では、ポケットWiFi各社の速度を実際に比較していきましょう。

【WiMAX・ドコモ・ワイモバイル】速さで比較

速さNo.1はドコモ

ここではUQコミュニケーションズ、ドコモ、ワイモバイルの3社の最新ポケットWiFiを速度で比較していきます。

「なぜこの3社?auとソフトバンクは?」と思われる方もいるかも知れませんので、この3社で比較する理由を簡単に解説致します。

実は、UQコミュニケーションズはauの通信網を利用しているため、速度は同じ結果になるのです。それと同様にワイモバイルもソフトバンクの通信網を使用しており、こちらも速度は同じ。

そのため、上記の3社で比較していきます。auやソフトバンクユーザーの方は、au=UQ、ソフトバンク=ワイモバイルで見て頂くとよいでしょう。では表をご覧ください。

キャリア 下り最大 上り最大
UQ 758Mbps 112.5Mbps
ドコモ 788Mbps 50Mbps
ワイモバイル 612Mbps 37.5Mbps


全体的な特徴として、上り速度は下り速度と比べて非常に低速になっています。これは、通信をする際に下りの通信をする方が圧倒的に多いから。下り速度を速くしたほうが多くのユーザーが快適に通信できるため、下りの速度の方が速くなっているのです。

下り速度を見てみると、いずれのポケットWiFiも700Mbps前後と非常に高速。理論上では、1秒間で90MBダウンロードできることになります。映画1本の容量が約1,2GBなので、約13秒でダウンロードできる計算です。

しかし、これはあくまでも理論上の数字。この速度が出ることはないと言っても過言ではありません。

というのも、通信速度のサービスはベストエフォート型と呼ばれていて、「最善(ベスト)の努力(エフォート)は尽くしますが品質は保証しません」というもの。 そのため、速度を見る際に大切になるのは『実際はどれくらい速いのか』を示す実行速度。次項では、各社ポケットWiFiの実行速度について解説してまいります。

【実際はもっと遅い?】実行速度とは

実際に測定すると?

各社ポケットWiFiの実行速度はそれぞれの公式HPに載っています。ここでは、Android・iOSそれぞれの中央値を一覧表で見ていきましょう。

キャリア 下りの実行速度 上りの実行速度
UQ Android 101 28
UQ iOS 83 14
ドコモ Android 190 23
ドコモ iOS 172 22
ワイモバイル Android 104 26
ワイモバイル iOS 89 23


このように並べてみると、ドコモの速度が少し抜きん出ていることがわかります。「ポケットWiFiの速度が速いのはどこ?」という疑問に対しては、ドコモというのが答えです。

しかし、通信専門メディアである当サイトは、速度でポケットWiFiを選ぶことをおすすめ致しません。

理由は、それほどの速度は一般的に必要ではないからです。日常で通信をしていて、1番速度が求められるものはおそらく高画質動画ではないでしょうか。

しかし、HD画質(超高画質)の動画ですら、5Mbpsもあれば快適に視聴できると言われています。

そのため、余程の理由があって「どうしても速度が必要!」というような方以外は、ポケットWiFiを選ぶ際に速度をそこまで気にする必要はないでしょう。では逆に、ポケットWiFiを選ぶ際はどこに着目すればよいのか。そこを次項では説明してまいります。

おすすめポケットWiFiの選び方

ポケットWiFiのおすすめを比較

ここまで読んで頂いてありがとうございます。ここでは速度以外のポケットWiFiを選ぶ要素を解説していきます。要素は全部で3つ。では1つずつ見ていきましょう。

通信エリア

正直に申し上げると、速度よりも大事なのがこのエリア。エリアに入っていないとそもそも通信ができません

例えば、最新のゲームソフトを持っていても、それに対応するゲーム機がなければプレイできませんよね。つまりエリアに入っていないと、ポケットWiFiは機能しまえん。そのため、自分がポケットWiFiを使う場所がエリアないかどうかを最優先で確認する必要があります。

容量と速度制限

ポケットWiFiには必ず容量の制限があります。その容量を超えて使用する場合には速度制限に掛かってしまうのです。

速度制限に掛かると本当に遅くなってしまいます。ヤフーのトップページを開くのでさえ2分掛かることも。動画なんて見れたもんじゃありませんよね。

ポケットWiFiが気になっているあなたも1度は速度制限にかかった経験があるのではないでしょうか。しかし、容量と一口に言っても、キャリアごとで全く異なります。

1ヶ月に7GBまでしか使えないポケットWiFiもあれば、1ヶ月100GB使えるポケットWiFiもあるのです。そのため、ポケットWiFiを選ぶ際は、自分の目的に合わせて容量を比較する必要があります。

利用料金

これは言うまでもありませんよね。安いほうが良いです。

しかし、ポケットWiFiの料金は必ずしも合理的ではありません。というのも、容量が月7GBで約5,000円することもあれば、月に100GBも使えて3.000円前後の場合もあります。それにキャンペーン等によってもトータルコストは変わるのです。

まとめ

このようにポケットWiFi選ぶ際には様々な条件を考慮する必要があり、その中から自分でベストなポケットWiFiを選ぶことは非常に難しいでしょう。

当サイトは、通信業界を専門に比較しており、ポケットWiFiの選び方にも精通しております。日々変わる料金やキャンペーン、技術革新で速くなる速度や広がるエリアもすべて網羅。

その中からあなたに合ったベストなポケットWiFiを提案しております。もう少し詳しく知りたい方はぜひこちらのボタンよりどうぞ。

総合比較ページへ



WiMAX限定キャンペーンページへ
WiMAX限定キャンペーンページへ

最新ニュース!

基礎知識

WiMAXに関する比較

WiMAXルーター

WiMAXの速度

最新キャンペーン情報

BroadWiMAX

他プロバイダ

民泊WiFi

ポケットWi-Fi

他の通信との比較

条件で選ぶプロバイダ