ワイマックスと有線の違い

WiMAXは固定回線の代わりに使える?2つの通信を完全比較!
  • 最終更新日:2023年12月27日
「WiMAXって固定回線の代わりに使えるの?」
「WiMAXと固定回線はどう違うの?」


このような疑問を持った方は多いのではないでしょうか。 実際、筆者は引っ越しの際に固定回線かWiMAXかで悩み、WiMAXを契約しました。

筆者の実体験をもとに結論を言うと、WiMAXは固定回線の代わりとして利用できます!

しかし、複数人でインターネット回線(WiFi)を共有する方や、通信の安定と速度にこだわる方は、WiMAXを自宅で使用することはおすすめできません

このように環境や条件次第で、どちらの回線がおすすめかは分かれます。

そこで、本ページでは、WiMAXと固定回線の最大速度、エリア、料金などを徹底比較!

最後まで目を通していただければ、あなたにとって、WiMAXと固定回線のどちらがおすすめなのかをおわかりいただけます!




WiMAX?固定回線?

固定回線とWiMAXの違いは?

WiMAXと固定回線について詳しく知りたい方に向けて、まずはWiMAXと固定回線をそれぞれ分かりやすく解説します。

WiMAXとは

WiMAXはポケット型WiFiの内の一つで、持ち運びができる通信大容量のWiFiのこと。

工事不要なのですぐに利用でき、どこからでもWiFiに繋ぐことが可能です。(※エリア内の場合)

ポケット型WiFiとは

「ポケットWiFi」はワイモバイルの登録商標で、ワイモバイルのWiFiルーターの事を指します。このページでは、ポケット型WiFi=持ち運びできるWiFiの総称といった意味で使用します。

WiMAXの特徴は以下の3つ。

WiMAXの特徴

  • 持ち運びができる
  • 通信が無制限で使える
  • 料金が他のポケット型WiFiに比べて安い

以上がWiMAXの概要です。次に固定回線を見ていきましょう。

固定回線とは

固定回線とはパソコンに直接繋げて通信する回線です。家や職場などの屋内のみで使用可能。また、工事が必要になるためネットを繋ぐまでに少し時間がかかります。

しかし、速度は高速で通信容量は完全無制限です。

また、屋内であれば、直接有線で繋がなくても、無線LANに繋げばスマホやパソコンをWiFiに繋ぐことができます。

つまり、固定回線=家用の通信無制限の高速WiFiと考えれば良いでしょう。

なぜ他のポケット型WiFiではなくWiMAXを固定回線と比較するのか

WiMAXが一番安いのにも関わらず、信頼面、容量面で一番固定回線の代わりになり得るポケット型WiFiだからです。

ポケット型WiFi業界では通信無制限を打ち出しているサービスが2019年以降数多く登場しました。

しかし、2020年に入ってから通信障害が頻発。それ以降、無制限を謳っていても、大容量通信をすると速度が遅くなるなど、信頼面でおすすめできないのが現状です。

一方のWiMAXは、独自回線とau回線の同時利用で通信も安定しており、固定回線と並んで信頼できるサービスであると言えます。

容量面も最新プランなら無制限で使えることから、信頼面、容量面で固定回線に一番近いポケット型WiFiとなります。

以上がWiMAXと固定回線のそれぞれについてと、比較する理由になります。

簡単に説明すると、WiMAXと固定回線の違いは持ち運べるか持ち運べないかの違いです。次章では、上記の特徴のついて詳しく見ていきます。

月額料金が安いのは?最大速度・エリアなど徹底比較!

回線徹底比較

ここまでWiMAXと固定回線、それぞれの特徴について解説してきましたが、ここではWiMAXと固定回線について、速度や料金を比較します

早速比較した表をご覧ください。

【WiMAX・固定回線比較表】

WiMAX 比較ポイント 固定回線
エリア
持ち運び ×
最短即日で
端末到着
使用可能時期 申し込みから
約1ヶ月後
料金比較
3,300円 初期費用 約3,300円
(+工事費用)
4,334円~ 月額料金 戸建て:
約5,000円
マンション:
約4,000円
通信比較
3.9Gbps 通信速度 1~2Gbps
なし 通信制限 なし

上記がWiMAXと固定回線の比較一覧表です。比較表の中で特に注目したいポイントとは料金と速度。それでは、それぞれについて見ていきます。

料金比較

まずは料金比較から。初期費用、月額料金、キャンペーン、そしてそれらを全て含んだ3年間実質総額で比較します。

料金比較表

回線比較 WiMAX 固定回線
(フレッツ光)
初期費用 3,300円~ 10,000円
月額料金 4,334円~ 約5,000円
キャン
ペーン
キャッシュ
バック
30,000円など
キャッシュ
バック
30,000円など
3年間の総額 約147,307円~ 150,000~
190,000円
※固定回線は基本的に2年契約ですが、多くのWiMAXプロバイダの端末支払いが3年(36ヶ月)のため、WiMAXにあわせて3年で計算しています。

まず、固定回線は工事があるため、大幅に初期費用が掛かかります。一方、WiMAXは端末は無料の場合もあり、初期費用は契約金の3,300円だけ。

そして、月額料金もWiMAXの方が安く、3年間の支払い総額はかなりの差になります。

通信速度比較

最高通信速度は上記のとおりですが、実際には最高速度が出ることはほとんどありません。ですので、大体の実測値は以下の通りです。

実測値比較

回線比較 おおまかな実測値
WiMAX 通常時:50~200Mbps
固定回線 80~400Mbps
※実測値はエリアによって大きく異なります。

具体的に上記の速度で何ができるのかについてまとめたものが下記の表になります。

使用状況ごとの通信速度比較

使用状況 最低
限必要の
通信速度
快適に
使用できる
通信速度
メール・
LINE
0.1Mbps 1Mbps
Webサイト
閲覧
0.2Mbps 2Mbps
YouTube
(低画質)
1Mbps 3Mbps
YouTube
(高画質)
3Mbps 5Mbps

上記表のように、WiMAXでも十分快適に動画視聴できます。

しかし、容量の大きいオンラインゲームや、速度を重視する株式投資をする場合は固定回線が必要でしょう。

また、通信の安定性の面では、WiMAXよりも固定回線の方が優位です。1人での使用なら問題ないですが、2人以上での使用の場合、安定した速度を得られない可能性があります。

そのため、通信にこだわりたい方は固定回線、日常での使用であればWiMAXで十分快適でしょう

通信エリアに違いはあるの?

WiMAXは現在、全国政令指定都市において人口カバー率99%以上を誇ります。さらに、WiMAX回線の他にau4GLTEやau5Gの回線も利用できるため、通信できるエリアが広いと言えます

また、固定回線においても約96%以上をカバーしているため、国内であればほとんどのエリアで接続できると思って良いでしょう。

ただし、どちらも地方の人口が少ない地域では繋がりにくいという弱点があります。WiMAXや固定回線のエリアは公式サイトで確認できるため、契約前に必ずご確認ください。

ここまでの解説をまとめると、WiMAXも固定回線も、基本的には滅多に圏外にはならないことになります。最後に、WiMAXと固定回線のデメリットをそれぞれまとめました。

WiMAXの弱点

  • 離島・過疎地・山間部に弱い(人口の少ない地域)
  • 地下、窓のない部屋(WiMAXの電波の性質上、障害物に弱い)
  • ※最新のWiMAX +5Gでは山間部や障害物に強いau回線を使えるため、あまり弱点になりません。

固定回線の弱点

  • 選べる会社が決まっている場合あり
    (エリア、マンションによって対応している固定回線の会社が異なる、決まっている)
  • マンションの場合混み合うと回線が非常に遅くなる

以上がWiMAXと固定回線の完全比較になります。どちらが自分に合っているかを判断するには、ご自身が重要だと思うポイントに優先順位を付ける必要があります。

重視するポイントが料金ならWiMAX、通信は固定回線。エリアなら、WiMAXか固定回線かは場合によります。

それでは比較の結果、具体的にどんな使用状況の人にWiMAXが合っているのかについては次に詳しく見ていきましょう。

あなたはどっち?WiMAX、固定回線それぞれおすすめな方は?

WiMAXがおすすめな方は?

最後に、WiMAXと固定回線がおすすめな方をそれぞれ紹介します。

WiMAXがおすすめな方

  • 一人暮らしの方
  • 家でも外でも使えてかなり便利です。また、一人でのご使用であれば、十分な通信容量、安価な料金なのでおすすめ。

  • 料金を重視する方
  • WiMAXはデータ無制限の通信をお得な料金で利用できます。初期費用もほとんどかからないため、安く使いたい方におすすめ。

  • すぐWiFiを使いたい方
  • 固定回線は、開通までに約1ヶ月かかります。混雑が予想される月は2ヶ月開通にかかることも。その点、WiMAXは家に配達されたその日から利用できます。

  • 家族で使っているが軽めに使っている方
  • 家族や複数人での使用であっても、超高画質(4K)動画の閲覧や、大容量のダウンロードをしない場合は、WiMAXで十分でしょう。

  • 戸建てに2名以下でお住まいの方、ネットを最低限しか使用しない方
  • 2名以下もしくはネットを日常で最低限しか使用されない方はWiMAXがおすすめです。以前のWiMAXの電波は室内に弱くおすすめできませんでしたが、改良された現在のWiMAXは戸建てにも最適です。

状況によっては固定回線がおすすめの方

  • 戸建てに3人以上でお住まいの方、ネットのヘビーユーザー
  • 戸建てにお住まいの方で、3人以上、もしくはネットのヘビーユーザーであれば、WiMAXでなく固定回線がおすすめです。

  • マンションにお住まいの方
  • マンションにお住まいの方は、多くの場合、マンションで契約できる固定回線が決まっています。決められている固定回線の料金や速度に満足できる場合は、固定回線がおすすめ。

    しかし、料金が高い、利用人数が多くて速度が遅いなどの不満がでる場合もあり、その場合はWiMAXがおすすめです。

固定回線とWiMAXの併用がおすすめの方

  • 大容量通信と外出先での通信どちらもしたい方
  • オンラインゲームや株式投資など、自宅で1秒を争うような通信速度を頻繁に必要とする方は固定回線が必要です。

    さらに、格安スマホなどでスマホの通信容量が少なく、外出した際にwifiが必要な方は、WiMAXも契約しておくと安心です。

以上が固定回線とWiMAXのそれぞれをおすすめしたい方です。

まとめ
  • WiMAXでも日常の使いなら十分
  • 料金はWiMAXが断然安い
  • 一人暮らしの方・ライトユーザーなら固定回線の代わりにWiMAXがおすすめ!

ここまで、WiMAXは固定回線の代わりに使えるか?という視点で2つの回線を比較しました。

結果、環境やインターネットの使用度合いによっては、WiMAXは固定回線の代わりとして使えることがお分かりいただけたかと思います。

WiMAXは通信の安定性とデータ容量では固定回線に及ばない部分はあるものの、WiMAXは持ち運びができるので、旅行、出張、カフェで使えて便利。

あなたの生活スタイルには、WiMAXと固定回線のどちらがより便利なのか考えた上で決断すると後悔しないでしょう。

WiMAXの申し込みをご検討中の方は、下記WiMAXのプロバイダ23社を比較したページもチェックしてみてください。


プロバイダ23社の
WiMAX価格比較はこちら


※ポケットWiFi(ポケットワイファイ)はソフトバンクの登録商標です。当サイトではソフトバンクのポケットWiFiを含むモバイルWi-Fiルーターの総称は「ポケット型WiFi・モバイルWiFi」として記載しています。