ワイマックス全端末を比較!モバイルルーターなど22機種でおすすめは?

WiMAXのルーターを完全比較!おすすめ機種を紹介【2024年最新版】
  • 最終更新日:2024年2月19日
WiMAXのルーターを完全比較!おすすめ機種を紹介
「WiMAXのホームルーター・モバイルルーターはどの機種がおすすめ?」
「最新機種のルーターは従来機種となにが違うの?」


WiMAXのルーターは選べる機種が多く、どの端末を契約するべきか迷いますよね。現在おすすめのWiMAX端末はモバイルルーターならSpeed Wi-Fi 5G X12、 ホームルーターならSpeed Wi-Fi HOME 5G L13です。理由は以下のとおり。

おすすめのWiMAXルーター

  • 「Speed Wi-Fi 5G X12」
    ➔ 最大通信速度3.9GbpsとWiMAXのモバイルルーター端末の中で最速
  • 「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」
    ➔ 最大通信速度4.2GbpsとWiMAXのモバイルルーター端末の中で最速

この記事では、年間1万人以上のWiMAXの契約をサポートしている当サイトが、24種の新・旧端末を比較しながら、ルーターの選び方とおすすめ端末をご紹介します。

まずは、WiMAXルーターの全貌を掴むため、端末の比較表から見ていきましょう!

宮城紘司

【新聞社推薦】通信プロバイダ比較の専門家 宮城紘司

通信サービスに関する正しい情報を届ける「WiMAX比較.com」の編集長を務める他、ネット回線専門家として、通信プロバイダや通信端末の比較記事における監修も務める。WiMAX比較.comは、ポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万人以上のネット回線契約をサポートしています。監修者について

WiMAX比較.com編集部

年間最高1,000万PVの通信系比較メディア「WiMAX比較.com」を運営する編集部です。
通信領域に精通するメンバーで構成している当編集部は、WiMAXを始めとするポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万名様以上のネット回線契約をサポートしています。
運営会社情報





最新機種も含めた24種のWiMAXルーターを一覧で比較

WiMAX(ワイマックス)のルーター比較表

端末を比較する前にWiMAXルーターの種類についてご説明します。WiMAXのルーターは大きく分けて「モバイルルーター」「ホームルーター」の2種類。

それぞれ特徴が異なるので、あなたに合ったルーターの種類から確認しましょう。

WiMAXのルーターの種類

  • モバイルルーター:小型の通信端末で持ち運びが可能。屋内外で利用できるメリットはあるが、同時接続台数が限られている。
  • ホームルーター:据え置き型の屋内専用の端末。持ち運びはできないが、モバイルルーターよりも同時接続台数が多く、また、通信が安定している

外出先でもインターネットを利用したい方はモバイルルーターの中から比較しましょう。

一方、主に自宅でインターネットを利用する方は通信性能がより安定しているホームルーターの中から比較するのがおすすめです。

以下に、モバイルルーターとホームルーターの情報をまとめましたのでご覧ください。

WiMAXモバイルルーター比較表

WiMAX
ルーター
X12
(5G対応機種)
最新端末
X11
(5G対応機種)
SCR01
(5G対応機種)
X12画像 X11画像 SCR01画像
発売日 2023/6/1 2021/10/15 2021/4/8
下り最大
通信速度
3.9Gbps
(3,900Mbps)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
2.2Gbps
(2,200Mbps)
WiMAX2+
au5G
利用
au
4GLTE
利用
対応
通信技術
5G SA CA CA
※連続
通信時間
約9時間 約8時間 約16時間
重量 約174g 約174g 約203g

WiMAXホームルーター比較表

WiMAX
ルーター
L13
(5G対応機種)
最新端末
L12
(5G対応機種)
L11
(5G対応機種)
L13の画像 L12の画像 L11の画像
発売日 2023/6/1 2021/11/5 2021/6/4
下り最大
通信速度
4.2Gbps
(4,200Mbps)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
WiMAX2+
au5G
利用
au
4GLTE
利用
対応
通信技術
5G SA CA CA
同時
接続台数
32台 40台 30台
重量 約635g 約446g 約599g

現在、契約可能なWiMAX端末はモバイルルーターが3種類とホームルーターが3種類の計6種類。

その中でも、現在最もおすすめのWiMAX端末が最新端末の「X12」と「L13」です

X12とL13のどちらも最大通信速度3Gbps超えと光回線並みのスペックを誇ります。また、現在は、ほとんどのWiMAXプロバイダで最新端末のX12とL13以外の取り扱いがありません。未だに従来の端末の「X11」「SCR01」「L12」「L12」を取り扱っているWiMAXプロバイダもありますが、基本的には通信性能の高い最新端末のX12とL13が最もおすすめです。   

WiMAXのWiFiルーターを詳しく比較したい方は、端末を比較するうえで注目すべき4つのポイントを確認していきましょう!

WiMAX端末の比較で注目すべき4つのポイント

端末を比較する際の4つのポイント

ここからは、WiMAXルーターを比較する際に重要な4つのポイントをご紹介します。

【WiMAXルーター比較ポイント】

※クリックすると該当部分まで進めます ※タップすると該当部分まで進めます

それぞれ詳しく見ていきましょう。

WiFi端末の通信速度

WiMAXのルーターを比較するうえで、最も重要なのが通信速度です。WiMAXを契約したにも関わらず、通信速度が遅くてインターネットをサクサク使えないのでは後悔してしまいます。

通信速度を比較する際には、端末情報として公表されている最大通信速度(上り・下り)と可能であれば実測値を比較しましょう。(実測値:実際に利用する環境で計測できた速度)

上り・下り速度とは?

  • 下り速度:インターネット検索や動画視聴などデータをダウンロードする際の速さ
  • 上り速度:メール送信やSNSで画像を投稿する際のデータをアップロードする際の速さ

端末の通信性能を比較する際は、利用頻度が高い下り最大速度が指標として使われることが多いです。以下の表から各機種の通信速度を比較してみましょう。

WiMAXモバイルルーター比較表

WiMAX
ルーター
X12
(5G対応機種)
最新端末
X11
(5G対応機種)
SCR01
(5G対応機種)
X12画像 X11画像 SCR01画像
下り最大
通信速度
3.9Gbps
(3,900Mbps)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
2.2Gbps
(2,200Mbps)
au5G
利用
対応
通信技術
5G SA CA CA
※「5GSA」「CA」については下記

WiMAXホームルーター比較表

WiMAX
ルーター
L13
(5G対応機種)
最新端末
L12
(5G対応機種)
L11
(5G対応機種)
L13の画像 L12の画像 L11の画像
下り最大
通信速度
4.2Gbps
(4,200Mbps)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
au5G
利用
対応
通信技術
5G SA CA CA
※「5GSA」「CA」については下記


モバイルルーターとホームルーターどちらも5G対応端末と5G非対応端末によって、速度に最大10倍以上の差があります。現在、販売されている「X12・X11・SCR01、L13・L12・L11」の6機種は、すべて5G対応端末のためご安心ください。

また、最も最大通信速度が早いのはモバイルルーターであれば「X12」ホームルーターであれば「L13」です。

5G通信対応で理論値ではどれもハイスペックですが、それぞれ実測値ではどの端末が速いのでしょうか?

当サイトでは実際に上記6つの5G対応端末(+5G非対応端末)を利用して計測しました。まずはモバイルルーターの実測値について見ていきましょう!
(※端末代金と月額料金を確認したい方はこちら

WiMAX端末6種類の実測値測定結果

ワイマックス端末の実測値結果

モバイルルーター
下り速度計測結果(単位はMbps)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
X12
(WiMAX+5G)
136 116 117 105 108 116.4
X11
(WiMAX+5G)
193 179 176 215 172 187
SCR01
(WiMAX+5G)
237 209 214 220 212 218.4
※X12/X11/SCR01は5Gエリアで測定

5G対応端末のX12・X11・SCR01はすべて平均速度は100Mbps以上と、いずれも固定回線にも劣らない実測値が計測されました

高画質のYouTube動画の視聴でも5~10Mbpsあれば問題なく視聴できるため、5Gに対応している最新のWIMAXモバイルルーターがいかに速いかわかるかと思います。

上記のとおりX12・X11と比べて、SCR01の方が平均値は速いという結果が出ました。ただ、もちろん、計測環境や時間帯次第によって実測値は変化するため、X12やX11の方が速いときもあります。

普段使いにおいては、どのモバイルルーターも申し分ない通信速度であると言えるでしょう。

以上が、速度計測の結果とモバイルルーター3機種の比較でした。続いてホームルーターの速度計測結果について見ていきましょう!

ホームルーター
下り速度計測結果(単位はMbps)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
L13
(WiMAX+5G)
183 161 233 249 210 207.2
L12
(WiMAX+5G)
184 181 175 183 191 182.8
L11
(WiMAX+5G)
192 175 200 192 207 193.2
※L13/L12/L11は5GHz帯で測定

モバイルルーターと同様に、ホームルーターの速度計測でも5G対応機種のL13・L12・L11はどれも100Gbpsと超高速!上記の数値を見ても、5G対応端末の方がスペックの観点から優れています。

L13・L12・L11を比較すると、新端末のL13が最も速い結果となりました。

インターネットの推奨速度 引用:https://flets.com/column/internet_speed/

続いては、5Gに対応しているモバイルルーター/ホームルーターの端末代金と月額料金の違いを確認していきましょう。

端末代金と月額料金

続いては、現在WiMAXプロバイダから契約が可能な端末の購入金額と、契約プランの料金の詳細を確認していきましょう。

まずは、以下の比較表をご確認ください。

※右にスクロールできます

WiMAXモバイルルーター比較表

WiMAX
ルーター
X12
(5G対応機種)
X11
(5G対応機種)
SCR01
(5G対応機種)
X12画像 X11画像 SCR01画像
下り最大
通信速度
3.9Gbps
(3,900Mbps)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
2.2Gbps
(2,200Mbps)
端末代金 27,720円 21,780円 21,780円
最安で契約できる
WiMAXプロバイダ
GMOとくとくBB DTI WiMAX 5G CONNECT
基本月額料金 3,784円~ 4,180円~ 4,727円~
2年利用した
場合の総額※1
99,600円~ 107,875円~ 90,679円~
実質月額料金※2 3,984円~ 4,315円~ 3,778円~

WiMAXホームルーター比較表

WiMAX
ルーター
L13
(5G対応機種)
L12
(5G対応機種)
L11
(5G対応機種)
L13の画像 L12の画像 L11の画像
下り最大
通信速度
4.2Gbps
(4,200Mbps)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
端末代金 27,720円 21,780円 21,780円
最安で契約できる
WiMAXプロバイダ
GMOとくとくBB DTI WiMAX 5G CONNECT
基本月額料金 3,784円~ 4,180円~ 4,727円~
2年利用した
場合の総額※1
99,600円~ 107,875円~ 90,679円~
実質月額料金※2 3,984円~ 4,315円~ 3,778円~
※1. GMOとDTI WiMAXは25ヶ月、5G CONNECTは24ヶ月の総額で計算しています。総額は、「月額料金+契約月数+端末代金+その他初期費用等-キャンペーン」の料金です。
※2. 実質月額料金とは総額を契約月数で割った金額です。 実質月額料金の計算方法(下図)
  実質月額料金の解説

端末代金は最新端末の「X12」「L13」よりも前端末の「X11」「SCR01」「L12」「L11」のほうが6000円程安いですが、基本月額料金や総支払総額は最安のプロバイダで契約した場合、ほとんど変わりません。

実質月額料金や支払総額にほとんど差が出ない理由としてはWiMAXプロバイダごとのキャンペーンです。ほとんどの主要WiMAXプロバイダが、従来の端末「X11」「SCR01」「L12」「L11」の取り扱いを終了し新端末の「X12」「L13」でお得なキャンペーンを実施しています。

そのため、契約するWiMAXプロバイダ次第では、スペックの高いX12、L13を従来の端末とほとんど変わらない金額で利用可能。 ほぼ同価格であれば、お得なWiMAXプロバイダでスペックの高い「X12」「L13」を選ぶことをおすすめします!


X12・L13をお得に契約する方法はこちら

次に、モバイルルーターを利用するうえで重要なバッテリー容量について説明していきます。ホームルーターの場合はコンセントに挿すだけで利用できるため、バッテリー容量や操作性は関係ありません。

そのため、モバイルルーターに興味のある方はこのまま読みすすめていただき、ホームルーターに興味のある方は、を確認しましょう。

連続通信時間(バッテリーの持ち)

WiMAXのモバイルルーター端末を使いたい方は、連続通信時間(バッテリーの持ち)も重要な比較ポイントです。

連続通信時間の長さを左右するのはバッテリー容量と通信時に消費する電力。一度の充電で、外出中により長く通信できる端末の方がモバイルバッテリーを持ち歩かなくて良いので便利ですよね。

通信モードによって消費電力が異なる機種もありますが、各モバイルルーターの連続通信時間がひと目でわかるように一覧表にしましたので比較していきましょう。

※横にスクロール可能
WiMAX
ルーター
X12
(5G対応機種)
X11
(5G対応機種)
SCR01
(5G対応機種)
WX06 W06 WX05 W05 WX04 W04 WX03 W03 WX02 W02 WX01 W01 Uroad Stick
X12画像 X11画像 SCR01画像 WX06画像 W06画像 WX05画像 W05画像 WX04画像 W04画像 WX03画像 W03画像 WX02画像 W02画像 WX01画像 W01画像 UroadStickの画像
連続通信時間
(ハイパフォー
マンス設定)
約8時間 約7時間 約8時間 約6.5時間 約8時間 約6.5時間 約7時間 約9.5時間 約7時間 約6.5時間 約6.5時間 約8時間
連続通信時間
(デフォルト/
バッテリーセーブ設定)
約9時間 約8時間 約16時間 約14時間 約11.5時間 約14時間 約11.5時間 約11.5時間 約9時間 約10時間 約10時間 約10時間 約7時間 約8.5時間
※パフォーマンスを最大限に重視した設定です。通信速度を最大限に重視 したい場合にご利用ください。

5G対応のモバイルルーターX12、X11とSCR01はハイパフォーマンス設定がありません。3機種はスペックが大幅に向上したことにより、通常の設定であってもハイパフォーマンス設定と同等、あるいはそれ以上の速度が出せるためです。

全WiMAXモバイルルーターのなかで、最も連続通信時間が長い機種はSCR01。一方、最新機種X12の連続通信時間は約9時間、X11は約8時間とSCR01の半分ほどでしたが、最大通信速度はSCR01を上回る機種となっています。

そのため、速度よりもバッテリー持ちの良さを重視する方や充電の回数を減らしたい方にはSCR01がおすすめの端末です。

最安でSCR01を契約する方法はこちら

まとめ

端末の選び方

  • 屋外でも利用したい方 ➔ モバイルルーター
  • 屋内でも利用したい方 ➔ ホームルーター

おすすめのルーター

  • 料金・通信速度で選ぶのであれば最新端末の「X12」「L13」がおすすめ
  • 速度よりもバッテリーの持続時間を重視したい方は「SCR01」
  • あえてその他のルーターを選ぶメリットはない

端末の選び方とおすすめのWiMAX端末がわかったところで、ここからは、おすすめのWiMAX端末を最安で契約する方法を解説していきます。最後までご覧いただければ、自身に合ったWiMAX端末を最安で利用できるためWiMAX契約を失敗することはありません!ぜひご覧ください。

おすすめのWiMAX端末を最安で契約する方法

WiMAX端末を最安で契約する方法 WiMAXの契約は希望の端末さえ決まってしまえばあとはプロバイダ選びのみです。

プロバイダを選ぶ際は、料金の比較が最も重要。その理由は、どのWiMAXプロバイダもUQWiMAXが提供する通信回線を使っており、エリアや速度、通信容量などはプロバイダごとで全く変わらないからです。

しかし、WiMAXプロバイダは20社以上も存在し月額料金やキャンペーンを含めてすべての料金を比較するのは至難の業です。そのため、ここからは述べ70,000人以上の方々にWiMAXを契約いただいている当サイトがおすすめ端末を最安で契約できるWiMAXプロバイダを紹介していきます!

最新端末を最安で契約できるのはGMOとくとくBB

GMOとくとくBBの詳細

最新端末のX12・L13を利用するならGMOとくとくBBでの契約がおすすめです。その理由は以下の2点。

※クリックすると該当部分まで進めます ※タップすると該当部分まで進めます

GMOとくとくBBは
X12・L13を最安で契約できるWiMAXプロバイダ

GMOとくとくBBは最新端末のWiMAX「X12」「L13」を最安で契約できるWiMAXプロバイダです。他社WiMAXプロバイダと比較しても以下の通り。

【2024年2月最新】
X12・L13が契約可能な
WiMAXプロバイダ比較

WiMAX
プロバイダ
実質月額
料金
総額 キャッシュバック
GMOとくとくBB
(当サイト
限定価格)
4,092円 147,307円 30,000円
BIGLOBE
(当サイト
限定価格)
4,122円 103,044円 15,300円
BroadWiMAX 4,400円 162,810円 10,000円
カシモWiMAX
(当サイト
限定価格)
4,429円 159,443円 14,000円
UQWiMAX 5,067円 192,548円 17,820円
※ 端末の分割払い回数が36回のプロバイダが多数のため、36ヶ月を契約期間として計算しています。UQ WiMAXのみ3ヶ月目より支払いが発生するため38ヶ月計算としています
※ 2024年2月時点で公式サイトに掲載されている最新の情報をもとに記載しています。


上表の通り、GMOとくとくBBは最新端末のX12・L13を最安で利用できるWiMAXプロバイダとなっています。

従来の端末で最安のWiMAXプロバイダが実質月額料金4,818円のため、月35円ほどしか変わりません。であれば、襲来の端末よりもスペックの高いX12・L13をGMOとくとくBBで契約することをおすすめします。

当サイト限定!選べる2種類のキャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBのメリットはX12・L13を業界最安値の料金で利用できるだけではありません。GMOとくとくBBは、業界最高水準のキャッシュバックキャンペーンを実施中。

  • 当サイト経由限定のAmazonギフト券&現金キャッシュバックの W ( ダブル ) キャンペーン
  • 当サイト経由限定の現金キャッシュバックキャンペーン


上記2種類のキャンペーンを実施中。どちらのキャンペーンも当サイト経由限定で、公式サイトからは申し込めません。それぞれの特徴は以下の通り。

GMOとくとくBBのキャンペーン詳細 GMOとくとくBBのキャンペーン詳細 最もハイスペックな最新端末のWiMAXを最安値で契約したい場合は、ぜひGMOとくとくBBの当サイト限定キャンペーンをご利用ください!


\最新端末が業界最安値!/

X12・L13を最安で
契約できる
GMOとくとくBBの詳細はこちら


バッテリー残量が心配な方はCharge SPOT WiFi

chargespotwifi

Charge SPOT WiFi 5Gとは、「全国で使えるモバイルバッテリーを待ち時間なくレンタルできるサービスを展開しているCharge SPOT」が運営するWiMAXプロバイダのこと。

Charge SPOTは全国に3万箇所以上に設置されており、コンビニなどで見かけたことがある方もいるでしょう。

Charge SPOT WiFi 5Gを契約した場合は、モバイルバッテリーサービスであるCharge SPOTを格安で利用できます。割引額は以下のとおり。

ChargeSPOTの割引内容

  • ChargeSPOTの利用が毎月1回(5日間)無料
  • 当月で2回目以降の利用は、Charge SPOTの利用料金が割引される

ChargeSPOTは、最大120時間までレンタルでき、利用時間によって利用料金が決まります。ただし、ChargeSPOT Wi-Fiを契約している場合は、ChargeSPOTが毎月1回(120時間まで)無料で、2回目以降は以下のとおり利用料金が割引されるのです。

ChargeSPOTの料金

利用時間 通常の料金 割引後の料金
(2回目以降)
~30分 165円 360円
~6時間 330円
~24時間 480円
~48時間 660円
~120時間 その後24時間につき
330円

上記のとおり、ChargeSPOTを格安の料金で利用できます。

なお端末に関しては、SCR01しか利用できませんが、バッテリーの持ち時間が16時間と、X12/X11と比較して7時間以上長いことも特徴としてあります。

そもそもバッテリーの持ち時間が長い端末を利用できるかつ、ChargeSPOTで充電できるので、スマートフォンだけでなくポケット型WiFiのバッテリーが心配な方でも安心です

ChargeSPOT Wi-Fi 5Gを契約したい方は、以下のボタンよりCharge SPOT WiFi 5Gの詳細をご確認ください。

\バッテリーの心配がいらない/
ChargeSPOT Wi-Fi 5Gの
詳細はこちら!


口座振替で最安で契約できるのはBIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXの詳細

BIGLOBE WiMAXは契約期間に縛りがないので、いつ解約しても解約違約金がかからないWiMAXプロバイダ。さらに、X12・L13を口座振替で契約できるWiMAXプロバイダの中で最安です!

口座振替が可能な主要WiMAXプロバイダと比較しても以下の通り。

契約プラン 実質月額料金※1 総額※2 キャッシュバック金額※3
BIGLOBE WiMAX 4,333円 108,324円 15,300円
Broad WiMAX 5,176円 191,528円 10,000円
UQWiMAX 5,306円 191,002円 17,820円

※1 支払い総額から割引金額を差し引き、契約月数で割って均した「1ヶ月あたりの支払料金」のこと
※2 BIGLOBEは端末の分割払い(24回)を支払い終えるまでの25ヶ月間の総額料金を記載しています。
※3 当サイト限定キャンペーンを適用した場合


上記の通り、口座振替で最新端末のX12・L13を契約したい方は、最安のBIGLOBE WiMAXが最もおすすめです。

GMOとくとくBBを始めとした多くのWiMAXプロバイダはクレジットカードでの支払いしか選べないため、X12・L13を契約したい方でクレジットカードをお持ちでない方もBIGLOBE WiMAXが最もおすすめ。

さらに、当サイト限定で、最短契約の翌月に受け取れる現金15,300円のキャッシュバックキャンペーンも実施中。口座振替で最新端末のX12・L13を契約したい方は以下のボタンからBIGLOBE WiMAXの詳細をご確認ください!


\15,300円キャッシュバック!/

BIGLOBE WiMAXの詳細はこちら!

SCR01を最安で契約できるのは5G CONNECT

5gconnectの詳細

速度よりもバッテリーの持続時間を重視したい方におすすめのSCR01を最安で契約できるのが5G CONNECTです。

SCR01を契約可能なWiMAXプロバイダと比較しても以下の通り。

契約プラン 実質月額料金※1 総額※2 キャッシュバック金額※3
5G CONNECT 3,778円 90,679円 23,635円
DTI WiMAX 4,315円 107,875円 21,780円


上表通り、5G CONNECTは実質月額料金3,778円と業界最安級の価格で利用可能。

バッテリー重視でSCR01で契約をしたい方は最安で利用できる5G CONNECTを契約しましょう。


\SCR01を最安で契約可能/

5G CONNECTの詳細はこちら!

機種選びだけではない!WiMAX契約時の注意点!

機種選び以外の契約時の注意点

ここまで、WiMAXルーター端末の比較ポイントとおすすめ機種を確認してきました。お求めの端末が見つかった方は、「さっそく契約!」…と進めたいところですが、焦りは禁物です。

なぜなら、端末が良いからといって、どのWiMAXプロバイダで契約してもお得というわけではないから!

WiMAXを契約する際はルーター以外にも注意すべき点があります。そこで、WiMAXルーターの契約をしたい方に向けて、プロバイダ選びで注意すべき3つのポイントをご紹介します。

注意点

  • 契約時はキャンペーン内容も含めてプロバイダの料金を比較する
  • WiMAXルーターの端末価格は、金額だけでお得かどうかを判断しない
  • WiMAXの通信性能が不安な方は、WiMAXルーターをレンタルする

契約時はキャンペーン価格も含めてプロバイダを比較すること!

WiMAXを契約できるプロバイダは20社以上もあります。

プロバイダはUQWiMAX、BroadWiMAX、GMOとくとくBB、カシモWiMAX、BIGLOBEと様々ですが、どのプロバイダを契約しても、通信品質は変わりません。

つまり、ルーターの性能、通信エリア、通信制限などはどこも同じです。WiMAXプロバイダ間で唯一異なる点は、支払い料金。

プロバイダによって料金差は、なんと3年間で合計3万円以上になることも。そのため、WiMAXを契約する際は月額料金だけでなくキャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーン内容も含めて比較し、安いプロバイダを見極める必要があります。

WiMAXの最新機種が実質0円のプロバイダもある

WiMAX端末の価格は、モバイルルーター・ホームルーターともに、ほとんどのWiMAXプロバイダで21,780円です。(最新機種X12とL13は27,720円)

36ヶ月の分割支払いであったり、一括購入しかなかったり、実質無料!と書いてあったり、WiMAXプロバイダによって表記が異なります。

ここで特に注意してほしいのは、実質無料のWiMAXプロバイダ。WiMAXの端末価格が実質無料の場合、多くは、「605円(税込)×36ヶ月の分割支払いですが、36ヶ月間契約してくれれば毎月605円割引しますよ」というもの。
(最新機種X12とL13は月々770円)

つまり、2年契約のプランだからといって24ヶ月目で解約をすると、端末代金の残債である605円×12ヶ月分が追加で請求されます

また、上記のようなWiMAXプロバイダは、端末代金の割引がある分、他のWiMAXプロバイダよりも月額料金が高めに設定されていることが多いです。端末が無料だからといって必ずしもそのWiMAXプロバイダがお得とは限りません

そのため、WiMAX端末の価格は、それ単体で見るのではなく、端末代金分の割引条件やそれ以外のキャンペーン、月額料金や初期費用なども一緒に比較し、総額や実質月額料金で本当に安いWiMAXプロバイダを探すようにしましょう。

WiMAXの通信性能が不安な方は、WiMAXルーターをレンタル

あなたのご利用地域でWiMAXが使えるか不安な方は、WiMAXの中古ルーターを無料でレンタルできるサービスがおすすめ

実際にあなたが利用する地域でWiMAXのルーター利用して、ご利用エリアが圏外でないか、快適にインターネット通信が可能かを確認してから契約を決めることができます。

WiMAXルーターの無料レンタルができるサービスは、UQWiMAXのTryWiMAXまたは5G CONNECTのお試しキャンペーン。UQWiMAXのTryWiMAXは14日間、5G CONNECTのお試しキャンペーンは、無料でルーター端末を30日間レンタルでき、実際にご自宅でWiMAXを試せます。

WiMAXの通信性能に不安がある方は、契約前にぜひ利用してみてください!

以上3点が、WiMAXのルーターを契約する際の注意点です。

WiMAXを契約する際は、キャンペーンや月額料金などを含めた料金を比較することが重要

しかし、1人で23社も比較するのは非常に時間がかかるため、あなたの代わりに当サイトがWiMAXプロバイダのお得なキャンペーンを徹底的に調査し、最安プロバイダを見つけました!

下記から、 WiMAXのおすすめルーターを最安値で契約できるプロバイダや、当サイト限定のお得なキャンペーン情報が一目でご確認いただけます。WiMAXをご検討中の方はぜひご活用ください。


WiMAXプロバイダの
料金比較はこちら


最後に、ここまでの内容をわかりやすく整理していきますので、重要なポイントを復習したい方はぜひこのままお進みください。

端末の選び方に関するまとめ・よくある質問

WiMAX(ワイマックス)のルーター端末に関するまとめ

ここまで、WiMAXのルーター端末の比較からおすすめ機種まで紹介してきました。ルーターの機種選びは、WiMAXのWiFiサービスを利用するうえで、非常に重要なポイントです。

最後に、これまで解説したWiMAXルーターの選び方をおさらいしましょう。

まとめ

WiMAXのルーターを比較する際のポイント
  • モバイルルーターを利用するならSpeed Wi-Fi 5G X12がおすすめ!
  • ホームルーターえお利用するならSpeed Wi-Fi HOME 5G L13がおすすめ!
  • 通信速度よりもバッテリーの持続時間重視であればSR01がおすすめ
  • WiMAXの端末を契約する際は、割引キャンペーンを含めた料金の比較が重要!
  • ご利用エリアで端末がつながるか不安ならTryWiMAXでルーターをレンタル

おすすめのWiMAXプロバイダ


WiMAXルーターの選び方に関するよくあるご質問

ここからは、WiMAXルータの選び方に関するよくあるご質問を紹介していきます。WiMAXルーターは一見種類が多く選びにくい印象がありますが、以下の内容をおさらいすればあなたに合ったWiFiルーターが簡単に見つかるでしょう!

WiMAXのルーターにはどんな種類がある?

WiMAXには、持ち運び可能な小型通信端末のモバイルルーターと、自宅やオフィスで利用できるホームルーターの2種類があります。どちらも、工事不要で端末が届き次第すぐにインターネットを利用できます

WiMAXのルーターはどの機種がおすすめ?

WiMAXのルーターは料金・通信速度どちらをとってもコスパ抜群な「X12」「L13」がおすすめ。

モバイルルーターならX12、ホームルーターならL13がおすすめ。

両機種とも高速かつ、インターネット接続が安定しているWiMAXルーターです。高スペック端末だからといって、支払い料金が高くなることもないのでご安心ください。

WiMAXルーターを契約する際の注意点は?

高スペックの機種であれば、どのWiMAXプロバイダで契約しても良いわけではありません。

プロバイダによっては、3年間で3万円以上も多く支払ってしまう可能性があります。各プロバイダごと月額料金の設定や、キャンペーン内容が異なります。

契約後に後悔しないためにも、プロバイダごとの料金比較は必須。キャンペーンや月額料金割引を含めたうえで料金を比較し、最安値でWiMAXのおすすめルーターを契約しましょう!
【2024年2月最新ニュース】
WiMAXの旧端末は多くのプロバイダで販売終了
高スペックな新端末の詳細は

こちらから

【2024年2月最新ニュース】
WiMAXの旧端末は多くのプロバイダで販売終了
高スペックな新端末の詳細は

こちらから

WiMAXは新端末がおすすめ

【WiMAXの新端末と旧端末について】

WiMAXの旧端末(X11,SCR01,L11,L12)は多くのプロバイダで販売終了となっています。

2023年6月に発売された新端末(X12,L13)は最大通信速度3.9~4.2Gbpsと、旧端末を大幅に上回る通信速度!

高スペックな新端末をお得に契約したい方は、最新端末のプロバイダ比較をご覧ください。

最新端末のプロバイダ比較はこちらから