ワイマックス5Gの料金・エリア・ルーター端末やおすすめプロバイダの比較について

WiMAX +5Gのホームルーターやモバイル型WiFiのエリア・データ容量・料金を徹底解説
  • 最終更新日:2024年7月25日
WiMAX +5Gのホームルーターやモバイル型WiFiのエリア・データ容量・料金を徹底解説
WiMAX+5Gとは、5G回線(第5世代移動通信システム)を利用したWiMAXの新しい通信サービスで、従来のWiMAX2+よりもインターネット回線速度が飛躍的に速くなっています。

また、データ容量を無制限に使える「WiMAX +5G」のポケット型WiFi・ホームルーターは、auの5G・4G回線も利用可能です。

5G回線には「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」の3つの特徴があります。

5Gの特徴3つ

上記の特徴から理論値で考えると、au5G・4G回線が利用できるWiMAX+5Gは通信速度も繋がりやすさも大きく向上しているのは間違いありません。

この記事では、5G回線に対応した「WiMAX+5Gが従来のWiMAXと何が具体的に違うのか」、「どれほど使いやすいサービスになったのか」を解説します。

また、年間1.7万人のWiFi契約をサポートする当サイトが、WiMAX+5Gを利用できるWiMAXプロバイダを徹底比較し、おすすめのプロバイダを明らかにしました。

WiMAX +5Gのリアルな情報・評判からおすすめのプロバイダまで知りたい方は必見です!



宮城紘司

【新聞社推薦】通信プロバイダ比較の専門家 宮城紘司

通信サービスに関する正しい情報を届ける「WiMAX比較.com」の編集長を務める他、ネット回線専門家として、通信プロバイダや通信端末の比較記事における監修も務める。WiMAX比較.comは、ポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万人以上のネット回線契約をサポートしています。監修者について

河村 樹(Tatsuki Kawamura)

端末を実際に使用した検証動画を投稿しているYouTubeチャンネル、「WiFi大学 by WiMAX比較ドットコム」を運営。WiMAX、ポケット型WiFi、ホームルーターなど通信に関する最新情報を発信しています。



WiMAX +5Gのサービス概要 | 料金プラン・通信端末(ルーター)・エリアについて

ワイマックス+5Gのサービス概要

まずは、WiMAX +5Gの概要(料金プラン・通信端末・利用可能エリア)を以前のサービスであるWiMAX2+と比較してご紹介しましょう。

この章を読めば、なぜ移動体通信であるWiMAX+5Gはデータ容量無制限で高速通信が可能になったのかがわかります。

WiMAX+5Gの利用プランはデータ制限なしの「ギガ放題プラスプラン」

WiMAXが5Gに対応するまでは、WiMAX2+対応の「ギガ放題プラン」が主流でした。

現在は、WiMAX+5Gのギガ放題プラスのみの提供となり、機種変更の際はギガ放題プラスへ乗り換えとなります

2つのプランの違いは下記のとおり。

WiMAX+5GとWiMAX2+の比較

サービス名称 WiMAX+5G WiMAX2+
プラン名 ギガ放題プラス
プラン
ギガ放題プラン
(新規受付停止)
対応回線 au 5G, WiMAX 2+,
au 4G LTE
WiMAX 2+,
au 4G LTE
オプション プラスエリア
モード
ハイスピード
プラスエリアモード
利用できる
周波数帯
WiMAX2+:Band41
au LTE:Band1/3
au 5G:N78


au LTE:Band18
/26/28
(プラスエリア
モードのみ)
WiMAX2+:Band41

au LTE:Band18/26
(ハイスピード
プラスのみ)
速度制限 無制限 3日10GB
下り最大速度 3.9 Gbps 440Mbps→
2022年9月1日から
220Mbps
※ハイスピードプラスエリアモードのみ利用可。

WiMAX +5GはWiMAX2+回線だけでなく、通信キャリア大手のauの5G回線も利用できるのが特徴。

5G回線とは、大容量データを超高速で通信ができ、複数台で同時に接続しても遅延しにくい通信回線のこと。WiMAX +5Gは、「より多くの人が」「より速く」「より低遅延で」通信可能な5G回線に接続できるサービスです。

auの5G回線に加えて、4GLTE回線も標準利用でき、au LTE:Band1/3の周波数帯を使えることで、WiMAXの繋がりやすさは大幅に改善しました。

wimax_5G_coverage_1/3band

auの4GLTE回線は、人口カバー率99%でWiMAX2+よりも対応エリアが広いです。

さらに、WiMAX+5Gのギガ放題プラスプランはデータ通信容量が無制限。 多くのポケット型WiFiには利用できる通信容量が設定されていますが、WiMAXは毎月どれだけデータを利用しても速度制限がありません。外出先での動画視聴や自宅でのリモートワークなど、通信量が多い作業も安心です。

まとめ
  • ギガ放題プラスはauの5G・4GLTE回線に対応!地下鉄や屋内でも快適に使える
  • 通信容量の制限が「3日10GB」から無制限に変更
  • 最大通信速度が下り3.9Gbpsに大きく向上!

WiMAX+5Gの利用プランの次は、WiMAX+5G対応のWiFiルーターを見ていきましょう。

5G通信で最大速度3Gbps超え!4G回線でも高性能な機種

最大速度4.2Gbpsの高性能機種

WiMAX+5G対応のWiFi通信端末はモバイルルーターとホームルーターに分かれており、それぞれ特徴が異なります。

WiMAXの通信端末の種類

モバイルルーター
  • 屋外へ持ち運び可能
  • 小型のバッテリー駆動タイプ
ホームルーター
  • 屋内専用で接続台数が多い
  • コンセントに挿して利用する

モバイルルーターとホームルーターはそれぞれ特徴が異なるため、利用用途に合わせて通信端末を選びましょう。

外出時にインターネットを利用したい方はモバイルルーター、基本的に自宅でインターネットを利用する場合はホームルーターがおすすめです。

WiMAX+5G対応端末、X12とL13の通信端末のスペック詳細を見ていきましょう。

WiMAX+5G対応のWiFiルーター

機種 Speed Wi-Fi 5G X12 Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
通信端末 Speed Wi-Fi 5G X12の端末画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L13の端末画像
端末タイプ モバイルルーター ホームルーター
通信回線 5G, 4G LTE, WiMAX 2+
下り最大速度
(ダウンロード)
3.9Gbps 4.2Gbps
上り最大速度
(アップロード)
183Mbps 286Mbps
同時接続台数 16台 32台
大きさ(mm) 136×68×14.8 100×207×100
重さ 約174g 約635g
連続通信時間 約9時間
端末代金 27,720円
製造元 NEC ZTE
発売日 2023年6月1日


WiMAX+5G対応機種、X12とL13の最大通信速度は3Gbps超えと光回線並みの速さを誇ります(一般的な光回線の最大通信速度は1Gbps)。

L13はWiMAX史上最速の最大通信速度4.2Gbpsを誇り、X12よりも最大通信速度が速いため、自宅でより快適にインターネットを利用したい方にはL13がおすすめ。

しかし、外出時にインターネットを頻繁に利用する方は、小型で持ち運びが可能なX12がおすすめです。

WiMAX+5Gの通信端末は利用用途によっておすすめが変わるため、どちらの用途に当てはまるか確認しておきましょう。

WiMAX端末の選び方

おすすめのWiMAX+5G対応端末
旅行や出張など、外出中にもWiMAXを利用したい方
→モバイルルーターX12がおすすめ

リモートワークなど自宅でインターネットを利用することが多い方
→ホームルーターL13がおすすめ

両機種とも5G回線に接続が可能ですが、ここからは具体的にどのエリアでWiMAX+5Gが利用できるのか確認していきましょう。

WiMAX+5Gの通信可能エリア情報

ワイマックス+5G対応エリア

WiMAXの利用プランや通信端末が5G回線対応でも、利用エリア外だと5G通信は利用できません。そのため、契約前にWiMAXで5G回線が利用できるか、以下のUQWiMAXのエリアマップにて、エリア検索をしましょう。

※東京以外のエリアについては、「ここで検索」の検索バーをクリック。「場所選択」で調べたいエリアを選択すると、お好みのエリアの回線状況をご覧いただけます。

引用:UQWiMAXエリア確認ページ

エリアマップは利用できる回線によってエリアの色が違います。

5G利用可能エリア・通常エリア(4Gエリア)の色分けは以下のとおり。

5G回線利用可能エリア

「WiMAX +5G」で使える回線・エリア

  • 5G sub6(赤のエリア):より広域まで電波が届き、障害物にも強い5G回線。
  • 5G(オレンジのエリア):広い帯域幅で高速通信が可能な5G回線。
  • 4G LTE(黄色のエリア):WiMAX 2+とau 4GLTE回線。屋内や地下にも強いプラチナバンド。

上記エリアマップのとおり、WiMAXで5G回線が利用できるエリアは東京や大阪、福岡など大都市エリアに集中しており、郊外ではエリアがまだ狭いのが現状。

WiMAXの5G回線はエリア拡大予定で、「WiMAX回線も今後5G回線へ転用していく」ことをUQコミュニケーションズは発表しています。

では、利用エリアが5G回線に対応していない場合、WiMAX +5Gはおすすめではないのでしょうか。結論、あなたの利用エリアが5Gエリア外の場合でもギガ放題プラスSプランはおすすめです

次章では、5Gエリア外でもWiMAX +5Gがおすすめである理由について徹底解説!WiMAX +5Gの速度制限事情や4G回線での速度について、検証しながらご紹介していきます!

WiMAX +5Gは速度制限がかからない?速度と容量について解説

WiMAX+5Gは速度制限がかからない?速度と容量を解説

WiMAX +5Gは速度制限がかからないのか当サイトにて独自で検証。WiMAX +5Gの速度や容量についても、本章にて解説します。

まずは以下のWiMAX +5Gの特徴をご覧ください!

WiMAX+5Gの特徴

  • 速度制限なし!3日間の制限がないのでデータ使い放題
  • オプションのプラスエリアモードでは容量制限が緩和!au 5G回線も月間無制限
  • 最新端末は4G回線でも通信速度が速い

一つずつ順に見ていきましょう。

速度制限なし!3日間の制限がないのでデータ使い放題

従来の4Gプラン(ギガ放題プラン)では3日10GBの速度制限がありましたが、2022年2月より5G対応のギガ放題プラスプランの速度制限は解除されました

以前は3日間の通信容量を越えると、翌日の夜間帯(18~26時頃)に最大速度が1Mbpsまで制限されました。

一方、現在のWiMAX +5Gプランは無制限のため、原則速度制限はありません。

5G対応のギガ放題プラスプランであれば、データ無制限なので、動画をいくら視聴しても速度制限とは無縁です。 動画を多く視聴する方にとっては非常に嬉しいポイント。

当サイトでは本当にWiMAX +5Gを無制限で利用できるのか、実際に検証しました。結果が気になる方は検証動画をご覧ください。

↑WiMAX無制限の検証動画はこちら!↑


検証結果としては、1日160GBデータ利用しても、速度制限にかかることはありませんでした。そのため現時点において、WiMAX +5Gなら速度制限の心配なく、快適に高速通信をおこなえます。

オプションのプラスエリアモードでは容量制限が緩和!au 5G回線も月間無制限

WiMAX +5Gの2つ目の特徴はプラスエリアモードの容量制限が従来のプランから制限緩和された点です。

これまでのWiMAX 2+(ギガ放題プラン)との比較をご覧ください。

プラスエリアモードの比較

サービス名称 WiMAX+5G WiMAX2+
対応回線 au 5G, WiMAX 2+,
au 4G LTE
WiMAX 2+,
au 4G LTE※1
オプション プラスエリア
モード
ハイスピード
プラスエリアモード
プラスエリア
モード
の通信容量
30GB 7GB
スタンダード
モード
の速度制限
なし
(無制限)
あり※2
※1.ハイスピードプラスエリアモードのみ利用可。
※2.ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBのデータ通信容量を超えるとスタンダードモードも128kbpsに低速化する。


以前はハイスピードプラスエリアモードへ切り替えるとau回線を毎月7GBしか利用できませんでした。

通信容量を超過した場合、au回線だけではなく、WiMAX回線も最速128Kbpsに速度制限されます。

ギガ放題プラン(5G非対応の旧プラン)では気軽に、広範囲のエリアで繋がりやすいau回線を利用できませんでした。

しかし、WiMAX +5Gはプラスエリアモードへ切り替えず、初期設定のスタンダードモードでもauの4GLTE回線を無制限で利用できます

もちろん、プラスエリアモードへ切り替えることでよりつながりやすいプラチナバンドも月間30GBまで利用可能。プラスエリアモードの容量を超えても、スタンダードモードが速度制限を受けることはありません。

WiMAX +5Gは、WiMAX回線とau回線をどこでも使えて、これまでのWiMAXの弱点であった地下や屋内の通信速度が大幅に向上しました

最新端末は4G回線でも通信速度が速い

最新端末は4G回線でも通信速度が速い

WiMAXのポケット型WiFi/ホームルーターは接続する回線によって通信速度が変わりますが、同じ環境でも通信端末によって通信速度には大きな差があります

当サイトは、各端末を同じ4GLTE回線に繋いで実際の通信速度を計測しました。

WiMAXの通信端末における、4G速度の比較結果は下記のとおり。

WiMAX通信端末の実測値比較表

対応プラン ギガ放題プラスSプラン ギガ放題プラン
通信端末 X12 L13 WX06 W06 HOME02
平均実測値
(下り)
72.24 160.2 19.7 50.6 41.86
平均実測値
(上り)
19.62 8.81 6.3 5.2 9.6
※通信速度はすべてMbps表記
※東京23区内17時~21時に4G回線で5回測定した平均値


ご覧のとおり、WiMAX+5G対応機種は、4G回線に接続した場合もWiMAX2+対応機種よりも通信速度が速いです。

そのため、利用エリアが5G回線エリアでなくても、WiMAX+5G対応の「ギガ放題プラスSプラン」はおすすめであると言えます。

WiMAX+5Gは、5G回線が利用できるうえ、高速通信が可能な最新端末を無制限で利用できます

以上、WiMAX +5Gの特徴をまとめると以下のとおり。

WiMAX +5Gの特徴
  • 5G回線が使い放題
  • プラスエリアモードでプラチナバンドを毎月30GB利用可能
  • WiMAX+5G端末は4G回線接続時も速度が速い

データ容量・通信速度・料金すべてにおいて優れているWiMAX +5G。どのプロバイダを選んでもデータ容量と通信速度は変わりません。

しかし、契約プロバイダによって月額料金が大きく変わります。月額料金の高いWiMAXプロバイダを選ぶと利用する端末や性能は変わらないのに高額な料金を支払わなければならないことになります。

次章では、当サイトが15社から比較したWiMAX+5Gおすすめプロバイダの月額料金を比較していきます。

ここまで読み進めて、WiMAX+5Gを検討中の方は、比較表とWiMAX+5Gプロバイダの選び方を参考にしてお申込みしてください

最安料金でWiMAX+5Gを利用する方法を徹底解説!

ワイマックス+5Gを最安値で利用する方法

ここからは、WiMAX+5Gを最安料金で契約する方法を解説します。 現在、WiMAX +5Gを取り扱うプロバイダは20社以上

WiMAX本家のUQWiMAXだけでなく、親会社のau、代理店(プロバイダ)として有名なカシモWiMAXや家電量販店も5G対応のWiMAXを提供しています。

プロバイダの比較ポイントは料金!
速度やエリアは変わらない
WiMAX+5Gのプロバイダは、どこを選んでも通信速度や通信エリアは同じ

そのため、「UQで契約すれば速度が速い!」「カシモWiMAXはエリアが狭くてつながらない」といったプロバイダによるサービス品質の差はないのでご安心ください。WiMAXプロバイダを比較する場合は、あなたが支払う「料金」に注目しましょう

これ以降は、各WiMAXプロバイダの最安価格の最新情報をお届けします。

それでは、最安のプロバイダがわかる料金比較表をご覧ください。

WiMAX +5Gの料金比較

プロバイダ

他の比較サイトとWiMAX比較.comの”総額”の違いについて

他の比較サイトとWiMAX比較.comの総額料金の違い

  1. 端末代や契約手数料も含めている
  2. 公式サイトに記載のある契約月数ではなく、実際に支払いが必要になる契約月数で計算している

①端末代や契約手数料も含めている

毎月必要になるのは基本料金だけですが、契約初月は特に多くのお金がかかります。当サイトは、これらの料金もすべてきちんと足して初めて総額と呼べると考えています。そのため、きちんとすべての費用を合算しています。

②実際に支払いが必要になる契約月数で計算している

WiMAXプロバイダの公式サイトを見ると「契約年数2年」の記載があります。しかし、多くのWiMAXプロバイダは契約月の翌月を1ヶ月目としています。

契約更新、もしくは解約が無料で可能な契約更新月は上記の数え方で25ヶ月目以降です。もちろん、この更新月も月額料金の支払いが必要になります。

このような理由で私たちは、総額や実質月額料金は、25ヶ月分の金額として算出しています。

実質
月額料金※1
キャンペーン 契約年数・
月額料金
など
カシモWiMAX
詳細まで
スクロール
95,412円 3,816円 Amazonギフト券
25,000円
※2
端末代金実質無料

カシモWiMAX

カシモワイマックスの料金

契約期間 契約期間縛りなし
推奨契約期間 2年間(端末料金が24回分割払いのため)
プラスエリアモード料金 1,100円
GMO
とくとくBB
詳細まで
スクロール
95,588円※3 3,824円 現金33,000円※2

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの料金

契約期間 26ヶ月
推奨契約期間 25ヶ月
プラスエリアモード料金 1,100円
BIGLOBE WiMAX
詳細まで
スクロール
96,464円 3,859円 現金10,000円※2
契約事務手数料
3300円無料※2

BIGLOBE WiMAX

ビッグローブワイマックスの料金

契約期間 契約期間縛りなし
推奨契約期間 24ヶ月(端末料金が24回分割払いのため)
プラスエリアモード料金 1,100円
BroadWiMAX 117,534円 4,701円 Amazonギフト券
10,000円※2

BroadWiMAX

ブロードワイマックスの料金

契約期間 26ヶ月 or 契約期間縛りなし
推奨契約期間 37ヶ月(端末料金が36回分割払いのため)
プラスエリアモード料金 1,100円
※1 契約期間内に必要な費用の総額を契約月数で割った金額。多くのWiMAXプロバイダが2年契約であるため、2年利用した場合の平均を算出しています。
※2 公式提携による、当サイト限定キャンペーン
※3 GMOとくとくBBは端末分割費用が36回(3年)払いのため、2年利用後に解約した場合は端末残債が8,470円発生します。そのため、端末残債も含み計算しています。

比較表のとおり、WiMAX+5G対応のプロバイダのなかで、カシモWiMAX・BIGLOBE WiMAX・GMOとくとくBB実質月額料金が安い上位3社です。

3社の実質月額料金は、他社WiMAXプロバイダと比較してもどれも格安で利用可能

そのため、WiMAX+5を契約する際は上記3社から選びましょう。

上位3社のWiMAXプロバイダの選び方!

ワイマックスプロバイダの選び方

比較表を見ると分かるとおり、実は上位3社の実質月額料金の差額に大きな差はありません。

そのため、実質月額料金の安い上位3社をキャンペーンの内容や受け取りやすさなども含め比較し、自身のニーズに合ったWiMAXプロバイダを選ぶのがおすすめです。

ここからは、キャンペーン内容も踏まえて、上位3社のWiMAXプロバイダの詳細を1社ずつ解説していきます。

まずは、今回解説するおすすめのWiMAXプロバイダ3社の特徴を一覧でご確認ください。3社のキャンペーン内容を含めた特徴は以下のとおりです。

気になるWiMAXプロバイダを見つけた方はスクロールボタンから詳細をご確認ください。

※ロゴをクリックタップするとスクロールできます

2024年7月の
おすすめWiMAX3選

カシモWiMAX

  • 業界最安値のWiMAXプロバイダ
  • キャッシュバックを確実に
    受け取れる
  • 2年間の利用で端末代金実質無料

確実にキャッシュバックが受け取れて
最安のWiMAXプロバイダを契約したい方におすすめ
詳細へ
スクロール

BIGLOBE WiMAX

  • 口座振替対応のWiMAXプロバイダで最安値
  • 現金でキャッシュバックの受取が
    可能

クレジットカードをお持ちでない方、Amazonを普段利用しない方におすすめ
詳細へ
スクロール

GMOとくとくBB

  • 他社からの乗り換え違約金負担
  • WiMAXの契約後光回線へ無料で
    手間なく乗り換えが可能

他社からの乗り換えを検討している方、WiMAXと光回線で契約を悩んでいる方に
おすすめ
詳細へ
スクロール


ここからは、おすすめのWiMAXプロバイダ3社の特徴を1社ごとにより詳しく解説していきます。

カシモWiMAX | 業界最安値!手間なく確実にキャッシュバックを受け取れる

カシモWiMAX

カシモWiMAXは、実質月額料金3,816円と業界最安値で利用可能なWiMAXプロバイダ。

カシモWiMAXが業界最安値で利用できる理由は2つの当サイト限定キャンペーンにあります。

カシモWiMAXの
当サイト限定キャンペーン

Amazonギフト券25,000円分が確実に受け取れる



カシモWiMAXは、当サイト経由での申し込み限定でAmazonギフト券25,000円分のキャッシュバックキャンペーンを受け取れます。

カシモWiMAXのキャンペーンの詳細は以下のとおり。

カシモWiMAXの
キャッシュバックキャンペーン

契約サイト WiMAX比較.com 他社比較サイト 公式サイト
キャッシュ
バック額
25,000円 22,500円 なし
受け取り
時期
キャンペーン
申請から
2週間後
契約から
6ヶ月後
なし
キャッシュ
バック
申請期限
なし あり
※ 契約中はいつでも申請が可能(最長3年間)

公式サイトや他社比較メディアと比べても高額で受け取り時期も早いのが特徴です。

WiMAXプロバイダの実施している高額キャッシュバックの多くは、「受け取り時期が半年後や1年後」「申請期間が短い」という条件があり、契約者がキャッシュバックを受け取り損ねてしまうケースも見られます。

カシモWiMAXの当サイト限定キャッシュバックキャンペーンは端末到着後すぐにキャンペーン申請でき、契約中はいつでも申請が可能。

キャンペーンの申請を忘れてキャッシュバックを受け取りそこねてしまう心配もいりません。

そのため、手間なく確実にキャッシュバックを受け取りたい方はカシモWiMAXがおすすめです。

カシモWiMAXは端末代金が実質無料

カシモWiMAXの端末代金実質無料キャンペーン

カシモWiMAXは、当サイト経由での申し込みに限り2年間の利用でWiMAX端末を実質無料で購入できます。

WiMAX端末を2年間の分割払いで購入することで毎月、分割支払額分が割引となりWiMAXを端末費用実質0円で購入可能。

公式サイトより当サイト経由がおすすめ

公式サイト経由での申し込みの場合は、端末費用が36ヶ月の分割払いと割引になり3年間の利用が必要となります。

そのため、2年の利用で端末費用を実質無料にできる当サイト経由での申し込みがお得。

他社WiMAXプロバイダのほとんどが月額料金の支払いに端末代の分割費用が加わる中、カシモWiMAXであれば毎月の支払いを抑える事ができます。

そのため、カシモWiMAXは、端末費用を抑え毎月の支払いを安くしたい方にもおすすめです。

以上が、業界最安値で利用できるカシモWiMAXのキャンペーン内容です。カシモWiMAXがおすすめな方をまとめると以下のとおり。

カシモWiMAXがおすすめな方

  • 業界最安値でWiMAXを契約したい方
  • 手間なく確実にキャッシュバックを
    受け取りたい方
  • 端末代の支払いをなくして毎月の支払いを安くしたい方

より詳しくカシモWiMAXを知りたい方、カシモWiMAXの当サイト限定キャンペーンの適用方法を確認したい方は、下記のボタンから解説記事をご確認ください。


\25,000円Amazonギフト券プレゼント/

カシモWiMAXの
解説記事へ進む


BIGLOBE WiMAX | 口座振替対応のWiMAXプロバイダの中で最安

BIGLOBE WiMAXの特典

BIGLOBE WiMAXは、契約翌月にキャッシュバックを全額現金で受け取れるWiMAXプロバイダ。

また、数少ない口座振替対応のWiMAXプロバイダでもあり、口座振替対応のWiMAXプロバイダの中でも最安値で利用可能です。

BIGLOBE WiMAXの特徴は以下の通り。

BIGLOBE WiMAXの特徴

【当サイト限定】10,000円のキャッシュバックが現金で契約翌月に受取可能

BIGLOBE WiMAXの現金キャッシュバック

BIGLOBE WiMAXは当サイト限定で現金10,000円キャッシュバックを契約翌月に受取可能。キャッシュバックの詳細は以下のとおりです。

キャッシュバック額 10,000円
形式 現金
受け取り時期 契約月の翌月末
キャッシュバック
申請可能時期
端末到着月の翌月1日以降
キャッシュバック
申請期間
契約の翌月から45日間

カシモWiMAXのAmazonギフト券キャッシュバックとは異なり、キャッシュバックを全額現金で受け取れるため、毎月の支払いなどにも当てることができます。

また、キャッシュバックの申請期間は45日間となっていますが、申請可能なタイミングが端末到着の翌月1日以降と早く、申請を忘れ損ねる可能性も低いです。

現金キャッシュバックの受け取り時期も契約月の翌月と早いタイミングで受取可能。

そのため、キャッシュバックを現金で早く受け取りたい方、Amazonを利用していない方にはBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

口座振替対応のWiMAXプロバイダの中でも最安値

現在口座振替が可能なWiMAXプロバイダは「BIGLOBE、UQ WiMAX、BroadWiMAX」の3社のみ。

その中でも最安価格でWiMAXを利用できるのがBIGLOBE WiMAXです。

口座振替対応のWiMAXプロバイダ
料金比較表

契約プラン 実質月額
料金※1
総額※2 キャッシュ
バック金額
BIGLOBE
WiMAX
4,105円 102,624円 10,000円
+
申込手数料
3,300円が無料
※3
UQWiMAX 5,328円 138,535円 0円
Broad
WiMAX
6,167円 154,172円 10,000円※3

※1.支払い総額から割引金額を差し引き、契約月数で割って均した「1ヶ月あたりの支払料金」のこと
※2.多くのWiMAXプロバイダが2年契約のため2年(24ヶ月)間の総額料金を算出しています。
※3.当サイト限定キャンペーンを適用した場合


比較表の通り、BIGLOBE WiMAXはUQ WiMAX、BroadWiMAXと比較して実質月額料金が1,000円以上安いです。

そのため、口座振替でWiMAXを契約したい方はBIGLOBE WiMAXがおすすめ。

初月料金と申込手数料が無料

BIGLOBE WiMAXは初月月額料金が無料

さらに、当サイト経由の申し込み限定で他社WiMAXプロバイダで通常発生する契約事務手数料3,300円分が無料となります。

そのため初期費用を抑えて契約したい方にもおすすめです。

以上がBIGLOBE WiMAXの特徴です。BIGLOBE WiMAXがおすすめな方をまとめると以下のとおり。

BIGLOBE WiMAXがおすすめな方

  • キャッシュバックを全額現金で
    早く受け取りたい方
  • クレジットカードを持っていな方、口座振替でWiMAXを契約したい方
  • 契約時の初期費用負担を少しでも
    減らしたい方

BIGLOBE WiMAXをより詳しく確認したい方、当サイト限定キャンペーンの適用方法を確認し申し込みたい方は以下のボタンから解説記事をご確認ください。


\口座振替最安のWiMAXプロバイダ!/

BIGLOBE WiMAXの
キャンペーン詳細へ進む


GMOとくとくBB | 乗り換えの際にお得なWiMAXプロバイダ

WiMAX業界最安級のGMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、他社からWiMAXに乗り換えを検討している方、WiMAXか光回線で悩んでいる方におすすめのWiMAXプロバイダ。

GMOとくとくBBの特徴は以下のとおりです。

GMOとくとくBBの特徴

他社からの乗り換え違約金を最大40,000円まで負担

GMOとくとくBBは、他社インターネット回線から乗り換えの場合、他社解約時にかかる解約違約金等相当額(端末残債・工事費残債を含む)最大40,000円までGMOとくとくBBが負担してくれます。

現在利用している光回線の工事費残債やホームルーターの端末残債などがある方でも安心してWiMAXへ乗り換えが可能。

そのため、WIMAXに乗り換えたいけど他社の違約金がかかるため悩んでいる方におすすめのWiMAXプロバイダです。

GMOとくとくBBの提供する光回線へ
無料で乗り換え可能



GMOとくとくBBでWiMAXを契約した場合、「どんなときも解約サポート」の適用で「GMOとくとくBB」が提供している光回線に無料で乗り換えが可能。

詳細は以下のとおりです。

どんなときも解約サポートの詳細

  • 面倒な書類手続き無しでWiMAXの端末残債・解約違約金0円
  • 光回線が開通するまで契約中のWiMAXは利用可能
  • 乗換先サービスの開通後にWiMAXは自動的に解約!端末返却も不要
※乗り換え先の光回線をお申込み時の事務手数料3,300円(税込)などは発生します。

GMOとくとくBBはWiMAX以外にも「とくとくBB光」や「ドコモ光」などの光回線も提供しており、WiMAXを契約後に通信速度への不満などがあった場合は、手間なく無料で光回線へ乗り換えが可能。

そのため、光回線とWiMAXのどちらを契約するか迷っている方はWiMAXを利用しながら検討できます。

また、引っ越しのタイミングで光回線を契約したいが開通が間に合わない方も光回線の工事が完了するまでWiMAXが利用しながら待つことも可能です。

当サイト限定の合計33,000円の高額キャッシュバック

GMOとくとくBBは、当サイト限定で合計33,000円の高額キャッシュバックを実施中。

当サイト限定キャンペーン

キャッシュバック金額 現金33,000円
キャンペーンの
受取時期
契約から1年後
総額※1 95,588円
実質月額料金※1 3,824円
※1 2年利用の場合で計算。2年利用で解約の場合は端末残債が8,470円発生するため、端末残債を含め計算。

GMOとくとくBBは契約から11ヶ月後にキャッシュバックの受け取り申請が可能です。しかし、申請できる期間は1ヶ月間と限られているため、申請期限を過ぎてしまうと、キャッシュバックを受け取れません。

より早いタイミングで確実にキャッシュバックを受け取りたい方は、カシモWiMAXの当サイト限定プランがおすすめです。

以上がGMOとくとくBBの特徴です。GMOとくとくBBがおすすめな方をまとめると以下のとおり。

GMOとくとくBBがおすすめな方

  • WiMAXへ乗り換える際に他社ネット回線の高額な違約金が発生する方
  • WiMAXを契約するか光回線を契約するかまだ悩んでいる方
  • 引っ越しの際に光回線を契約したいが
    開通が間に合わない方

GMOとくとくBB WiMAXをより詳しく知りたい方、当サイト限定キャンペーンの適用方法を確認し申し込みたい方は、以下のボタンから解説記事をご確認ください。


\合計33,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBBの
キャンペーン詳細はこちら!


WiMAX +5Gを契約する際は、業界最安級の以下の3社から自身にあったWiMAXプロバイダを選びましょう。

WiMAX+5G対応のプロバイダ
選び方まとめ
  • 業界最安値でWiMAXを契約したい方は
    カシモWiMAXがおすすめ
  • 現金キャッシュバックを早く受け取りたい方、クレジットカードをお持ちでない方、Amazonを利用していない方はBIGLOBE WiMAXがおすすめ
  • 他社からWiMAXへ乗り換えの方、光回線とWiMAXで迷っている方は
    GMOとくとくBBがおすすめ
※プロバイダ名をクリックすると各プロバイダの解説記事へ進みます。

他社のポケット型WiFi(モバイルWiFi)端末と徹底比較!

WiMAX+5Gを他社のポケットWiFi端末と比較

ここからは、WiMAX+5Gと他社の5G通信サービスの違いを確認しましょう。比較対象のWiFiサービスは以下の通信大手4社。

比較対象の5G対応通信サービス

  • WiMAX(ワイマックス)
  • docomo(ドコモ)
  • SoftBank(ソフトバンク)
  • au KDDI

上記4社をおさえておけば、他社との違いを理解したうえでWiMAXを検討できます。比較結果は以下のとおり。

サービス WiMAX +5G docomo 5G SoftBank 5G au 5G
端末名 Speed Wi-Fi
5G X12
Wi-Fi STATION
SH-52A
Pocket WiFi
5G A004ZT
Speed Wi-Fi
5G X12
下り最大
通信速度
3.9Gbps 4.1Gbps 3.0Gbps 3.9Gbps
端末価格
(税込)
27,720円 68,904円 69,840円 27,720円
実質月額料金 3,816円※1 10,007円 6,164円 6,104円
※2024年7月時点で公式サイトに掲載されている最新の情報をもとに記載しています。
※1 実質月額料金が最安値の「カシモWiMAX」で当サイト限定キャンペーンを適用し契約した場合。


「WiMAX+5G」と他社5G対応サービスとの比較結果

  • 他社の5G対応のポケット型WiFiと比較して「WiMAX+5G」は実質月額料金が最安
  • 端末代金は「WiMAX+5G」と「au」のSpeed Wi-Fi 5G X12が最安値
  • モバイルWiFi端末の最大通信速度は「docomo」が最速

現在、WiMAX+5Gで契約できるモバイルルーターの中でも最安のX12の価格は27,720円

他社の5G対応ポケット型WiFiと比較すると、WiMAXはかなり安いです。docomoやSoftBankが販売している5G対応のモバイルルーター(ポケット型WiFi)は7万円前後。X12の約3倍の価格です。

X12は他社の5G対応ポケット型WiFiよりも最大通信速度が劣りますが、最大通信速度はベストエフォート値と呼ばれ実際の速度とは違います。

そこで、当サイトはドコモのSH52-BとWiMAXのX12の速度を計測し、比較してみました!結果は下記のとおり。

WiMAX+5Gとドコモの
通信速度比較

端末機種 WiMAX(X12) ドコモ(SH-52B)
X12端末画像 SH52B端末画像 SH52B端末画像
5G回線
平均速度
下り 116.4Mbps 35.6Mbps
上り 6.87Mbps 15.6Mbps
4G回線
平均速度
下り 72.24Mbps 51.4Mbps
上り 8.81Mbps 4.1Mbps
※合計5回計測した平均値を算出しています。

\通信速度の検証結果/

上記のとおり、ドコモのSH-52Bの方が最大通信速度はX12よりも高いものの、実際の通信速度はWiMAXのX12の方が速いことが判明しました。

通信環境や時間帯によって通信速度は常に変化しますが、ドコモのポケット型WiFiに3万円も支払う必要はありません。十分に通信速度の速いWiMAX端末を無料で購入したほうがお得なのは明らかです。

「コスパの良い5G対応ポケット型WiFiを手に入れたい」方は、WiMAX+5GのX12が間違いなくおすすめ。

WiMAXプロバイダによっては、5G端末が無料なので、契約時にはサービスをよく比較しましょう。(プロバイダの比較に戻る)

次章では、WiMAX+5Gと他社のホームルーターサービスも比較していきます。

WiMAX+5Gと他社の5G対応ホームルーターを比較!



5G対応の据え置き型ホームルーターは工事不要にも関わらず、光回線並みの通信速度でインターネットに接続できるため、固定回線の新たなトレンドになりました。

ドコモやソフトバンクなど大手通信キャリアも独自のホームルーターサービスを提供しています。まずは、下記の比較表をご覧ください。

WiMAX+5Gと他社の5G対応ホームルーターを比較

5G回線
サービス
エリア 最大速度 平均実測値※1 通信容量 利用場所 実質月額料金※2 キャッシュバック
・割引特典
その他の特典 こんな人におすすめ
ランキング1位
wimax5gロゴ
詳しい解説に進む
au 5G・4G
WiMAX2+
下り:4.2Gbps
上り:183Mbps
下り:210.47Mbps
上り:29.82Mbps
Ping値:46.57ms
無制限 持ち運び可 4,123円※3 25,000円※4
端末代金が実質0円
au、UQのスマホ料金が
最大1,100円の月額割引
スマホがau・UQユーザー
業界最速クラスの5G対応ホームルーターをリーズナブルな価格で利用したい人
ホームルーターをお住まいの住所以外でも使いたい人
ランキング2位
ドコモ home5g 詳しい解説に進む
ドコモ5G・4GLTE 下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
下り:192.65Mbps
上り:20.33Mbps
Ping値:48.11ms
無制限 契約住所のみ 4,516円 20,000円
端末代金が実質0円
ドコモのスマホ料金が
最大1,100円の月額割引
スマホがドコモユーザー
月額料金が高くてもドコモの5G・4GLTE(プラチナバンド含む)回線でWiFiを利用したい人
ランキング3位
ソフトバンクエアー
詳しい解説に進む
Softbank5G
・AXGP・4GLTE
下り:2.1Gbps
上り:非公開
下り:100.59Mbps
上り:9.11Mbps
Ping値:45.13ms
無制限※5 契約住所のみ 2,912円 34,000円
端末代金が実質0円
ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ料金が
最大1,100円の月額割引
スマホがソフトバンク・ワイモバイルユーザー
月額料金をなるべく抑えて5G回線のWiFiを利用したい人
※1.「みんなのネット回線速度」を参照した2024年5月までの直近3ヶ月間における平均実測値。
※2.端末代金が3年の分割で契約する通信事業者が多いため、36ヶ月間の総額(月額料金、契約事務手数料、端末代金、キャッシュバック・割引含む)を36回で割った金額。
※3.当サイトで比較したWiMAXプロバイダのなかで最安値であるカシモWiMAXの実質月額料金を掲載。
※4.当サイト限定キャンペーン。
※5.利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。


5G対応ホームルーターは総合的にWiMAX+5Gが最もおすすめ

WiMAX+5Gのホームルーターはauの5G・4GLTE・WiMAX2+エリアを利用可能で最大速度は4.2Gbpsです。

auスマートバリューを利用するとau・UQモバイルの毎月の携帯料金が最大1,100円引きになります。さらに、月間30GBの制限があるプラスエリアモードのオプションが無料になり、auのプラチナバンド帯も利用可能。

ホームルーター3社の中で、WiMAX+5Gは平均実測値が一番速く、月額料金も3社の中で2番目に安いため、5G対応ホームルーターを使うなら、総合的にWiMAX+5Gが一番おすすめです。

また、契約住所以外でも利用できる柔軟性は他社にないメリットで、別荘や事務所などにも持ち運べばインターネットへ手軽に接続できます。
WiMAX+5Gのホームルーター

※auのポケット型WiFiはWiMAXと同じ端末/エリア/通信速度/データ容量です。(WiMAXを提供するUQmobileとauはどちらもKDDIが持つサービスのため。異なるのは料金プランのみ。)

ドコモの5G・4Gプラチナバンドを利用するならhome5G

NTTドコモが提供するhome5Gは、WiMAX+5Gと並ぶ最大通信速度4.2Gbpsの5G対応ホームルーターです。WiMAX+5Gと異なるのは、ドコモの5G・4G回線にプラチナバンドまで標準装備しているところ。

WiMAX+5Gはプラチナバンドを利用する場合、プラスエリアモードのオプション月額料金1,100円を追加しなければいけません。そのため、基本プランだけで比較すると、ドコモhome5Gの通信エリアがホームルーター3社では一番広域です。

通信環境は利用者のお住まいの地域によって変わるので、事前に確認は必要ですが、理論値だけで考えると回線の繋がりやすさはhome5Gが一番といえます。
home5G

料金は3社のなかでhome5Gが一番高額ですが、ドコモスマホ利用中なら、セット割で月額料金を安くできます。home5Gは、ドコモの5G回線・プラチナバンド帯を利用したい方におすすめです。

料金重視でソフトバンク・ワイモバイルとセット割を組むならSoftbank Airもあり

Softbank Airは、料金面でおすすめな5G対応ホームルーターです。ただし、WiMAX+5Gやドコモhome5Gと比較すると最大通信速度も実測値どちらも遅く、端末スペックが低いと言わざるをえません。

利用者の通信環境によっては、NetflixやYouTubeなどの高画質な動画を見る場合、ストレスを生じる懸念もあります。

また、夜間の利用は通信品質を保つために速度制限がかかる可能性もあり、総じておすすめしにくいサービス仕様です。

ただし、Softbank Airをモバレコエアーで契約したときの実質月額料金は2,912円で業界最安クラスのホームルーターになります。
モバレコエアー

SoftbankAirは、ソフトバンク・ワイモバイルのスマホを使っていて、とにかくセット割で月額料金を安くしたい方は検討するとよいでしょう。

5G対応ホームルーター3社のまとめ

  • 料金と通信速度の両方を考えると、
    最もおすすめはWiMAX+5G
  • 一番高額になるがドコモの5G・プラチナバンドを利用したいなら、home5G
  • 通信速度は遅いが
    料金一択で見ると、Softbank Air

携帯のセット割を考慮に入れなければ、5G対応のホームルーターサービスも総合的にWiMAX+5Gがおすすめです。ここまで読んで、WiMAX+5Gでホームルーターを利用したい方WiMAXプロバイダの比較に戻りましょう。

最後に、ここまでの振り返りや、5Gの基本的な情報をご紹介します。

5GのWiMAXについて、さらに詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください!

よくあるご質問はこちらから確認!

WiMAX+5G Q&A

ここでは、これまで紹介したWiMAX +5Gについてよくあるご質問をQ&A形式で振り返ります!「5G」についてもより詳しく解説していますので、「そもそも5Gってなに?」という方はぜひこちらからご確認ください。

速度が速いだけ?5Gでも遅いことはあるの?

5Gとは、2020年からサービスを開始した「第5世代移動通信システム(5th Generation)」の略称。

超高速・大容量の通信が可能で、多くの接続を低遅延で実現できます。

5Gはより多くの人が、より遅延の少ない(リアルタイムに近い)通信を可能にしてくれるのです。

しかし、「WiMAX +5G」を契約しても5G回線に接続していなければ、通信速度は5Gの恩恵を受けられません。WiMAX+5Gを利用しているのに速度が遅いと感じる場合は、5G回線に接続しているか確認をしましょう。

最もお得にWiMAX +5Gを利用する方法は?

最安値のWiMAXプロバイダは「カシモWiMAX」です。カシモWiMAXは他社同様、WiMAX+5G対応機種が無料で契約できて、通信容量も無制限。

当サイト限定のキャッシュバックキャンペーンを活用すると業界最安値でWiMAXを利用できます。

カシモWiMAXの詳細に戻る場合はこちらからスクロール

5Gと5GHz(ギガヘルツ)は何が違う?

5Gに似た言葉で、5GHz(5ギガヘルツ)がありますが、こちらは通信帯域を表します。

Hz(ヘルツ)とは、「周波数の単位」のこと。周波数が高い電波ほど障害物に弱い反面、多くの情報量を通信できます。

WiMAXでは2.4GHz帯と5GHz帯の両方を用いており、5GHz帯は接続できる範囲が制限されますがより高速です。

WiMAX +5Gはこれまでと何が違う?プランは変更可能?

これまでのWiMAX 2+と比較して下記の部分が大きく変わりました。

  • 最大通信速度が向上。5G通信に対応!光回線越えの速さを実現
  • 速度制限が緩和しデータが無制限
  • au回線も制限緩和され、月間無制限に変更

WiMAX+5G対応端末を利用すれば5Gエリアだけでなく、4GエリアもWiMAX2+よりも速い通信速度で利用可能。

現在ご利用のプランからWiMAX+5Gへ変更したい場合、ご契約中のプランを更新月に変更手続きを行いましょう。

WiMAX +5Gを申し込みする場合の注意点は?

WiMAX +5Gはこれまでのプランと比較して容量制限や速度面で進化しましたが、WiMAX +5Gをお申し込みの場合は下記の点に注意しましょう。

  • 5Gが利用できるエリアは限定的
  • 端末料金が高額
  • 月額料金は従来のプランと比較して高額

プラン料金は従来のWiMAX2+よりも割高の場合もあるので、しっかりと各サービスを比較してWiMAX+5Gを契約しましょう。

サービスによっては端末代金が無料で購入できる他、お得なキャンペーンを実施しています。

おすすめの5G対応モバイルルーターは?

5G対応モバイルルーターのおすすめ機種はSpeed Wi-Fi 5G X12。最新端末の「X12」は、最大通信速度が3.9GbpsとWiMAXのモバイルルーター端末史上最大の速度です。

ホームルーターは自宅のコンセントに挿すだけでインターネットが使えるの?

WiMAXのホームルーターは自宅のコンセントに指すだけですぐにインターネットが利用可能。5G対応ホームルーターのおすすめ機種はSpeed Wi-Fi HOMEL13

最新端末の「L13」は、最大通信速度が4.2Gbpsとホームルーター型のWiMAX史上最速です。同時接続台数も32台とモバイルルーターX12よりも多いため、自宅で複数人がインターネットを利用したい場合はL13がおすすめです。

最もお得にWiMAX +5Gを利用できるキャンペーンは?

2024年7月現在、最もお得に利用できるのは当サイト限定キャンペーン実施中の「カシモWiMAX」

現在WiMAX +5Gは「UQWIMAX」「au」など20社以上が取り扱っていますが、カシモWiMAXは「業界最安値の月額料金」「確実に受け取れる高額キャッシュバック」「端末代金実質無料割引」によって圧倒的に安い料金を実現しています。


最もお得なWiMAX+5G
カシモWiMAXの詳細までスクロール

※「WiMAX 2+の4G速度が440Mbpsから220Mbpsに半減する」という表記は、UQコミュニケーションズの公式ページをもとに記載しております。
https://www.uqwimax.jp/information/202204281.html
※ポケットWiFi(ポケットワイファイ)はソフトバンクの登録商標です。当サイトではソフトバンクのポケットWiFiを含むモバイルWi-Fiルーターの総称は「ポケット型WiFi・モバイルWiFi」として記載しています。