今月の最安値はこちら!ワイマックスプロバイダの料金解説

WiMAXで最安のプロバイダはどこ?23社の料金を徹底比較【2024年4月最新版】
  • 最終更新日:2024年4月15日
WiMAXで最も安いのは?23社の最新価格を徹底比較
「WiMAXプロバイダによって価格は違うの?」
「WiMAXの価格相場はいくら?」
「WiMAXを最も安い価格で利用できるプロバイダを知りたい」


WiMAXについてお調べの方は、このように思っているのではないでしょうか?

しかし、プロバイダの価格を比較する際に、月額料金の安さだけで決めてしまうと、実は総支払い金額で他のプロバイダの方が安いことも。

キャンペーンが豊富なWiMAXは、キャッシュバック価格や割引価格も踏まえた「実質月額料金」で比較することが重要です!

安いWiMAXプロバイダの最新情報をまとめている当ページでは、WiMAXの料金プランとキャンペーンを踏まえ、プロバイダ23社の本当の価格を比較した結果をご紹介します。

2024年4月現在、最も安い価格のWiMAXを申し込みたい方は必見です!


【2024年4月最新版】
最安のWiMAXプロバイダランキング
ランキング1位

カシモWiMAX

カシモWiMAXロゴ

業界最安値の
WiMAXプロバイダ!

実質月額料金

3,896円

キャッシュバック

23,000円

詳細までスクロール
ランキング2位

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBロゴ

乗り換えの際におすすめの
WiMAXプロバイダ

実質月額料金

3,910円

キャッシュバック

25,000円

詳細までスクロール
ランキング3位

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXロゴ

口座振替なら最安値の
WiMAXプロバイダ

実質月額料金

4,082円

キャッシュバック

16,300円

詳細までスクロール



宮城紘司

【新聞社推薦】通信プロバイダ比較の専門家 宮城紘司

通信サービスに関する正しい情報を届ける「WiMAX比較.com」の編集長を務める他、ネット回線専門家として、通信プロバイダや通信端末の比較記事における監修も務める。WiMAX比較.comは、ポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万人以上のネット回線契約をサポートしています。監修者について

WiMAX比較.com編集部

年間最高1,000万PVの通信系比較メディア「WiMAX比較.com」を運営する編集部です。
通信領域に精通するメンバーで構成している当編集部は、WiMAXを始めとするポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万名様以上のネット回線契約をサポートしています。
運営会社情報



WiMAXプロバイダを安い価格で契約するには実質月額料金でプロバイダを比較!

WiMAXの契約プラン比較!お得な価格のプランは?

WiMAXはCMなどでも有名なUQWiMAX以外にも、20社以上のプロバイダ(代理店)で契約ができます。どのWiMAXプロバイダで契約しても使用する通信回線は全く同じなため、通信品質に差はありません。

唯一、プロバイダによって違う要素が「価格」です。

そのため、WiMAXをお得な価格で契約するには、プロバイダの利用料金を比較する必要があります。WiMAXプロバイダの価格を比較する前に、まずは現在提供している料金プランの概要を紹介します。

WiMAXの利用プラン「ギガ放題プラスSプラン」の端末や料金の概要

現在、WiMAXで契約できる利用プランは「ギガ放題プラスSプラン」です。ギガ放題プラスSプランで利用できるデータ容量や通信端末はどのWiMAXプロバイダも同じです。そのため、プロバイダによってデータ容量の制限が異なることなどはないので、ご安心ください。

WiMAXのギガ放題プラスSプランの概要は以下のとおり。

WiMAXの利用プラン 概要

プラン名 ギガ放題プラスSプラン
データ容量(通信制限) 無制限
実質月額
料金※1
3,896円~
契約期間 縛りなし~2年間
解約違約金 0円~4,000円※2
WiFi通信端末 X12 L13
X12端末画像 L13端末画像
モバイルルーター ホームルーター
最大通信速度
(上り/下り)
3.9Gbps/183Mbps 4.2Gbps/286Mbps
5G通信 対応
au回線の利用 オプションなしで標準利用可能
端末代金 27,720円※3
※1 支払い総額から割引金額を差し引き、契約月数で割って均した「1ヶ月あたりの支払料金」のこと。WiMAXプロバイダによって月額料金は異なります。詳細は記事の後半で解説します。
※2 契約期間内に解約した場合。プロバイダによって異なる。
※3 WiMAXプロバイダによっては通信端末が無料の場合もあります。

WiMAXで契約できる通信端末は、ポケット型WiFiホームルーターの2種類があります。

WiMAXの通信端末

  • ポケット型WiFi(モバイルルーター):小型の通信端末で持ち運びが可能。屋内外で利用できる利便性の高い通信端末。
  • ホームルーター:据え置き型の通信端末。コンセントにさすだけで利用できる通信性能に優れた通信端末。

WiMAXの通信端末は利用用途によって選びましょう。外出中でもWiMAXを利用したい方はX12(モバイルルーター)、自宅でのみWiMAXを利用する方はL13(ホームルーター)がおすすめです。

WiMAX端末の選び方

移動中やカフェなどでインターネットを利用したい方は小型で持ち運びが可能なモバイルルーターX12が良いでしょう。

一方、自宅でリモートワークをされる方や複数人で同時にインターネットを利用することが多い方はホームルーターL13がおすすめ。

通信端末の最大通信速度は4.2Gbpsと、以前の機種の倍近い速度を誇ります。一般的な光回線の最大通信速度が1Gbpsであることからも、3Gbps以上の最大通信速度を誇るWiMAXは、光回線に匹敵する十分なスペックです。

WiMAXの概要まとめ
  • 利用プランはギガ放題プラスSプラン
  • データ容量は毎月無制限!
  • 外出時にもWiMAXを利用したい方はモバイルルーターX12がおすすめ
  • 主に自宅でWiMAXを利用する方はホームルーターL13がおすすめ

ギガ放題プラスSプランで利用できる通信端末はどのWiMAXプロバイダも同じです。通信回線も変わらないため、WiMAXプロバイダ間で異なるのは主に月額料金と割引額です。

契約時期によって月額料金が2~3回変更するプロバイダも存在するため、割引額と含めて総合的に価格がお得なWiMAXプロバイダを探すのは難しいでしょう。

そのため、当サイトは複数のWiMAXプロバイダを簡単に比較できる「実質月額料金」という比較軸でWiMAXプロバイダを比較しています。

次章で実質月額料金について詳しく解説していきますので見ていきましょう。

WiMAXの価格は実質月額料金で比較するのがおすすめ

WiMAXプロバイダは実質月額料金で比較

WiMAXの価格は月額料金で決まるイメージが強いですが、WiMAXプロバイダによってはキャッシュバックや契約事務手数料の割引が受けられるキャンペーンを実施しているので、WiMAXの価格を決めるのは月額料金だけではありません。

WiMAXプロバイダによって異なる価格を適正に比較するには「実質月額料金(平均月額料金)」の比較が重要です。

実質月額料金とは、契約期間内に発生する費用(月額料金、契約事務手数料、端末代金など)の合計額から割引額を加えた総額料金を契約月数で割った料金のこと。

すべての費用と割引額を含んだ実質月額料金であれば、WiMAXプロバイダによって月額料金や割引額が異なっていても同じ基準で比較ができます。

つまり、実質月額料金が安いWiMAXプロバイダこそがWiMAXの価格が確実にお得なWiMAXプロバイダということです。

ここからはWiMAXプロバイダ23社の価格を比較し、どこが最安のWiMAXプロバイダなのかを解説していきます。

料金が安いのはどこ?プロバイダ23社の価格を徹底比較!

WiMAXプロバイダ23社価格ランキング

ここからは価格が安いWiMAXプロバイダを徹底的に比較していきましょう。以下の2つの比較表を用意しました!

比較表の注目ポイント

  1. 実質月額料金・キャンペーン適用後の支払価格(総額)の比較表
  2. 総額の内訳(月額料金やその他費用)・キャンペーンの比較表

特に1つ目の比較表の実質月額料金と総額、この2点に注目してWiMAXプロバイダの比較表を見ていきましょう。

【2024年4月現在】価格が安いWiMAXプロバイダランキング!

価格が安いWiMAX
プロバイダランキング

WiMAXプロバイダ 実質月額料金※1 支払い価格※2
カシモWiMAX
カシモWiMAX
業界最安値!詳細まで
スクロール
3,896円 97,412円
限定価格※3
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
高額キャッシュバック!詳細まで
スクロール
3,910円 97,758円
限定価格※3
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
口座振替では最安価格!詳細まで
スクロール
4,082円 102,044円
限定価格※3
BroadWiMAX 4,701円 117,534円
限定価格※3
ヨドバシWiMAX
(ワイヤレスゲート)
4,620円 115,509円

※1 契約期間内に必要な費用の総額を契約月数で割った金額。多くのWiMAXプロバイダが2年契約であるため、2年利用した場合の平均月額を算出しています。
※2 キャンペーン金額・端末価格・月額料金・初期費用などすべて踏まえた金額
※3 当サイト経由の限定キャンペーンを適用した特別価格


比較表のWiMAXプロバイダのうち、実質月額料金・総額が安い上位3社のカシモWiMAX・GMOとくとくBB・BIGLOBE WiMAXについては、もう少し詳しく料金について確認していきましょう。

※右にスクロールできます

安いWiMAXプロバイダの
総額の内訳(月額料金やその他費用)
・キャンペーンの比較表

WiMAX
プロバイダ
総額の内訳 2年利用時の総額※1
月額料金 端末価格 キャンペーン
カシモWiMAX
カシモWiMAX
当サイト限定
契約初月:1,408円
1ヶ月以降:4,818円
27,720円
(1,155円x24ヶ月)
(24ヶ月利用すれば
実質無料)
※2
Amazonギフト券
23,000円※2
キャッシュバック
97,412円
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
当サイト限定
契約初月:1,375円
1~35ヶ月:3,762円
36ヶ月目以降:4,807円
27,720円
(770円×36ヶ月)
現金25,000円 97,758円
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
当サイト限定

契約初月:0円
1~24ヶ月: 3,773円
25ヶ月目以降:4,928円

27,720円
(1,155円x24ヶ月)
現金 16,300円※2
キャッシュバック

契約事務手数料
3,300円無料
102,044円
※1 ほとんどのWiMAXプロバイダは契約期間が2年間のため24ヶ月(2年)で計算。GMOとくとくBBは端末分割費用が36回(3年)払いのため、端末残債が8,470円発生します。そのため、端末残債も含み計算しています。
※2 当サイト限定キャンペーン適用の場合


価格が最も安いWiMAXプロバイダはカシモWiMAX。月額料金の安さに加えて、高額なキャッシュバックを受け取れることや端末代金が実質無料なことから業界最安値のWiMAXプロバイダとなっています。

上記3社のキャッシュバック・割引キャンペーンは当サイト経由で契約した場合のみです。当サイトと上記3社のWiMAXプロバイダが公式提携することによって、よりユーザーにお得で受け取りやすいキャッシュバックを提供しています。

それぞれ、キャンペーンや料金形態に特徴がありますが、簡単にまとめるとそれぞれのWiMAXプロバイダは以下のような方におすすめです。

  • 業界最安値でWiMAXを契約したい方・端末代金を抑えたい方
  • カシモWiMAXがおすすめ
  • 他社からの乗り換えを検討している方、WiMAXと光回線で契約を悩んでいる方
  • GMOとくとくBBがおすすめ
  • 口座振替で最安のWiMAXを契約したい方
  • BIGLOBE WiMAXがおすすめ

    ※サービス名をタップクリックすると該当部分までスクロールできます


最安級のWiMAXプロバイダ3社を紹介しましたが、ここまでお得に利用できる理由はキャッシュバックキャンペーンを実施しているためです。

つまり、キャッシュバックを受け取ることが安いWiMAXを契約するために重要なポイントになります。おすすめプロバイダの特徴を詳しく確認する前に、キャンペーンの注意点を簡単に確認しておきましょう。

支払総額が変わる?実質価格に要注意

価格の安いプロバイダに潜む注意点

WiMAXは実質月額料金が安いプロバイダがおすすめですが、注意点もあります。なぜなら一見すると価格が安いのに、実際の支払総額では高いこともあるためです。

その理由は、選ぶWiMAXプロバイダによっては「キャッシュバックがもらえない可能性がある」から。

キャッシュバックが受け取りにくい事例

  • キャッシュバック申請が契約から1年後
  • 申請期間が1ヶ月と限られているため、申請期限が過ぎてしまうことが多い
  • キャッシュバックの全額受け取るには、他社サービスからの乗り換えで違約金が発生した場合に限る
  • 契約時にプロバイダが発行したメールアドレスにしかキャッシュバックの申請案内が届かない

上記のようにWiMAXプロバイダによっては、キャッシュバックキャンペーンの受け取り条件が複雑で、申請し損ね受け取り逃すことあります。

実際に契約時期からキャッシュバック受け取り時期までに間が空いているキャンペーンを申し込んだ経験がある方の口コミ・評判が確認できます。

利用者の口コミ・評判
口コミ・評判のロゴ
WiMAX契約から3年で受け取れるキャッシュバックめちゃくちゃ楽しみにしてたんだけどそもそも契約から11ヶ月後に届くメールから口座登録してなきゃいけなかったらしく(何故か、3年経った時メール来るんだと完全に思ってた)メールは180日で消えるのでつまりキャッシュバックも受け取れない事に気付き…
口コミ・評判のロゴ
ポケットWi-Fiの乗り換え3万円キャッシュバックを取り忘れていたことを、受け取り期限の1週間後に気が付くというミスを忘れない。(その社専用のメールアドレスに届く仕様だったから一切確認していなかった)

キャッシュバックを受け取れなかった場合、キャッシュバック金額分がそのまま総額に上乗せされてしまいます。

受け取りについて不安がある方は、当サイト限定のAmazonギフト券キャンペーンのような、申請すれば確実に受け取れるキャッシュバックのキャンペーンを選ぶと良いでしょう!

では、次の章からはいよいよおすすめのWiMAXプロバイダの詳細をご紹介していきます。

おすすめの最安級WiMAXプロバイダTOP3

WiMAXプロバイダ3選

ここまでWiMAXプロバイダ各社の価格を比較してきました。ここからは最安級のWiMAXプロバイダ上位3社をより詳しく解説していきます。

WiMAXプロバイダ
最安ランキングTOP3

プロバイダ ランキング1位
カシモ
WiMAX
ランキング2位
GMO
とくとくBB
ランキング3位
BIGLOBE
WiMAX
カシモWiMAXロゴ GMOとくとくBBロゴ BIGLOBE WiMAXロゴ
おすすめ
ポイント
実質月額料金が業界最安値! 乗り換えに最適! 口座振替なら
最安値!
実質
月額料金
3,896円 3,910円 4,082円
ボタン おすすめ
1位
詳細まで
スクロール
おすすめ
2位
詳細まで
スクロール
おすすめ
3位
詳細まで
スクロール
※支払い総額から割引価格を差し引き、利用想定月数(25ヶ月)で割った「1ヶ月あたりの支払料金」のこと。

最安級のWiMAXプロバイダ上位3社の実質月額料金に大きな差はありません。最安値のカシモWiMAXと2番目に安いGMOとくとくBBの差額は14円

どれを選んでも他社WiMAXプロバイダよりも格安で利用できます。そのため、上位3社の中から自分にあったニーズのWiMAXプロバイダを選びましょう。

最安級WiMAXプロバイダの選び方

最後まで確認いただければ、自身に最も合った価格の安いWiMAXプロバイダを契約できます。まずは、業界最安値のカシモWiMAXから確認していきましょう。

おすすめ1位:カシモWiMAX | 実質月額料金が業界最安値

カシモ WiMAXの特典

カシモWiMAXは業界最安値で利用でき、Amazonギフト券23,000円分のキャッシュバックが手間なく確実に受け取れるWiMAXプロバイダ。

カシモWiMAXが業界最安値で利用できる理由は、2つの当サイト限定キャンペーンにあります。

カシモWiMAXの
当サイト限定キャンペーン

確実に受け取れるAmazonギフト券23,000円分キャッシュバック

カシモWiMAXの当サイト限定キャッシュバックキャンペーン

カシモWiMAXは、当サイト経由での申し込み限定でAmazonギフト券23,000円分のキャッシュバックキャンペーンを受け取れます。

カシモWiMAXのキャンペーンの詳細は以下のとおり。

カシモWiMAXの
キャッシュバックキャンペーン

契約サイト WiMAX比較.com 他社比較サイト 公式サイト
キャッシュ
バック額
23,000円 22,500円 なし
受け取り
時期
キャンペーン
申請から
2週間後
契約から
6ヶ月後
なし
キャッシュ
バック
申請期限
なし あり
※ 契約中はいつでも申請が可能(最長3年間)

公式サイトや他社比較メディアと比べても高額で受け取り時期も早いのが特徴です。

WiMAXプロバイダの実施している高額キャッシュバックの多くは、「受け取り時期が半年後や1年後」「申請期間が短い」という条件があり、契約者がキャッシュバックを受け取り損ねてしまうケースも見られます。

以下の最安級WiMAXプロバイダ上位3社のキャンペーン比較表をご覧ください。

最安級WiMAXプロバイダ
上位3社のキャンペーン比較

WiMAX
プロバイダ
カシモ
WiMAX
GMOとくとく
BB
BIGLOBE
2年利用時の
総額
97,412円 97,758円 102,044円
実質月額
料金
3,896円 3,910円 4,082円
キャッシュ
バック
金額
Amazon
ギフト券
23,000円
現金
20,000円
現金
16,300円
キャンペーンの
申請可能
時期
端末到着後
すぐ~
端末到着月を
含む11ヶ月目
端末到着月の
翌月1日~
キャンペーンの
申請期間
契約期間中
いつでも
※1
1ヶ月間 45日間
キャンペーンの
受取時期
申請の
2週間後
契約の12ヶ月後 申請から
数日後
※1 契約日から最長3年間

最安級WiMAXプロバイダ上位3社と比較してもカシモWiMAXは、最も早く確実にキャッシュバックが受け取れるWiMAXプロバイダです。

カシモWiMAXの当サイト限定キャッシュバックキャンペーンは端末到着後すぐにキャンペーン申請でき、契約中はいつでも申請が可能。

キャンペーンの申請を忘れてキャッシュバックを受け取りそこねてしまう心配もいりません。

そのため、手間なく確実にキャッシュバックを受け取りたい方はカシモWiMAXがおすすめです。

2年間の利用で端末代金が実質無料

カシモWiMAXの端末割引キャンペーン

カシモWiMAXは、当サイト限定で2年間利用することで通常27,720円のWiMAX端末を実質無料で購入が可能です。

通信端末を2年間の分割払いで購入することで毎月、分割払い分の支払額が割引となり端末を実質無料で購入できます。

公式サイトよりも当サイト限定キャンペーンのほうがおすすめな理由は?

公式サイト経由の場合も端末実質無料の割引キャンペーンは実施していますが、端末の分割回数と割引回数が36ヶ月間となり実質3年間の利用が必要です。そのため、端末分割支払い期間が2年で済む当サイト限定の端末割引キャンペーンがおすすめ。

また、カシモWiMAXは端末費用がかからないだけでなく、月額料金も初月は1,000円台、それ以降は永年4,818円で利用可能。

契約期間の経過に応じて毎月の価格が上がることがありません。そのため、毎月の支払いを安くしたい方にもおすすめです。

カシモWiMAXがおすすめな方

  • 業界最安値でWiMAXを契約したい方
  • 手間なく確実にキャッシュバックを受け取りたい方
  • 端末代の支払いをなくして毎月の支払いを安くしたい方

上記に当てはまり、カシモWiMAXを契約したい方は以下のボタンからカシモWiMAXと当サイトの公式提携ページに進みお申し込みください!


\当サイト限定23,000円キャッシュバック!/

お申し込みはこちら!
当サイト限定キャンペーンへ!

【注意事項】※必ずご確認ください

利用規約プライバシーポリシーをご確認ください。
※契約端末が到着後すぐにキャンペーン申請が可能です。
※当キャンペーンは予告なく変更する場合があります。

関連記事

契約前に、実際にカシモWiMAXを利用したユーザーの口コミや評判を確認ておきたい方は解説ページ「カシモWiMAXの評判・口コミは良い?実際のユーザーの声から通信速度や料金を徹底レビュー」をご一読ください。


おすすめ2位:GMOとくとくBB | 乗り換えの際にお得なWiMAXプロバイダ

WiMAX業界最安級のGMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、他社からWiMAXに乗り換えを検討している方、WiMAXか光回線で悩んでいる方におすすめのWiMAXプロバイダ。

GMOとくとくBBの特徴は以下のとおりです。

GMOとくとくBBの特徴

他社からの乗り換え違約金を最大40,000円まで負担

GMOとくとくBBは、他社インターネット回線から乗り換えの場合、他社解約時にかかる解約違約金等相当額(端末残債・工事費残債を含む)最大40,000円までキャッシュバックしてくれます。

現在利用している光回線の工事費残債やホームルーターの端末残債などがある方でも安心してWiMAXへ乗り換えが可能。

そのため、WIMAXに乗り換えたいけど他社の違約金がかかるため悩んでいる方におすすめのWiMAXプロバイダです。

GMOとくとくBBの提供する光回線へ
無料で乗り換え可能



GMOとくとくBBでWiMAXを契約した場合、「どんなときも解約サポート」の適用で「GMOとくとくBB」が提供している光回線に無料で乗り換えが可能。

詳細は以下のとおりです。

どんなときも解約サポートの詳細

  • 面倒な書類手続き無しでWiMAXの端末残債・解約違約金0円
  • 光回線が開通するまで契約中のWiMAXは利用可能
  • 乗換先サービスの開通後にWiMAXは自動的に解約!端末返却も不要
※乗り換え先の光回線をお申込み時の事務手数料3,300円(税込)などは発生します。

GMOとくとくBBはWiMAX以外にも「とくとくBB光」や「ドコモ光」などの光回線も提供しており、WiMAXを契約後に通信速度への不満などがあった場合は、手間なく無料で光回線へ乗り換えが可能。

そのため、光回線とWiMAXのどちらを契約するか迷っている方はWiMAXを利用しながら検討できます。

また、引っ越しのタイミングで光回線を契約したいが開通が間に合わない方も光回線の工事が完了するまでWiMAXが利用しながら待つことも可能です。

当サイト限定の合計25,000円の高額キャッシュバック

GMOとくとくBBは、当サイト限定で合計25,000円の高額キャッシュバックを実施中。これは、当サイト経由での契約者全員が対象となり、乗り換えキャンペーンも併用可能です。

A当サイト限定キャンペーン

キャッシュバック金額 現金25,000円
キャンペーンの
受取時期
契約から1年後
総額 97,758円
実質月額料金※1 3,910円
※1 2年利用の場合で計算。2年利用で解約の場合は端末残債が8,470円発生するため、端末残債を含め計算。

当サイトでGMOとくとくBB WiMAXを契約すると、契約から12ヶ月後に現金25,000円を受け取れます。しかし、申請できる期間は契約から11ヶ月後の1ヶ月間のみ。

万が一申請期限内に申請できなかった場合は、キャッシュバックを受け取ることができないので、忘れずに11ヶ月後に届く申請案内を確認しましょう。キャッシュバックの受け取り忘れを避けたい方は、より早く確実にキャッシュバックが受け取れるカシオWiMAXがおすすめです!

以上がGMOとくとくBBの特徴です。GMOとくとくBBがおすすめな方をまとめると以下のとおり。

GMOとくとくBBがおすすめな方

  • WiMAXへ乗り換える際に他社ネット回線の高額な違約金が発生する方
  • WiMAXを契約するか光回線を契約するかまだ悩んでいる方
  • 引っ越しの際に光回線を契約したいが
    開通が間に合わない方

GMOとくとくBB WiMAXをより詳しく知りたい方、当サイト限定キャンペーンの適用方法を確認し申し込みたい方は、以下のボタンから解説記事をご確認ください。

\合計25,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBBの
キャンペーン詳細はこちら!


おすすめ3位:BIGLOBE WiMAX | 口座振替対応のWiMAXプロバイダの中で最安

BIGLOBE WiMAXの特典

BIGLOBE WiMAXは口座振替対応のWiMAXプロバイダの中で最安値で利用でき、キャッシュバックを全額現金で受け取れるWiMAXプロバイダ。

BIGLOBE WiMAXの特徴

  • 口座振替可能なWiMAXプロバイダで最安
  • 16,300円キャッシュバックが全額現金で受け取り可能
  • 事務手数料と初月の月額料金が無料

口座振替可能なWiMAXプロバイダで最安

GMOとくとくBBやカシモWiMAXなど多くのWiMAXプロバイダはクレジットカード払いのみですが、BIGLOBE WiMAXは珍しく口座振替も選べるWiMAXプロバイダ。

現在口座振替が可能なWiMAXプロバイダは「BIGLOBE、UQ WiMAX、BroadWiMAX」の3社のみ。

口座振替可能なWiMAXプロバイダの
料金比較表

契約プラン 実質月額料金※1 総額※2 キャッシュバック金額※3
BIGLOBE
WiMAX
4,293円 107,324円 16,300円
UQWiMAX 5,218円 187,834円 0円
Broad WiMAX 5,176円 191,528円 10,000円

※1 支払い総額から割引金額を差し引き、契約月数で割って均した「1ヶ月あたりの支払料金」のこと
※2 BIGLOBEは端末の分割払い(24回)を支払い終えるまでの25ヶ月間の総額料金を記載しています。
※3 当サイト限定キャンペーンを適用した場合


比較表のとおり、口座振替対応のWiMAXプロバイダの中でも最安価格で利用できるのがBIGLOBE WiMAXです。そのため、口座振替でWiMAXを契約したい方、クレジットカードをお持ちでない方はBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

キャッシュバックが全額現金で受け取れる

BIGLOBE WiMAXは、16,300円のキャッシュバックキャンペーンが全額現金で受け取れます。

現金キャッシュバックであれば使い道は幅広く、例えば、Amazonギフト券ではできない「BIGLOBE WiMAXの月々の支払い」にも充当できます。

キャッシュバックを全額現金で受け取りたい方はBIGLOBE WiMAXがおすすめです。ただし、申請期間が45日間のみとなっているため注意が必要です。

初期費用を抑えて契約できる

BIGLOBE WiMAXは、当サイト経由での申し込みに限り、通常3300円の申込手数料が無料になります。

また、BIGLOBE WiMAXは初月の月額料金が無料のため、初期費用を限りなく抑えてWiMAXを利用開始できます。 そのため、初期費用の出費をなるべく抑えたい方はBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBE WiMAXがおすすめな方

  • クレジットカードを持っていない方、
    口座振替でWiMAXを契約したい方
  • キャッシュバックを全額現金で受け取りたい方
  • 初期費用を安く抑えてWiMAXを契約したい方

BIGLOBE WiMAXをさらに詳しく知りたい方、当サイト限定キャンペーンの適用方法を確認しBIGLOBE WiMAXを申し込みたい方は、以下のボタンからBIGLOBE WiMAXの解説記事をご確認いただけます。


\16,300円キャッシュバック!/

お申し込みはこちら!
BIGLOBEのキャンペーン詳細へ!


以上が、WiMAXプロバイダの価格比較と、おすすめWiMAXプロバイダTOP3の解説です。

おすすめの最安級WiMAXプロバイダTOP3をまとめると以下のとおり。

最安級のWiMAXプロバイダ
選び方まとめ
  • 業界最安値でWiMAXを契約したい方は
    カシモWiMAXがおすすめ
  • 他社からWiMAXへ乗り換えの方、光回線とWiMAXで迷っている方は
    GMOとくとくBBがおすすめ
  • クレジットカードをお持ちでない方、Amazonを利用していない方は
    BIGLOBE WiMAXがおすすめ

ここまでは、WiMAX契約時に必要になってくる費用をまとめてなるべく簡潔に価格を比較しきました。

最後に、おさらいとして、今回ご紹介したWiMAXの月額料金や初期費用、端末価格などを1つずつ小分けにして詳しく解説する章を設けます。

ここまでのWiMAXの料金に関する内容をもっと詳しく知りたいという方は、契約後に「知らない料金が毎月引かれている…」とならないよう、以下の情報もあわせて確認しておきましょう。

おさらい:WiMAXで支払いが発生する料金について

ワイマックスの価格を決める要素は?

WiMAXの支払い料金は何種類ある?

WiMAXを契約した際に必要な料金は大きく分けて4つ。

  1. 月々支払いが必要な月額料金
  2. 端末料金・契約事務手数料などの
    初期費用
  3. オプション料金
  4. 解約時の違約金

どの料金もすべて固定ではなく、WiMAXプロバイダ(代理店)ごとに内訳は異なります。つまり、必要な料金を合計し、1ヶ月あたりの平均月額料金が最も安いプロバイダを契約するのがおすすめです。

WiMAXの料金について上記4つの要素をそれぞれ見ていきましょう!

1.最重要!WiMAXの月額料金

月額料金と割引キャンペーンについて

月額料金は「基本料金」と「月額割引」を確認しましょう。

各WiMAXプロバイダの公式サイトを除くと「月額〇〇円~!業界最安級!」といったキャッチコピーをよく見かけます。しかし、実際にこの表記の金額が月々の支払い額になることはほとんどありません。

なぜなら、上記の料金は、最初の数ヶ月限定の月額割引が適用されている料金だからです。

そのため、月額料金を見る際は、「月額割引が適用される期間の料金」と併せて、その後の「基本料金」も見ていくことが重要。

また、月額料金とは別に、プロバイダによってはユニバーサルサービス料(2円/月)が発生する場合があります。微々たる費用なのであまり気にならない方もいるかもしれませんが、念のため覚えておきましょう。

おすすめWiMAXプロバイダ3社の月額料金とその他毎月必要な費用は以下のとおりです。

最安級のWiMAXプロバイダとその他月々の支払料金

WiMAX
プロバイダ
月額料金 ユニバーサル
サービス料
電話リレー
サービス料
カシモロゴ
カシモWiMAX

契約初月:
1,408円
1ヶ月目以降:
4,818円

2円/月 1円/月
GMOとくとくBBロゴ
GMOとくとくBB

契約初月:
1,375円
1~35ヶ月:
3,762円
36ヶ月以降:
4,807円

2円/月 1円/月
BIGLOBE WiMAXロゴ
BIGLOBE
WiMAX

契約初月:
0円
1~24ヶ月:
3,773円
25ヶ月目以降:
4,928円

2円/月 1円/月
※ここまでご紹介してきている実質月額料金・総額には、ユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料も含まれています

2.「端末代金」「契約事務手数料」など申し込み時の初期費用を解説

初期費用で端末代金は発生する?

WiMAXに限らず、ポケット型WiFi・モバイルWiFiやスマホ、携帯を契約する際は初期費用がかかってしまうもの。WiMAXの新規お申し込みで発生する初期費用は主に以下の2点です。

  • 契約事務手数料
    → 基本的には、どのWiMAXプロバイダも一律3,300円
  • 端末(ルーター)代金
    → 一括払いの場合は全額、分割払いの場合は分割代金1ヶ月分

契約事務手数料

どのWiMAXプロバイダを契約しても、契約事務手数料として3,300円の費用が発生します。 (特典で手数料が免除される場合は除く)

基本的に契約事務手数料の支払いは、初月の料金とあわせて請求されるので、1回目の支払い料金は高くなることをあらかじめ理解しておきましょう。

今回ご紹介したWiMAXプロバイダの中で唯一契約事務手数料が発生しないプロバイダはBIGLOBE。当サイト経由でご契約された方限定で、契約事務手数料3,300円が無料になります!

さらに、BIGLOBEは初月の月額料金も無料なため、初期費用を抑えたい方はBIGLOBE WiMAXがおすすめ。

注意点:モバイルルーター/ホームルーターの端末代金も発生する(一括払いは非常に高額)

モバイルルーター、ホームルーター端末の代金に関しては注意が必要です。端末の価格は基本的に有料。無料のWiMAXプロバイダもありますが、その分、月額料金が高めに設定されていたりするので、そのあたりも注意して確認するようにしましょう。

端末の価格が異なるだけで、機種の違いや端末のスペック、通信速度、エリアなどに違いはありませんので、ご安心ください。

端末代金は、一括払いで支払うと初期費用が高額になるため、分割払いを利用して毎月少しずつ支払うのがおすすめです!

3.オプション料金は大きく分けて2種類

ワイマックスプロバイダのオプションとは?

これまでご紹介した料金以外にかかるのが、オプション料金。WiMAXのオプション料金は、大きく分けると以下の2種類です。

  • au 4GLTE回線が使える「プラスエリアモード」の利用料金
  • 各WiMAXプロバイダごとの独自オプション料金

オプションとはいえ、1つ目のプラスエリアモードは、WiMAXを利用する方であればどなたでも別途で料金がかかる可能性があります。

au4GLTE回線が使えるプラスエリアモード

すべてのWiMAX契約者に共通するオプション「プラスエリアモード」について説明します。

【プラスエリアモードとは?】


プラスエリアモード WiMAXのプラスエリアモード・プラスエリアモードは、auの4GLTE回線を使ってより広範囲でインターネット通信ができるモードです。

このオプションを使うことで、WiMAX回線の電波が入らない場所でも、au4GLTE回線のエリア内であればインターネット接続が可能です。
通信モードについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ

WiMAXの通信エリア外でも、インターネット通信ができることもあり、プラスエリアモードは非常に便利な機能です。

ただし、プラスエリアモードを1度でも使った場合、利用月には追加でオプション料が月1,100円かかってしまいます。

気づかないうちにオプション料金が発生しないように、LTEの通信が必要な時だけプラスエリアモードに切り替えましょう。

各プロバイダごとのオプション料金

プラスエリアモード以外に、契約するWiMAXプロバイダごとのオプションもあります。代表的なものですと、端末が故障した際の修理費用を補填してくれる「補償サポート」などがあります。

なかには、新規契約の際にオプション契約が必須な場合もありますが、契約するかどうかは契約者の自由です。そのため、料金とサポート内容を見て契約するか判断しましょう。

もしオプション契約が必須な場合は契約後すぐに解約し、余計な料金が発生しないよう注意が必要です。

以上が、WiMAXの契約で発生する基本的な料金の内訳。WiMAXで見るべきポイントは基本的に上記の料金だけですが、1点だけ人によっては追加で支払わなければいけないものがあります。それが、解約違約金です。

意外に見落としがちな解約違約金(+端末残債)について

解約違約金と端末残債はいくら?

WiMAXの解約料金は契約時にはあまり気にしない方が多いですが、いざというときのために確認しておきましょう。

おすすめWiMAXプロバイダの解約料金の比較表を作成したので、まずは以下の比較表をご確認ください。

【契約期間毎のWiMAX解約金例】
WiMAX
プロバイダ
違約金 違約金の支払いが
発生する条件
カシモWiMAX 0円
GMOとくとくBB 0円
BIGLOBE 0円
Broad WiMAX 4,818円 ギガ放題DXコスパプラン
で契約後、
24ヶ月以内に解約した場合
Vision WiMAX 3,872円 ギガ放題プラスS 2年プラン
で契約後、
24ヶ月以内に解約した場合
UQ WiMAX 0円
※端末受け取り月の翌月を1ヶ月目として計算しています。

意外にも解約違約金がかからないWiMAXプロバイダが多いことに驚かれた方もいるのではないでしょうか?

2022年6月までは2年~3年の契約期間内に解約をした場合には、1万円以上の高額な違約金が必要になるプロバイダが多数でした。しかし、2022年7月1日の電気通信事業法の改正に伴い、解約時に請求できる金額の上限はサービスの月額料金となりました。

今では、人気のあるWiMAXプロバイダの多くは違約金を0円(無料)としているところが多数です。

ただし、解約違約金は0円でも、端末の分割払いが残っているタイミングでの解約は、端末残債(残りの端末代)が一括請求される点にご注意ください。

上記の内容も踏まえて、WiMAXプロバイダを選ぶようにしましょう!

WiMAXを最安で契約するために押さえておくべき情報を確認

当ページでは、WiMAXの料金について詳しく解説してきました。ここまでの情報で、どのような料金プランやWiMAXプロバイダを選べばいいのかはお分かりいただけたことと思います。

しかし、実際に契約する際には、他にも知っておくと良い情報がいくつか存在します

ここからの内容も確認をしておくと、WiMAXをより確実にお得に契約できるようになります。

WiMAXを初めて契約する方は特に、ぜひ以下の内容もあわせてご確認ください。WiMAXを契約する際に知っておくと良い知識は全部で4つです。


1つずつ解説します。

キャンペーン・割引がお得なWiMAXプロバイダから契約する

こちらは、ここまでの情報の振り返りです。

WiMAXを最も安く契約するためには、キャンペーンや割引が適用されるプロバイダを選ぶことが重要です。WiMAXの市場は変化が激しく、各プロバイダが毎月様々な独自のキャンペーンや割引を提供しています

契約するタイミングでどのWiMAXプロバイダが最もお得なのかしっかり確認をするようにしましょう。

当サイトは、毎月20社以上のWiMAXプロバイダの最新情報をチェックしています。ご契約の際は、ぜひ当サイトの情報をご確認ください!

また、WiMAXプロバイダによっては、割引やキャッシュバックキャンペーンには条件があることも。こちらも、契約時にしっかり確認しておきましょう。

au・UQモバイルのスマホユーザーはセット割を適用する

こちらは、スマホ代を含めた通信費全体をお得にするために知っておくべき情報です。WiMAXを契約する方が、auもしくはUQモバイルのスマホプランをご利用中の場合は、スマホ代が安くなる割引を適用することができます。

auスマートバリューの場合は最大1,100円、UQモバイルの自宅セット割の場合は最大1,100円、月々のスマホ代が割引になります。

それぞれ3年間に換算すると、なんと39,600円(auスマートバリュー)・30,888円(UQモバイルの自宅セット割)も通信費がお得になります!

WiMAXの月額料金自体がお得になるわけではありませんが、通信費を抑えることができるため、要チェックです。

具体的な割引の詳細は以下の通り。

auスマホをご利用の場合 : auスマートバリュー

auのスマホ料金割引

【割引の内容】
auスマートフォンもしくはau携帯の利用料金が最大1,100円割引になるオプションサービス。

【申し込み方法】
WiMAX契約後、電話、もしくはauショップにて、auスマートバリューを申し込む。

【電話で申し込む場合】
■申し込み窓口
au携帯電話・スマートフォンから : 157
au以外・一般電話から : 0077-7-111 ■必要な情報
名前、生年月日、スマホ契約時の暗証番号

【auショップから申し込む場合】
■必要な情報
名前、生年月日、ご本人確認書類

auスマートバリューの割引額は携帯電話の利用プランによって異なるので、auユーザーは以下の表から利用プランと割引額を確認しましょう。

auスマートバリュー対象プラン auスマートバリュー対象プラン

UQモバイルのスマホをご利用の場合 : 自宅セット割

UQmobileの携帯料金割引

【割引の内容】
UQmobile(UQモバイル)のスマートフォンの利用料金が最大1,100円割引になるオプションサービス。

【申し込み方法】
WiMAX契約後、インターネットコースの申し込みページまたはUQスポットやau Style、auショップで申し込む。

【電話で申し込む場合】
■申し込み窓口
0120-929-818
■必要な情報
名前、生年月日、スマホ契約時の暗証番号

【UQスポット、au Style、auショップから申し込む場合】
■必要な情報
名前、生年月日、ご本人確認書類

【対象プランと金額は?】
  • トクトクプラン/ミニミニプラン:1,100円(税込)
  • くりこしプランS +5G:638円
  • くりこしプランM +5G:638円
  • くりこしプラン+5G L:858円

もしauやUQモバイルのスマートフォンを利用している場合は、WiMAXを利用する際にセット割を適用することを検討しましょう。

ご自身が契約を検討中のWiMAXプロバイダが、上記の割引に対応しているかどうかの確認もお忘れなく。

当ページでおすすめしているWiMAXプロバイダカシモWiMAX・GMOとくとくBB・BIGLOBEはすべてauスマートバリュー・UQモバイルの自宅セット割どちらも適用可能ですので、ご安心ください。

クレジットカード払いを選択する

WiMAXはプロバイダによって、クレジットカードと口座振替の支払い方法が選べますが、基本的にはクレジットカードの支払いがおすすめです。

口座振替の場合、口座振替手数料(月々200円程度)が必要な他、割引キャンペーンが適用されない可能性があります

そのため、クレジットカードをお持ちの場合は、クレジットカード払いで最安のWiMAXプロバイダを選びましょう

最安のWiMAXプロバイダ、カシモWiMAXはクレジットカード払いのみのためどうしても口座振替が良い方はBIGLOBE WiMAXを契約しましょう。

現在口座振替が可能なWiMAXプロバイダはBIGLOBE・Broad WiMAX・UQ WiMAXの3社。どのWiMAXプロバイダも料金はカシモWiMAXよりも高額です。

クレジットカード払いのカシモWiMAXと、口座振替で支払う場合のBIGLOBE・Broad WiMAX・UQ WiMAX3社のプラン料金を比較してみましょう。

※右にスクロールできます
カシモWiMAX BIGLOBE UQ WiMAX Broad WiMAX
支払い方法 クレジットカード 口座振替
端末
料金
27,720円
(1,155円×24ヶ月)

→ 0円※3
27,720円
(一括払い)
27,728円
(770円×36回払い)
31,680円
(880円×36回払い)
その他
費用
契約手数料:
3,300円
契約手数料:
0円

口座振替手数料:
月額220円
代金引換手数料:
440円
契約手数料:
3,300円
口座振替手数料:
無料
代金引換手数料:
440円
契約手数料:
3,300円
初期費用:
20,743円
口座振替手数料:
月額220円
代金引換手数料:
330円
月額
料金
初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,818円
初月:0円
1~24ヶ月目:
3,773円

25ヶ月目以降:
4,928円
1~25ヶ月目:
4,950円
26ヶ月目~:
4,950円
初月:
1,397円
1ヶ月目以降:
3,773円
37ヶ月目以降:
4,818円
キャッシュ
バック※1
23,000円 16,300円 0円 10,000円
実質
月額
料金
3,896円 4,293円 5,218円 5,176円
支払い
総額※2
97,412円 107,324円 187,834円 191,528円
※1 当サイト限定のキャンペーン適用時
※2 BroadWiMAXの端末分割払いが契約月の翌月から36ヶ月払いのため、契約初月+36ヶ月=37ヶ月利用した場合の総額です。その他プロバイダは36ヶ月で計算。
※3 当サイト限定キャンペーンで端末代金実質無料。


上記のとおり、口座振替とクレジットカード払いでは、価格に大きな差があります。特別な理由がない限りは、クレジットカード払いがおすすめです。

余計なオプションには加入しない

WiMAX契約時には、様々なオプションに加入できますが、不要なオプションへの加入は避けましょう。オプションは追加費用がかかる場合が多く、追加した分だけ毎月の支払いが高くなります。

自分のニーズに合わせて必要なオプションのみを選ぶのがおすすめです。

また、契約時にオプションの加入が必須なWiMAXプロバイダもありますが、加入後、一定の期間は料金がかからないことがほとんどです。 加入必須のオプションがある場合は、契約完了後のオプション解約を忘れないようにしましょう。

少しでもWiMAXを安く利用するために、オプションの情報も契約前にしっかり確認しておくことが重要です。

WiMAXの料金・価格に関するまとめ

ワイマックスで支払う価格まとめ

ここまでWiMAXで支払う料金について様々な視点から見てきました。最後にここまでお伝えした内容についてまとめていきます。以下をご覧ください!

まとめ
  • 料金比較は「月額料金」「初期費用」「端末価格」「オプション」「キャンペーン」を考慮する
  • 「実質月額料金」「総額」で比較をするとプロバイダ間の価格差がわかりやすい
  • 解約料金は0円(無料)のWiMAXプロバイダが多い(ただし、端末残債の支払いに注意)
  • 最安価格で最もおすすめなWiMAXプロバイダはカシモWiMAX

データ容量無制限で5Gの通信回線が利用でき、かつ月額料金も安いと評判のWiMAX。料金の内訳は少々複雑ですが、ここまで読んでいただければ、料金体系についての理解は完璧です。

ここまでの情報を踏まえて、あなたの利用用途や希望に沿ったWiMAXプロバイダを選んでいきましょう。

料金だけでなく、端末の選び方などもあわせて知りたいという方は、当サイトトップページの内容もあわせてご確認ください。WiMAXの選び方をシンプルにまとめています。


WiMAXの
プラン・端末・プロバイダ
の比較と選び方はこちら


WiMAXプロバイダの価格に関するよくある質問

ワイマックスの料金に関するQ&A

最後に、ここまでお伝えした内容とあわせて「WiMAXの正しい選び方」をQ&A形式でお届けします。WiMAXの契約を検討している方はぜひご一読ください。

WiMAXプロバイダの価格を比較する前に知っておきたいポイントは?

WiMAXでは各プロバイダが積極的にキャンペーンを実施しています。

そのため、価格を比較する際はプロバイダの月額料金に加えて、キャッシュバック価格や割引価格を差し引いた「実質料金」で比較することが重要です。

おすすめの料金プランは?

おすすめの料金プランはギガ放題プラスSプランです。データ通信容量は毎月無制限なので使い放題。最新の5G回線に対応している通信端末が利用でき、最大通信速度は4.2Gbps。

なお、過去にWiMAXから提供されていた月間7GBまで利用できる「通常プラン」と、3日で10GBの制限があるものの月間容量に制限のない「ギガ放題プラン」はすでに全プロバイダ新規受付を終了しています。

おすすめのルーター(端末)は?

WiMAXのルーター(端末)は利用用途によっておすすめが異なります。

外出時にも持ち運び、移動中やカフエでもWiMAXを利用したい方には、モバイルルーターX12がおすすめ。

自宅やオフィスなど屋内で複数人と同時にWiMAXを利用したい方はホームルーターL13がおすすめ。

最も価格の安いWiMAXプロバイダは?

現在、キャンペーン割引などを加味した「実質月額料金」が最安のWiMAXプロバイダはカシモWiMAXです。

クレジットカードをお持ちでない方、口座振替でWiMAXを契約したい方は、口座振替対応のWiMAXプロバイダのなかで最安のBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

WiMAXの実質料金比較で気をつけたい「落とし穴」とは?

実質料金の安いWiMAXプロバイダでも、「キャッシュバック」を受け取り忘れてしまうと実際に支払う料金が大幅に高くなってしまうので注意が必要です。

キャッシュバックキャンペーンの金額だけでなく、「申請時期」「申請期間」「受け取り方法」などにも注意して、確実に受け取れるかどうかを確認しておくことがとても大切です。

当サイト限定のAmazonギフト券キャンペーンは、「端末到着から契約期間中はいつでも」申し込めるので、安心のキャンペーンです。(最長で端末の分割払いが終了する3年間は申し込み可能です。)

最後までお読みいただきありがとうございます!このページがあなたのWiMAX選びの一助になりましたら幸いです。

「もう一度価格比較結果を確認したい!」という方は以下のボタンで該当部分まで戻ることができるので、ぜひご活用ください。


プロバイダ23社の価格比較を
もう一度確認する


※「Pocket WiFi(ポケットワイファイ)」はソフトバンク株式会社の登録商標ですが、近年は持ち運び可能なWiFiルーターを総称して「ポケットWiFi」と呼ばれることが一般化してきました。 当サイトでもこれまで一般化している「ポケットWiFi」という言葉を使って記事を作成していましたが、ソフトバンク株式会社より指摘を受けたため、ポケットWiFiを「ポケット型WiFi・モバイルWiFi」として記載しています。