口座振替対応!ポケット型WiFi・モバイルWiFiおすすめ11社を徹底比較【2024年5月最新】

口座振替対応!ポケット型WiFi・モバイルWiFiおすすめ11社を徹底比較
  • 最終更新日:2024年3月13日
口座振替可能なポケットWiFi(ポケットワイファイ)を比較
ポケット型WiFiの利用を検討中の方で、クレジットカード支払いでないとポケット型WiFiを契約できないと思っている方もいるのではないでしょうか?

多くのポケット型WiFiの支払い方法はクレジットカード払いのみですが、口座振替対応のポケット型WiFiもあります。

そのため、クレジットカードを持っていない方や、クレジットカードを使用したくない方も、ポケット型WiFiを利用できます。

しかし、口座振替対応のポケット型WiFiはそれぞれ、料金や通信速度、データ容量が異なり、どれを選べばいいのか一見わかりづらいです。

なかには口座振替にすると割引キャンペーンが適用されないポケット型WiFiもあります。

そこで、当記事では、口座振替に対応しているポケット型WiFiの料金やサービス、キャンペーン内容を徹底的に比較しました。

口座振替対応のポケット型WiFiの選び方、一番お得な口座振替対応のポケット型WiFiを知りたい方は必見です!

おすすめの口座振替対応ポケット型WiFiをすぐに知りたい方は、下記の「おすすめの口座振替対応ポケット型WiFi5選」へお進みください。


おすすめの口座振替対応の
ポケット型WiFi5選を
確認したい方はこちら




宮城紘司

【新聞社推薦】通信プロバイダ比較の専門家 宮城紘司

通信サービスに関する正しい情報を届ける「WiMAX比較.com」の編集長を務める他、ネット回線専門家として、通信プロバイダや通信端末の比較記事における監修も務める。WiMAX比較.comは、ポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万人以上のネット回線契約をサポートしています。監修者について

WiMAX比較.com編集部

年間最高1,000万PVの通信系比較メディア「WiMAX比較.com」を運営する編集部です。
通信領域に精通するメンバーで構成している当編集部は、WiMAXを始めとするポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万名様以上のネット回線契約をサポートしています。
運営会社情報



ポケットWiFi(ポケットワイファイ)は
ソフトバンクの登録商標です


ポケットWiFi(ポケットワイファイ)は、ソフトバンクの登録商標ですが、近年は持ち運び可能なモバイルWiFiルーターを総称して、一般的に「ポケットWiFi(ポケットワイファイ)」と呼ばれています。

当サイトでもこれまで一般化していた「ポケットWiFi」を使用して記事を作成してきましたが、ソフトバンク株式会社よりご指摘を受け、2022年4月からポケットWiFiの総称はポケット型WiFi・モバイルWiFiとして記載しています。

口座振替対応のポケット型WiFiを比較する際の4つのポイント

口座振替対応のポケットWiFiの比較ポイント

まず、ポケット型WiFiの比較ポイントを解説します。ポケット型WiFiの比較ポイントを理解すれば、自分の希望にあったポケット型WiFiを契約できます。

ポケット型WiFiを比較する際に押さえるべきポイントは、下記の4点です。

ポケット型WiFi4つの比較ポイント

  • 通信回線
  • 通信速度
  • 通信容量
  • 月額料金

上記4つのポイントで比較すると、通信容量の少なさや、速度の遅さに不便を感じず利用できます。

1つずつ詳しくみていきましょう。

比較ポイント① 通信回線

ポケット型WiFiはプロバイダごとに通信回線が異なります。ポケット型WiFiの通信回線は、大きく分けると「WiMAX2+回線」と「LTE回線」の2種類です。

WiMAX2+回線はUQコミュニケーションズが提供する通信技術(無線WiFi)のこと。

WiMAX2+・au LTE・au 5Gの回線を用いています。他社回線と比較して通信速度の最大値が高いのが特徴です。

また、5G通信にも対応しています。

5G通信とは


  • 5G通信とは、大容量データを超高速で通信ができ、複数台で同時に接続しても遅延しにくい通信回線のこと

一方、LTE回線は大手携帯キャリア(docomo、au、SoftBank、楽天モバイル)の通信回線で、携帯画面には「4G」と表示されます。

ポケット型WiFiでもこのLTE回線の利用が可能です。

大手キャリアの通信回線を利用するため、地域ごとに多くの基地局があり、安定した通信ができます。

また、2019年以降、複数のLTE回線を1台で利用できるクラウドSIMが普及し、クラウドSIMを用いたポケット型WiFiであれば、幅広いエリアでの安定した通信が可能です。

クラウドSIMとは

  • クラウドSIMという仮想のSIMカードを搭載。3大キャリアのLTE回線(docomo,au,SoftBank)の中から、最も接続状況の良い回線に自動的に接続してくれます。

通信速度でポケット型WiFiを選ぶならWiMAX2+回線、安定した通信で選ぶならLTE回線がおすすめです。

WiMAX2+回線とLTE回線はどちらも99%以上の人口カバー率を誇っているため、基本的に全国エリアで通信が可能です。

都市部での利用はどのポケット型WiFiもおすすめですが、利用回線によっては、繋がりにくい場所や圏外エリアも見られます。

念のために自宅や頻繁に使う場所を確認しておきましょう。

WiMAX(au)の対応エリア:https://www.uqwimax.jp/wimax/area/map/default/
WiMAXの対応エリアの説明

ドコモ利用可能エリア
ドコモ(docomo) home5Gの対応エリア:https://www.nttdocomo.co.jp/area/?icid=CRP_menu_to_CRP_AREA
ソフトバンクエアーの対応エリア
ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の対応エリア:https://www.wirelesscity.jp/area/map/
Rakutenの対応エリア
Rakuten Turboの対応エリア:https://network.mobile.rakuten.co.jp/internet/turbo/area/

比較ポイント② 通信容量

ポケットWiFiを選ぶ際に重要な比較ポイントとなるのが、通信容量です。

通信容量は、契約するポケット型WiFiのプロバイダやプランによって異なります。

月間の通信容量に制限があるポケット型WiFiもあれば、通信容量無制限のポケット型WiFiもあります。

ポケット型WiFiは、通信量が上限を超えると速度制限がかかります。

速度制限中は、Webページの閲覧や動画の視聴が困難になり、ポケット型WiFiがほとんど使い物になりません。

そのため、ポケット型WiFiを仕事で利用する方や頻繁に動画を視聴する方、オンラインゲームをする方は、小容量プランや制限がかかるプランを契約してしまうと通信容量が足りなくなる可能性があります。

容量が足りない場合、追加でデータを購入しなければならず、月額料金がかえって高額になりかねません

また、ポケット型WiFiは、小容量の場合は月額料金が安く、無制限の場合は月額料金が高くなる傾向があります。

そのため、あまり通信容量を使用しない方が無制限のポケット型WiFiを契約すると、余分に月額料金を払うことになります。

ポケット型WiFiは、通信容量を確認し、自身の利用用途に合わせて通信容量を選ぶことが大切です。

ポケット型WiFiの通信量を知るために、一般的によく使われているオンラインサービスのデータ消費量の目安を以下の表にまとめました。

データ消費量の目安

容量 1GBあたり 50GBあたり 100GBあたり
YouTube
(通常画質)
約1.5時間 約75時間 約150時間
LINE
音声通話
約55.5時間 約2,775時間 約5,550時間
ZOOM
ビデオ通話
約1.5時間 約75時間 約150時間

契約するプロバイダやプランで使用できる通信容量は変わるため、自身の利用用途に適した通信容量のポケット型WiFiを選びましょう!

比較ポイント③ 通信速度

契約するポケット型WiFiのプロバイダや端末によって通信速度は異なるので、用途に適した通信速度が出せるポケット型WiFiを契約することが重要です。

近年では5G通信も始まり、5G対応のポケット型WiFiも登場しています。5G対応のポケット型WiFiは、固定回線に劣らない通信速度で利用が可能です。

高画質動画をスムーズに視聴したい場合や、仕事でZoomを頻繁に利用する場合は、高速かつ遅延しにくい最新の5G通信対応のポケット型WiFiがおすすめ

ポケット型WiFiによっては契約プランの通信容量を超えると通信速度が制限されるため、ポケット型WiFiを比較する際には通信容量と合わせて通信速度も確認しておきましょう。

下記の表は、一般的なオンラインサービスを快適に利用するために必要な速度です。

快適な通信速度の目安

用途 快適な回線速度
テキストメール 0.1Mbps~1Mbps
Webサイト閲覧 0.2Mbps~2Mbps
YouTube動画 3Mbps~5Mbps
オンラインゲーム 10Mbps~30Mbps

自分が頻繁に利用するオンラインサービスの必要速度を確認し、利用用途に適したスペックのポケット型WiFiを選びましょう!

比較ポイント④ 月額料金

4つ目の比較ポイントは月額料金です。

ポケット型WiFiはプロバイダやプランごとに月額料金が異なります。月額料金を正確に比較せずに契約してしまうと、年間で数万円の損をしかねません

月額料金は、支払総額と実質月額料金を把握すると正確に比較できます。

支払総額とは、契約期間中にポケット型WiFiの契約に支払う合計費用のこと。

具体的には「月額料金×契約月数+その他費用(初期費用・端末代金・事務手数料)」からキャッシュバック・月額料金割引などのキャンペーン金額を差し引いた料金です。

実質月額料金の計算方法

ただし、ポケット型WiFi毎に契約期間が違うため、総額の比較だけでは不十分。

そこで、支払総額を契約期間で割った”実質月額料金”を比較すると、最も安いポケット型WiFiが分かります。

割引やキャンペーンはプロバイダによって大きく異なり、1万円以上ものキャッシュバックを実施しているプロバイダもあるのです。

本当に月額料金がお得なポケット型WiFiを選ぶためには、実質月額料金は重要な比較ポイントとなります。

ここからは、4つの比較ポイントを踏まえて、口座振替対応のポケット型WiFiを比較していきます。

口座振替対応のポケット型WiFiをとにかくお得に契約したい方、利用用途に合わせて通信速度や通信容量に困らず口座振替対応のポケット型WiFiを利用したい方は、必見です!

口座振替可能なポケット型WiFi
11社の比較一覧

口座振替対応のポケットワイファイ11社の比較

口座振替対応のポケットWiFiを通信回線・通信容量・通信速度・月額料金の4つの比較ポイントで比較していきます。口座振替対応のポケット型WiFi各社をまとめた表をご覧ください。

※スマホは右にスクロールできます

口座振替対応のポケット型WiFi
総合比較

ポケット型WiFi 通信回線 通信速度 通信容量 実質月額料金
UQ
WiMAX
WiMAX2+
au4GLTE
au5G
3.9Gbps 無制限 4,984円
BIGLOBE
WiMAX
WiMAX2+
au4GLTE
au5G
3.9Gbps 無制限 4,293円
Broad
WiMAX
WiMAX2+
au4GLTE
au5G
3.9Gbps 無制限 5,176円
docomo
(ドコモ)
docomo 4.2Gbps 無制限 10,007円
SoftBank
(ソフトバンク)
SoftBank 3.0Gbps 月間50GB 6,164円
Y!mobile
(ワイモバイル)
SoftBank 2.2Gbps 3日10GB 5,206円
楽天
モバイル
楽天
au
150Mbps 無制限 3,281円
ゼウス
WiFi
クラウドSIM 150Mbps 30GB
50GB
100GB
2,336円
3,053円
3,224円
MUGEN
WiFi
クラウドSIM 150Mbps 100GB 4,444円
縛りなし
WiFi
クラウドSIM 150Mbps 10GB
30GB
50GB
90GB
2,270円
3,314円
4,110円
4,774円
WiFi
革命セット
クラウドSIM
SoftBank

モバレコAir:
2.1Gbps

ONE MOBILE:
150Mbps

モバレコAir:
無制限

ONE MOBILE:
100GB

2,812円
※端末の分割払い回数が36回のプロバイダが多数のため、36ヶ月を契約期間として計算。BIGLOBE・楽天モバイル・ゼウスWiFi・縛りなしWiFiは25ヶ月間で計算しています。

以上が口座振替対応のポケット型WiFi11社の比較になります。

各プロバイダやキャリアよって通信容量や通信速度は異なるため、自分が最重要とする比較ポイントによっておすすめできる口座振替対応のポケット型WiFiは変わります

ここからは、「通信回線」「通信エリア」「通信速度」「月額料金」の比較ポイントから厳選したおすすめの口座振替対応のポケット型WiFi5選を紹介していきます。

希望の条件に合った口座振替対応のポケット型WiFiが見つかるはずなので、ぜひ最後までご覧ください。

クレカ不要!口座振替ができる
ポケットWiFiのおすすめ5選

おすすめの口座振替対応のポケットWiFi5選

口座振替対応のポケット型WiFi11社の比較をお伝えしましたが、4つの比較ポイントを踏まえて、厳選したおすすめの口座振替対応のポケット型WiFを紹介していきます。

BIGLOBE WiMAXなら月額料金が格安!通信容量は無制限!5Gにも対応

ビッグローブワイマックスの詳細

口座振替対応のポケット型WiFiの中で、最もおすすめのポケット型WiFiは、BIGLOBE WiMAXです。

BIGLOBE WiMAXのメリット

  • 5G通信対応のWiMAX端末
  • 契約期間の縛りがなく解約違約金が無料
  • データ通信制限なしで使い放題
  • 口座振替対応のWiMAXの中で最安
  • 当サイト限定キャンペーンで16,300円キャッシュバックが確実にもらえる
  • 当サイトであればで通常3,300円の事務手数料が無料

BIGLOBE WiMAXのデメリット

  • 口座振替を選択する場合、端末代金27,720円が一括払い
  • 口座振替手数料(税込220円)がかかる

特徴としては、契約期間の縛りや解約違約金もなく、口座振替対応のWiMAXの中で月額料金が最も安いため、口座振替対応のポケット型WiFiの短期利用を考えている方にもおすすめ。通信容量も無制限で利用可能です。

また、BIGLOBE WiMAXは5G通信に対応しており、最大通信速度が3Gbps超え。固定回線に劣らない速さも魅力の通信端末です。

docomoとSoftBankも5G対応のポケット型WiFiですが、料金が高額。

docomoとSoftBankの口座振替可能なポケット型WiFiの実質月額料金は6,000円以上ですが、BIGLOBE WiMAXで契約した場合は4,293円。

約2,000円安く、5G通信対応の口座振替可能なポケット型WiFiを利用できます。

BIGLOBE WiMAXは、料金も格安・契約期間の縛りなしで解約違約金無料・5G通信が可能・無制限使い放題。

総合的に見て、最もおすすめの口座振替可能なポケット型WiFiです。

現在、当サイト経由の申し込みで、16,300円のキャッシュバックキャンペーンも実施しているため、通常よりお得に利用できます。

当サイト限定キャンペーンの特典

  • 16,300円のキャッシュバックが受け取れる
  • 他社プロバイダで通常発生する契約事務手数料が無料になる

初期費用を確実に安く抑えたい方、最短で確実に高額キャッシュバックを受け取りお得に利用したい方は、当サイト経由でのBIGLOBE WiMAXの申し込みがおすすめです。

以下のページから詳細を確認いただけます。

\当サイト限定 16,300円キャッシュバック!/

BIGLOBE WiMAXの
詳細はこちら


口座振替可能なポケット型WiFiを
最安で契約したいなら楽天モバイル

楽天モバイル詳細

とにかくコスパ良く、大容量通信ができる口座振替対応のポケット型WiFiがほしい方には、無制限で最安の楽天モバイルがおすすめ。

楽天モバイルのメリット

  • 契約期間の縛りなし
  • 無制限で最安
  • 端末代金実質0円
  • パートナー回線(au回線)が無制限使える

楽天モバイルのデメリット

  • 端末が5Gに対応していない
  • どの回線を利用しているかはわからない

楽天モバイルは、無制限にもかかわらず3,281円と格安で利用が可能。

無制限かつ口座振替対応のポケット型WiFiの中では最安です。

月間3GBまでは、1,078円と格安で利用できる料金設定のため、データ消費量が少ない月は支払いが安くなり、毎月のデータ使用量にばらつきのある方も安心して利用できます。

また、契約期間の縛りもなく、解約違約金もかかりません。短期で利用したい方にもおすすめ。契約から解約までお得に利用できる口座振替対応のポケット型WiFiです。

一方で、楽天モバイルの通信端末は5G対応ではないため、5Gには接続できないというデメリットもあります。

ただし、5Gが利用できるのは、他社のポケット型WiFiも一部地域のみなので、大きなデメリットとは言えません。

このように、無制限で月額3,278円と格安で利用ができ、契約期間の縛りと解約違約金がないのは魅力的です。

さらに、現在、楽天モバイルのポケット型WiFiは、端末代金1円のキャンペーンを実施中。

多くのWiMAXプロバイダ、ドコモやSoftBankは高額な端末費用を払う必要がありますが、楽天モバイルのポケット型WiFiであれば、キャンペーンの適用で端末費用が実質無料。

契約事務手数料も無料のため実質初期費用なしで契約が可能です。

毎月の使用量にばらつきがあるけど必要なときに好きなだけデータを利用したい方や無制限最安の口座振替可能なポケット型WiFiを利用したい方は、楽天モバイルがおすすめです!

\無制限で最安!端末代金実質無料/

楽天モバイルの詳細はこちら

ゼウスWiFiなら3種類の通信容量から選べて低価格

ゼウスWiFiの詳細

無制限ではなく、自分に合った容量で口座振替対応のポケット型WiFiを利用したい方にはゼウスWiFiがおすすめです。

ゼウスWiFiのメリット

  • クラウドSIMで安定した通信が可能
  • 月間30Gまでのスタンダードプランは業界最安級
  • フリープランであれば縛りなし

ゼウスWiFiのデメリット

  • 契約期間内に解約した場合に解約違約金が発生する
  • 端末の返却が必要+返却期日を過ぎたり、端末に故障が見られたりする場合には端末損害金がある
  • 使用量に制限がある

ゼウスWiFiは利用用途に合わせて選べる3種類の通信容量(30GB/50GB/100GB)があります。

自身の使用容量によって選べるため、他社の無制限プランと比べて料金を抑えて必要な通信容量の利用が可能。

プランも「スタンダードプラン」と「フリープラン」にも分かれており、最大の違いは契約期間と月額料金です。

スタンダードプランは2年間の契約期間があり、期間内は解約違約金が発生しますが、月額料金が安く設定されています。

フリープランは契約期間と解約違約金がありませんが、月額料金が高めに設定されています。

通信容量と縛りの有無で3種類から選べるため、自分に合ったプランを契約できるのがゼウスWiFiの特徴です。

ゼウスWiFiは、端末がレンタルであるため、端末購入費用はかかりませんが、解約時に返却が必要になります。

また、解約時に返却の遅延や、端末に故障があった場合は19,800円の賠償金がかかってしまいます。そのため、レンタル端末の取り扱いには十分な注意が必要です。

また、ゼウスWiFiは、クラウドSIMを搭載しているため、大手3キャリアの回線を利用可能。楽天モバイルと比較すると、ゼウスWiFiの方が安定した通信が可能と言えます。

ゼウスWiFiの月30GBのスタンダードプランは、2,336円。楽天モバイルの20GBまでの利用は2,181円のため、比較すると152円しか変わりません。

50GBと100GBもスタンダードプランであれば、楽天モバイルを無制限で利用した場合より安く利用できます。

無制限の必要はない方、クラウドSIMかつ口座振替対応のポケット型WiFiで、必要最低限の通信容量を安く利用したい方はゼウスWiFiがおすすめです。

\利用用途に合わせてコスパよく使いたいなら/

ゼウスWiFiの詳細はこちら

小容量のポケット型WiFiを最安で
契約できる縛りなしWiFi

縛りなしWiFiの詳細

縛りなしで小容量の口座振替可能なポケット型WiFiを安く利用したい方へおすすめなのが「縛りなしWiFi」。

縛りなしWiFiのメリット

  • 4種類ものプランから利用用途に合わせて選べる
  • 10GBプランは2,270円
  • 端末代金は無料
  • 契約期間の縛りと違約金がない

縛りなしWiFiのデメリット

  • 端末は選べない
  • 端末はレンタルで返却時に端末の故障や紛失があった場合に賠償金がある

縛りなしWiFiは、ゼウスWiFiと同様に自分の利用する通信容量に合わせてプランの選択が可能です。

最小容量の10GBであれば、2,270円で利用が可能。

その上端末代金や契約期間、解約違約金がないため、クラウドSIMの安定した速度で、小容量の口座振替可能なポケット型WiFi利用したい方にはおすすめです。

口座振替対応のポケット型WiFiを小容量のプランで比較すると、楽天モバイルも3GBまで1,081円で利用可能ですが、なかには、3GBでは足りないが20GBも利用しない、安定した速度で小容量の口座振替可能なポケット型WiFiを使いたい方もいるのではないでしょうか?

そういった方は、縛りなしWiFiの10GBプランがおすすめです。

端末はゼウスWiFiと同様にレンタルなため、解約時に端末の故障や紛失があった場合には19,800円の賠償金がかかります。レンタル端末の取り扱いには注意しましょう。

小容量で利用したい場合、契約期間の縛りなく料金も格安で利用できる縛りなしWiFi。

しかし、他のプランに関してはおすすめはできません。

縛りなしWiFiの90GBのプランは4,774円ですが、ゼウスWiFiのフリープラン100GBは、3,224円で利用が可能です。

この場合、ゼウスWiFiの方が容量も10GB多いため、同じクラウドSIMで口座振替対応のポケット型WiFiを大容量で使いたい方は、ゼウスWiFiのほうがおすすめと言えます。

ゼウスWiFiの詳細を確認したい方は、以下よりご確認ください。

\利用用途に合わせてコスパよく使いたいなら/

ゼウスWiFiの詳細はこちら

速度よりも月額料金の安さや無制限を重視している方は、縛りなしWiFiよりも楽天モバイルがおすすめ。

楽天モバイルであれば無制限で縛りもなく3,281円で利用可能なため、縛りなしWiFiを60GB以上で契約するより月700円以上安いです。

また、縛りなしWiFiは初期費用がかかりますが、楽天モバイルであればキャンペーンを適用し実質初期費用なしで契約可能。

楽天モバイルの詳細を確認したい方は以下よりご確認ください。

\無制限で最安!端末代金実質無料/

楽天モバイルの詳細はこちら

縛りなしWiFiは、クラウドSIMで3キャリアの回線を利用できるため、小容量のポケット型WiFiで通信エリアや通信速度の面で少しでもこだわりたい方には、縛りなしWiFiもおすすめです。

縛りなしWiFiの詳細を確認したい方は以下からご確認ください。

\縛りなしで自分にあった容量で使いたいなら/

縛りなしWiFiの詳細はこちら

口座振替でポケット型WiFiとホームルーターを両方利用したいなら
WiFi革命セット

WiFi革命セット

最後は、口座振替対応のポケット型WiFiとホームルーターの両方を契約したい方へおすすめのWiFi革命セット

WiFi革命セットのメリット

  • 格安で口座振替対応のポケット型WiFiとホームルーター両方を利用できる
  • 自宅でも外出先でもWiFiを利用できる
  • キャッシュバックを30,000円も受け取れる

WiFi革命セットのデメリット

  • 途中での解約は端末残債が発生する
  • どちらか一方の解約はできない

ホームルーター(置くだけWiFi)とは?

コンセントにさすだけで使える、工事不要なWiFi機器のこと。ポケット型WiFi(モバイルルーター)と比べて同時接続台数も多く、屋内で複数人が安定してWiFiを利用することも可能です。

自宅用のホームルーターと外出先用のポケット型WiFi、2つのWiFiを契約したいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

そんな方におすすめなのがWiFi革命セット

WiFi革命セットであれば、自宅用のホームルーターと外出先用のポケット型WiFiを同時に格安で契約が可能

例えば、ご家族の1人が日中仕事で外でポケット型WiFiを使っても、家で残りの家族はホームルーターを利用しWiFiを利用できます。

端末購入の場合は端末代金を含めて実質月額料金2,812円と、格安でホームルーターと口座振替対応のポケットWiFiの両方を利用可能です。

自宅では通信容量無制限で速度も安定したホームルーターを使いつつ、外出先でも口座振替対応のポケット型WiFiを利用したい方は、WiFi革命セットもお得な選択肢のひとつ。

また、現在、WiFi革命セットは30,000円のキャツシュバックキャンペーンを実施しています。

以下のページよりWiFi革命セットの詳細を確認できますので、ぜひご覧ください!

\外出先でも自宅でもセットでお得に
WiFiを使いたいなら/

WiFi革命セットの詳細はこちら

口座振替対応のポケット型WiFiを
申し込む際の注意点

口座振替のポケットWiFiを申し込む際の注意点

口座振替対応のポケット型WiFiを申し込む際には、注意点があります。

ポケット型WiFiをクレジットカードで契約するよりも多くの注意点があるため、必ず確認しましょう。

口座振替手数料がかかる

口座振替で支払い可能なポケット型WiFiの多くは、口座振替手数料が発生します。

口座振替手数料は、ポケットWiFi各社によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

審査があり端末到着まで時間がかかる

口座振替でのポケットWiFiの申し込みには審査があります。

基本的には、申し込み時に、本人確認書類の提出をし審査を待つ流れです。

そのため、端末を即日発送しているプロバイダも、審査後の発送となります。

審査が完了するまでの期間は端末は到着せず、申し込みをしてから端末が到着するまでに時間がかかります

審査にかかる時間としては、目安としては約1~3週間程度、場合によっては1ヶ月やそれ以上かかる場合もあります。

すぐに口座振替対応のポケットWiFiを利用したい方は注意が必要です。

ポケット型WiFiを口座振替で契約する際は本人確認書類が必要

前述の通り、審査の際には必ず本人確認書類が必要となります。

運転免許証や健康保険証を持っている方はすぐに準備できますが、持っていない方は本人確認書類の準備を忘れずにしましょう。

本人確認書類の情報が契約時の登録情報と一致しないと審査が遅れてしまい端末の受け取りも遅くなってしまいます

審査をスムーズにすすめるためにも本人確認書類の情報が更新されているかも確認しておきましょう。

ー審査の際に必要な本人確認書類の例ー

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 年金手帳
  • 身体障害者手帳
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

口座振替だと適用されないキャンペーンがある

口座振替でポケット型WiFiを契約する場合、キャンペーンが適用できない場合があります。

一部のポケット型WiFiはキャンペーンの適用条件としてクレジットカード支払いを指定している場合があるのです。

例えば、BroadWiMAXはクレジットカード支払いの場合、初期費用の20,743円が無料になるキャンペーンが適用できますが、口座支払いの場合は適用できません

口座振替で契約する場合、クレジットカード支払いで契約するよりも、支払総額が20,743円も高くなります。

ポケット型WiFiを口座振替で契約する場合は、口座振替手数料やキャンペーン適用不可といったデメリットもあるのです。

クレジットカードをお持ちの方で、月額負担が減るのであればクレジットカード支払いでもいい方、キャンペーンがもらえるのであればクレジットカード支払いでもいい方は、以下のページでポケット型WiFiの総合比較をご確認ください。


ポケット型WiFiの
総合比較はこちら


まとめ

おすすめの口座振替のポケットWiFiまとめ

ここまで、おすすめの口座振替対応のポケットWiFiをご紹介してきました。最後に当記事でご紹介した内容をまとめます。

まとめ
  • 口座振替対応のポケット型WiFiの比較ポイントは「通信回線」「通信エリア」「通信速度」「月額料金」の4つ
  • 最もおすすめの口座振替対応のポケット型WiFiは、総合的に優れているBIGLOBE WiMAX。

    通信速度・通信容量・月額料金・契約期間の縛りなし!
  • 無制限で最安の口座振替可能なポケット型WiFiを使いたいなら楽天モバイルがおすすめ


口座振替対応のポケット型WiFiの中では、BIGLOBE WiMAXと楽天モバイルが特におすすめになりますが、当記事で紹介したおすすめのポケット型WiFi5選をすべてまとめておきますので、下記からご確認ください。

最もおすすめの口座振替対応のポケット型WiFiはBIGLOBE WiMAXです。

通信速度・通信容量・月額料金すべての面で総合的におすすめの口座振替対応のポケット型WiFiです。

BIGLOBE WiMAX

  • 契約期間の縛りなく解約違約金が無料
  • データ通信制限なしで使い放題
  • 当サイト限定で通常3,300円の事務手数料が無料
  • 当サイト限定キャンペーンで16,300円キャッシュバックが確実にもらえる

\当サイト限定 16,300円
キャッシュバック!/

BIGLOBE WiMAXの
詳細はこちら


毎月の使用量にばらつきがあるけど必要なときに好きなだけデータを利用したい方や無制限最安かつ口座振替可能のポケット型WiFiを利用したい方であれば楽天モバイルがオススメです。

楽天モバイル

  • 契約期間の縛りなし
  • 無制限の口座振替可能なポケット型WiFiで最安
  • キャンペーンで端末代金実質0円

\無制限で最安!端末代金実質無料!/

楽天モバイルの
詳細はこちら



ゼウスWiFiは通信容量を3種類から選べる口座振替対応のポケット型WiFiです。

無制限ではなく自分に合った容量でなるべく安く利用したい方、クラウドSIMの口座振替対応のポケット型WiFiで利用用途に合わせて安く利用したい方には、ゼウスWiFiがおすすめです。

ゼウスWiFi

  • クラウドSIMで三大キャリア(au、docomo、SoftBank)の回線が使える
  • 月間30Gまでのスタンダードプランは業界最安級
  • フリープランであれば縛りなし

\利用用途に合わせてコスパよく使える/

ゼウスWiFiの
詳細はこちら


縛りなしで小容量のクラウドSIMの口座振替対応のポケット型WiFiを安く利用したい方には、縛りなしWiFiがおすすめ。

縛りなしWiFi

  • 4種類ものプランから利用用途に合わせて選べる
  • 10GBプランは2,270円
  • 端末代金は無料
  • 契約期間の縛りと違約金がない

\縛りなしで自分にあった容量で使える/

縛りなしWiFiの
詳細はこちら


自宅用と外出先用の2つのWiFiを同時に利用したい方、家族でWiFiを無制限で使いたい方は、WiFi革命セットがおすすめ。

WiFi革命セット

  • 格安でポケット型WiFiとホームルーター両方を利用できる
  • 自宅でも外出先でもWiFiを利用できる
  • キャッシュバックを30,000円も受け取れる

\外出先でも自宅でもセットでお得に
WiFiを使いたいなら/

WiFi革命セットの
詳細はこちら


以上が、おすすめの口座振替対応のポケット型WiFiです。

通信回線・通信容量・通信速度・月額料金の4つのポイントから比較しおすすめの口座振替可能なポケット型WiFiを紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

当記事を参考に希望の条件にあった口座振替対応のポケット型WiFiを契約いただければ幸いです。

最後に、口座振替対応のポケット型WiFiに関するよくある質問をまとめておきました。

当記事の振り返りや疑問の解消にお役立てください。

口座振替対応のポケット型WiFiに関してよくある質問

口座振替対応のポケット型Wi-Fiに関するよくある質問

ポケット型WiFiのメリットは?

ポケット型WiFiのメリットは以下の2点です。

メリット

  • 外出先でも利用が可能
  • 工事不要で、契約後にすぐ使える

ポケット型WiFiは持ち運びが可能なため、電波が届く通信エリア内であればどこでも快適にWiFiを利用できます

また、固定回線と違い、開通工事が不要なため端末の到着後すぐに利用可能。

自宅でも外出先でもWiFiを利用したい方、契約後に端末が到着後すぐにでもWiFiを利用したい方におすすめです。

口座振替対応(口座引き落とし)のポケット型WiFiを選ぶ際のポイントは?

口座振替対応のポケット型WiFiを選ぶ際のポイントは以下の4点です。

4つの比較ポイント

  • 通信回線
  • 通信速度
  • 通信容量
  • 月額料金

  • 口座振替対応のポケット型WiFiを選ぶ際は、自分のWiFiの利用用途に応じて重視するポイントで比較していきましょう。

    口座振替でポケット型WiFiを契約する際の注意点は?

    口座振替でポケット型WiFiを契約する際の注意点は、以下の4点です。

    • 口座振替手数料がある
    • 審査があり端末の到着に時間がかかる
    • 本人確認書類が必要
    • プロバイダによっては、口座振替だと適用できないキャンペーンもある

    即日発送が可能なプロバイダも審査がある場合は、審査完了後の発送となるため、端末の到着に数日や数週間の時間がかかります。申し込みの際は注意しましょう。

    デビットカードで支払い可能なポケット型WiFiはある?

    楽天モバイルであれば、「楽天銀行デビットカード」もしくは、「スルガ銀行デビットカード」のみ対応しています。

    その他のポケット型WiFiは基本的にデビットカードに対応していないため、口座振替での支払いになります。

    店頭受取が可能なポケット型WiFiはある?

    口座振替で支払い対応のポケット型WiFiの中で、店頭受取が可能なプロバイダはUQ WiMAXです。

    UQの販売ショップ(UQスポット)は、全国に120店舗以上あり、UQ WiMAXの店頭契約が可能。 店頭で契約した場合、即日で通信端末を利用できます


    店頭契約が可能な
    UQ WiMAXの詳細はこちら


    短期でレンタル可能なポケット型WiFiはある?

    短期でレンタル可能な口座振替対応のポケット型WiFiもあります。

    短期のレンタルでポケット型WiFiを利用したい方は、縛りなしWiFiのレンタルプランがおすすめです。

    1日からのレンタルが可能で、最短即日発送で利用可能。


    短期でレンタル可能な
    縛りなしWiFiの詳細はこちら


    口座振替対応のポケット型WiFiでおすすめのプロバイダは?

    口座振替対応のポケット型WiFiで最もオススメなプロバイダは、BIGLOBE WiMAXとなります

    5G通信が可能なWiMAX端末で無制限で利用可能。

    当サイト限定キャンペーンで16,300円のキャッシュバックが適用可能なため、実質月額料金が4,293円と口座振替対応のWiMAX端末の中では最安

    無制限・5G通信の安定した速度・格安料金で口座振替対応のポケット型WiFiを利用したい方には最もおすすめです。

    5G通信可能で無制限・当サイト経由の申し込みで16,300円キャッシュバック!


    BIGLOBE WiMAXの
    詳細はこちら


    口座振替対応のポケット型WiFiで無制限で最安のプロバイダは?

    無制限で最安の口座振替可能なポケット型WiFiは、楽天モバイルです

    無制限で3,281円で利用が可能。

    契約期間の縛りがなく解約違約金も無料。期間限定で端末代金も無料なため、無制限で最安かつ口座振替対応のポケット型WiFiを利用したい方には最もおすすめのポケット型WiFiです。


    楽天モバイルの詳細はこちら

    ※ポケットWiFi(ポケットワイファイ)はソフトバンクの登録商標です。当サイトではソフトバンクのポケットWiFiを含むモバイルWi-Fiルーターの総称は「ポケット型WiFi・モバイルWiFi」として記載しています。