コンセントに挿すだけWiFiのおすすめ3社を徹底比較!契約なしで利用できる?

コンセントに挿すだけWi-Fiのおすすめ3社を徹底比較!契約なしで利用できる?
  • 最終更新日:2024年5月26日
挿すだけWi-Fiとは「コンセントに挿すだけ」でインターネットを使えるWiFiサービス。光回線などの固定回線と違って開通工事が不要のため、手軽に利用できると人気を集めています。

当ページでは、コンセントに挿すだけで利用可能な挿すだけWi-Fiについて徹底解説します!

挿すだけWi-Fiの概要から、そもそものWiFiサービスの分類、「置くだけWi-Fi」や「ホームルーター」との違い、おすすめの挿すだけWi-Fiまで、分かりやすくご紹介します。

まずは、結論から見ていきましょう。

挿すだけWi-Fiのおすすめは?3分で分かる結論

挿すだけWi-Fiのおすすめ結論

挿すだけWi-Fi(ホームルーター)には、大きく分けて2つの契約方法があります。

ホームルーターの契約方法は2つある

挿すだけWi-Fiには、端末購入型・レンタル型で契約する2つの方法がある前提のもと、それぞれの契約方法でおすすめの契約先をお伝えします。

挿すだけWi-Fiの購入型およびレンタルサービスのおすすめ契約先については、以下から結論をご確認くださいね。

\1年以上利用する方!/
購入型の挿すだけWi-Fi
おすすめ結論
\短期間利用する方!/
レンタル型の挿すだけWi-Fi
おすすめ結論

端末購入型で挿すだけWi-Fiを契約する場合

購入型でホームルーターを契約する場合

現在、挿すだけWi-Fiを端末購入型で契約する場合のおすすめは、 WiMAX、ドコモ home 5G、ソフトバンクAirの3社です。

WiMAX

速度が速く、料金が安いWiMAX

WiMAXのおすすめポイント

  • 通信速度が4.2Gbpsと挿すだけWi-Fiの中でトップクラス
  • 挿すだけWi-Fiで唯一、自宅以外でもコンセントさえあれば利用できる
  • auやUQモバイルのスマホとのセット割引がある
  • 最短で翌日に端末が届く

ドコモ home 5G

通信速度や安定性に定評なhome 5G

ドコモ home 5Gのおすすめポイント

  • 最大通信速度だけでなく、実際に計測した速度でも最速
  • 繋がりやすい回線(プラチナバンド)を無制限で利用できる
  • ドコモスマホとのセット割引がある

ソフトバンクAir

お得な料金、ソフトバンクAir

ソフトバンクAirのおすすめポイント

  • 挿すだけWi-Fiのなかで、最安で契約できる
  • ソフトバンクやワイモバイルのスマホとのセット割引がある


挿すだけWi-Fiを購入型で契約する場合のおすすめまとめ

  • WiMAX料金とスペックの両方とも重視したい方におすすめ
  • ドコモ home 5G通信速度や安定性を重視したい方におすすめ
  • ソフトバンクAir料金を重視したい方におすすめ
※リンクをクリックすると、各おすすめ契約先(プロバイダ)の詳細解説までスクロールします。

レンタル型で挿すだけWi-Fiを契約する場合

前提として、5G対応している高スペックの挿すだけWi-Fi端末をレンタルできるのは、 WiMAXのみ。

WiMAXL13がレンタルにおすすめ

レンタル型で挿すだけWi-Fiを契約するおすすめの方法は、「ご自身が利用したい期間において、最安のWiMAXレンタルサービスを選択する」です。結論は以下のとおり。

おすすめのレンタル挿すだけWi-Fi

1日単位でレンタルしたい方、WiFiレンタルどっとこむ

1日単位でレンタルするならWiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむのおすすめポイント

  • 15時までの申し込みで、即日発送。最短で翌日から利用できる
  • 当サイト限定キャンペーンを利用できる

1ヶ月単位でレンタルしたい方、おきらくホームWiFi

1ヶ月単位でレンタルするならおきらくホームWiFi

おきらくホームWiFiのおすすめポイント

  • 1ヶ月単位でレンタルできる挿すだけWi-Fiで最安
  • 初期費用と月額のみ、シンプルな料金プラン
  • 14日間は無料でお試しできる
  • 契約途中のプラン変更に対応している

無料でお試ししたい方、Try WiMAX

無料でお試しするならTry WiMAX

Try WiMAXのおすすめポイント

  • 15日間は初期費用や月額料金など完全無料でお試しできる
  • 通信速度や通信エリアの状況を確認できる


挿すだけWi-Fiをレンタル型で契約する場合のおすすめまとめ

※リンクをクリックすると、各おすすめ契約先(プロバイダ)の詳細解説までスクロールします。

コンセントに挿すだけWi-Fiは契約なしでは利用できない

コンセントに接続するだけで人気の挿すだけWi-Fiですが、契約なしでは利用できません。挿すだけWi-Fiを利用する際は、端末を購入するかレンタルする必要があり、契約が必須です。

「通信速度に満足できるか試してから挿すだけWi-Fiを契約したい」と悩まれている方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、挿すだけWi-Fiのレンタルサービスで契約してお試しした後に、端末購入型で契約すること

挿すだけWi-Fiに興味があるけど、「通信速度・対応エリア」が心配という方は、まずはレンタル型を活用してみてくださいね。ただし、レンタル型の挿すだけWi-Fiは、いつでも無料で解約できる分、毎月の支払額が端末購入型と比較して高額なので注意しましょう。

挿すだけWi-Fiの購入型およびレンタルサービスのおすすめ契約先については、以下のページから確認くださいね。

\1年以上利用する方!/
購入型の挿すだけWi-Fi
おすすめ比較
\短期間利用する方!/
レンタル型の挿すだけWi-Fi
おすすめ比較

宮城紘司

【新聞社推薦】通信プロバイダ比較の専門家 宮城紘司

通信サービスに関する正しい情報を届ける「WiMAX比較.com」の編集長を務める他、ネット回線専門家として、通信プロバイダや通信端末の比較記事における監修も務める。WiMAX比較.comは、ポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万人以上のネット回線契約をサポートしています。監修者について

河村 樹(Tatsuki Kawamura)

端末を実際に使用した検証動画を投稿しているYouTubeチャンネル、「WiFi大学 by WiMAX比較ドットコム」を運営。WiMAXを始めとするポケット型WiFi、ホームルーターなど通信に関する最新情報を発信しています。


光回線・挿すだけWi-Fi(ホームルーター)・ポケット型WiFiを比較

さすだけ系WiFiの概要について解説します

そもそも挿すだけWi-Fi(ホームルーター)とは何のことなのでしょうか?挿すだけWi-Fiの基礎知識に関して、光回線やポケット型WiFiとの比較を交えて説明していきます。

そもそも挿すだけWi-Fiとは?

挿すだけWi-Fiとは、コンセントに接続するだけで利用できる自宅向けの無線WiFiのことです。別名ホームルーターや置くだけWiFiとも呼ばれています。

挿すだけWi-Fi以外にインターネットへ接続する方法としては、光回線とポケット型WiFiがあり、通信の仕組みが異なっています。

ポケットWiFi・ホームルーターの仕組み 光回線(固定回線)の仕組み

無線で接続する挿すだけWi-Fi(ホームルーター)とポケット型WiFi。そして有線で接続する光回線の2つに分類できます。上記を踏まえた上で、光回線・挿すだけWi-Fi・ポケット型WiFiの違いを確認していきましょう。

WiFiサービスの比較表

WiFiサービス ホームルーター モバイル
ルーター
光回線
(固定回線)
通信端末 ホームルーター(置くだけWi-Fi) モバイルルーター 固定回線のルーター
最大通信速度 1~4Gbps 1~4Gbps 1~10Gbps
通信容量 制限あり~
無制限
制限あり~
無制限
無制限
利用料金 3,000~
4,000円台
3,000~
4,000円台
4,500~
5,500円台
開通工事 工事不要 工事不要 必要
持ち運び × ×
通信の
安定度
※1
サービス例 WiMAXなど ドコモなど NURO光、auひかりなど
※1 携帯可能のため使用場所にもよる

挿すだけWi-Fiを契約するか悩んでいる方は、ポケット型WiFiと光回線の違いを確認しましょう。光回線・挿すだけWi-Fi・ポケット型WiFiの特徴を以下でまとめました。

挿すだけWi-Fi(ホームルーター)

  • コンセントに接続するだけで利用できる
  • ポケット型WiFiよりも通信が安定している

ポケット型WiFi(モバイルWiFi)

  • 持ち運びしながら利用できる
  • 挿すだけWi-Fiよりも通信が安定していない

光回線(固定回線)

  • 工事が必要なので導入まで時間がかかる
  • 自宅でしか利用できない
  • 有線接続なので、通信が安定している

それぞれの特徴を理解していただいた上で、続いては光回線やポケット型WiFiと比較したメリット・デメリットを解説していきます。

コンセントに繋ぐだけ!挿すだけWi-Fiのメリット

メリットを紹介

コンセントに繋げるだけで利用できる挿すだけWi-Fiのメリットを解説します。

工事が不要で、コンセントに挿すだけで利用できる

挿すだけWi-Fiの最も大きなメリットは、工事が不要でコンセントに挿すだけですぐに利用できることです。光回線の場合は、工事が必要なので実際に利用できるまで2週間〜3ヶ月程度かかります。

WiFiサービスの比較表

WiFiサービス ホームルーター モバイル
ルーター
光回線
(固定回線)
通信端末 ホームルーター(置くだけWi-Fi) モバイルルーター 固定回線のルーター
開通工事 工事不要 工事不要 必要
初期費用 3,300円 3,300円 1~4万円

挿すだけWi-Fiは、光回線と異なり契約から開設までが早いです。また引越しする際にも端末を新居に持ち運べばいいだけ。解約手続き・撤去工事などは必要ありません。挿すだけWi-Fiは、引越しが多い方にもおすすめできます。

また挿すだけWi-Fiは、複雑な設定などが不要で、まさにコンセントに「挿すだけ」で利用開始可能。細かい設定が面倒・苦手な方にもおすすめできる仕様です。

モバイルルーターと比較して通信が安定している

挿すだけWi-Fiはモバイルルーターと比較して通信が安定していることが特徴です。通信が安定している理由は、挿すだけWi-Fiのアンテナが大きいため。挿すだけWi-Fiとモバイルルーターのどちらも無線方式のWiFiですが、挿すだけWi-Fiの方が電波をキャッチしやすい仕様です。

持ち運びできない!挿すだけWi-Fiのデメリット

デメリットを紹介

続いては挿すだけWi-Fiのデメリットを確認していきましょう。

光回線と比較して通信速度(Ping値)が遅い

光回線と比較して、挿すだけWi-Fiの通信速度(特にPing値)は遅くなる傾向にあります。Ping値とは通信の反応速度のことであり、Ping値の数値が良くないとオンラインゲームをする方にとって不便に感じる回数が増えます。頻繁にオンラインゲームをする方は挿すだけWi-Fiではなく、光回線がおすすめなので注意しましょう。

通信速度制限にかかる可能性がある

WiMAX(au)・ドコモのhome 5G・ソフトバンクエアーの挿すだけWi-Fiは、基本的にデータ容量無制限で利用できます。

しかしながら各挿すだけWi-Fiには、一定期間に大容量を利用した場合に限り、速度制限がかかる可能性があるとの記載があります。どの程度データ容量を利用したら速度制限にかかる可能性があるのか、実際に当サイトで検証してみました。

WiMAXの速度制限に関しては、以下の記載があります。

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

これまで直近3日間の通信量が合計15GB以上の場合、通信速度を一律に制限しておりましたが、お客さまのご利用状況をふまえ、速度制限条件などを2022年2月1日より変更いたしました。
引用:UQWiMAX公式サイト(https://www.uqwimax.jp/wimax/plan/gigahodai_plus/)

実際にWiMAXの挿すだけWi-Fiで計測したところ、1日160GBと大容量を利用しても速度制限にかかりませんでした。


ドコモ5Gの挿すだけWi-Fiに関しては以下の記載があります。

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。
なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。
引用:ドコモオンラインショップ公式サイト(https://www.nttdocomo.co.jp/home_5g/)

ドコモ5Gに関しても1日110GBと大容量利用しましたが、速度制限にかかることはありませんでした。

home5g HR02に繋いで、1日110GB利用してみた

ソフトバンクエアーの挿すだけWi-Fiでは、速度制限に関して以下の記載があります。

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。
引用:ソフトバンク公式サイト(https://www.softbank.jp/ybb/air/data-about/)

ソフトバンクエアーには、「夜間に速度制限がかかりやすい」との評判が多いです。しかしながら、夜間に速度制限にかかりやすいのは旧端末のAirターミナル4 NEXTの話。最新のターミナル5で夜間に計測した結果が以下になります。

速度計測結果(単位はMbps)

平均値 Air
ターミナル5
下り速度
(Mbps)
290
上り速度
(Mbps)
2.52
Ping値
(ms)
2.52

結論、どの挿すだけWi-Fiでは公式サイトに速度制限に関する記載があるものの、常識の範囲内であれば速度制限にかかることなく無制限で利用できます。

ポケット型WiFiのようにルーターを持ち運びで利用できない

挿すだけWi-Fiのデメリットは、ポケット型WiFiのように持ち運びができないことです。挿すだけWi-Fiは、コンセントに繋げることで利用できるので、外出時には利用できません。持ち運びながら、WiFiを利用したい方に、挿すだけWi-Fiはおすすめできないので注意しましょう。

購入型で契約すべき挿すだけWi-Fi3選

購入型で契約すべき挿すだけWi-Fi

ここからは挿すだけWi-Fiのおすすめサービスをご紹介していきます。購入型の挿すだけWi-Fiには以下の3種類があります。


挿すだけWi-Fiの比較

サービス名 WiMAX
(カシモ
WiMAX)
ドコモ
home 5G
SoftBank
Air
端末名 L13 home 5G HR02 Airターミナル5
最大通信速度
(下り)
4.2Gbps 4.2Gbps 2.1Gbps
キャッシュ
バック
金額
23,000円 15,000円 34,000円
実質月額
料金
4,179円 4,547円 2,912円
使える
データ容量
実質無制限
速度制限時の
速度
最低利用
期間
違約金
端末の分割
支払い期間
3年
※ドコモ home 5G は公式オンラインショップで契約した場合
※SoftBank AirはモバレコAirで契約した場合


それぞれの挿すだけWi-Fiによって特徴が大きく異なっているので、ご自身が重視するポイントを比較して契約先を決めましょう。WiMAX、home 5G、ソフトバンクエアーの特徴を以下でまとめました。

WiMAX:通信速度や通信エリアだけでなく、料金にもこだわりたい方

WiMAXの特徴

  • 通信速度が4.2Gbpsと挿すだけWi-Fiの中でトップクラス
  • 挿すだけWi-Fiで唯一、自宅以外でもコンセントさえあれば利用できる
  • auやUQモバイルのスマホとのセット割引がある
  • 最短で翌日に端末が届く

WiMAXの
詳細へスクロール

ドコモhome 5G:とにかく通信速度にこだわりたい方

ドコモhome 5Gの特徴

  • 最大通信速度だけでなく、実際に計測した速度でも最速
  • 繋がりやすい回線(プラチナバンド)を無制限で利用できる
  • ドコモスマホとのセット割引がある

ドコモhome 5Gの
詳細へスクロール


SoftBank Air:とにかくお得な料金で契約したい方

SoftBank Airの特徴

  • 挿すだけWi-Fiのなかで、最安で契約できる
  • ソフトバンクやワイモバイルのスマホとのセット割引がある

SoftBank Airの
詳細へスクロール


挿すだけWi-Fiの特徴をまとめました。契約する際に注意してほしいことは、各挿すだけWi-Fiごとに多くの申し込みの窓口(もしくはプロバイダ)があり、窓口によって料金が異なること

例えばWiMAXやソフトバンクエアーで挿すだけWi-Fiを契約する場合、申し込み窓口(プロバイダ)が20社程度あります。同じ端末・回線なので通信速度や対応エリアは変わりませんが、料金が大きく異なります

契約するプロバイダで料金が大きく異なる

料金が大きく異なるのは、各挿すだけWi-Fiのプロバイダで独自のキャンペーンを実施しているため。同じ端末や回線、通信速度の挿すだけWi-Fiを利用するなら、なるべく安く契約したいですよね。

ここからはWiMAX・ドコモhome 5G・SoftBank Airでおすすめのプロバイダについて紹介していきます。

速度と料金のバランスがとれたホームルーターならWiMAX

速度とお得な料金がおすすめのWiMAX

まずはWiMAXの挿すだけWi-Fiをご紹介します。

WiMAXのホームルーター
(置くだけWiFi)

機種名 Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
端末画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L13の端末画像
対応回線 au 5G回線,au 4G LTE回線,
WiMAX 2+回線
最大通信速度
(下り/上り)
4.2Gbps/286Mbps
端末価格 770円(36回払い)
27,720円(一括払い)
※最安プロバイダであるカシモWiMAXで契約した場合

WiMAXは通信速度が最速であり、料金も安い特徴のある挿すだけWi-Fiです。

WiMAXにはプロバイダと呼ばれる販売代理店が多数あり、それぞれが異なるキャンペーンや料金体系です。ただ、どのプロバイダを選んでも対応エリアや端末、速度は全く同じ。比較すべきは料金です。WiMAXプロバイダの上位3社の料金を比較してみましょう。

WiMAXホームルーターの
最安プロバイダ比較

プロバイダ名 カシモ
WiMAX
BIGLOBE GMO
とくとくBB
2年間の総額 97,412円 102,044円 105,588円
実質月額料金 3,896円 4,082円 4,224円
※ 2年間利用する前提で計算しています。2年利用で挿すだけWi-Fiを36回分割払いにした場合は、解約時に端末残債の一括請求が発生します。総額・実質月額料金は、端末残債も含めた料金です。

上記の通り、カシモWiMAXが最安です。カシモWiMAXは最安だけでなく、その他にもおすすめポイントがあるので確認していきましょう。

当サイト限定で23,000円キャッシュバック!WiMAXの新端末を契約するならカシモWiMAX

カシモWiMAX

WiMAXの最新端末L13を最安で契約するなら、カシモWiMAXがおすすめ。現在、カシモWiMAXはAmazonギフト券23,000円分キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

当サイト限定キャンペーンを利用して、カシモWiMAXを契約すれば、実質月額料金3,896円でL13が契約可能となります。加えて当サイト経由でカシモWiMAXを契約した場合に限り、端末の分割払い期間が2年間に!つまり他の挿すだけWi-Fiよりも1年短く契約できるのです。

カシモWiMAXで契約すべき人

  • WiMAXの挿すだけWi-Fiをとにかく最安で契約したい方
  • キャッシュバックを確実に受け取りたい方
  • 端末の分割払いを2年間で終わらせたい方


なお、当ページでお伝えしたカシモWiMAXの情報は一部のみ。当サイトでは、編集部メンバーが徹底調査したカシモWiMAXの全てを、以下のページで解説しています!当サイトとカシモWiMAX公式との提携で、限定キャンペーンも実施していますので、ぜひご覧ください!

\確実に受け取れる高額キャッシュバック!/

業界最安値!
カシモWiMAXの解説ページはこちら


なお、今回紹介したカシモWiMAX以外にも、WiMAXプロバイダは20社以上あります。それぞれのプロバイダが独自のキャンペーンを実施しており、契約者の状況によっては他社プロバイダがおすすめな場合も!

BIGLOBEやGMOとくとくBBなど、他社プロバイダも交えて比較検討したい方は、以下のページよりご確認くださいね。

WiMAXプロバイダ
全社を比較

通信速度を優先するならドコモ home 5G

通信速度と安定性が定評のドコモ home 5G

次に紹介するのがdocomoが提供する挿すだけWi-Fiのhome 5Gです。料金はやや張りますが、通信速度・安定性が優れている挿すだけWi-Fiです

ドコモhome5Gの端末情報

端末名 home5G HR02
端末画像 ドコモhome5G HR02
データ容量 無制限
下り最大通信速度
(ダウンロード)
4.2Gbps (5G回線)
1.7Gbps (4G回線)
月額料金 4,950円
契約事務手数料 0円※1
端末料金 71,280円
端末割引額 -71,280円※2
通信端末の
特長や機能
・ビームフォーミング機能搭載※3
・Wi-Fi EasyMeshTMに対応※4
・最適なアンテナ選択による5G高速通信機能。
割引 ドコモユーザーなら、1,100円割引

29歳以下かつ月30GB以下の利用で、
12ヶ月間月額料金1,760円割引
キャンペーン・特典 dポイント15,000ポイント
プレゼント※1
※1 当サイトで紹介する「ドコモオンラインショップ」経由での申し込みの場合
※2 月々サポートにより36ヶ月のドコモhome5Gの端末料金が毎月割引されます。
※3 WiFi対応機器を検知して、電波を通信機器のある地点を狙って電波を送信する技術のこと
※4 親機(ドコモhome5G HR02)と中継機が通信することで、網目状にネットワークを構築するWiFiの仕組みのこと。自宅のより広い範囲で安定した通信が可能となります。


ドコモ home 5Gの通信速度・安定性が優れている理由は、プラチナバンドと呼ばれる高性能な回線を使えるため。スマートフォンでも使われる回線を挿すだけWi-Fiでも利用できるのが特徴です。

ドコモ home 5Gを契約する際には、以下2つを比較しましょう。

ドコモ ホームルーター
(挿すだけWi-Fi) プロバイダ比較

ドコモ
オンラインショップ
GMOとくとくBB
種類 dポイント Amazonギフト券
キャッシュバック額 15,000円分 20,000円分
契約手数料 無料 3,850円
実質月額料金 4,547円 4,516円

料金だけ見るとGMOとくとくBBがお得ですが、その差はわずか数十円です。当サイトではドコモオンラインショップをおすすめしており、その理由は以下の通りです。

home 5Gの契約はドコモオンラインショップがおすすめ

ドコモのホームルーターhome5G

ドコモオンラインショップでの契約がおすすめなのは、端末の受け取り時期や契約までの流れが簡素だか。ドコモ home 5Gを契約する際の流れを確認します。

ドコモ ホームルーター
(置くだけWiFi) 契約先比較

ドコモオンラインショップ GMOとくとくBB
端末受け取り時期 機種変更:
最短即日

新規契約・MNP:
最短3日程度
約2週間
契約手順 Web契約で完結 Web契約
+申し込み書セットの記入と
郵送が必要

ドコモオンラインショップは、Webサイトで契約ができ、最短で即日で端末が届くのでおすすめです。一方でGMOとくとくBBでhome 5Gを契約した場合、申込書セットの取り寄せ・記入・郵送が必要であり、面倒です。数十円の差ならドコモオンラインショップでの契約をおすすめします。

通信速度が最速である、挿すだけWi-Fiを利用したい方は、ドコモオンラインショップよりお申し込みしてみてくださいね。

\今ならdポイント15,000円!/

ドコモ回線で繋がりやすい!
home 5G申し込みはこちら


とにかく安い挿すだけWi-Fi、ソフトバンクエアー

料金が安いホームルーターのソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは、WiMAX・ドコモ5Gに通信速度が劣るものの、最安で契約できる挿すだけWi-Fiです。まずは、ソフトバンクエアーの端末情報を確認していきましょう。

ソフトバンクエアー
利用端末と契約方法の比較表

購入(5G)
利用
端末
Airターミナル5
端末
画像
ソフトバンクAirのエアーターミナル5
端末
価格
71,280円
(一括or分割)
月額
基本料金
5,369円
キャン
ペーン
(割引)
月月割:
-1,980円×36回
スタート割
プラス
:
-1,188円×24回
34,000円
キャッシュバック
(当サイト限定)
下り
最大速度
最大2.1Gbps
同時
接続台数
最大128台
※ 当サイト経由でモバレコAirを契約した場合

お伝えした通りソフトバンクエアーの魅力は、料金の安さです。ソフトバンクエアーの公式と、最安で契約できるプロバイダであるモバレコエアーの料金を比較します。

端末購入の場合の料金比較

モバレコAir ソフトバンクエアー
プランと
端末
レンタル(5G)
Airターミナル5
下り
最大
通信速度
2.1Gbps
データ容量 月間無制限
※夜に速度制限が発生する場合あり
契約期間 なし
月額料金 契約月:
1,320円
1~11ヶ月:3,080円
12~23ヶ月:4,180円
24ヶ月~:5,368円
契約月~11ヶ月:3,278円
12ヶ月~:5,368円
実質月額料金 2,912円 3,861円
3年総額 104,820円 138,996円

モバレコエアーで契約するとソフトバンクエアーの公式で契約するよりも、安くなることが分かりました。

当サイト限定キャッシュバック実施中、モバレコエアー

モバレコAirのキャッシュバック

モバレコエアーのメリットはなんといっても、挿すだけWi-Fiであるソフトバンクエアーをどの代理店より安く使えることです

しかも今なら、キャッシュバックが最大34,000円もらえるキャンペーンも当サイト限定で実施中!挿すだけWi-Fiを検討している方に、最もおすすめなのがモバレコエアーです。

以下のページでは、モバレコエアーを比較したメリットから、お得なキャンペーン情報まで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください!

\34,000円キャッシュバック!/

とにかく安い挿すだけWi-Fi!
モバレコAir申し込みはこちら

※上記のリンクを経由しないお申し込み(他の比較サイトやモバレコAir公式から)の場合は、34,000円キャッシュバックの対象にはなりません。必ず上記のリンクよりお申し込みください。



ソフトバンクエアーの最安代理店モバレコAirについてさらに詳しく知りたい方へ

モバレコAirの詳細はモバレコAirの評判・口コミや実機レビューの記事で紹介しています。

レンタル型で契約すべき挿すだけWi-Fi3選

レンタル型で契約すべき挿すだけWi-Fi

レンタル型で挿すだけWi-Fiを契約したい場合は、契約期間ごとに、最安でWiMAXの最新端末L13を利用できるプロバイダを選択しましょう。おすすめのレンタル型挿すだけWi-Fiは以下のとおりです。

レンタル型挿すだけWi-Fiの一覧


それでは確認していきましょう。

1日単位でレンタルしたいならWiFiレンタルどっとこむ

短期利用におすすめなレンタルサービス「WiFiレンタルどっとこむ」

1日単位で挿すだけWi-Fiをレンタルしたい方には、WiFiレンタルどっとこむがおすすめです。WiFiレンタルどっとこむの詳細は以下のとおり。

サービス名 WiFiレンタルどっとこむ
レンタル or 契約 レンタルタイプ
レンタル端末 WiMAX:L13 / L12 / L11
など多数
レンタル期間 1泊2日 3泊4日 6泊7日 13泊14日 1ヶ月
(30泊
31日)
レンタル料金 ¥1,260~ ¥1,890~ ¥2,520~ ¥3,150~ ¥3,780~
キャンペーン 特定サイトからの特別割引
(上記の金額はキャンペーン適用済み)
受取手数料 発送料 1台¥550(税込)
2台以上¥1,100(税込)(4台まで)
返却手数料 宅配返却:お客様負担
コンビニ返却:¥550(税込)/台
空港返却:1台¥550(税込) /
2台以上¥1,100(税込)(4台まで)
受取・返却方法 コンビニ(受取のみ)・宅配・
空港カウンター
店舗
(空港カウンター)
成田空港・羽田空港・関西国際空港・
伊丹空港・中部空港・
福岡空港・新千歳空港・那覇空港・
小松空港・仙台空港
渋谷ちかみち総合インフォメーション

おすすめポイント
  • 15時までの申し込みで、即日発送。最短で翌日から利用できる
  • 当サイト限定キャンペーンを利用できる

15時までの申し込みで、即日発送。最短で翌日から利用できる

最短即日で発送

WiFiレンタルどっとこむでは、15時までに申し込むと即日発送してくれます。なので最短で翌日から挿すだけWi-Fiを利用できます。引越し直後でインターネット回線がないご家庭や数週間での出張など、利用用途に合わせて柔軟に契約できるのがメリットです。

当サイト限定キャンペーンを利用できる

WiFiレンタルどっとこむ当サイト限定キャンペーン

WiFiレンタルどっとこむを当サイト経由でお申し込みいただいた場合、なんと10%割引になるキャンペーンを実施中です。よりお得に挿すだけWi-Fiを利用したい方は、ぜひこのキャンペーンを活用してください。

なおWiFiレンタルどっとこむを10%割引で契約できるのは、以下のページから申し込みをした場合限り。WiFiレンタルどっとこむをお得に契約した方は、お間違えのないようにお願いします。

\当サイト限定価格!10%割引中!/

WiFiレンタルどっとこむ
申し込みはこちら!


1ヶ月単位でレンタルしたいならおきらくホームWiFi

おきらくホームWi-Fi

1ヶ月単位で挿すだけWi-Fiをレンタルしたい方には、おきらくホームWiFiがおすすめです。おきらくホームWiFiの詳細を確認しましょう。

サービス名 おきらくホームWi-Fi
端末名 Speed Wi-Fi HOME 5G L13
端末画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L13
最大通信速度 4.2Gbps
通信回線 WiMAX2+
au4G/5G
月間データ容量 無制限
月額料金 4,950円
(縛りなしプラン)
初期費用 3,300円
解約違約金 無料
その他料金 ユニーバサルサービス料 ¥2/月
電話リレーサービス料 ¥1/月

おすすめポイント
  • 1ヶ月単位でレンタルできる挿すだけWi-Fiで最安
  • 初期費用と月額のみ、シンプルな料金プラン
  • 14日間は無料でお試しできる
  • 契約途中のプラン変更に対応している

1ヶ月単位でレンタルできる挿すだけWi-Fiで最安

1ヶ月単位でレンタルできるホームルーター最安

挿すだけWi-Fiを1ヶ月単位でレンタルできるサービスはいくつかありますが、おきらくホームWi-Fiが最安です。実際に挿すだけWi-Fiを1ヶ月単位でレンタルできるサービスの料金を比較してみましょう。

※右にスクロールできます
1ヶ月単位でレンタル 通信回線 端末
(ホームルーター)
データ容量 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 事務手数料
おきらくホームWi-Fi WiMAX2+
au4G/5G
L13 無制限 ¥4,950 ¥9,990 ¥14,850 ¥29,700 ¥59,400 ¥3,300
5G CONNECT WiMAX2+
au4G/5G
L13 無制限 ¥18,200 ¥23,450 ¥34,700 ¥66,300 ¥4,400
モバレコエアー ソフトバンク
4G
Airターミナル4 NEXT 無制限 ¥4,598 ¥9,196 ¥13,794 ¥27,588 ¥55,176 ¥3,300

1ヶ月単位で挿すだけWi-Fiをレンタルできるサービスは少ないのですが、おきらくホームWi-Fiが最安となっています。挿すだけWi-Fiは同じ端末で契約する限り、通信速度や対応エリアに差はないので、料金で比較しましょう。

初期費用と月額のみ、シンプルな料金プラン

料金プランがシンプル

おきらくホームWi-Fiは、初期費用の3,300円と月額料金4,980円と非常にシンプルな料金プランです。レンタル代・オプション料金・解約金は一切発生しませんので、安心してご利用いただけます。

14日間は無料でお試しできる

14日間のお試しキャンペーン

おきらくホームWi-Fiは1ヶ月単位でレンタルできるサービスですが、14日間以内に解約する場合は、月額料金なしでキャンセルできます。なお、初期費用の3,300円は返却されないので注意しましょう。

おきらくホームWi-Fiの14日間お試しキャンペーンの詳細
  • 今回が初めての契約の方
  • 端末発送日から、14日以内の申請および返却された方

契約後に通信速度や対応エリアに満足できなかった場合、無料で解約できるので安心ですね。

契約途中のプラン変更に対応している

プラン変更が可能

おきらくホームWi-Fiでは1ヶ月単位でのレンタルプランとは別に、2年契約プランも用意されています。もしも挿すだけWi-Fiに満足いただき、継続して長期間利用したい方はプランを乗り換えましょう

なお2年契約プランを解約する場合は、解約違約金4,620円が発生するので注意が必要です。挿すだけWi-Fiを1ヶ月単位でレンタルしたい方におすすめのおきらくホームWi-Fi。申し込みに関しては以下のページよりご確認ください。

\WiMAX最新端末をお得にレンタル/

おきらくホームWi-Fi
申し込みはこちら!


無料でお試ししたいならTry WiMAX

Try WiMAX

最後に紹介するのが、15日間完全無料でお試しできるTry WiMAXです。Try WiMAXは、WiMAXを販売するUQモバイル社が提供するお試しサービスとなっています。詳細を確認していきましょう。

Try WiMAX(トライワイマックス)
の概要

お試し期間 15日間
データ容量 無制限
利用料金 無料
発送料金 無料
返却費用 無料

おすすめポイント
  • 15日間は初期費用や月額料金など完全無料でお試しできる
  • 通信速度や通信エリアの状況を確認できる

15日間は初期費用や月額料金など完全無料でお試しできる

完全に無料でお試し

Try WiMAXは、WiMAXの契約をするか悩まれている方向けのお試しサービスです。15日間であれば、初期費用や月額料金なく完全無料でお試し利用できます。返送費用や事務手数料も一切発生しない、挿すだけWi-Fi唯一の完全無料お試しサービスです。

通信速度や通信エリアの状況を確認できる

電波や通信速度を確認しよう

挿すだけWi-Fi契約後に、「通信速度に満足できなかった・対応エリア外だった」では困ります。挿すだけWi-Fiは無線で電波をキャッチする性質上、一部のエリアで繋がりにくい場合も。Try WiMAXでは、実際の端末で通信速度を確認できるので、まずはお試ししてみたい方におすすめです。ご自宅でのインターネット利用に支障はないのか確かめましょう。

15日間無料でお試しできるTry WiMAXの詳細や申し込みに関しては、以下のページからご確認ください。

Try WiMAXの詳細を確認する

契約前に知っておくべき失敗しない選び方について徹底解説

挿すだけWiFiの選び方について解説します

本章では、挿すだけWi-Fiの失敗しない選び方について解説します。自分に最適な挿すだけWi-Fiを選ぶためには以下の5点を確認することが重要です。

挿すだけWi-Fiの比較ポイント

  • 料金プラン
  • 通信速度
  • 契約期間・端末残債を比較
  • 対応エリア
  • 端末の到着時期

それぞれチェックしていきましょう。

①料金プラン ~キャッシュバックや初期費用も考慮する~

まず、比較すべきなのは料金プラン。料金を比較するうえで重要な尺度が、購入型では実質月額料金で、レンタル型では1日・1ヶ月あたりのレンタル料金です。

挿すだけWi-Fi
料金比較表

ホームルーター
機種
WiMAX home5G ソフトバンクエアー
月額料金
(契約初期)
1,408円 4,950円 1,320円
月額料金
(契約中期)
4,818円 4,950円 3,080円
月額料金
(契約後期)
4,818円 4,950円 4,180円
月額料金
(契約終期)
4,818円 4,950円 5,368円
キャッシュバック金額 23,000円※1 15,000円 34,000円※1
実質月額料金※2 3,896円 4,516円 2,912円
※ 端末の分割払いを支払い終えるまでに必要な費用の総額を契約月数で割った金額。WiMAXはカシモWiMAXで25ヶ月利用、ソフトバンクエアーはモバレコAirで36ヶ月利用、ドコモhome 5GはGMOとくとくBBで37ヶ月利用した場合の料金。
※1 当サイト経由限定のキャッシュバック ※2 実質月額料金は、月額料金×利用月数から割引額を差し引き、利用月数で割った金額
※右にスクロールできます
レンタルWi-Fi 通信回線 端末
(モバイルルーター)
データ容量 1日 1泊2日 2泊3日 3泊4日 4泊5日 5泊6日 6泊7日 30泊31日 60泊61日 90泊91日 180泊181日 受取手数料 返却手数料
WiFiレンタル
どっとこむ
※当サイト限定価格
WiMAX2+
au4G/5G
L13 無制限 ¥630 ¥1,260 ¥1,890 ¥2,520 ¥3,150 ¥3,780 ¥4,410 ¥8,820 ¥17,340 ¥25,860 ¥51,420 ¥550 ¥517
NETAGE WiMAX2+
au4G/5G
L13 無制限 ¥1,200 ¥2,400 ¥3,600 ¥4,800 ¥6,000 ¥7,200 ¥8,400 ¥13,800 ¥27,150 ¥40,510 ¥80,574 ¥550 ¥550
WiFiレンタル特急便 WiMAX2+
au4G/5G
L13 無制限 ¥800 ¥1,600 ¥2,400 ¥3,200 ¥4,000 ¥4,800 ¥5,600 ¥9,600 ¥33,800 ¥42,800 ¥69,800 ¥550 ¥550
e-ca WiMAX2+
au4G/5G
L12 無制限 ¥700 ¥1,400 ¥2,100 ¥2,800 ¥3,500 ¥4,200 ¥4,900 ¥9,800 ¥19,280 ¥28,760 ¥57,200 ¥550 ¥550
カシモバ WiMAX2+
au4G/5G
L12 無制限 ¥700 ¥1,400 ¥2,100 ¥2,800 ¥3,500 ¥4,200 ¥4,900 ¥9,900 ¥16,000 ¥22,130 ¥37,400 ¥550 ¥550
※右にスクロールできます
1ヶ月単位でレンタル 通信回線 端末
(ホームルーター)
データ容量 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 事務手数料
おきらくホームWi-Fi WiMAX2+
au4G/5G
L13 無制限 ¥4,950 ¥9,990 ¥14,850 ¥29,700 ¥59,400 ¥3,300
5G CONNECT WiMAX2+
au4G/5G
L13 無制限 ¥18,200 ¥23,450 ¥34,700 ¥66,300 ¥4,400
モバレコエアー ソフトバンク
4G
Airターミナル4 NEXT 無制限 ¥4,598 ¥9,196 ¥13,794 ¥27,588 ¥55,176 ¥3,300

実質月額料金とは、支払い総額を契約月数で割ったもの。

支払い総額は、月額料金以外の事務手数料をはじめとした初期費用や端末代金、さらにはキャッシュバックや割引キャンペーンなども考慮した金額です。

「実質月額料金」の計算方法は下記の通り。

WiMAXプロバイダは実質月額料金で比較

月額料金が安いものの、キャッシュバックがないので実は高額だったり、逆に月額料金は高いがキャッシュバックが高いので合計金額は安価になったりするケースがあります。

そのため、料金を比較する際には実質月額料金で比較しましょう

また、実質月額料金が安すぎるからといって契約するのも危険です。なぜなら、いくら安くても通信環境が悪い場合もあるため。必ず通信速度や通信制限の条件など他の比較要素も考慮のうえ、自分に合ったものを決めましょう。

②通信速度 ~口コミや評判から実測値も比較する~

料金と同等に比較するのが重要な通信速度。いくら安くても通信速度が遅ければ意味がありません。通信速度で比較すべきなのは、公式サイト記載の通信速度(理論値)と実測値です。

挿すだけWi-Fi
速度比較

ホーム
ルーター
機種
WiMAX(au) home5G ソフトバンクエアー
下り
通信速度
4.2Gbps 4.2Gbps 2.1Gbps
上り
通信速度
(最速)
286Mbps 218Mbps
(記載無し)
5G対応

ただ、理論値はあくまで理論上の数字なので、目安でしかありません。

一方、実測値は実際に使った際の出る速度なので、より重要視すべき数字です。実測値の確認は、当サイトのような比較サイトの実機レビューやみんそくといった口コミサイト、SNSを確認して評判を見るとよいでしょう。

実際に当サイトで、各挿すだけWi-Fiの最新端末で計測した結果は以下になります。

速度計測の条件

  1. 場所:東京23区内(5Gエリア内)
  2. 端末:iPhone
  3. 時間帯:夕方~夜間

速度計測結果(単位はMbps)

平均値 Speed Wi-Fi
HOME 5G
L13
home 5G
HR02
Air
ターミナル5
下り速度
(Mbps)
182.8 364.6 290
上り速度
(Mbps)
9.73 2.52 2.52
Ping値
(ms)
48 33.6 2.52


実際に速度を計測したところ、WiMAX、home5G、ソフトバンクエアーいずれも下り平均速度150Mbps以上で通信できることがわかります

また、速度の単位は「Mbps」「Gbps(1Gbps=1,000Mbps)」で、高ければ高いほど良い数字です。YouTubeの高画質動画は20Mbpsあれば問題なく視聴可能なので、実測値で20Mbpsを超えているかを確認しましょう。

オンラインゲームをする方は注意!



オンラインゲームを行う方は「ping値」のチェックも重要です。ping値はインターネットの応答速度を表し、数値が小さくなると遅延値も低くなります。

ping値が求められるオンラインゲームでは、50ms以下が望ましいとされているので、合わせてチェックを行いましょう。

③契約期間・解約違約金を比較 ~端末の分割支払いに注意~

次に紹介する項目は、契約期間の縛りがあるのか、契約期間が終了する前に解約してしまった場合に解約金がどの程度かかるのかです。

契約する窓口によっては契約期間期間を1~2年と定めていることがあります。

契約期間が満了する前に解約すると解約違約金が発生します。特に短期利用の予定の方、いつ解約するか分からない方はこの項目を必ずチェックしましょう。

また、契約期間と合わせてチェックすべきなのは、端末の分割支払い期間です。

契約窓口によっては、最低利用期間はないものの、端末の分割支払いを2~3年としていることも。分割支払い期間終了前に解約すると、残債を支払わなければいけません。

したがって、最低利用期間だけでなく、ホームルーター端末の分割支払い期間の比較も重要です。最低利用期間と端末の分割期間を比較した結果は以下になります。

挿すだけWi-Fi
通信端末料金

ホームルーター
機種
WiMAX
(au)
home 5G ソフトバンクエアー
契約期間 なし
端末価格 27,720円 71,280円
端末割引 27,720円※1 71,280円※1
解約違約金 0円
※1 端末価格はキャンペーンや割引によって端末価格相当額が割引されるので、カシモWiMAXなら2年、home 5G、ソフトバンクエアーなら3年契約した場、実質0円

WiMAXでは端末代の分割期間が短いものの、ドコモhome5G・ソフトバンクエアーは3年間利用しないと端末代が無料になりませんので注意しましょう

なおレンタル型で契約する場合、最低利用期間や端末代はないので気にする必要がありません。

④対応エリア~自宅で使えるか確認する~

ご利用予定の挿すだけWi-Fiは、自宅にて対応エリアなのか確認する必要があります。対応エリア外では、通信速度が遅い・そもそも繋がらないなどの問題が発生します。実際に、WiMAX(au)・ドコモのhome 5G・ソフトバンクエアーの対応エリアを確認していきましょう!

WiMAX(au)の対応エリア:https://www.uqwimax.jp/wimax/area/map/default/
WiMAXの対応エリアの説明

ドコモhome5gの利用可能地域
ドコモ(docomo) home 5Gの対応エリア:https://www.nttdocomo.co.jp/area/?icid=CRP_menu_to_CRP_AREA
ソフトバンクエアーの対応エリア
ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の対応エリア:https://www.wirelesscity.jp/area/map/

挿すだけWi-Fi
対応エリア比較表

ホームルーター
機種
WiMAX
(au)
ドコモ
home5G
ソフトバンク
エアー
対応エリア
対応エリアの詳細 WiMAX 2+回線
au 4G/5G回線が
利用可能
ドコモ回線が
繋がる場所なら
どこでも利用可能
対応エリア外は
申し込み不可
※プラチナバンドを利用するにはプラスエリアモードへのオプション加入の必要あり

挿すだけWi-Fi3社の対応エリアを確認したところ、ドコモのhome 5Gが最も繋がりやすいことがわかります。またドコモのhome 5Gでは、高速かつ対応エリアがより広いプラチナバンドが利用可能。より広い対応エリアを重視したい方には、ドコモのhome 5Gがおすすめです。

またWiMAXは、都心部だけでなく郊外でも5Gエリアが拡大中。徐々にではありますが、4Gだけでなく5G回線の対応エリアも広がっています。

  • ドコモのhome 5G:対応エリアが最も広いので繋がりやすい
  • WiMAX(au):4G回線は全国的に利用でき、5G回線は拡大中
  • ソフトバンクエアー:自宅が対応エリア外の場合、そもそも申し込みできない

⑤端末の到着時期~申し込みから何日で届くのか~

挿すだけWi-Fiの比較ポイントとして、「端末の到着時期・申し込みから何日で届くのか」を重視しましょう。挿すだけWi-Fiは、光回線とは異なり回線工事が不要です。最短で申し込みの翌日から利用開始できる場合も。

実際に、WiMAX(au)・ドコモのhome 5G・ソフトバンクエアーの端末到着時期を確認しましょう。

購入型の挿すだけWi-Fi
端末到着時期の比較表

ホームルーター
機種
WiMAX
(au)
ドコモ
home5G
ソフトバンク
エアー
端末の
到着時期
最短翌日~3日 最短3日 最短3日
契約先 カシモWiMAX ドコモオンラインショップ モバレコAir

レンタル型の挿すだけWi-Fi
端末到着時期の比較表

契約先 WiFiレンタルどっとこむ おきらくホームWiFi TryWiMAX
端末の到着時期 最短翌日 最短翌日 最短翌日

購入型の挿すだけWi-Fi3社の中では、カシモWiMAXで契約した場合のWiMAXが最も早く届きます。レンタル型は最短で翌日から利用可能ですA。引越し直後など、すぐにでもWiFiが必要な方にWiMAXがおすすめとなっています。

以上が、挿すだけWi-Fiを比較する際に確認するべき項目です。上記選び方を踏まえて、次の章ではおすすめの挿すだけWi-Fiをご紹介します。

まとめ

まとめ

最後に挿すだけWi-Fiについてまとめていきます。

挿すだけWi-Fiのまとめ

    挿すだけWi-Fiとは?
  • コンセントに挿すだけでインターネットを使えるWiFiサービス(ホームルーター)のこと。
    WiFiサービスの種類
  • ポケット型WiFi・ホームルーター・固定回線の3種類。その中でも料金や繋がりやすさ、工事不要などでバランスの取れた使いやすいサービスが挿すだけWi-Fi
    挿すだけWi-Fiの契約方法
  • 端末購入型レンタル型に分かれる。1年以上使う方は、購入型がおすすめ。それ以外の方は、レンタル型がおすすめ。

おすすめの挿すだけWi-Fi(購入型)

料金も速度もこだわりたい方
  • WiMAX料金も安く、通信速度も速い
とにかく速度にこだわりたい方
  • home 5Gプラチナバンドが利用でき、高速
とにかく安く契約したい方 ※リンクをクリックすると、該当箇所にスクロールします。

おすすめの挿すだけWi-Fi(レンタル型)

1日単位でレンタルしたい方 1ヶ月単位でレンタルしたい方 お試しで利用したい方
  • Try WiMAX通信速度やエリアを確かめよう!
※リンクをクリックすると、該当箇所にスクロールします。

改めて、挿すだけWi-Fiとは、コンセントに挿すだけで使えるWiFiサービスの総称です。他にも「置くだけWiFi」や「ホームルーター」とも言い替えることができます。

挿すだけWi-Fiは固定回線と違って工事不要で、料金も安く、ポケット型WiFiよりも通信性能が高いため、これからご自宅のWiFi環境を整えたい方にはとてもおすすめのサービスです。

もう一度おすすめの挿すだけWi-Fiをご覧になりたい方は、以下のボタンでそれぞれの章まで戻ることができます。


よくある質問

挿すだけwi-fiのQ&Aについて解説します

最後に、ここまでの内容をQ&A形式でご紹介します。5G対応のソフトバンクエアーの振り返りとしてご覧ください。

挿すだけWi-Fiとは?

挿すだけWi-Fiとは、コンセントに挿すだけで使えるWiFiサービスの総称です。他にも「置くだけWiFi」「ホームルーター」と呼ぶ場合もあります。

挿すだけWi-Fiにはどんな種類がある?

現在、挿すだけWi-Fiは大きく分けて3種類あります。その中でもモバレコエアーは無制限で使えて、月額料金も安いのでがおすすめしています。

挿すだけWi-Fi(ホームルーター)以外のWiFiサービスはどんなものがあるの?

挿すだけWi-Fi(ホームルーター)以外に固定回線、モバイルルーターがあり、挿すだけWi-Fiを含めると3種類あります。

挿すだけWi-Fiは「開通工事が必要」「料金が高い」という固定回線のデメリットがなく、さらにモバイルルーターよりも接続に優れているので、3種類の中でもバランスの取れたWiFiサービスだと言えます。

auとUQ WiMAXの挿すだけWi-Fiはどう違う?

auとUQ WiMAXの挿すだけWi-Fiは、端末も対応エリアも全て同じで、異なるのは料金のみです。

UQ WiMAXの販売代理店(プロバイダ)の1つという認識で問題ありません。

挿すだけWi-Fiのお得な契約窓口は?

挿すだけWi-Fiのお得な窓口は、販売するプロバイダによって異なります。最安で契約できる窓口(プロバイダ)は以下の通りです。

最安で契約できる窓口(プロバイダ)

  • WiMAX:カシモWiMAX
  • ドコモ home 5G:オンラインショップ
  • ソフトバンクエアー:モバレコAir

光回線との違いは?

大きな違いは、回線工事が不要かどうかです。光回線は、自宅に回線を引き込むための開通工事が必要なのに対して、ホームルーターは不要。コンセントに差し込むだけで可能です。

光回線は自宅まで回線を引き込むため、速度の安定性が優れているものの、ホームルーターは引越し先でも使えるため、以下のような方にホームルーターはおすすめです。

ホームルーターがおすすめな人

  • 開通工事ができない方
  • 引越しが多い方
  • すぐに自宅用の安定したWiFiを整えたい方

オンラインゲームの利用に向いている?

光回線と比較すると、挿すだけWi-Fiはオンラインゲームでの利用には向いていません。なぜならPing値が光回線と比較して遅いため。格闘ゲームやFPSなどの、ラグが発生しては困るオンラインゲームを頻繁に利用する方にはおすすめできません。

楽天ターボはおすすめできない?

挿すだけWi-Fiの1種類である、楽天ターボですが現状ではおすすめできません。他社挿すだけWi-Fiと比較して、対応エリアが広くなく料金も比較的高額です。

※ポケットWiFi(ポケットワイファイ)はソフトバンクの登録商標です。当サイトではソフトバンクのポケットWiFiを含むモバイルWi-Fiルーターの総称は「ポケット型WiFi・モバイルWiFi」として記載しています。