ワイマックスの安いお申し込みについて~格安でお得に利用する方法~

WiMAXを最もお得に契約する方法は?おすすめのプロバイダも紹介
  • 最終更新日:2024年2月27日
WiMAXの契約をお得にする3つの知識
WiMAXには20社以上のプロバイダが存在します。オンライン家電量販店など契約できるルートも様々です。

その上、料金やキャンペーンは、契約するWiMAXプロバイダによって異なるため当ページをご覧になっている方のなかには「WiMAXを契約したいけど、どのプロバイダでどのプランを契約したら良いの?」「どこから契約するのがお得なの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では、WiMAXをどこでどのように契約をするのが最もお得なのかを解説していきます。

当記事の流れ

「WiMAXの契約は今回が初めて」という方のために、簡単に「WiMAXの契約先の種類」「WiMAXを契約する際の流れ」を説明をしてから「おすすめのWiMAXプロバイダの紹介」に入ります。
  1. WiMAXを初めて契約する方やWiMAXの契約先の種類や契約方法から確認したい方はこのまま読み進めましょう。
  2. WiMAXの契約方法や端末の選び方などをご存じの方
  3. 「STEP2.実質月額料金で比較」から読み進めましょう。
  4. WiMAXの契約自体はすでに決めていて、おすすめのWiMAXプロバイダだけをすぐに知りたい方
  5. 「おすすめのWiMAXプロバイダはどれ?|主要WiMAXプロバイダの比較表一覧」を確認しましょう。


宮城紘司

【新聞社推薦】通信プロバイダ比較の専門家 宮城紘司

通信サービスに関する正しい情報を届ける「WiMAX比較.com」の編集長を務める他、ネット回線専門家として、通信プロバイダや通信端末の比較記事における監修も務める。WiMAX比較.comは、ポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万人以上のネット回線契約をサポートしています。監修者について

WiMAX比較.com編集部

年間最高1,000万PVの通信系比較メディア「WiMAX比較.com」を運営する編集部です。
通信領域に精通するメンバーで構成している当編集部は、WiMAXを始めとするポケット型WiFi関連の最新情報を発信し、7年間で累計5万名様以上のネット回線契約をサポートしています。
運営会社情報





契約前に必見!WiMAXプロバイダはどのルートで契約するのがおすすめ?

どこで契約するべきか

WiMAXを契約する場合、大きく分けて「店舗」「オンライン」の2種類のルートに分けれます。

どのルートで契約するかによって、年間で1万円以上も料金に差が出ることもあります。そのため、WiMAXの各契約先の特徴をしっかりと確認しておきましょう。WiMAXの契約ルートは以下のとおりです。

契約先 料金 概要
店頭 au 5,458円 UQの親会社で
WiMAXを代理販売
UQスポット 4,268円 UQWiMAXの販売元
家電量販店
(WiMAXプロバイダ)
4,268円 WiMAXを店舗で
代理販売
オンライン UQWiMAX 4,268円 WiMAX回線を
提供している本家
WiMAX
プロバイダ
3,784円~ WiMAXをネットで
代理販売
※正式にはすべてWiMAXプロバイダですが、わかりやすくするためネット契約のプロバイダをWiMAXプロバイダとしています。

上記の契約ルートのうち、オンラインからWiMAXプロバイダを契約するのが最もおすすめです。その理由は、 オンラインで契約したほうが店頭で契約するよりもキャンペーンが充実していて料金が安いから。

同じWiMAX端末が使えるのにオンライン契約でのWiMAXプロバイダだけ料金が安いのは「少し危なそう」と思うかもしれません。しかし、どこでWiMAXを契約してもUQコミュニケーションズが提供している回線を利用するため、エリア、通信速度、通信容量などはまったく同じです。

それでは、なぜオンライン経由のWiMAXプロバイダはお得に契約できるのか。各契約ルートの特徴を見ながら解説していきます!

家電量販店

まずは、家電量販店を経由してWiMAXを契約する際の概要からみていきましょう。

WiMAXは、ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ビックカメラやケーズデンキでも契約することが可能です。気軽に店舗へ行けて、店員さんとお話をしながらWiMAXの情報を知ることができるというのは家電量販店のメリットです。

ただし、家電量販店は店員さんの人件費や店舗の家賃など、余計な費用がかかっていることも事実。

そのため、家電量販店でWiMAXを契約すると、余計な費用が発生する分、どうしても月額料金は高くなってしまいます。

家電量販店の中には、テレビなどを購入できる商品券のキャッシュバックキャンペーンを実施している店舗もありますが、それでもインターネット経由で契約できるWiMAXプロバイダの料金ほど安くはならないので注意しましょう。

auショップ

各地域にあるauショップでもWiMAXを契約することができます。

auの携帯やスマホを使っている方は、ついついauショップでWiMAXを契約しがちですが、auショップも店舗型となるため、余計な費用がかかる分、月額料金は高めに設定されています。

そのうえ、auショップの場合はキャッシュバックキャンペーンなどもないため、家電量販店よりも高い料金でWiMAXを契約することになります。

auの携帯・スマホユーザーへの割引に関しても、他のWiMAXプロバイダでも適用は可能です。そのため、auユーザーであってもauショップ以外で契約したほうがお得にWiMAXを利用することができます。

UQWiMAX(UQスポット)

WiMAX回線を提供するUQコミュニケーションズが運営しているのがUQWiMAXです。

UQWiMAXはWiMAX回線の本家であることもあり、知名度・安心感は圧倒的で、今も変わらず、人気の契約先となっています。しかし、その知名度・安心感以上に料金が高いというのがデメリット。

UQWiMAXという名前を聞くと安心できますが、料金面を考えるとおすすめの契約先とはいえません。

オンライン経由でWiMAXプロバイダを契約

最もおすすめなのが、GMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAXなどのインターネット契約に特化したWiMAXプロバイダです。

これまでご紹介した契約先と違い、WiMAXプロバイダは店舗を構えないため家賃・人件費を最小限に抑えることができます。

費用を抑えた分、キャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーンに充てることで、WiMAXの料金をお得にすることができるのです。

店舗がないことによるサポート面の不安も問題なく、コールセンターがあり、どこでも電話で対応してくれるので安心です。

そんなWiMAXプロバイダですが、どこで契約しても安いというわけではありません。どのプロバイダで契約するかによって、料金とキャンペーンは変わります。そのため、WiMAXを契約するのであれば、しっかりとWiMAXプロバイダの料金とキャンpネーンを比較してお得に契約するようにしましょう!料金比較に関しては、後ほど詳しくご紹介します。

ここまでをまとめると以下の通りです。

WiMAX契約先の特徴


家電量販店

  • 従業員に詳しく質問できる
  • 家電とのセットキャンペーンを実施している
  • ただし、料金が数万円以上高額

auショップ

  • 人件費などがかかる分高額

UQWiMAX(UQスポット)

  • 販売元なので安心できる
  • 料金が高額

WiMAXプロバイダ

  • インターネットで申し込みできるので安い
  • プロバイダの選択を誤ると高額に

ここからは、実際にWiMAXを契約する流れを3つのステップにわけてご紹介していきます。

「契約の流れは知っているから、今すぐWiMAXプロバイダを比較したい」という方は、「WiMAXプロバイダを料金で比較」まで進みましょう。

STEP1.WiFiルーターを選ぶ

ルーター端末を選ぶ

WiMAXを契約する際は、まず最初にWiFiルーターを決めましょう。

WiMAXで契約できるWiFiルーターは「X12」「L13」の2種類。 どちらの通信端末を利用すべきかは、利用場所や利用用途によって変わります。

まずは、2種類の端末の詳細を確認しましょう。

WiMAXのWiFiルーター

端末名 Speed Wi-Fi 5G X12 Speed Wi-Fi HOME
5G L13
端末画像 X12 L13
端末種類 モバイルルーター ホームルーター
データ通信容量 無制限(データ使い放題)
最大通信速度
(下り/上り)
3.9Gbps/183Mbps 4.2Gbps/286Mbps
下り平均
実測値※1
116.4Mbps 207.2Mbps
バッテリー容量 約4,000mAh
連続通信時間 約540分
最大同時接続台数 16台 32台
端末価格 27,720円
※ WiMAXを各ルーターの最速で利用した場合に使用可能な目安時間。ホームルーターはコンセントにつないで使うためバッテリー制限はありません。
※1 時間帯や場所によって異なります。


X12とL13のどちらも通信容量無制限で利用可能。最大通信速度は3Gbps超えと光回線にも劣らない速度スペックとなっています。

X12は持ち運び式のモバイルルーターで、外出時などに屋外でもコンセント不要で利用でき、L13はホームルーターで据え置き型の通信端末のため屋内でしか利用できません。

そのため、WiMAXの通信端末を選ぶ際は、屋内で利用するのか、屋外でも利用するかによりモバイルルーター(X12)とホームルーター(L13)の選択が分かれます。

モバイルルーターとホームルーターのメリット・デメリットは以下の通り。

ルーターのメリットとデメリット

ルーター モバイルルーター ホームルーター
メリット ・持ち運び可能
・旅行や出張、移動時にも利用できる
・最大通信速度が速くて安定している
・同時接続台数が多い
デメリット ・バッテリーの充電が必要
・接続台数が限られている
・コンセントがなければ利用できない
・外出時に利用できない

自身の利用用途や利用場所に合ったWiMAX端末を契約しましょう。

WiMAX端末の選び方

  • 外出中にWiMAXを利用する方
  • ➔ モバイルルーター「X12」

  • 自宅でWiMAXを利用する方
  • ➔ ホームルーター「L13」

端末が決まれば、次はプロバイダ選びのみとなります。WiMAXは、どのプロバイダを選んでも通信速度や通信容量は変わりませんが、プロバイダによって、月額料金とキャンペーンが異なります。

そのため、次に月額料金の比較方法を解説していきます。

STEP2.実質月額料金で比較

WiMAXの実質月額料金を比較

契約したいWiMAX端末が決まれば、次は実質月額料金でのWiMAXプロバイダの比較です。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、キャンペーン金額も含めて実際に支払う総額を契約期間で割った金額。

すべての費用とキャンペーンや割引を含めて総合的にお得なWiMAXプロバイダを見極めるには実質月額料金(平均月額)を確認しましょう。下記の計算方法であれば、すべてのWiMAXプロバイダの料金を同じ基準で比較できます。

実質月額料金の説明

WiMAXプロバイダごとに月額料金・契約期間・キャンペーンなどがそれぞれ異なるため、総合的にお得なWiMAXプロバイダを見つけるのは難しく、一つの項目だけで比較し選んでしまうと損をしてしまうこともあります。
そのため、全ての項目を含めて計算した実質月額料金で比較するのが重要です。

実質月額料金で比較する際の注意点

多くのWiMAXプロバイダが、キャッシュバックキャンペーンや割引を実施していますが、契約者の半数以上がキャッシュバックキャンペーンを受け取り損ねています。

実質月額料金はキャンペーンで受け取れた金額も含めて計算した平均月額料金のため、キャッシュバックキャンペーンを受け取りそこねてしまうと損をしてしまいます。

そのため「キャンペーンの受け取りやすさ」の比較も重要です

ここからは、WiMAXプロバイダの実施するキャンペーンの種類を解説していきます。

STEP3.キャンペーン種類と受け取りやすさで比較

WiMAXプロバイダのキャンペーンを比較

前述のとおり、WiMAXは契約先によって速度・通信エリアなどのサービス内容は変わりません。 しかし、契約するWiMAXプロバイダごとにキャンペーンの内容や受け取り時期は異なります。

そのため、「他のプロバイダで契約したほうがキャンペーン内容がよかった」「キャンペーンが受け取れなかった」ということがないように、キャンペーンの内容と受け取り時期を比較することが重要です。

まずはキャンペーンの内容に関して解説していきます。

WiMAXプロバイダのキャンペーン詳細

WiMAXのキャンペーンは大きくわけると、以下の3種類あります。

WiMAXのキャンペーンの種類

  1. 使い道が豊富なキャッシュバックキャンペーン
  2. 確実で安心できる月額料金割引
  3. その他のキャンペーン

それぞれ簡単に見ていきましょう!

使い道が豊富なキャッシュバックキャンペーン

まずご紹介するのは、契約後に現金やギフト券がもらえるキャッシュバックキャンペーン。

1万円を超えるキャッシュバックも多く、非常に人気のキャンペーンです。

高額なキャッシュバックはお得感もありますが、キャッシュバックを受け取り忘れてしまうと、その分支払う料金が実質増えてしまいます。そのため、WiMAXを契約する前に「実施しているキャッシュバックキャンペーンは受け取りやすい条件なのか」をきちんと確認してから契約するようにしましょう。

確実で安心できる月額料金割引

WiMAXプロバイダのもう1つの代表的なキャンペーンが月額料金割引です。月額料金割引は、キャッシュバックと違い、使い道が自由なまとまった金額が受け取れるわけではないため少し物足りなさがあるかもしれません。

しかし、契約と同時に自動で割引が開始され、1年ごとの更新なども必要ありません。つまり、キャッシュバックのような受け取れない心配は一切不要です。

月額料金割引は「確実にお得な料金でWiMAXを契約したい」という方に、おすすめのキャンペーンとなっています。

その他のキャンペーン

キャッシュバックと月額料金割引の他に、以下のようなキャンペーンも存在します。

その他キャンペーン

  • 端末分割割引
  • 契約事務手数料無料
  • 乗り換え違約金負担
WiMAXプロバイダによっては、端末代金や事務手数料が割引されるキャンペーンや他社のWiFiサービスからの乗り換えで解約金を負担するキャンペーンや、機種変更が無料となるキャンペーンもあります。

どれもお得なキャンペーンではありますが、すべてをご紹介するとかなりの数になってしまうため、今回は割愛します。WiMAXのキャンペーンについてより詳しく知りたいという方は下記ページをご覧ください。


WiMAXプロバイダ18社のキャンペーンを徹底比較

以上が、WiMAXプロバイダで契約した際のキャンペーンとなります。次に、キャンペーンの受け取りやすさについて解説していきます。

キャッシュバックの受け取りやすさでWiMAXを比較

WiMAXのキャンペーンには現金キャッシュバックやAmazonギフト券のプレゼントがあります。

現金キャッシュバック特典やAmazonギフト券のプレゼントには金額だけでなく、受け取り条件や申請時期の違いもあるため、確実に受け取れて、かつキャッシュバック金額の高いものを選ぶことが非常に重要です。

端末到着後にすぐに申請できるキャンペーンもあれば、一方で、申請可能になるまでに1年が必要なキャンペーンもあります。

当サイト編集部が調査したところ、高額現金キャッシュバックは以下の通り受け取りづらい場合が多いようです。

受け取りづらい高額現金キャッシュバックについて

  • 申請時期は申し込みの約1年後
  • 申請期間は1ヶ月間限定
  • 契約時に新規作成するプロバイダのメールアドレスにしか申請URLが届かない

実に半数以上が高額キャッシュバックを受け取れていないこともわかっています。

当サイトでは数あるWiMAXプロバイダの中からキャッシュバックが受け取りやすいかつ最安級のWiMAXを厳選し紹介していますので最後までご覧ください!

ここまでの比較ポイントを含めて、主要WiMAXプロバイダを比較し、おすすめのWiMAXプロバイダを紹介していきます。

おすすめのWiMAXプロバイダはどれ?|主要WiMAXプロバイダの比較表一覧

ここからは、WiMAXの比較ポイントを含めて主要WiMAXプロバイダを比較し、おすすめのWiMAXプロバイダを紹介していきます。

主要WiMAXプロバイダを各項目で比較

※横スクロールできます

【2024年2月最新】WiMAXプロバイダの比較表

WiMAXプロバイダ 平均月額料金※1 月額料金 キャッシュバック 2年の
総額料金※2
GMOとくとくBB
当サイト限定プラン

2024年2月最安!
特典詳細
3,984円 契約初月:1,089円
1~12ヶ月:3,784円
13~35ヶ月:3,784円
36ヶ月目以降:5,104円
+端末代770円×36ヶ月
30,000円

【受け取りやすさ】
99,600円
カシモWiMAX
当サイト限定プラン

オプション不要!
特典詳細
4,096円 契約初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,818円
※端末代27,720円は24回分割払いなら無料
18,000円

【受け取りやすさ】
102,412円
BIGLOBE
当サイト限定プラン

初月無料!
特典詳細
4,122円 契約初月:0円
1~24ヶ月目:3,773円
25ヶ月以降:4,928円
+端末代1,155円×24ヶ月
15,300円
&
契約事務手数料無料

【受け取りやすさ】
103,044円
Broad WiMAX
当サイト限定プラン

口座振替も可能!
特典詳細
4,701円 契約初月:1,397円の日割
1~36ヶ月目:3,773円
37ヶ月以降:4,818円
+端末代880円×36ヶ月
10,000円

【受け取りやすさ】
117,534円
UQWiMAX 5,120円 契約初月:4,268円
1~12ヶ月目:4,268円
13ヶ月以降4,950円
なし 133,112円
※表示価格はすべて税込みです。
※1 2年契約のWiMAXプロバイダが多いため、「契約月と24ヶ月(2年)を合わせた25ヶ月分」で負担する平均月額料金を算出しています。
※2 2年契約のWiMAXプロバイダが多いため、「契約月と24ヶ月(2年)を合わせた25ヶ月分」で負担する総額料金を算出しています。
WiMAXプロバイダ 平均月額料金※1 月額料金 キャッシュバック 2年の
総額料金※2
GMOとくとくBB
当サイト限定プラン

2024年2月最安!
特典詳細
3,984円 契約初月:1,089円
1~12ヶ月:3,784円
13~35ヶ月:3,784円
36ヶ月目以降:5,104円
+端末代770円×36ヶ月
30,000円

【受け取りやすさ】
99,600円
カシモWiMAX
当サイト限定プラン
4,096円 契約初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,818円
※端末代27,720円は24回分割払いなら無料
18,000円

【受け取りやすさ】
159,443円
BIGLOBE
当サイト限定プラン

初月無料!
特典詳細
4,122円 契約初月:0円
1~24ヶ月目:3,773円
25ヶ月以降:4,928円
+端末代1,155円×24ヶ月
15,300円
&
契約事務手数料無料

【受け取りやすさ】
103,044円
Broad WiMAX
当サイト限定プラン
4,701円 契約初月:1,397円の日割
1~36ヶ月目:3,773円
37ヶ月以降:4,818円
+端末代880円×36ヶ月
10,000円

【受け取りやすさ】
117,534円
UQWiMAX 5,120円 契約初月:4,268円
1~12ヶ月目:4,268円
13ヶ月以降4,950円
なし 133,112円
※表示価格はすべて税込みです。
※1 2年契約のWiMAXプロバイダが多いため、「契約月と24ヶ月(2年)を合わせた25ヶ月分」で負担する平均月額料金を算出しています。
※2 2年契約のWiMAXプロバイダが多いため、「契約月と24ヶ月(2年)を合わせた25ヶ月分」で負担する総額料金を算出しています。


上記の比較表は、各社WiMAXプロバイダの料金を実質月額料金で比較しています。

WiMAXといえば本家であるUQWiMAXのイメージが強いですが、比較の結果、GMOとくとくBB・カシモWiMAX・BIGLOBE WiMAXが実質月額料金の安い上位3社です。

ただし、比較表を見ていただくと分かるとおり、上位3社の実質月額料金の差額は100円前後とほとんど変わりません。

そのため、実質月額料金の安い上位3社のWiMAXプロバイダをキャンペーンの内容や受け取りやすさなども含め比較し、選ぶのがおすすめです。

ここからは、キャンペーン内容も踏まえて、上位3社のWiMAXプロバイダの詳細を1社ずつ解説していきます。

総額・実質月額料金ともに最安はGMOとくとくBB

WiMAX比較.com限定GMOとくとくBB

2024年2月現在、実質月額料金月が最安で契約できるWiMAXプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBの特徴は以下の通りです。

GMOとくとくBBの特徴
  • WiMAXプロバイダの中で実質月額料金が最安
  • 当サイト限定の合計30,000円キャッシュバックを実施中
  • 契約から約2ヶ月後Amazonギフト券17,000円分を受取可能

GMOとくとくBBの実質月額料金がWiMAXプロバイダの中で最安の理由は、当サイト限定の高額なキャッシュバックキャンペーンにあります。

GMOとくとくBBの当サイト限定キャンペーンは2種類あり、それぞれの詳細は以下の通り。

GMOとくとくBBのキャンペーン情報

キャンペーン詳細 Amazonギフト券&現金の
当サイト限定 W ( ダブル ) キャンペーン
現金キャッシュバック
キャンペーン
金額 Amazonギフト券
17,000円分

現金13,000円
計30,000円
現金
30,000円
キャンペーン
受取回数
2回 1回
キャンペーンの
受取時期
契約から2ヶ月後と1年後 1年後
総額 99,600円 147,307円
実質月額料金 3,984円 4,092円
違約金負担の
キャンペーン併用
不可 可能
更に8,000
キャッシュバック
※違約金負担は、違約金+端末残債の負担金額が20,000円以上の時のみ適用

通常の現金キャッシュバックの場合キャッシュバックを受けとれるのは1年後ですが、当サイト経由で経由した場合に限り、17,000円分のAmazonギフト券だけ翌月に受け取れます

また、Amazonギフト券のキャッシュバックは端末の受け取り直後から申請可能で、契約期間中ならいつでも申請可能。そのため、申請可能な期間を過ぎてしまい申請できないということがありません。

ただし、現金キャッシュバック13,000円とは別で受け取り申請が必要なため、キャッシュバックの受け取り申請は計2回必要です。そのため、申請が2回に分かれているのが面倒と感じる方は、次章で紹介する「カシモWiMAX」がおすすめです。

高額キャッシュバックのWiMAXプロバイダで契約したい、最安値でWiMAXを契約したいと考えている方は、キャッシュバックが最高額かつ実質月額料金が最安のGMOとくとくBBの契約が最もおすすめです! GMOとくとくBBの詳細は以下のボタンから確認いただけます。


\最安で契約できるWiMAXプロバイダ!/

GMOとくとくBBの
キャンペーン詳細はこちら!


キャッシュバックを簡単に確実に受け取りたい方はカシモWiMAXがおすすめ

カシモWiMAXの詳細

カシモWiMAXは、GMOとくとくBBに次いで2番目に実質月額料金の安いWiMAXプロバイダです。最安のWiMAXプロバイダはGMOとくとくBBですが、実質月額料金の差額は112円と缶コーヒー1本分程の料金差しかありません。

カシモWiMAXの特徴
  • 2年間の利用で端末代金が実質無料
  • キャッシュバックの受け取り申請が1度で済む
  • 申請はいつでも可能で申請し損ねることがない

GMOとくとくBBのほうがキャッシュバック金額は高く、実質月額料金も最安値です。しかし、GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取り申請が2度に分かれています。そのため、キャッシュバックの受け取りやすさでは、受け取り申請が1度で済むカシモWiMAXの方がおすすめです。

また、GMOとくとくBBは端末代金が36回分割で発生します。一方で、カシモWiMAXは端末代金が24ヶ月の分割で発生しますが同額の割引が毎月受けられるため実質無料で端末を購入できます。

1度の申請でキャッシュバックを簡単かつ確実に受け取りたい方、端末代金を抑えてWiMAXを契約したい方はカシモWiMAXがおすすめです。


\業界最安級!端末代金実質無料/

カシモWiMAXの
解説記事へ進む


口座振替でWiMAXを契約するならBIGLOBE WiMAXが最安

BIGLOBE WiMAXの特典

口座振替でWiMAXを契約したい方、最短でキャッシュバックを受け取りたい方は、BIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBE WiMAXの特徴
  • 口座振替可能なWiMAXプロバイダの中で最安
  • 最短で契約月の翌月に現金 15,300円キャッシュバックが受け取れる
  • 初月は月額料金&事務手数料が無料なので初期費用を抑えられる

GMOとくとくBBをはじめとしてほとんどのWiMAXプロバイダがクレジットカード支払いしか選べないため、口座振替で支払い可能なWiMAXプロバイダの中ではBIGLOBE WiMAXが最安のWiMAXプロバイダです。

口座振替可能なWiMAXプロバイダの
料金比較表

契約プラン 実質月額料金※1 総額※2 キャッシュバック金額※3
BIGLOBE WiMAX 4,333円 108,324円 15,300円
Broad WiMAX 6,167円 154,172円 10,000円
UQWiMAX 5,742円 149,282円 17,820円

※1 支払い総額から割引金額を差し引き、契約月数で割って均した「1ヶ月あたりの支払料金」のこと。
※2 BIGLOBEとBroad WIMAXは、端末分割払いが契約翌月から24回のため25ヶ月、UQ WIMAXは契約翌々月から24回のため26ヶ月で計算しています。
※3 当サイト限定キャンペーンを適用した場合。


口座振替でWiMAXを契約したい方はBIGLOBE WiMAXが最もおすすめです。

さらに、当サイト限定で、現金 15,300円キャッシュバック キャンペーンも実施中。 BIGLOBEの当サイト限定キャンペーンは、現金キャッシュバックが最短で契約の翌月に受け取れるので、より早く現金キャッシュバックを受け取りたい方にもおすすめです。

また、BIGLOBE WiMAXは事務手数料の3,300円も無料で契約可能。さらに初月の月額料金も無料。そのため、初期費用を抑えて契約できるのもメリットです。

口座振替でWiMAXを契約したい方、現金キャッシュバックを最短で受けとりたい方は、以下のボタンからBIGLOBE WiMAXの詳細をご確認ください!


\口座振替最安のWiMAXプロバイダ!/

BIGLOBEの
解説記事へ進む


まとめ|WiMAXを最もお得に契約する方法

WiMAX契約方法まとめ

これまで、WiMAXを契約する際の流れから契約先の選び方までを解説してきましたが、最後に、これまでの内容をまとめていきます。

まとめ
  • どのWiMAXプロバイダも通信エリアや速度などの品質は同じ
  • 現在契約できるプランは月間データ容量が無制限のギガ放題プラスプランのみ
  • 外出先でWiMAXを利用したい方はX12、自宅で利用したい方はL13がおすすめ
  • 最安でWiMAXを契約するならGMOとくとくBBがおすすめ
  • 確実かつ簡単にキャッシュバックを受け取りたい方・端末代金も抑えたい方はカシモWiMAXがおすすめ
  • 口座振替でWiMAXを契約するならBIGLOBE WiMAXがおすすめ

おすすめWiMAXプロバイダ

最安のWiMAXプロバイダならGMOとくとくBB

  • WiMAXプロバイダの中で最安
  • 当サイト限定!最大30,000円の高額キャッシュバック
GMOとくとく
BBの詳細へ

キャッシュバックを簡単かつ確実に受け取るならカシモWiMAX

  • 端末代金実質無料!
  • 当サイト限定!18,000円の高額キャッシュバック
  • 手間なく確実にキャッシュバックを受け取れる
カシモWiMAXの
詳細へ

口座振替でWiMAXを契約するならBIGLOBE

  • 口座振替可能なWiMAXプロバイダの中で最安
  • 当サイト限定で15,300円キャッシュバックがもらえる!
  • 事務手数料(3,300円)が無料に!
  • 契約期間の縛りがなく、解約違約金がかからない
BIGLOBEの
詳細へ

WiMAXの契約前に知っておきたい補足情報

捕捉情報

WiMAXの契約が初めての場合、契約方法以外にも懸念点や疑問点をお持ちではないでしょうか。ここからは知っておくと便利な情報を簡潔にまとめています。

WiMAX2+回線とWiMAX+5G回線の違いは?

23社の回線を比較検討

WiMAXを調べていくと、WiMAX、WiMAX2+、WiMAX+5Gと異なった表記を見かけると思います。

WiMAX回線は、2013年まで旧回線が主流で、WiMAX2+回線は、2013年以降に登場した回線です。旧WiMAX回線は現在、サービス自体が終了しています。

今後WiMAXを契約する際は、回線は自動的にWiMAX2+回線あるいはWiMAX+5Gになります。

通信速度や対応エリアなど、すべてにおいて新しいWiMAX2+とWiMAX+5G回線が優れていますので、その点はご心配なく。

当サイトや他のサイトで「WiMAX回線」と書いてある場合は、「旧回線とWiMAX2+回線を比較している文章」以外の場合はWiMAX2+回線のことを指していますので間違えないようにしましょう。

公式はUQWiMAX プロバイダによる通信速度やエリアの違いは無し

前述のとおり、どのプロバイダで契約しても回線の通信速度・電波の強弱・WiMAXが利用できるエリアには違いのないWiMAX。

その理由は、WiMAXというサービスを提供しているプロバイダがすべて同じ1つの会社からWiMAX回線を借りているからです。ここで言うWiMAX回線本家の会社は「UQコミュニケーションズ」。

「UQ WiMAX」を運営するKDDI系列の会社です。だから、auショップでもWiMAXの契約が可能なんですね。
UQWiMAX

前述のとおり、利用プラン・端末機種・契約プロバイダが異なっても回線エリアに変化はありません。

あなたの住む地域がWiMAX2+/+5G回線に対応しているかどうかは、契約前に公式UQWiMAXで確認をしておくだけで大丈夫です。

口座振替ができないプロバイダが多い?契約後の支払いはクレジットカード

WiMAXの契約は口座振替で支払いができないことがほとんどです。現在WiMAXの契約が可能な主要プロバイダは全部で23社あり、そのうち口座振替が可能なプロバイダはわずか3社

口座振替が可能なWiMAXプロバイダ

  • UQWiMAX
  • BroadWiMAX
  • BIGLOBE

上記の3社です。口座振替で契約できるプロバイダのなかで最安は、BIGLOBE。口座振替できるWiMAXプロバイダについて詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください!


口座振替のときの料金や
注意点の詳細へ


未成年の場合の審査は?

WiMAXの契約は基本クレジットカードのみとなると、気になってくるのが未成年で契約をしたい場合。未成年の方がWiMAXを契約する方法は3つです。

未成年がWiMAXを契約する方法

  1. 親の名義でWiMAX端末を申し込む
  2. 自分名義のクレジットカードを作成して申し込む
  3. 口座振替可能なプロバイダで申し込む

まず大前提として、未成年の場合クレジットカードの作成がかなり難しいです。ただ、もしクレジットカードを作成できた場合は、普通の人と同じく、この後ご説明するおすすめのプロバイダで契約を行えば問題ありません。

クレジットカードが作れなかった場合、支払い方法は口座振替のみとなります。口座振替対応のプロバイダでおすすめは最安のBIGLOBEです。

なお、②と③の契約方法の場合は、どちらも親権者同意書が必要になりますので覚えておきましょう。

解約時の違約金と端末残債について

上記の話に付随して端末代金の残債についてお伝えします。先程、2年プランと縛りなしプランについて紹介しました。2年プランと同様に縛りなしプランでも、端末代金が36回払いで3年以内に解約した場合、解約時に一括で端末残債が請求されます

そのため2年、3年と契約をし続けることに自信のない方は、自分の契約するWiMAXプロバイダの違約金と端末残債をきちんと把握しておきましょう。

乗り換えで現金キャッシュバック

ちなみに、主要なプロバイダ23社のうち、GMOとくとくBBのみ、他社からの乗り換えの際に違約金と端末残債を負担してくれるキャンペーンを実施しています。

以上が、WiMAXの契約をする際に知っておくべき主な重要ポイントです。

WiMAXの契約に関するよくある質問

よくある質問

最後にWiMAXを契約する際によく出る質問をご紹介していきます。

WiMAXの契約のポイントは?

WiMAXを契約するポイントはズバリ料金比較です。契約ルートはUQWiMAXをはじめ、家電量販店やauショップ、インターネット契約など複数あります。なかでも、インターネット契約が最も安くておすすめです。

WiMAXの契約方法の流れは?

WiMAXを契約する場合は、以下の順番で選んでいきましょう。


上記の3つのなかでも、料金に関わるプロバイダ選びが非常に重要です。

契約プランのおすすめは?

契約プランは、月間のデータ容量が無制限使えるギガ放題プラスSのみ。2022年2月1日より3日15GBという制限が撤廃され、無制限で使い放題になっています。5Gの高速回線を無制限で利用できるため、非常におすすめのプランです。

ルーター端末のおすすめはどれ?

外出先でもWiMAXを使いたい場合は、モバイルルーター「X12」がおすすめ。また、自宅で大人数で利用したい方にはホームルーター「L13」がおすすめ。

プロバイダはどう選ぶ?

どのWiMAXプロバイダで契約しても、速度や通信エリアは同じ。そのため。料金で比較して最安値を選びましょう。 料金を比較する際は、キャンペーン金額なども含めて実際に支払う月額料金で比較するのがポイントです。