WiMAXを快適に使い続けるコツとは?

WiMAXを快適に使い続けるコツとは?

ワイマックスの速度制限



サトシくん

課長!WiMAX(ワイマックス)って3日で3GB使うと速度制限かかるって聞いたんですけど本当ですか?


確かにそんな時期もあったけど、今では大幅に緩和されて実質無制限と言っても良いくらい使い勝手がいいのよ!

課長

サトシくん

そうなんですか!でも、実質ってどういうことですか?


そうよね!WiMAX(ワイマックス)はプランや通信の頻度によって大きく違ってくるから詳しく解説していくわよ。

課長





実質無制限?WiMAX速度制限とは

WiMAX(ワイマックス)は使い過ぎると速度が制限されてしまいますが、実質的には無制限だといわれています。

何故、WiMAX(ワイマックス)が実質無制限なのかというと、そこにはちょっとした理由があるのです。

WiMAX(ワイマックス)の速度制限の種類には、大きく分けて3つのパターンがあります。 それぞれの概要について、まずはご紹介したいと思います!

3日で3GBの制限

よく耳にする「3日で3GBの制限」というルールは、前日までのデータ通信量が3GBを超えてしまうと、速度制限がかかるというものです。

WiMAX(ワイマックス)の通信の混雑状況などには関わらず、3GBを超えたら必ず速度制限が適用されます。

3GBというのは、WiMAX(ワイマックス)のヘビーユーザーにとっては、なかなか厳しい数字です。

ちなみに、WiMAX(ワイマックス)ユーザーから寄せられた多くの要望で、2017年2月から、3GB→10GBに大幅に緩和されています!

月間で7GBの制限

「月間で7GBの制限」は、1ヶ月あたりのデータ通信量が7GBを超えると、速度制限が適用されるというルールになります。

プロバイダによって名称の違いはありますが、WiMAX(ワイマックス)のプランは、ギガ放題プランと7GBプランの2つに分かれています。

月間で100GBの制限

「月間で100GBの制限」は、1ヶ月あたりのデータ通信量が100GBを超えると、速度制限が適用されます。

ただWiMAX(ワイマックス)にこういったプランが存在しているわけではありません。

あくまで3日間で10GB使用を30日間続けた場合の、データの目安量になります。

上記の使い方で制限を超えなければ、制限なしでWiMAX(ワイマックス)を使える可能性があるよ!という意味ですね。

プラン別!速度制限の詳細

そもそもWiMAXというのは、端末の名前ではなく回線の名前なのですがご存知でしょうか?

驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、WiMAXはauやドコモ、ソフトバンクといった大手MVO回線(いわゆるLTE)を借りているのではありません。

WiMAXという独自の回線を持っており、そちらを利用するサービスという認識をお持ちください。

WiMAX(ワイマックス)はここ最近で、WiMAX2+という新しい回線に移行しました。

従来の回線は縮小しており、今WiMAXを契約すると、WiMAX2+を使うことができます。

WiMAX2+は、これまでのWiMAX(ワイマックス)と比べて、新しくパワーアップしており速度が速くなる という特徴があります。

また、ギガ放題プランと7GBプランの2つのプランに分かれていて、ギガ放題プランを選べば実質無制限でWiMAX(ワイマックス)を使うことができます!

ギガ放題(無制限) 7GB制限
UQ WiMAX UQフラットツープラス ギガ放題 UQフラットツープラス 
GMOとくとく BBギガ放題プラン 通常プラン
Broad WiMAX ギガ放題プラン ライトプラン


このように、プロバイダごとに名称に違いはありますが、WiMAX(ワイマックス)には実質無制限のギガ放題と、7GBのプランがあることがわかります。

WiMAX(ワイマックス)のギガ放題と7GBのプランでは、制限がかかる条件にどのような違いがあるのでしょうか?

まず、実質無制限といわれるギガ放題のプランから、説明していきますね。

ギガ放題(無制限プラン)

無制限プランとも呼ばれるギガ放題は、とにかく高速通信を目一杯使いたい!通常のプランではきつい!という人に向いています。

データ量の制限を気にせず、WiMAX(ワイマックス)をとことん楽しみたい人向けなのですが、完全に無制限というわけではないので注意が必要です。

前日までの直近3日間のWiMAX(ワイマックス)のデータ通信料が10GBを超えると、軽い通信制限がかかってしまいます。

WiMAX(ワイマックス)のユーザーには何かと不評な速度制限ですが、混雑を回避して、すべてのユーザーがWiMAX(ワイマックス)を平等に使える環境を維持するには、必要な措置になります。

驚きなのが、WiMAXのギガ放題プランは速度制限が非常にゆるい点。

制限がかかった後の速度は1Mbpsとされており、標準画質であればYouTubeの動画を視聴できる程度の速度に制限です。

他のポケットWiFiではもっと厳しい制限がかけられており、制限のかかった状態でYouTubeを視聴するのはほぼ不可能なのです。

7GBプラン

7GBプランは、WiMAX(ワイマックス)の1ヶ月あたりのデータ通信量が7GBを超えると、速度制限がかかります。

速度制限に一度でも引っかかってしまうと、その瞬間から低速化されます。

月が変わるまでの間は、送受信の通信速度が最大で128Kbpsに制限されてしまいます。

WiMAX(ワイマックス)を利用する上での平等性を確保するためとはいえ、128Kbpsという速度は正直遅いので、インターネットを楽しむにはかなり厳しいものがあります。

※一般的なポケットWiFi業界での通信制限(速度制限)は制限がかかると約128Mbpsまでしかでません。

ギガ放題プランの場合も注意が必要で、「ハイスピードプラスエリアモード」を使っている場合は無制限ではなく、データ通信量の上限が7GBになります。

WiMAX(ワイマックス)の利用頻度が少なく制限を受ける心配がない人、WiMAX(ワイマックス)のコストを抑えたい人には、7GBプランがおすすめです。

ただ速度制限もありますので、料金が月々数百円の差で月7GBなのか、約100GB使えるのかという違いは、よく検討する必要がありますね。

月間7GBとギガ放題の3GB、100GBってどのくらい?

WiMAX(ワイマックス)の通信制限が適用されるのは、いくつかの条件があることをお伝えしました。

しかし、3GBや7GBといわれても、あまりピンと来ませんよね。

ネットをしたり、メールを送受信したり、動画を視聴したりと、人によってWiMAX(ワイマックス)の使い方はいろいろです。

制限を受けないようにするには、WiMAX(ワイマックス)の用途に合ったプランを選んだ方が良いというわけです。

WiMAX(ワイマックス)をどんなふうに使うと制限がかかるのかを、具体例を挙げながら説明していくので、制限を回避する参考にしてみてください!

3GBの場合

@YouTube(標準画質)・・・約25時間
Aメール・・・テキストメールで約30,000通
Bサイト閲覧・・・約10,000ページ
CLINE通話・・・約200時間

WiMAX(ワイマックス)を少ししか使わない人以外は、制限がかかりやすい容量です。

7GBの場合

@YouTube(標準画質)・・・約31時間30分
Aメール・・・約1,870万通
B音楽のダウンロード・・・約1,750曲
Cサイト閲覧・・・約24,400ページ

WiMAX(ワイマックス)を一定の時間だけ使う人は、7GBでも制限がかからないでしょう。

100GBの場合

@YouTube(標準画質)・・・約470時間
ALINEメッセージ送受信・・・約500回
BLINE通話・・・約1,660時間
CポケモンGO・・・約10,000時間

WiMAX(ワイマックス)をどんなに使う人でも、制限がかかりにくいレベルです。

もはや、「WiMAX(ワイマックス)の制限って、何だっけ?」考えてしまう領域ですね。

賢くWiMAX(ワイマックス)を使うには、制限を受けないよう、常に使用量をチェックしましょう。

解除・緩和はいつ!?時期と時間について

どんなに気をつけていても、時にはWiMAX(ワイマックス)の速度制限を受けてしまうことはあるでしょう。

もし、WiMAX(ワイマックス)の速度制限に引っかかってしまった時は、制限が解除されるまで、じっと辛抱強く待つしかありません。

では、WiMAX(ワイマックス)の速度制限が解除されるのはどのタイミングなんでしょうか?

3日で3GBを例にご説明したいと思います!

WiMAX(ワイマックス)の使用量が直近3日間で3GBの制限を超えた時は、翌日の昼頃から翌々日の昼頃まで制限されます。

3日間の通信量の合計が3GBを下回るまで、この制限は続きます。

10GBに制限が緩和されてからは、翌日の18時頃〜深夜2時頃が、WiMAX(ワイマックス)の制限がかかる時間帯になりました。

この時間帯は、ネットワークが集中しやすいからです。

2時前からWiMAX(ワイマックス)を使い続けている場合、2時を過ぎても制限が解除されないことがあります。

そんな時は一度、WiMAX(ワイマックス)のルーターを再起動させましょう。

まとめ:WiMAXは実質無制限といって間違いなし

WiMAX(ワイマックス)は完全無制限ではありませんが、使い方を工夫すれば、実質無制限で使うことができます!

WiMAX(ワイマックス)を実質無制限で使うためには、次のポイントを頭に入れて、お得に利用しましょう。

@ギガ放題プランに申し込む
Aハイスピードプラスエリアモードは極力利用しない(利用するなら月に6.99GBまでに!)
B3日で10GBルールに気をつける

WiMAX(ワイマックス)はギガ放題プランでないと、月あたり7GBの制限がかかります。

ハイスピードプラスエリアモードにすると、WiMAX(ワイマックス)の電波が届かない場所でも通信可能です!ただメリットはあるものの、ギガ放題に申し込んでいても月に7GB制限の洗礼を受けることになります。

データの消費量が多い動画視聴などは、必要最低限にして、3日で10GBルールに該当しないようにするのも重要です。

万が一、WiMAX(ワイマックス)の速度が制限されてしまっても、悲観することはありません。

WiMAX(ワイマックス)ギガ放題プランの制限後の速度は1Mbpsなので、制限されたとはいっても、YouTubeを標準画質で視聴するくらい可能なのです!

これがWiMAX(ワイマックス)実質無制限の秘密です。

これからWiMAX(ワイマックス)の購入を考えている方は、下記のページから最新のWiMAXの情報も確認できます。

【最新】WiMAX比較はこちら




WiMAX限定キャンペーンページへ
WiMAX限定キャンペーンページへ

最新ニュース!

基礎知識

WiMAXに関する比較

WiMAXルーター

WiMAXの速度

最新キャンペーン情報

BroadWiMAX

他プロバイダ

民泊WiFi

ポケットWi-Fi

他の通信との比較

条件で選ぶプロバイダ