ニフティのワイマックスについて

niftyの特徴とおすすめできない理由


キャッシュバック20,000円!月額利用料3ヶ月無料!


とかなりお得に見えるniftyのWiMAX。しかし、niftyは本当におすすめか、裏はないか、など気になりますよね。そこで徹底調査したところ、「口座振替でWiMAXを契約したい方」以外niftyのWiMAXはおすすめできないという結果になりました。


そこでこのページではniftyの特徴を確認した後、nifty WiMAXがおすすめできない2つの理由、状況別のおすすめプロバイダ、と順に見てまいります。


このページでniftyのWiMAXに対する知識を付け、あなたに一番合ったWiMAXプロバイダと契約をしましょう!




nifty WiMAXの特徴まとめ

niftyWiMAXの特徴


まずは簡単にniftyの特徴について見ていきましょう。


niftyとは

正式名称は「@nifty」で富士通のグループ会社であるニフティが運営している老舗のプロバイダです。niftyWiMAXの概要と特長は以下の通り!


nifty WiMAX概要

nifty ギガ放題プラン 通常プラン
月額料金4,100円(+基本料250円) 3,670円(+基本料250円)
2年総額75,100円 66,070円
月の容量※実質無制限 7GB
キャンペーンキャッシュバック20,000円
3ヶ月間利用料無料
キャッシュバック20,000円
3ヶ月間利用料無料
契約期間2年
端末到着日 最短4日
支払い方法 クレジットカード/口座振替
サポートセンター 毎日10〜19時(年中無休)

※3日で3GBを超えると翌日通信制限がかかりますが、制限時も動画を見れる速度がでるため実質無制限と記述しています。


【niftyWiMAXの3つの特徴】


  • 3ヶ月利用料無料もしくはsimフリースマートフォンプレゼント!
  • これはお申込みページによって内容が変わるようですが、キャンペーンのキャッシュバック20,000円に加えて3ヶ月間無料もしくはsimフリーのスマートフォンが無料で手に入ります。これはどちらもniftyにしかないないのでかなりお得!


  • 無料Wi-Fiが使用可能!
  • niftyでWiMAXを契約すると、駅や地下鉄、空港などで無料Wi-Fiに繋げられる「@nifty WiMAX Wi-Fiプレミアムサービス」が利用できます。


    下記の公衆Wi-Fiが使えるため、エリアもかなり広いです。しかしこのサービスは2017年の3月に終了してしまうので、今からの契約だとほとんど利用できないでしょう。


  • 口座振替可能!
  • 支払いはクレジットカードのみ、というプロバイダが多い中niftyのWiMAXは口座振替(口座引き落とし)で契約可能。クレジットカードを持っていない方にとってはありがたいですね。



以上がnifty WiMAXの概要と特徴になります。上記のような特徴があるniftyがなぜおすすめできないのか、という点については次の見出しで詳しく見ていきたいと思います。




他プロバイダとの比較から見るniftyがおすすめできない2つの理由

他プロバイダとの比較


ここまでniftyの特徴をまとめて見てまいりましたが、ここからはniftyのおすすめできない理由について他WiMAXプロバイダと比較しながら詳しく見てまいります。


【3月最新版【WiMAXプロバイダ料金比較表】(ギガ放題プラン)

WiMAXプロバイダ キャンペーン 月額料金 2年間の実質総額 3年間の実質総額
niftyロゴ キャッシュバック20,000円 4,350円 75,100円 127,300円
BroadWiMAXロゴ ※Amazonギフト券
10,000円
3,411円 72,809円 121,301円
GMOとくとくBBロゴ キャッシュバック31,500円 4,263円 68,191円 117,897円
So-netロゴ キャッシュバック20,000円 3,980円 78,370円 128,518円
UQコミュニケーションズロゴ 商品券15,000円 4,380円 91,068円 143,628円
※当サイト限定キャンペーン

まずはniftyのWiMAXを他WiMAXプロバイダと比較した表をご覧ください。


以上がnifty WiMAXと他社プロバイダの比較表になります。そしてプロバイダ比較表から見えるniftyがおすすめできない理由は下記の2点!


キャッシュバック少なく、もらいにくい

表を見て分かる通りniftyのキャンペーンである20,000円キャッシュバックは業界的にはそこまで高額ではありません。加えてキャッシュバックを受け取るためには11ヵ月後niftyのメールアドレスに送られてくる「口座情報登録メール」から一か月以内に口座を登録する必要があります。


約1年前のキャッシュバックを覚えているのは至難の業です。特に普段niftyのメールアドレスを使わない方はメールに気付かないでしょう。


受け取りが大変でも良いのであれば、よりキャッシュバックが高額な他のプロバイダが良いでしょう。逆に手続きなく楽に使いたいなら料金割引のキャンペーンがおすすめ。キャンペーンについて詳しくご覧になりたい方は「【3月版】WiMAXキャンペーンを3つのポイントで徹底比較!」をご覧ください。



他サービスを使用しない場合、nifty基本料(250円/月)がかかる

上記の表にもある通り、niftyの他サービスと併用しない場合nifty WiMAXの月額料金に追加でnifty基本料(250円)がかかります。月額料金最安級のBroadWiMAXと比べると月800円の差、2年間で約2万円の差になってしまいます。長期で使えば使うほどこの差は離れていくのでお得ではなくなっていくでしょう。



以上まとめると、他WiMAXプロバイダとくらべて「nifty WiMAXがおすすめできないのは料金面でお得ではないから」という理由です。最後に最も得なWiMAXプロバイダの選び方について見てまいりましょう。




本当にお得なWiMAXプロバイダの選び方は!?

プロバイダ選びのポイント

ここまでnifty WiMAXがおすすめできない理由を見てまいりましたが、ここからは「最適なプロバイダを選ぶためのポイント」について見てまいりましょう。注意すべき点は下記の3つ!


【WiMAXプロバイダ選びで押さえておきたい3つの視点!】

  • 月額料金は安いか
  • キャンペーン額
  • キャンペーンは受け取りやすいか

どのWiMAXプロバイダで契約しても物は同じですので速度や容量は全く変わりません。ですので上記のように「料金・キャンペーン」が最重要ポイント!特にWiMAXのプロバイダは額は高額だが受け取りづらいキャンペーンを行っているところもあるため、「確実にしっかりお得」というポイントが重要です。


下記のページでは主要8社WiMAXプロバイダの月額料金・キャンペーン額・受け取りやすさやをまとめて比較していますので、早速下記のページから自分に合った1社を探していきましょう!



基礎知識

WiMAXに関する比較

WiMAXルーター

WiMAXの速度

最新キャンペーン情報

BroadWiMAX

他プロバイダ

ポケットWi-Fi

他の通信との比較

条件で選ぶプロバイダ