ワイマックスって・・・

  

サトシ君、WiMAXって何の略か知ってる?

課長
  
サトシくん

WiMAX... 「ワイヤレスをマックスに」ですか!?

  

ワイヤレスは分かるけど、マックスって...それじゃあこのページでWiMAXとは何か、他のポケットWi-Fiと何が違うか、さらにはお得に契約するための「ルーター」と「プロバイダ」について見ていくわよ!

課長




そもそもWiMAXとは?

それでは早速、WiMAXの専門比較メディアである当サイトが、「WiMAXとはいったい何なのか」、という点についてご紹介致します。

最近ポケットWiFi業界で超高速の708Mbpsに到達し、且つほぼ無制限で利用可能な大注目のWiMAX。

そんなWiMAXとは、一体何か、公式サイトではわからないポイントまでお伝え致しますので、初心者の方は必見です!

WiMAXとは・・・「Worldwide Interoperability for Microwave Access(ワールドワイド・インターオペラビリティ・フォー・マイクロウェーブ・アクセス)」の頭文字を取ったもので、無線通信技術の1つ。

上記の説明ほど分かりにくいものはないかと思います。そこで「実際にWiMAXとは何か」について理解するために簡単にWiMAXの歴史を簡単に見てまいりましょう!

【WiMAXの歴史】
  • 2003年:『WiMAX』という通信規格が誕生(3G通信みたいなもの)
  • 2009年:UQコミュニケーションズが『WiMAX』の通信を使った持ち歩けるポケットWi-Fi「UQWiMAX」の提供を開始
  • 2010年〜「UQWiMAX」が普及し、WiMAX通信を利用したサービス自体が、WiMAXと呼ばれるようになる
  • 2013年: Y!mobile、ソフトバンク回線として使われる、同じ2.5GHz帯域を保有するWireless City Planningより契約者数が3倍あったため、「モバHQ!」が持っていた2525〜2645MHz帯域が総務省より追加で割り当てられる。
  • 2013年:上記を活用して、通信がWiMAX2+に進化(110Mbpsの高速通信網となる)
  • 2015年:WiMAX2+の利用地域が旧来のWiMAXに追いついてきたので、旧来の帯域をWiMAX2+に一部振り替えをし、最速220Mbpsを実現
  • 2016年:WiMAX2+とau4GLTEが新技術(CA)で併せて利用可能となり、最速370Mbpsとなる
  • 2016年:WiMAX2+が新技術(4×4MIMOとCAの統合利用)によってau4GLTEなしで、最速440Mbpsとなる
  • 2017年:上記に加えて新技術(256QAM)が適用され、最新ルーターW04を使うことで、WiMAX2+だけで最速558Mbpsに。さらにau4GLTEと併用で最速708Mbpsに


  • 上記を見て分かるように、元々は「WiMAX」という通信規格を使用したポケットWi-Fi「UQ WiMAX」が、省略されてWiMAXと呼ばれるようになったという経緯になります。

    それに加えて、WiMAXという通信規格を利用した、WiMAX回線は通信網やルーターがスペックアップし、WiMAX(従来)とWiMAX2+が登場。

    それ以降、最新の通信技術を次々と統合していき、今では光回線並みの708Mbpsまでに。

    また、ここ2年ほどでの技術革新は著しく、2018年には完全にWiMAX2+に移行、そして2020年までには現在の主流の光回線と同じ1Gbpsを目指しています。

    WiMAXとは・・・
    移動通信体通信方式(モバイル無線通信)の1つ、WiMAX通信(3GやLTEみたいなもの)を使用したポケットWi-Fi「UQ WiMAX」の略。

    または、その回線網、およびその回線を使った仮想移動体通信業者(MVNO)によるサービス。

    以上が「WiMAXとは何か」についての解説になります。WiMAXでは、MVNO(各プロバイダ)がUQ WiMAXと全く同じ回線を使うので、キャンペーンを含む料金やオプションなど以外、速度や制限容量に違いはありません。

    それでは、WiMAXとは何か少しずつ明らかになってきたところで、ここからはWiMAXと他のポケットWi-Fiは何が違うのか、について見てまいりたいと思います。


    他ポケットWi-Fiと比べてここが凄い!4つの特徴とは

    ここまでWiMAXとは何か、についてその通信規格や回線だけでなく、歴史背景やサービスの変遷について見てまいりましたが、ポケットWi-FiはもちろんWiMAXだけではありません。

    ここからはどのようなポケットWi-Fiがあり、その中でWiMAXの何が凄いのか、という点について見てまいりましょう!まずはポケットWiFiで利用される無線通信用の回線についての図をご覧ください。

    WiMAX回線とLTE回線について



    上記の通り、大きく見るとポケットWi-FiはWiMAX2+の通信と、LTEの通信を使っているものに分かれていますが、WiMAXではau4GLTE回線を併せて使えます。

    それでは、WiMAX2+とLTEの通信の違いを見てまいりましょう。

    【WiMAX2+とLTEの通信の違いとは】

    回線種類最高速度実行速度安定感
    LTE回線〜682Mbps
    WiMAX回線558Mbps
    (au4GLTE利用時)
    708Mbps


    表の通り、通信の質はLTE、通信速度はWiMAX2+が良いといった結果になります。

    しかし、通信の質・速度についてはどちらの通信もかなり進化していますので、WiMAXでも、LTEのポケットWi-Fiでも十分快適に動画などを快適に見ることができます。

    、通信についてはあまり気にする必要はないでしょう。

    WiMAXとLTEの通信の違いについて詳しくは「ポケットWi-Fi徹底比較!あなたはWiMAX?LTE?」を御覧ください。

    それでは次に、回線以外のサービス面について、WiMAXとLTEポケットWi-Fiを比較した表を見ていきましょう

    WiMAX比較ポイントLTE
    キャンペーンと料金
    速度制限△〜○
    口コミ総合評価△〜○


    ここまで、WiMAXとは何か、ということを知るために、最大のライバルであるWiMAXとLTEのポケットWi-Fiの比較をまとめてきました。

    そして、WiMAXが他ポケットWi-Fiと比較して優れている点は下記の4点ということがわかります。再度確認していきましょう!

    • 最大708MbpsとポケットWi-Fi最速!
    • 3日10GBで、月で見ると約100GB使用可能の実質無制限に最も近い!
    • 高額キャンペーンにより、料金がお得!
    • 総合満足度がNo1

    上記の通り、「速度・容量・料金・評判」と重要なポイントを全て網羅しているWiMAX。

    特に評判については、実際に第三者機関である「RBB TODAY」が行ったアンケートによるものですので、WiMAXのサービスの質は確かなものであることが分かります。

    以上がWiMAXの他ポケットWi-Fiとの違いになります。他社のポケットWi-Fiと比較してもWiMAXはかなりお得で満足度の高いポケットWi-Fiであることがわかったかと思います。

    しかし、最適なWiMAX契約をするためには、「プロバイダ」と「ルーター」について知っておく必要があります。

    折角おすすめのWiMAXとは明確になってきたところで、次の見出しでは最大限お得に快適にWiMAXが使えるよう、その2つを含めて、契約のポイントについて見てまいります。


    初心者必見!WiMAXに関するQAコーナー!

    ここからは実際に契約することを考える中で、初心者の方が疑問に思うポイントについてQAコーナーという形で解消してまいりたいと思います。

    が、その前に契約の流れを忘れていては損をしてしまうこともありますので、WiMAXの契約の流れについて簡単におさらいしていきましょう。

    WiMAXの契約の流れ


    1. プランを決める
    2. ルーターを決める
    3. どこで契約をするか決める

    上記がWiMAXを契約する際の流れになります。それではここから、それぞれ詳しく見てまいりましょう!

    プランって何があって、どうやって決めるの?

    約8割以上の方が、ギガ放題を利用しているWiMAX。 1日缶コーヒー1本程度で、実質無制限に使えるお得な料金プランなので、少しでも7GB制限が気になる方におすすめはギガ放題でしょう!課長、いかがですか?※ギガ放題とは何か気になる方はこちら

    そうね!やるじゃないサトシ君。ただ、どうしても7GB制限でいい、という方はキャンペーンも同じく適用される場合がほとんどなので、1日100円以下の非常にお得な料金で利用可能な7GBでもいいわね。


    ルーターは何がいいの?据え置き型?持ち運び型?

      

    これは一択ね。サトシ君わかる?

    課長
      
    サトシくん

    皆さんお任せください!最近課長に褒められ始めたサトシです!WiMAXのルーターはそりゃ、もちろん最新型がおすすめでしょう!

      

    もう調子だけはいいんだから。どうせ理由は知らないんだから補足するわね。据え置き型のルーターが登場はしたものの、対応速度は最新のW04が唯一の558Mbps対応(au4GLTE 利用で708Mbps)。持ち運ぶ予定がなくても、持ち運び可能なほうが速度的におすすめね。

    課長
      
    サトシくん

    課長!僕だって負けません!W04に加えて、2017年11月に登場のWXシリーズ最新のWX04も屋内での利用が多いならおすすめです。登場した屋内でWiMAX2+も電波を強力受信できるクレードルに続いて、WX04ではダブルウイング搭載のより強力になったクレードルが登場していますので!



    どこで契約する?最安値プロバイダの選び方とは?

    そもそもプロバイダとは?

    上記の図にある通り、UQの下にはBroadWiMAXや、GMOとくとくBB、So-netなどの代理販売業者が20社以上ありますが、それら代理販売業者のことを「プロバイダ」と呼びます。

    プロバイダについて、よくある質問は下記の2点!

    • プロバイダとUQ、2社との契約が必要?
    固定回線の契約ではフレッツ光とプロバイダの2者との契約が必要ですが、WiMAXではプロバイダとの契約だけですので、1社との契約だけで済みます。

    • 速度や、データ容量などはプロバイダ毎に違う?
    プロバイダはUQのWiMAXを代理で販売しているだけですので、通信速度や容量などは全く変わりません。

    以上がWiMAXプロバイダについてよくある質問になります。2つ目の質問に関連して、「ではプロバイダ毎に何が違うの?」と疑問に思いますよね。プロバイダ毎に大きく違うのは具体的に下記の3点です!

    • 月額料金
    • キャンペーン
    • 付帯サービス(オプション等)


    付帯サービスでとても魅力的なものはあまりないので、プロバイダは月額料金とキャンペーンで選ぶのがベスト!

    選ぶ際も、「ただ安いから」、「キャッシュバック額が大きいから」ではなく、キャンペーンは確実に適用されるか、など最終的に払う金額で比較すると良いでしょう!

    以上がWiMAXをお得、かつ快適に利用するために知っておきたいポイントになります。中でもプロバイダ選びは特に重要。選び方次第では2年間で最大30,000円ほど費用が変わってきます。

    そんなあなたに!全WiMAXプロバイダの料金について詳しくまとめておりますので、下記のページを要チェック!


    当サイト限定
    キャンペーン詳細へ





    WiMAX限定キャンペーンページへ
    WiMAX限定キャンペーンページへ

    最新ニュース!

    基礎知識

    WiMAXに関する比較

    WiMAXルーター

    WiMAXの速度

    最新キャンペーン情報

    BroadWiMAX

    他プロバイダ

    ポケットWi-Fi

    他の通信との比較

    条件で選ぶプロバイダ