ワイマックスとエルティーイーを比べたページ

WiMAXとLTEどちらがあなたに合っているか

「LTEとWiMAXのポケットWi-Fiってどこが違うの?」


こんな疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?実際、WiMAXとLTEの違いをしっかり理解しようとするとかなり複雑に。そこで、このページでは、そんなWiMAXとLTEを徹底的に分かりやすく比較してまいります。具体的には、WiMAXとLTEの通信比較から、料金比較、おすすめまで完全網羅!


WiMAXとLTEのポケットWi-Fiの使用経験がある筆者が、実際の体験談も交えてご紹介していきたいと思います。それでは、WiMAXとLTEの比較についてそれぞれ見ていきましょう!





WiMAX・LTEとは

WiMAX・lTEとは?

まずはそもそもWiMAXとLTEとは、といった部分と、WiMAXのLTEの違い、の2点について見てまいりたいと思います。それでは早速WiMAXとLTEそれぞれについてから、見ていきましょう!



  • 「WiMAXとは」
  • WiMAXとは、通信規格の名称になります。通信規格と言われても分かりづらいですが、冒頭でも述べた通り、LTEや3Gなどの通信規格と同じで、通信の種類とでも考えていただければ分かりやすいかと思います。


    現在は、WiMAXの通信が進化した「WiMAX2+」が主流。WiMAX2+の速度は最高440Mbpsと、LTEと体感はほとんど変わらないと考えて良いでしょう。実際に筆者も使っていますが、かなり快適に動画も見れています。


  • 「LTEとは」
  • LTEとは、4GLTEとも言うように3G回線がが進化したもので、「Long Term evolution」の略称です。通信速度は、ポケットWi-Fiによって違いますが、主流のものは261Mbpsです。


    また、後にご説明致しますが、ポケットWi-FiのLTEは種類によって速度だけでなく、繋がりやすさもかわってきます。ですので、全てのLTEポケットWi-FiがスマホのLTEと同じではない、ということに注意しておく必要があるでしょう。


    そんなWiMAXとLTEですが、それぞれの通信を使ったポケットWi-Fiを販売するプロバイダが多数存在します。ですので、プロバイダ毎に違いもあるのですが、主な違いは下記の4点です。ざっくり比較いたしましたので、比較表を御覧ください。


    【WiMAX・LTE比較表】

    WiMAX 比較ポイント LTE
    エリア
    通信速度
    通信の繋がりやすさ
    通信制限時の速度 ×
    キャンペーン ×
    月7GBプラン料金
    無制限プラン料金


    以上がWiMAXとLTEの違いを大まかに比較した表になります。それではここから各ポイントについて、それぞれ詳しく見てまいりましょう。




    WiMAXとLTE通信比較!実は通信に大きな違いが!

    まずは通信の比較について。通信速度は、どちらも申し分ありません。通信エリアについては、実際に確認された方がよろしいかと思います。


    ですのでここでは、繋がりやすさ、通信制限が掛かった時の速度、の2点を比較してまいりたいと思います。


    繋がりやすさはLTE>WiMAX

    WiMAX・LTE周波数の違い

    先ほどWiMAX2+とLTEの通信に関して少し述べましたが、決定的な違いが周波数帯域です。結論から言うとLTEの方が良い周波数帯域を使っています。それでは周波数について詳しく比較してまいりましょう。



    周波数帯域は少し複雑ですので、おおまかに理解すると良いでしょう。簡単に言うと、周波数が低いと、電波が遠くまで届きかつ障害物を回りこむため、安定した通信ができます。逆に周波数が高いと電波は短く直線に進むため、障害物の奥に電波は届きにくくなります。


    そして、WiMAXは周波数2.5GHz(ギガヘルツ)で、LTEはいくつか周波数がありますが、一番よいもので700〜900MHz(メガヘルツ)です。LTEのこの帯域は特に繋がりやすいので各社は「プラチナバンド」と呼んでいます。


    つまり、WiMAXは周波数が高いため、地下鉄などでは障害物によって電波が遮られるため、通信が不安定になることがあります。とは言っても、家での使用で普通に使えているので、日常での使用は問題ないかと思います。


    一方、LTEは、周波数が低いので、どこにいても安定した通信が可能。1つLTEの注意点は、LTEの場合、ポケットWi-Fiによって繋がる周波数が違いますので、契約前には一度周波数がなんヘルツか確認することをおすすめします。



    意外に知られていないWiMAXの速度制限のゆるさ

    WiMAXもLTEも月の通信容量無制限のプランを出していますが、実際には3日で3GBを超えると通信制限がかかります。複数人で使ったり、高画質の動画を何時間も見たりすると3GBは意外とすぐに超えてしまうでしょう。


    そこで、重要になってくるのが通信制限が掛かった後の通信速度。LTEの場合、一気に128Kbpsと、サイトの閲覧にもストレスを感じる速度まで下がってしまいます。


    しかし、WiMAXはかなり通信速度がゆるいです!公式でも制限時に約6Mbpsの速度がでるようにしてあると書いてあり、実際に筆者の経験でも、画質にこだわらなければ、動画も見れてしまいます。


    速度制限の緩和

    引用:http://www.uqwimax.jp/lp/3gb/


    大容量の通信を行う方には通信制限時もある程度の速度が出るWiMAXが良いでしょう。



    以上がWiMAXとLTEの通信に関する比較でした。もう一度確認すると、繋がりやすさはLTE、通信制限時の速度はWiMAXという結果です。どちらを重視するか、使用状況と照らし合わせると良いかと思います。




    料金・キャンペーン徹底比較!

    ここまで通信に関して見てまいりましたが、ここからはポケットWi-Fiを選ぶ上で、もう一つの重要な点、料金に関して比較してまります。まずキャンペーンについて、その後キャンペーンも含めた料金についての比較、という順で見ていきましょう。


     

    キャンペーンは圧倒的にWiMAX!

    WiMAXキャンペーン

    ※現在のキャンペーンとは異なる可能性がございます。


    キャンペーンに関しては、月によって変わるので断言はできませんが、全体的な傾向としては圧倒的にWiMAXの方が額が大きくお得なキャンペーンを行っています。逆にLTEのポケットWi-Fiはオプションが6ヶ月無料など、キャンペーンの額があまり大きくありません。


    WiMAXのキャンペーンの具体例としては、キャッシュバック32,000円や、大幅割引などです。ここまでおおきなキャンペーンを打てる理由は、WiMAXを販売している多くのプロバイダがWebに特化した代理店で、店舗運営費などの分をキャンペーンに充てることができるからです。


    しかし、キャンペーンも含めた最終的な料金が一番大事なので、次にキャンペーンも含めた実質料金について比較してまいりましょう。



    実質料金比較!

    まずはじめに料金体系から。WiMAXは、月の容量が7GBのプランと無制限のプランで料金が分かれています。一方LTEは、月の容量が7GBのプランがメインで、無制限にするには、オプションを付ける形が一般的です。


    ですので、比較の際に無制限と書いてあるLTEのプランはオプション代を含めた料金となります。それでは早速料金比較表を御覧ください!



    【WiMAX・LTE各社料金比較表】

    通信回線 ポケットWi-Fiルーター提供会社 通信速度 実質料金
    (月の通信容量別)
    UQコミュニケーションズの
    WiMAX
    UQコミュニケーションズ 440Mbps 7GB/月:3,696円
    無制限:4,380円
    WiMAXプロバイダ
    (代理店)
    7GB/月:2,760円〜
    無制限:3414円〜
    NTTのLTE回線 docomo 337.5Mbps 5GB/月:6,400円
    8GB/月8,100円
    スマモバ 150Mbps 無制限:3,480円
    ソフトバンクのLTE回線 ソフトバンク 110Mbps 7GB/月:3,696円
    Y!mobile 261Mbps 無制限:4,729円
    112.5Mbps 5GB/月:2,678円
    Yahoo!Wi-Fi 261Mbps 無制限:4,380円
    112.5Mbps 7GB/月:2,482円

    ※無制限プランでも3日で3GBの制限はございます

    ※WiMAXはプロバイダが数多く存在しますが、一番安いプロバイダの料金を掲載しています


    上記が主なプロバイダの料金比較です。注目して欲しいのは、WiMAXの無制限プラン。無制限プランの中では、群を抜いて安いことが分かるかと思います。


    逆に月の制限があるプランでは、LTEのYahooWi-Fiが最安値です。しかし、YahooWi-Fiは少し通信速度が遅め。高画質の動画などを見る際は、少しストレスを感じることもあるかも知れません。


    そしてもう1点、auのスマホをお使いの方ですと、WiMAXで月約1,000円の割引が適用されます。これはかなり大きいので、auユーザーでしたら間違いなくWiMAXがおすすめです!


    ちなみにdocomoではポケットWi-Fiと連携した割引はなく、ソフトバンクですと、ソフトバンクのポケットWi-Fiのみ割引があります。こちらの割引は家族でソフトバンクのスマホをお使いですとかなり安くなりますが、月の制限があること、速度が速くないことから一般的にはおすすめできません。



    以上から、無制限ならWiMAX。月7GBで足りるという方は、安さにこだわるならLTEのYahoo!Wi-Fi、速度も欲しい、もしくはauユーザーならWiMAXがおすすめです。




    条件別のおすすめ!

    ここまで、様々な観点から、WiMAXとLTEを比較してまいりましたが、ここからはまとめとして条件別にどちらがおすすめか、見てまいりたいと思います。


    まず、使う通信量が7GBで足りるかを確認しましょう。以下の図が通信量の目安です。


    【ポケットWi-Fi通信料目安】
    Wi-Fi使用状況 目安通信料 1GB 7GB
    メール送受信
    ※添付ファイルつき含む
    約500KB/1通 約2,090通 約14,630通
    ニュースサイトの閲覧 約300KB/1ページ 約3,490ページ 約24,430ページ
    音楽のダウンロード
    ※約4分間の楽曲
    約4MB/1曲 約250曲 約1750曲
    ネット動画の視聴
    ※中画質
    約4MB/1分 約4.5時間 約31.5時間

    Y!mobile HP参照:http://faq.ymobile.jp/faq/view/401859


    もし7GBで足りるか微妙な方は、無制限の方が良いでしょう。なぜなら、同期などはパソコンが自動で通信しているため、自分の予想以上の通信量になる事はよくあるからです。実際に、動画などを見ると7GBはあっという間に超えてしまいます。


    次に求める通信容量別に、速度と料金を比較いたしましましたので以下の図を御覧ください。


    【月の通信無制限プラン比較】

    月の通信無制限プラン比較


    【月の制限ありプラン比較】

    制限ありプラン比較


    上記の表の中で、自分に最適なところを考えて選ぶと良いでしょう。ちなみに、迷ったらWiMAXがおすすめ!なぜなら、WiMAXだけが、制限時も通信ができる実質無制限のポケットWi-Fiだからです。


    実際に現在もWiMAXを使用していますが、使っていて制限時でも十分使えるという点が一番のメリットだと感じています。通信制限に悩みたくないなら、間違いないくWiMAXが良いでしょう!



    ここまでWiMAXとLTEを徹底的に比較してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?それぞれメリット・デメリットがあります。自分の条件とよく照らし合わせると間違いが少なく最適な方を選ぶことができるでしょう!


    また実際には、WiMAXを販売しているプロバイダは数多くあり、プロバイダ毎に料金やキャンペーンなども大きく変わってきます。LTEよりWiMAXが自分に合っていると感じた方は、下記のページでWiMAXプロバイダ22社の価格を比較していますのでぜひご覧ください。


    プロバイダ22社の
    価格比較はこちら


    基礎知識

    WiMAXに関する比較

    WiMAXルーター

    WiMAXの速度

    最新キャンペーン情報

    他の通信との比較

    プロバイダ

    ポケットWi-Fi

    条件で選ぶプロバイダ