進化したワイマックスツープラスについて

超高速WiMAX2+



いまや、モバイルWi-Fiといえば、WiMAXといわれるくらい普及が広まっている高速モバイル回線WiMAX。

その中でも近年サービスを開始したWiMAX2+は爆発的にユーザーを増やしつつあります。WiMAX2+になって最大速度220Mbpsと今までのモバイルWi-Fiにはなかった超高速通信にスペックアップ。 また、従来のモバイルWi-Fiのデメリットともいわれていた月間7ギガの通信速度制限もWiMAX2+では使い放題!!

まさに最強のモバイルWi-Fiといっても過言ではないでしょう。

このコンテンツでは、そのWiMAX2+について、WiMAXの仕組みから従来のモバイルWi-Fiとの違い、そして一番の話題となっているその速度についてまで、詳しく紹介させていただきたいと思います。



そもそもWiMAXとは・・・?



まず2プラスを知るにあたり、そもそもWiMAXとは何かということで、WiMAXの基本情報について簡単にご説明いたしまししょう。

WiMAXという名称は、Worldwide Interoperability for Microwave Accessの略称でUQWiMAX社が提供している新しい通信技術の一つです。 携帯電話などで3G回線や4G回線などといった言葉を耳にすることがあるかと思われますがWiMAXもそれらと同じようなモバイル通信手段と考えていただければいいでしょう。

WiMAXモバイルルーターという端末を持ち歩き電波の届く範囲であれば全国どこでもインターネット接続が可能というものです。 似たようなもので、一般的によく知られているものであれば『モバイルLTE』というものがありますが、通信技術が違うだけで、あとは同じものだと考えていただければよいです。

では、そのWiMAXですが、肝心の通信速度はといいますと、下り最大40Mbps(※注 現在はWiMAX2+の出現で従来のWiMAXは13.3Mbpsに速度が低下) 一世代前の3G回線が7.2Mbps、LTEが75Mbpsですから、LTEより少し速度の劣るモバイル通信と考えていただければよいでしょう。

WiMAX2+、3G、LTEとの速度比較



ただ、LTEは速度制限がありますがWiMAXでは2プラス登場後も実質使い放題のプランがあるのが最大の魅力。速度も2プラスではLTEをはるかに超えてきていますし、やはりモバイル回線で最強はWiMAXでしょう。

超高速通信を実現したWiMAX2+



ここまで、WiMAXについて簡単にご説明しましたが、大きなメリットは通信制限がないということです。反面デメリットはというと、LTEには速度がかなわないという点でした。

そこで、2013年にWiMAX2+が出現しました。

これにより、最大通信速度は110Mbpsにまで改善され、LTEを上回ります。 さらに2015年にはこのWiMAX2+は最大速度がさらにアップし、下り最大220Mbpsにまで改善されます。このWiMAX2+の出現で、もはや速度面でLTEを置き去りにし、モバイルWi-Fiで最強の名を欲しいがままにしたのです。

WiMAX2+の速度進化



110Mbps?220Mbps? 対応ルーターには注意が必要



WiMAX2+の一番の魅力はなんといっても最大220Mbpsの通信速度ですが、この速度を体感する際に気を付けなくてはならないのがルーター選びです。 ルーターによってはこの220Mbpsに対応していないものがあるからです。

下記をご覧ください。

通信速度220Mbps対応WiMAX2+対応ルーター


  機種名
Speed Wi-Fi NEXT W02 Speed Wi-Fi NEXT W02
Speed Wi-Fi NEXT WX02 Speed Wi-Fi NEXT WX02
Speed Wi-Fi NEXT WX01 Speed Wi-Fi NEXT WX01
Speed Wi-Fi NEXT W01 Speed Wi-Fi NEXT W01


通信速度110Mbps対応WiMAX2+対応ルーター


  機種名
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15 Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11 Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14 Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14


上記をご覧いただければわかるように、WiMAX2+の220Mbpsに対応のしたルーターを選ぶ必要があるのです。

また、ルーター選び以外にも、もう一つ気を付けたいのが、WiMAX2+の220Mbpsに対応したルーターであったとしても対応エリアが未対応の地域では110Mbpsにまで速度が低下してしまうということです。 使用になる地域での対応エリア情報も確認しておくのが良いでしょう。 ルーターについての詳細はこちら

WiMAX2+対応エリア確認方法


http://www.uqwimax.jp/area/



MAX220Mbps!!プラスに完全移行中



WiMAX2+が最大速度220Mbpsにグレードアップしたことに伴い、UQWiMAX社では対応エリアの拡充もさることながら、既存ユーザーのWiMAX2+への移行にも力を入れています。『WiMAX 2+史上最大のタダ替え大作戦』というキャンペーンで、既存のWiMAXのユーザーを対象に、契約解除料、登録料、端末デバイス料金が無料になる乗り換えキャンペーンを行っています。

乗り換え後は、WiMAX2+は月額の使用料金が旧WiMAX より高いのですが、これも2年間までは旧WiMAXの使用料金で使えるのです。

WiMAX2+お得に機種変更



WiMAX2+のグレードアップに伴い、UQ社も移行に向けて力を入れているようですから、今後、WiMAX2+へのインフラ整備なども急ピッチで進められると思います。

旧WiMAXをお使いの方は、すぐに乗り換えと、新規でWiMAX2+を検討しているがエリアの問題が心配な方も、契約しても問題はさほどないかと思われます。これからのモバイルWi-FiはWiMAX2+の時代なのです。

そんな、速度も超高速になってきているWiMAXですが、契約の際には数多くあるプロバイダの中の1社と契約することになります。どこで契約したとしても、下記は基本的に同じです。

【全プロバイダ共通点】
  • 契約期間
  • エリア
  • 速度
  • 通信容量
※契約期間だけは例外もあります

ですので、プロバイダ比較で重要なのは料金比較!下記のページでプロバイダのWiMAXの価格を徹底的に比較していますので、ぜひ御覧ください!

全プロバイダ
価格比較はこちら


最新ニュース!

基礎知識

WiMAXに関する比較

WiMAXルーター

WiMAXの速度

最新キャンペーン情報

BroadWiMAX

他プロバイダ

ポケットWi-Fi

他の通信との比較

条件で選ぶプロバイダ