ダブリューエックスゼロヨン最新ルーター情報

  
サトシくん

課長!2017年11月1日発売のWiMAX新ルーターWX04ってビームフォーミングっていうすごいキャッチーな名前の機能が付いてるんですよ!

  

サトシ君。そんな「SEXYビーム!」みたいなことWiMAXの最新ルーターWX04に言わないの!

課長
  
サトシくん

む、昔のモー娘世代・・・(笑)

  

うるさいわね!時代が違うのよ!でも、どうせWX04が最新WiMAXルーターだからっておすすめだと思ってるんでしょ?デメリットまで含めて、WX04がおすすめWiMAXルーターか、教えてあげるんだから!

課長





何が変わった?WiMAX最新ルーターWX04のスペック情報

最新WiMAXルーター情報!ダブリューエックス04スペック情報


WiMAX比較の専門メディアである当サイトでは常に最新ルーターがおすすめ、とお伝えしてきました。

しかし、新登場のWX04のような「WXシリーズ」と既存のWiMAX最新ルーターであったW04に代表される「Wシリーズ」では特徴の違いがあります。

そのため、WiMAXのご契約を検討するあなたも、「WX04 or W04」のどちらが合っているか、お悩みなのではないでしょうか。

そこで、まずはWiMAXの最新ルーターWX04が果たして本当にあなたにおすすめかどうか、見極めるべく、WX04の基本スペックを一覧でまとめました。


人気のポケットWi-FiであるWiMAXから最新ルーターのスペック情報

WX04を丸裸!最新ルーターのスペック表
WX04発売日 2017年11月1日
下り最速 最速440Mbps
従来のWiMAX ×
WiMAX2+
au 4G LTE
バッテリー 約8時間(440Mbsp使用)
約14時間(220Mbspのみ)
約16時間半(110Mbpsのみ)
通信技術 4×4 MIMO + CA
Wi-Fi通信規格 IEEE802.11 ac/n/g/b
重量とサイズ感 W111×H62×D13.3
128g
契約期間 LTE無料オプションが付く3年のみ!
BlueToothテザリング
メーカー NECプラットフォームズ株式会社
WX04最新機能リスト!
@ダブルウイング+ビームフォーミング
AワンタイムHS+A機能
Bスケジューリング機能

以上が、WX04のスペックになります。まず、WX04の大きな特徴としてWiMAX2+を最大限に活用した440Mbpsの速度で利用した場合でも、圧倒的なバッテリーの持ち具合。

さらに、WX03から登場したWXシリーズの最大の特徴である、ダブルウイング付きのクレードル。こちらはWX04でも搭載され、WiMAXの弱点と言われた屋内の通信をWX04でも克服。

一方、W04がアップデート後にWiMAX2+利用時にデータ転送量を増加できる256QAM技術によって558Mbpsが利用可能になりましたが、WX04では搭載されておりません。しかし、実際利用可能な地域は限定的なので、そこまで気にする必要はありませんね。

むしろ、WiMAX2+が高速化し、WX04のように屋内でも安定感が増したため、家用に契約する方も増えましたが、クレードルだけではありません。それが、WX04にて初搭載されたビームフォーミング!

上記のWX04スペック表でもご紹介致しました、このビームフォーミングを含む最新機能がWX04では、3つございます。それでは、詳細を見ていきましょう。


【WX04注目機能】遠くのデバイスまで届く!ビームフォーミング機能

ビームフォーミング機能搭載!WX04最新ルーター情報

※ビームフォーミングとは、装備されたアンテナを使って、受信側の端末の位置や動きを察知して、端末の位置を狙って電波のビームを形成できるため、つながりやすさなどを改善させる機能です。


お伝えしてきましたように、WX03、WX04に付属するダブルウイング付きクレードルによって屋内でも電波の強さを発揮し、益々人気のWiMAX。

そんなWXシリーズ最新のWX04を利用してWiMAXを屋内での家用で使いたい、そうお思いの方も多いでしょう。

そんな中で、WiMAXの電波をより活用すべく、窓際にルーターを置いて使おうとしているあなた!窓際に置いたために、肝心のルーターからデバイスの距離が遠くなってWi-Fi接続が弱くなってしまう、といった不安もあるのではないでしょうか。

そこで、役立つのがこのWiMAX唯一のビームフォーミング機能!


WX04を介してキャッチした電波をWi-Fi接続する際に、各種ご利用になるデバイスとの通信を強化してくれるのです。

WX04の近くで使う方には特に大きなメリットはありませんが、窓際に設置したルーターから遠くで使う場合、約20%も通信が強化されるそうです。

※あくまでこちらはWiMAXルーターWX04とルーターの接続を強化するだけで、WiMAX回線の電波をWX04がより快適にキャッチするわけではないのでご注意を。


【WX04の注目機能】「ワンタイムHS+A」機能〜au 4G LTEが利用可能な、ハイスピードプラスエリアモードの自動変更機能

WiMAX2+回線だけではなく、KDDI系の企業であるUQコミュニケーションズ(WiMAX回線を持ち、UQWiMAXのプロバイダでもある)によるサービスであるWiMAXでは、au4GLTEも併せて利用が可能。

こちらを利用するには、WiMAX2+回線が圏外の地域では、au4GLTEに切り替えてくれるハイスピードプラスエリアモード(HS+Aモード)に変更する必要がございますが、ワンタイム機能の利用で、ワンタッチで一時的な切り替えが可能!

なぜ、この機能がWX04で重要かといいますと、ハイスピードプラスエリアモードを7GB以上使ってしまうと、速度制限が掛かってしまいます。

ですので、多くの方が一時的にau4GLTE回線を使おうと、モードの変更をした後、戻し忘れてしまい結局ギガ放題でも「悪魔の」7GB制限が掛かってしまった・・・ということになりかねません。

しかし、このワンタイム機能の利用で、一時的にau4GLTE機能にした後、WiMAX2+のみ利用する月間制限が無制限(ギガ放題の場合)であるハイスピードモードに自動で戻してくれます。そのため、戻し忘れて7GB制限となることを防止できるのです。

このau4GLTEは本来月額1,004円余計にかかってしまうところ、2017年7月より新料金プランの3年プランであれば、無料になりました。

WX04では、その3年プランのみでの契約になりますので、WiMAX2+もau4GLTEもたまに使うけど、忘れっぽい!という人に最適です。


スケジューリング機能

W04でも可能であるルーターを取り出さなくてもアプリで管理できるため、そこまで上記の2つほど通信自体に影響があるわけではないので、インパクトは小さいです。

しかし、出張中に充電器を忘れた、充電が持つと思ったがなくなりそう。そんな時に、切り忘れることなく、利用時間が決まっていれば、オンオフ設定ができますし、加えて使っていないと思われる状況下では、省電力に変更してくれる便利機能です。

ここまで、201年11月に発売の最新WiMAXルーターWX04についてみてきました。やはりWiMAXでは人気、おすすめは最新ルーターになりますが、今回も非常にパワーアップしていますね。特にWXシリーズ特有の屋内の強さが光ります。

しかし、最新だからってWX04に決めるのはまだ早いです。本当にあなたにおすすめでしょうか。一部の評判では、W04では最速558Mbpsが使えたのにスペックダウンではないか!と言われてしまうこともあります。

そこで、次項ではそんな唯一のWiMAX2+を558Mbpsで利用可能にした256QAM技術搭載の既存最新ルーターW04と徹底比較していきましょう!デメリットも含めて、WX04を知って、安心してルーター選びをするのが必須ですので、要チェック。


最新だからって騙されるな!既存の最新ルーターW04と徹底比較

ルーターを徹底比較!W04とWX04


ここまで最新WiMAXルーターのWX04について、その最新機能や基本スペック情報までみてまいりました。

次に、当ページをお読みのWiMAXをご検討中のあなたにとって、最も重要なポイントである「結局WiMAXならWX04とW04どっちがおすすめか」について、徹底比較していきましょう!


重要なポイントは下記の5点

  • @最速下り558Mbpsと440Mbps
  • Aご家庭用で使うのか、どうか
  • Bキャンペーンなどの最新特典
  • CWiMAXルーターの充電の持ち具合
  • D契約期間

重要なポイントは下記の5点

  • @最速下り558Mbpsと440Mbps
  • Aご家庭用で使うのか、どうか
  • Bキャンペーンなどの最新特典
  • CWiMAXルーターの充電の持ち具合
  • D契約期間

速度の違い!WX04ではWiMAX2+が440Mbps、W04は558Mbps

前項でご紹介したように、WX04は最新ルーターですが、前述のW04に搭載された256QAM技術はなく、最速558MbpsのWiMAX2+を使えるのは唯一W04だけ。東京、神奈川、愛知、大阪、京都、兵庫の一部エリアでの提供開始となったこの速度。

確かに実行速度はWiMAXに限らずどのネット回線でも最高速度と変わりますが、やはり最高速度が速い分、実測値も快適な速度のほうが多いです。要は100の10%で「10」なのか、20の50%で「10」なのか、といった違いです。

ですので、上記エリアの方にはW04が基本的におすすめでしょう。今後のエリアの拡大に期待ですね。


エリアに限らず屋内ならWX04!?

ここまで、W04が一歩優勢のようですが、WX04をご検討中で、前述のエリアに含まれない方。そんな方には、WX04がおすすめ。要は、同じ440Mbpsに変わりはないからです。

さらに、一人暮らしや少人数で使う、もしくは大容量通信をする方が一度に1〜2人で使うようなご家庭の場合、固定回線代わりに使う方も増えていますが、上記のエリアの方でも、ご家庭がメインならWX04がおすすめ。

その理由が前項のWX04スペック紹介と最新機能のご紹介で登場した、ダブルウイング付きのクレードル、そしてビームフォーミング機能!この2つによって、実際の最高速度の表記が558Mbpsと440Mbpsと若干低下しても、実測値が上回る可能性が高いです。

特に、WX03登場時に、多くの方がクレードルによる、屋内通信の改善ができた、という口コミ評判がでておりますので、今回のWX04でも必見ですね!


お得な安い料金プランの肝であるキャンペーン費用の変動がある

ここまでは実際のWiMAXご利用時における、速度面について触れましたが、それに加えて重要なポイントはキャッシュバックキャンペーンを含む、料金プラン。

基本的に月間無制限でも1日缶コーヒー1本程度使える(実質3,000円程度)ギガ放題がおすすめです。

しかし、表題のようにその安い実質料金を実現しているWiMAXの各種キャンペーン費用ですが、なんとWX04とW04で違いがあることが。

特にWiMAX業界で常に最高額のキャッシュバックキャンペーンをやっているGMOとくとくBBでは、新型ルーターのキャッシュバック額は数千円下がることがほとんど。

上記のように、比較の結果WX04を選んで、WiMAXをご契約したいと思っても一旦、「そのキャンペーン、キャッシュバックはあなたにも適用されるの?」ということを確認しましょう。

※ちなみに、業界最安を100%安心実現した当サイト限定!WiMAXギフト券キャンペーンでは、特にWX04とW04でのキャンペーンの変動はございません。


なが〜くWiMAXを持ち運びたいなら間違いなくWX04!

速度、料金を見てきましたが、最後に意外と見落としがちな利用ケース別のバッテリーの持ち具合について比較してきましょう!

WX04対W04
〜長持ちはどっち!〜
利用ケースWX04W04
WiMAX2+を最大限に使った、ハイパフォーマンスモード(WX04)、
ハイパワーモード(W04)で比較
約8時間約6時間半
WiMAX2+を220Mbpsで使うエコモード(WX04)と
バッテリーセーブモード(W04)で比較
約14時間約9時間


以上のように圧倒的にWiMAX2+を長時間利用できるようになったWX04。充電の持ち具合が少しでも気になる方は、WX04とW04ともに実際の速度は超高速なポケットWi-Fiとなっているので、WX04を選ぶのがおすすめでしょう。


縛りを嫌うあなたへ。料金プランが3年のみのWX04

これまで、機能面や料金設定についてみてきましたが、意外と見落としがちな契約期間。毎年のようにWX04が1年以内に同一シリーズから登場するなど、最新ルーターと最新速度の改善が行われているWiMAX。

2018年には完全に最新ルーターWX04でも利用できなくなっているように、従来のWiMAX回線からWiMAX2+に完全移行の予定です。また、光回線と同じ最速1Gbpsへと成長していくことを目指すWiMAXですから、長期で利用するのも前提でしょう。

実際に多くの方が最新の料金プラン3年契約を使っています。

しかし、それでも以前のトレンドであった2年契約をこれからもしたい!という方も多くいらっしゃるでしょう。

例えば、引っ越し時に2年契約でWiMAXも同じく2年で使いたい方など、2年契約を検討中の方が、WX04先行販売では、3年契約が必須なので要注意。

さて、ここまでWiMAX最新ルーターWX04の情報を余すことなく徹底解説してきました。一部の方にはW04にしかない技術がありますが、やはり多くの方にはWX04がおすすめのよう。上記を参考にあなたに合った最新ルーターをお選びください。

それでは、最後にWiMAXのご契約時のルーターが決まったところで、最後にWX04をご契約の際のキャンペーンを含む料金プランをプロバイダごとに比較していきましょう!


3万も損する?端末機種を決めたらプロバイダ選びも忘れずに

プロバイダ比較も必須!最新WiMAXキャンペーンを見逃すと3万以上損をする?


早速ですが、WX04とW04でキャンペーンが違う、ということもポイントにありましたので、こちらでは両方のルーター利用時の実質利用料金をご紹介していきましょう。WX04では、現在のトレンドである3年契約のみ利用可能なので、3年利用時の料金をご紹介。

WiMAXでは、同じ速度、サービス内容にも関わらず、プロバイダのキャンペーンによって最大3万円以上もお得さが変わるので、こちらは要チェック。

下記では、先行予約をいち早く実施したWiMAXプロバイダの最安値を常に争っている当サイト限定キャンペーン中のBroadWiMAXと、最高額のキャッシュバックを更新したGMOとくとくBBを比較致しましょう。

最新キャンペーン比較!料金はどのWiMAXプロバイダがNo.1?
プロバイダキャンペーン実質月額料金3年
BroadWiMAX当サイト限定!
月額料金割引×ギフト券1万円
3,378円
GMOとくとくBBW04利用時33,900円
キャッシュバック
3,368円
WX04利用時31,000円
キャッシュバック
3,448円


みてください2社ともこの安さ!WX04を使った場合、最安値はBroadWiMAXでしたが、W04を使った場合はGMOのWiMAXが最も安いようです。しかし、ここで注意が必要。

WiMAX比較.comでは、再三キャンペーンはもらえなければ意味がない!むしろ余計なお支払いをして料金が高くなっているので注意が必要!

ということをお伝えしてきておりますが、このGMOとくとくBBだけでなく、WiMAXのプロバイダではキャッシュバックが高額な理由として、受け取り率が低いという実情があります。

例えば、1万円キャッシュバックを100人中100人払ったら費用は100万円。一方で3万円を30人に払って、あとはもらえないという場合でもキャッシュバックの謳い文句は3万円!といっても費用自体は90万円。

といったように、キャッシュバックは受け取れない人もいる前提で組まれております。こちらを踏まえた上で、最後にどのルーターでどのプロバイダで契約するのがおすすめか、おさらいしましょう。



WX04でおすすめキャンペーンのプロバイダはこれで決まり!

WX04を契約するならこれで決まり!最新料金情報と当サイト限定キャンペーン


それでは最後にWX04があなたにおすすめかどうか。そして、WX04はどのプロバイダのキャンペーンを使って契約するのが良いかまとめます。


WX04がおすすめの方

  • ほとんどがご家庭での利用の方
  • ハイスピードプラスエリアモードを使いたくて、簡単に、忘れずに切り替えをしたいという方
  • 持ち運びが長く、長持ちするバッテリーが欲しい方


W04がおすすめの方

  • 東京、神奈川、愛知、大阪、京都、兵庫の一部エリアでの256QAM技術が適用されるエリアで、558Mbpsの速度で使いたい型の中で、屋内以外での利用が多い方
  • GMOとくとくBBなど、キャッシュバック金額が変わる場合、その最高額を受け取りたい方


WX04でおすすめのプロバイダ

最新のWiMAXルーターなら、
当サイト限定キャンペーン中のBroadWiMAX一択!


なんと月額料金割引とキャッシュバックのハイブリッドキャンペーン。加えて、どのWiMAXプロバイダよりも早く受け取れるギフト券を当サイトが実現。

それにより、他のWiMAXキャンペーンにない、圧倒的な受け取り率で安心してご利用いただけます。

当サイト限定のキャンペーンはそんな高い受け取り率でも、WX04利用時のキャッシュバック最高額のGMOと比較して、3年実質料金でもBroadWiMAXに軍配があがりました。気になる方は、期間限定ですので、ページ最下部のキャンペーン特設ページを要チェック!


W04でおすすめのプロバイダ

どうしても最高額のキャッシュバックが欲しい方:GMOとくとくBB

年間10円も違わない差で100%安心の料金で利用したい:BroadWiMAX


こちらでは、キャッシュバックの受け取り率を考慮しないと、GMOとくとくBBが最高額となっており、3年利用料金が最安値。しかし、当サイト限定キャンペーン利用時のBroadWiMAXとたったの年間で10円の差。

端末受け取り後、最短1〜2営業日で受け取り可能な、受け取れる可能性がより高い当サイト限定キャンペーンも併せておすすめです。両社に加えて、主要なWiMAXキャンペーンを徹底比較した特設ページをご用意致しましたので、ルーターが決まった方は見ていきましょう!


WiMAX限定キャンペーンページへ
WiMAX限定キャンペーンページへ

最新ニュース!

基礎知識

WiMAXに関する比較

WiMAXルーター

WiMAXの速度

最新キャンペーン情報

BroadWiMAX

他プロバイダ

ポケットWi-Fi

他の通信との比較

条件で選ぶプロバイダ